2018年2月23日 (金)

両国

今朝の都心は、冷たく細かな雨が降り、散歩には不向きだ。 そんな中、病院で採血があるため、隅田川を挟んだ隣の両国まで行ってきた。 我が家(浅草橋)から、行きは蔵前橋を渡り、帰りは両国橋を渡って、往復7千歩のミニ散歩。
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・浅草橋駅前:「にんぎょ~~の久月」の脇を隅田川に向かう。、、、、、天保6年(1835)、横山久左衛門は武士を嫌い両刀を捨て、ひな人形をつくり始めた。これが「久月」のおこり。 その後、久左衛門は江戸に出て、神田川のほとりに人形師「久月」の看板を掲げた。、、、、、浅草橋を代表する企業の一社である。
 
1802230757360
 
1802230755060
 
 
・・・・・・・・・・・・・・隅田川テラスに出て、雨中の川べりを歩く。
 
1802230804550
 
 
・・・・・・・・・・・・・カモメが寒そうに並んでいる。 全員で、ラジオ体操でもやったら?
 
1802230812400
 
1802230812350
 
 
・・・・・・・・・・・・対岸には私が通う同愛記念病院 が見える。 建物は建て替えられたが、私が生まれる以前からある病院。
 
1802230813460
 
 
・・・・・・・・・・・・・蔵前橋を渡り、病院へ急ぐ。 はやく行かないと、爺さん・婆さんが多く、待ち時間が長くなる!
 
1802230821280
 
 
・・・・・・・・・・・・・到着しました。 今日は純生の新鮮な血を採られ、結果は「来週またね~」だって。 検査料2,130円払ってきた。
 
1802230908250
 
 
・・・・・・・・・・・・・帰りは、チョイと病院の前にある安田庭園を拝見。 庭園の一画に作られた「刀剣博物館は、まだ開いておらず、パス。
 
1802230917590
 
1802230825370
 
 
・・・・・・・・・・・・・安田庭園の南側にある製紙会社の敷地角に、『花の生涯』を書いた小説家:舟橋聖一誕生記念碑がある。 舟橋聖一は明治37年(1904)12月25日にこの地(現:墨田区横網)で生まれた。 誕生日はクリスマスであり、キリストにあやかり“聖一”と名付けられたそうだ。、、、、国技館に近いこの地で生まれ育ったゆえ、相撲が好きで、横綱審議委員会の委員長を務めたのかな? 昭和51年(1976)1月没。、、、、、私は、昨年、『鼻の障害』で救急搬送。
 
1802230921350
 
 
・・・・・・・・・・・・・・両国国技館両国駅 前を抜けて行く。、、、、、どこぞの国の方か、両国のガード下で記念撮影。 何を撮ったのかな(?)
 
1802230926100
 
1802230926460
 
 
・・・・・・・・・・・・・両国橋 を渡り、柳橋で神田川を越える。 我が地元、浅草橋に戻ってきた。
 
1802230956251_stitch_2
 
 
・・・・・・・・・・・・・帰りは、「顔が命の吉徳」前を通過。、、、、、吉徳は、正徳元年(1711)、江戸浅草茅町(現:台東区浅草橋1)に初代治郎兵衛が人形玩具店を開く。 以来雛人形手遊問屋として吉野屋治郎兵衞を名乗る。 久月と並ぶ人形店。
 
1802231006580
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・今日の散歩は「久月」に始まり、「吉徳」で終わることとする。、、、、、我が家では、ひな人形を飾つて爺さんと婆さんのひな祭りを今年も実施予定。 娘が大きくなると、寂しいね!

2018年2月21日 (水)

哲学堂

昨日は、サーバーがパンク状態となり「雅万歩」のブログ・写真を整理し、当分は安定して利用できる容量が確保できた。 一安心。、、、整理中に、「野方の給水塔」の写真が目にとまり久しぶりに行ってみることにした。、、、大江戸線落合南長崎駅から、江古田の給水塔を見て、哲学堂公園に立ち寄り、西武新宿線新井薬師前駅まで、1万歩の散歩です。

 
 
 
①落合南長崎駅・・・・・・・・・「新目白通り」の地下に造られた島式ホーム1面2線の地下駅。 駅名のごとく、新宿区西落合と豊島区南長崎にある。 駅は平成9年12月19日、都営12号線(現:大江戸線)の駅として開業。 、、、、、建設時の仮駅名は「南長崎」(豊島区の地名)だったが、新宿区住民の要望で地名:落合(新宿区)を足して、「落合南長崎」として両区の手打ちとなったそうだ。
 
1802210817430
 
1802210822030
 
 
②自性院・・・・・・・・・・・新青梅街道を落合南長崎駅から150m程西へ行くと、門柱の上に招き猫がいる真言宗豊山派の自性院。 弘法大師空海が日光山に参詣の途中で観音を供養したのが自性院の草創といわれている。、、、、、江古田ヶ原の戦(1469~1486)で、道に迷った大田道灌を寺に案内して危機を救い、戦いに大勝利をもたらした猫を供養して建てられたという「道灌招ぎ猫」と、その後江戸中期にすし職人が、ある貞女の誉れを後世に伝えたいと奉納した「猫面地蔵尊」の2体が境内の猫地蔵堂に祀られている。 節分の日だけに開帳されるそうだ。
 
1802210827560
 
1802210832460
 
・・・・・・・・・・・・・・猫地蔵堂の内部をチョイト拝見。 秘仏は赤漆で塗られた厨子の中か? 周りにはネコ・グッズがいっぱい。 
 
1802210833590
 
 
③野方給水塔・・・・・・・・・・東京23区北西部への配水を目的として、現在の江古田1丁目に、昭和3年(1928)に建設された。高さ34mの鉄筋コンクリート造構造物で、東側に階段室、頂部に換気塔を付け、水槽周壁上部にはアーチ形窓を配する。壁体内の漏水防止用鋼板に初期の溶接技術を用い、ドーム付円筒形水道塔としても最初期の事例である。、、、、国の登録有形文化財。
 
・・・・・・・・・・・・・昭和47年(1972)に給水所としては廃止され、給水塔周囲の跡地は中野区立「みずのとう公園」と「みずのとう幼稚園」になった。、、、、給水塔の正面に幼稚園があり、正面からの全景は撮影できない。
 
1802210904060
 
・・・・・・・・・・・・・幼稚園越しに正面上部をパチリ! 空襲時の弾丸の傷跡が残されているのだが、全体的に劣化し、どれが弾丸の傷跡か?
 
1802210902080
 
・・・・・・・・・・・・・公園から、給水塔の後ろ姿をパチリ! 公園の地下に災害対策用の給水槽が設置され、常に新鮮な飲料水100m3が用意されている。 
 
1802210855240_2
 
 
星光山蓮華寺・・・・・・・・・・野方給水塔の西側に日蓮宗の蓮華寺がある。 創建年代不詳であるが、室町時代(南北朝時代)に橘樹郡星川村(横浜市保土ヶ谷区星川)に開山したと伝えられ、その後、江戸時代に現在地へ移転した。、、、、、中野区には日蓮宗の蓮華寺が二寺ある。 一つは、ここ中野区江古田の星光山蓮華寺。 もう一つ、中野区大和町の泉光山蓮華寺 。 ご丁寧に、山号まで似ている、“星”と“泉”の違いだけ!
 
1802210919390
 
1802210919100
 
1802210910020
 
・・・・・・・・・・・・・・境内には東洋大学学祖であり、哲学堂を創った井上円了の墓所がある。、、、、判じ物みたいな墓石で、「井上」の“井”の字の上に“円”形の石を置いて、“井の上円りょう”と言っているようだ。 駄ジャレか? 凡人には判らぬ哲学か?
 
1802210914560
 
・・・・・・・・・・・・・・墓地の中に、将棋棋士で日本将棋連盟会長を務めた、永世棋聖(九段):米永邦雄(1943~2012)の墓所もあった。、、、、まだ新しい石で作られた駒の形の墓誌が、輝いている。
 
1802210917110
 
 
⑤哲学堂公園・・・・・・・・・・井上円了の墓に手を合わせ、このまま立ち去るわけにはいかず、蓮華寺とは新青梅街道を挟み、向かい側にある哲学堂公園に寄ってきた。、、、、、哲学堂公園は、明治37年(1904)に哲学者で東洋大学の創立者:故井上円了によって精神修養の場として創設された、哲学世界を視覚的に表現し、哲学や社会教育の場として私財を投じて整備された全国に例を見ない個性的な公園。 昭和50年(1975)に中野区立公園となり、古建築物の修復、整備を重ね、また花の名所としても親しまれる公園となった。、、、、、庭内に「七十七場」という、「真理の追究」のポイントを設け哲学体験できる庭園となっているそうだ。 哲学の“て”の字も知らぬ私には何のことだかサッパリ判らん。 正直に言わせてもらうと、アッチ・コッチ・ドッチ・ソッチに立てられた名称・解説の立札が、庭園の景観を壊し邪魔に感じた。 
 
1802210923420
 
1802210925110
 
1802210931260_2
 
1802210930560
 
1802210932160
 
1802210937500
 
1802210943320
 
 
⑥妙正寺川調節池・・・・・・・・・・哲学堂公園の南を流れる妙正寺川は、杉並区の妙正寺池を水源に持ち、途中で江古田川を合わせ、新宿区内で神田川(高田馬場分水路)に注ぐ、延長9.7kmを有する一級河川である。 この川は、市街化の進展に伴い、流域の保水能力が低下し水害の危険性が高まり、こうした状況に対応するため、都は1時間あたり50ミリ規模の降雨に対応する護岸や地下調節池などを整備している。 その調節池が哲学堂公園前に2か所ある。 新宿区側に位置する「妙正寺川第一調節池」と、中野区側に位置する「妙正寺川第二調節池」である。 両調節池は区境にて別けられたと思われる調節池で、第一と第二の調節池は接して造られている。、、、、、調節池とは、河川の水が増水したときに、水を調節池に流入させ一時的に貯留する施設。 
 
・・・・・・・・・・・・・第一、第二とも、妙正寺川から増水した水を呑込む口が開いている。
 
1802210941210
 
1802210943070
 
・・・・・・・・・・・・・・第一調節池はUR賃貸住宅の地下にも貯水するように造られていた。 地下は駐車場のように造られているが、もちろん車など一切の物が置かれていない。
 
1802210959520
 
1802210950120
 
1802210953020
 
・・・・・・・・・・・・・第二調節池は、公園下に地下23mまで掘り下げた貯水池が造られて、100,000m3の貯水能力があるそうだ。
 
1802210947590
 
 
⑦新井薬師前駅・・・・・・・・・・・・昭和2年(1927)に開業した駅で、その名の通り新井薬師の最寄り駅である。 現在は相対式ホーム2面2線であるが、中井~野方間の連続立体交差事業により、平成32年(2020)度の完成を目指し、島式ホーム1面2線の地下駅となる予定である。
 
1802211019030
 
1802211017300

2018年2月19日 (月)

2010年・11年の記事を削除

2010年1月から書き始めたブログ『雅万歩』ですが、いつのまにか記事の量も増え、ブログ用サーバーの最大容量10GBを超える危険信号が点滅しました。 このままだと、新たな記事の掲載が難しいため、2010年・11年分の記事を削除いたします。 残念無念!

2010_0117_150856s_2

«梅島~高野