2017年12月 9日 (土)

国道駅

昭和レトロの匂いが残るJR鶴見線国道駅に行ってきた。 京浜急行の花月園前駅で下車し、国道駅周辺をぶらつきJR鶴見駅まで、7千歩の短い散歩です。
 
 
 
①花月園前駅・・・・・・・・・・京急本線の駅で京急鶴見駅の隣の駅。 大正時代この地に「花月園遊園地」が開園し、ほぼ同時期(大正3年4月12日)に開通した京急の駅は「花月園前」と命名された。 遊園地は昭和21年(1946)に閉園したが、跡地は「花月園競輪場」に生まれ変わり、平成22年(2010)まで開催されていた。、、、、、私は、遊園地閉園の年に生まれたが、“花月園”と言えば“競輪場”の思い出がある。 昭和44年頃、ゼネコンに勤務する私は、若き現場監督として川崎にいた。 現場で働く“おばちゃん”が、競輪開催日になると、『監督、花月園に行くので、買ってきましょうか?』と声をかけてくる。 つい、つい、つられて、毎回300円程渡し車券を頼むが、当たった記憶はない。 これが賭け事の始まりで、横浜の現場に移ると車券が馬券に変わった。 身を滅ぼすには至らず、ヨカッタ!
 
・・・・・・・・・・・・・・手前は京浜急行の線路、奥がJR東海道線。 左手奥の小高い丘の上に花月園競輪場があった。 花月園前駅は踏切の左側。
 
1712090841120
 
・・・・・・・・・・・・・競輪場からは東海道線を跨線橋で越えてくると、跨線橋正面の橋上駅舎へと続く。 競輪の開催も無くなり乗降客は減少し、京急全駅の中でもワーストテンにランクインしている。
 
1712090837090
 
1712090835380
 
1712090831000
 
1712090827020
 
・・・・・・・・・・・・・海側(第一京浜側)の出入口。 跨線橋は自由通路となっており、線路の反対側に向かう人も通る。
 
1712090842170
 
 
②国道駅・・・・・・・・・鶴見駅から京浜工業地帯の各工場に伸びているJR鶴見線。 第一京浜国道を高架で越えると、国道に面した高架下に駅の出入口がある。 
 
1712090850420
 
1712090923070_2
 
・・・・・・・・・・・・・ 一歩踏み込むと“昭和”の匂いプンプン、昭和5年(1930)開業の駅がまっている。 開業当時には「臨港デパート」と称するアーケードの店舗が並んでいた高架下。 いまは、店も閉まっているようだ。
 
1712090852460
 
1712090853400
 
1712090903180
 
1712090919380
 
・・・・・・・・・・・・・・無人駅なので、自動券売機と、SUICAの読み取り機が置かれている。 3両編成の電車が一時間に数本運行され、沿線住民の生活にも利用されているようだ。 
 
1712090922070
 
1712090902530
 
・・・・・・・・・・・・・エスカレーターもエレベーターもないので、階段をのぼりホームに出てみる。 まあまあ、お客はいるね。 カーブしたホームに線路をまたぐアーチ型の架線柱が印象的なデザインの駅。
 
1712090855390
 
1712090856290
 
1712090858160
 
 
③鶴見川橋梁・・・・・・・・・・・・国道駅から100m程東に鶴見川橋梁が架かってる。 ここには以前、知る人ぞ知る土木の大御所:阿部美樹志(あべみきし、東京~万世橋間の高架橋の建設を指揮)の設計によるコンクリート造のアーチ橋が架かっていた。、、、、、昭和の末に鶴見川の河川改修工事が行われ、旧橋は撤去された。 現在は全長 148mの鋼単純箱桁橋(スパン=39.7m 4連)に架け替えられた。
 
1712090916230_4
 
1712090909420
 
1712090917090
 
 
④東海道線跨線線路橋・・・・・・・・・・・昭和9年(1934)に開業した鶴見臨港鉄道(現:鶴見線)は、東海道線の山側から発着していた。 電車は出発すると総持寺の前から大きくカーブしながら東海道線を越えることとなり、横須賀線(2線)、京浜東北線(2線)、東海道本線(2線)、東海道貨物線(5線)の計11線を長さ64.9mの複線下路平行弦ワーレントラスと云う形式の東海道線跨線線路橋で右斜めにオーバークロスして海側へと向かった。、、、、このトラス橋は、鶴見臨港鉄道(昭和18年:国鉄に買収された)の設計により、昭和9年(1934)12月23日に開通した。、、、、現在の鶴見線でも、この橋梁は使用されている。 歴史的な名橋である。
 
1712090930100
 
・・・・・・・・・・・・・・東海道線跨線線路橋付近の東海道線は線路が11本並んでいる。
 
1712090936300
 
 
⑤本山駅跡・・・・・・・・・・・・鶴見線が鶴見駅を出て、東海道線沿いに国道駅へ向かう途中、総持寺参道前付近の高架橋に本山駅(ほんざんえき)があった。 鶴見臨港鉄道の駅(廃駅)である。 正式には、本山停留場と称した。、、、、現在、駅のあった高架下は川崎鶴見臨港バスの車庫となっている。 よく見ると、車庫の天井部分の一部が階段部の底となって斜めになっている。 つまりこの上にホームの一部が現存している。、、、、鶴見線に乗ると見える!
 
1712090943360
 
1712090943570
 
 
 
●鶴見駅改札・・・・・・・・・・・鶴見駅にも鶴見臨港鉄道時代の面影が残っているが、今日は風邪の為無理せず、鶴見線のりば前を素通りして帰ることにした。
 
1712090953250

2017年12月 8日 (金)

藝大音楽学部

雅万歩、一週間のご無沙汰でした。 この間私も、妻も、そして母も、家族全員が風邪をひき、それぞれが医者へ駆け込み、家の中は朝から夜まで、ゴホン・ゴホン、クシュン・クシュン、ゼイ・ゼイ。 薬を右手に、ティッシュを左手に、ぐったりとして開店・休業状態であった。、、、、、今日は朝から体調も良く、一番早く回復したと自己判定し、上野公園まで散歩してきた。 浅草橋の我が家から、上野駅、藝大をぶらつき、鶯谷駅まで1万3千歩の散歩です。
 
 
 
①上野駅・・・・・・・・・・・駅の北のはずれに架かる跨線橋「両大師橋 」から眺める上野駅。、、、、いつの間にか、この跨線橋から見下ろすことができる特急の数も少なくなり、淋しいい限り。 
 
1712080819050
 
・・・・・・・・・・・・・・・常磐線快速が終点上野駅に到着。 乗務員が交代し、折り返し運転する。、、、、、折り返す運転手は男性、到着した列車の車掌さんは女性だ! 到着し、点検し、颯爽と電車から去る車掌さん、カッコい~~い。 跨線橋から見下ろす一景。 
 
1712080822320
 
1712080822480
 
1712080822580
 
1712080824120
 
1712080824150
 
 
②輪王寺両大師堂・・・・・・・・・「両大師橋」の名の由来となった、輪王寺両大師(開山堂)。、、、、、寛永寺を開山した慈眼大師(天海僧正)と、天海僧正が尊崇した天台座主の慈恵大師を祀る堂。 堂は平成元年(1989)に火災で焼失し、現在の堂は平成5年(1993)に再建された。、、、、、慈恵大師は「厄除大師」として古来よりその霊験が謳われている。 今日は、我が家の風邪の病魔を祓うべく、賽銭をはずみ手を合わせてきた。
 
1712080832540
 
1712080847350
 
1712080854170
 
・・・・・・・・・・・・・境内にある「幸田露伴旧宅の門」。 明治の文豪:幸田露伴(1867~1949)の谷中の旧宅の門を移築した。、、、、、素朴な造りのしもた屋風の門。
 
1712080836530
 
 
③上野の建物・・・・・・・・・・・近代建築が並ぶ!
 
・・・・・・・・・・・・・東京国立博物館(旧東京帝室博物館、昭和12年竣工)と表慶館(明治42年開館)。
 
1712080859050
 
1712080859240
 
・・・・・・・・・・・・・東京国立博物館の隣に、現在は廃止された京成電鉄の旧博物館動物園駅がある。  昭和8年(1933)に造られた石造の駅。
 
1712080907430
 
・・・・・・・・・・・・・駅の前には、昭和3年(1928)に建てられた黒田記念館 がイチョウの黄葉と晩秋を共演。
 
1712080906341_stitch_2
 
 
④東京藝術大学音楽学部・・・・・・・・・・歌は音痴、楽譜は読めず、楽器はダメ(カスタネットならできる)、でも聴くのは好き。、、、、、まだ、黄葉の残る構内を一巡してきたので、少しは歌が上手になったかも? 
 
1712080935140
 
1712080930161_stitch_2
 
1712080910500
 
1712080916080
 
・・・・・・・・・・・・・・明治13年(1880)に建てられた赤レンガ1号館 、明治19年(1886)の赤レンガ2号館
 
1712080920420
 
1712080938120_2
 
1712080927080
 
 
⑤浄名院・・・・・・・・・・・・藝大音楽学部の北側に、寛文6年(1667)に寛永寺の一坊として開かれた浄名院がある。、、、、、、境内は地蔵菩薩がワンサカ・ワンサカ・エイ・エイ・イェー・イェー。 ナント、八万四千体地蔵である。 本当に84,000体あるか数えなかったが、墓石状にズラリと並んだ地蔵尊には圧倒された。、、、その一角には、明治初年神仏分離に際し、江戸六地蔵の六番(永代寺、富丘八幡宮の別当寺)は廃寺となり、地蔵尊も破壊されたため、浄名院に第六番として江戸六地蔵が造営された。、、、、、“地蔵コレクター”とでも言いたくなるような、多くの地蔵尊が祀られている寺院だ。
 
1712080947350
 
1712081001520
 
1712080955550
 
1712081000230
 
1712080959440
 
・・・・・・・・・・・・・浄名院の山門前に、「不許葷酒入山門」の碑があり、その後ろに几号水準点がある。
 
1712080948160_2
 
1712080948420
 
 
 
●・・・・・・・・・・・・・・・・寛永寺坂橋を渡り鶯谷駅から帰宅。

2017年12月 5日 (火)

雅万歩は風邪

お酉さまの翌日から、鼻水タラタラ、咳はコンコン、目はショボショボ、アリャ、アリャ、コリャ大変、風邪だ! 今日は病院で、鼻水を止める薬、喉痛の薬、解熱剤、トローチを処方してもらい、治った気分で家に帰る。 昼食後、アレレ、薬を飲んだら、ますます悪化、今日は寝ていることにした。

Dsc07043

 

«酉の市