« 2011年8月28日 - 2011年9月3日 | トップページ | 2011年9月11日 - 2011年9月17日 »

2011年9月4日 - 2011年9月10日

2011年9月10日 (土)

平井~浅草橋

総武線平井駅から、平井橋を渡り、東武亀戸線の小村井駅、押上、駒形橋、蔵前を通り我が家(浅草橋)まで、1万5千歩、11Kmの散歩です。

①平井諏訪神社・・・・・・・・・・・享保年間(1716~36)の創建、信濃国一ノ宮諏訪神社の分社・・・・・・・・・神社のすぐ隣の燈明寺の恵祐法印が、自分の故郷の信州諏訪大明神の神霊をここに祀ったのが始まりらしい。(ほんとかいな?)・・・・・・・・神殿は昭和44年(1969)に鉄筋コンクリート造にて新築した。それ以前の旧本殿(天保4年(1843)建設)は稲荷社として再利用されている。

110910_082148s

110910_082346s

②平井の家・・・・・・・・・・・どこにでもあるようで、少なくなった家・・・・・・・・・・懐かしい雰囲気だ!

110910_083242s_2

③平井橋・・・・・・・・・旧中川に架かる橋で、江戸川区平井と墨田区立花を結んでいる。現在の橋は昭和55年(1980)の架橋。・・・・・・・・・江戸時代、ここには渡しがあり、行徳方面への街道の一部であった。明治32年(1899)には、木橋が架けられ、渡しは廃止となる。大正14年(1925)には、早くも鉄橋が架けられた。

110910_083852s

110910_083950s

110910_083840s

④立花の家・・・・・・・・・・・こちらも、少なくなった純木造の家・・・・・・・・・・玄関右手に青瓦の洋館風の部屋がある立派な造りだ!

110910_084916s

⑤小村井駅・・・・・・・・・東武亀戸線は、明治37年(1904)に亀戸~曳舟間が開業したが、小村井(おむらい)駅の開業は昭和3年(1928)・・・・・・・・下町の味のある駅!

110910_092222s

110910_091826s

⑥スカイツリー・・・・・・・・・小村井あたりから本所吾妻橋あたりまでは、スカイツリーの下を歩いているようだ!

・・・・・・・・・・・都営文化一丁目アパートから

110910_093744s

110910_094058s

110910_094542s

・・・・・・・・・・・十間橋から

110910_095044s

110910_095226s

110910_095526s

110910_095714s

・・・・・・・・・・・西十間橋から

110910_100214s

・・・・・・・・・・・押上天祖神社から

110910_101054s

110910_101158s

⑦駒形橋・・・・・・・・・・・・・大正13年(1924)に着工し、昭和2年(1927)に竣工した、震災復興橋。橋長149.6m、幅員22.0m、総工費1,710,955円のアーチ橋。・・・・・・・・・・橋の途中には片側2か所の半円状に膨らんだスペースが造られ、ゆっくり川を眺めることができる。・・・・・・・・・・・曇天の駒形橋はこちら

110910_103648s

110910_103920s

110910_103622s

110910_104228s

⑧“駒形”と言えば・・・・・・・・・江戸時代(1801年)創業の「駒形どぜう」・・・・・・・・・「どじょうがさ、金魚のまねすることねんだよなあ」は野田首相、「どじょうがさ、葱と仲よく鍋の中」は私

110910_104528s

110910_104536s

⑨おまけ・・・・・・・・「駒形どぜう」の前には、創業130年程となる「おいもやさん興伸」の駒形店・・・・・・・・・・家内からの頼まれ事“散歩の帰り、大学芋300g買ってきて!”

110910_104718s

110910_104644s

2011年9月 9日 (金)

王子~池袋

王子駅から、滝野川、上池袋を抜け池袋駅まで、1万2千歩、9kmの散歩です。

①旧大蔵省醸造試験所・・・・・・・・・・赤煉瓦の3階建て酒造工場は明治35年(1902)に竣工。設計は横浜赤レンガ倉庫や日本橋を造った妻木頼黄(つまきよりなか)。・・・・・・・・・この地には、鹿島萬平が創業した「鹿島紡績」の紡績工場(明治3年建設)があったが、手狭となり移転した。その跡地に、明治37年(1904)大蔵省醸造試験所が設置された。醸造試験所は平成7年(1995)に「国税庁醸造研究所」(現:独立行政法人酒類総合研究所)となり、平成13年(2001)には近代的な研究所を東広島市に建設し、移転した。移転後は一部公園となっているが、赤煉瓦の工場は酒類総合研究所の東京事務所の管理となっている。

・・・・・・・・・・・・・・王子の「音無橋」脇の道を入ると、大学の校門のような旧醸造試験所の門がある。ここから公園で、奥に赤煉瓦の酒造工場が見える。・・・・・・・緑の芝と赤煉瓦、いいね!

110909_081410s

 

110909_081622s

・・・・・・・・・・・赤煉瓦酒造工場

110909_082556s

110909_081840s

110909_081646s

110909_082226s

110909_081902s

②正受院・・・・・・・・・・弘治年間(1555-1558)に開山されたお寺・・・・・・・・・滝野川2丁目の裏道を歩いていると、奥に中国風の鐘楼門がみえる。・・・・・・・・正受院(しょうじゅいん)は“赤ちゃん寺”とも呼ばれ、嬰児や水子の納骨や供養をしているそうだ。・・・・・・・私は、明治35年(1902)に建てられた鐘楼門が気に入った。

110909_083114s

110909_083718s

110909_083306s

③四本木(よもとぎ)稲荷社・・・・・・・・・・滝野川3丁目のアパート、マンションの谷間にある神社・・・・・・・・この神社は、戦前までは現:十条自衛隊駐屯地の東側にあった。そこは陸軍の兵器工場で、戦後に工場は壊され、神社も現在地に移された。・・・・・・・・・・小さいながらも緑豊かで、森の中の神社のようだ!参道の苔も見事!

110909_090034s

④滝野川村の鎮守・・・・・・・・・・・・・八幡神社は旧滝野川村の鎮守。創建は建仁2年(1202)の創建らしい? 本殿は総欅造りで、明治18年(1885)に改築され、拝殿は大正11年(1922)に修築された。・・・・・・・・・ん~~、確かに、♪♪村の鎮守の神様だ~~

110909_090954s

110909_091324s

⑤滝野川の建物・・・・・・・・・・・・・・

110909_091824s

110909_092158s

・・・・・・・・・・・裏道を歩いていると、稲荷湯、亀の子束子の脇道に出た!

110909_093030s

⑥豊島区役所・・・・・・・・・昭和36年(1961)に総工費4億3289万円で完成した、地下1階地上4階鉄筋コンクリート造の庁舎。・・・・・・・・・完成当時は千代田、文京に次ぐ都内最大級の総合庁舎だった。今は、中国・韓国・フィリピンなどの外国人が多数利用する庁舎。・・・・・・・・・・・現在、新庁舎建設計画が進められている

110909_101106s

2011年9月 8日 (木)

田端~王子




昨日に続き、田端駅から尾久、豊島、東十条を回って王子駅まで、1万6千歩、12kmの歩きです。

①田端運転所・・・・・・・・・・“尾久車両センター”と“田端信号所駅”の2つの基地で構成されている。田端駅前の“新田端大橋”を渡り、JR東日本東京支社前の道を真直ぐ進むと、この2つの基地の間を通る道に続く。道を挟み、南側(新幹線側)が田端信号所、北側が尾久車両センターで、道路を踏切で渡る一本の連絡線でつながっている。・・・・・・・ワクワクする、楽しい道だ!

・・・・・・・・・・・駅を出て、陸橋を渡り、しばらく歩くと踏切がある

110908_080114s

110908_080322s

110908_081316s

・・・・・・・・・・田端運転所・・・・・・・・JR東日本が管理する、電気機関車のみの車両基地

110908_081034s

110908_081154s

110908_081540s

110908_081704s

・・・・・・・・・・・・ディーゼル機関車も活躍

110908_081404s

110908_081420s

・・・・・・・・・・・尾久構内架道橋・・・・・・・・・・・・尾久車両センターを横断する150m程の地下道・・・・・・・・・線路の下の地下道なのに“架道橋”(=ガード)とは、これ如何に?・・・・・・・・架道橋を抜けると、尾久駅の横に出る!

110908_082726s

110908_082936s

110908_083116s

110908_083204s

・・・・・・・・・・・尾久車両センター・・・・・・・・・・・・こちらは、旅客列車の基地。“カシオペア”、“北斗星”などの基地で、たまには、お召列車も見ることができる。・・・・・・・・今日は、センターの端に位置する、梶原踏切から撮影。遠くに、かすんで列車がみえる。

110908_085038s

110908_085056s

②梶原停留所・・・・・・・・・・・都電荒川線が明治通りと交差する北区上中里の停留所

110908_085744s

110908_090002s

③紀州神社・・・・・・・・北区豊島5丁目の神社・・・・・・・通りがかっただけ!

110908_094746s

④秋近し・・・・・・・・・・

110908_093648s

110908_095210s

⑤北王子線・・・・・・・・・田端信号所と北区王子にある日本製紙の倉庫(北王子駅)を結ぶ、JR貨物の路線だ。この路線は昭和2年(1927)に開業した。・・・・・・・・・・・・今日は倉庫から、王子まで線路沿いに歩いた。

・・・・・・・・・・・コンテナで運ばれる紙

110908_102358s

・・・・・・・・・・・積み下ろしは写真右側のホームから

110908_102928s

・・・・・・・・・・・単線で王子方向に線路は続く

110908_102944s

・・・・・・・・・・・新幹線の高架下で東北本線と並走する

110908_103734s

・・・・・・・・・・・新幹線高架下を田端方向に

110908_103838s

2011年9月 7日 (水)

南千住~田端(常磐貨物線)

南千住駅に隣接するJR貨物・JR東日本の隅田川駅を一周し、常磐線貨物支線に沿い田端駅まで、1万5千歩、11kmの散歩です。

①隅田川駅・・・・・・・・・・・・・・隅田川駅は、常磐線南千住駅の東側に広がる貨物駅で、明治29年(1896)の開業以来旅客列車の発着は一度もない。“常磐線貨物支線”と呼ばれる路線上の駅。・・・・・・・・・・広い!駅の外周を一周するのに30分ほどかかる。戦後の貨物全盛期は、今以上に広く、北側の東京メトロの車庫、東側のマンションなどが建っているところなども駅の一部であった。隅田川に繋がる桟橋もあり、水運も実施されていたそうだ。現在は20両編成のコンテナ列車が発着できるホームが10面程あり、構内には紙の流通拠点となる倉庫などもある。

110907_082244s

110907_081744s

110907_082004s

110907_082932s

110907_083238s

110907_083356s

110907_083450s

110907_085026s

110907_085034s

110907_085458s

110907_085508s

110907_085904s

・・・・・・・・・・・隅田川駅前(北側)の高層住宅・・・・・・・ここも、昔は駅だった?

110907_082406s

110907_082830s

・・・・・・・・・・・隅田川駅前(南側)のドヤ・・・・・・・・・・・南側は山谷のドヤ街のはずれに位置する

110907_084302s

②並走する貨物支線・・・・・・・・一段上を走る常磐線(南千住~三河島)、下を走る貨物線

110907_090330s

110907_090458s

③三ノ輪ガード・・・・・・・・・南千住~三河島間に年代物のガードが残っている。トンネル型の“第3三の輪ガード”と橋梁型の“第1三の輪ガード”だ。年代は判らないがかなり古そうで、両ガードとも複線分が煉瓦で造られている。増設した複線分はコンクリート造で昭和41年(1966)竣工なので、それ以前に造られたのは間違いない!・・・・・・・・・・・・日本鉄道の隅田川線として田端~隅田川間が開業したのは明治29年(1896)である。ひょっとすると当時のガードかも?

110907_091012s

110907_092110s

④三河島道踏切・・・・・・・・三河島駅の西側にある踏切。常磐線に並走してきた貨物線が、ここで分かれ田端へ向かう。常磐線は高架で上野へ向かう。・・・・・・・・・私の好きな踏切の一つ。

110907_095452s

110907_095646s

・・・・・・・・・・・貨物支線は三河島駅から高度を下げ、踏切手前で地上面に達する

110907_095456s

⑤田端駅構内への合流点・・・・・・・・・・

110907_102216s

⑥EF65とEF81・・・・・・・・・ツーショットだ!

110907_103108s

110907_103850s

⑦三河島の夏・・・・・・・・・・・・・

110907_093800s

110907_103642s

2011年9月 6日 (火)

高輪・三田

都営浅草線泉岳寺駅から、高輪、三田をウロウロ歩いて田町駅まで、1万2千歩、10kmの散歩。

①通学時間の泉岳寺・・・・・・・午前9時、高輪泉岳寺の山門を続々とくぐる男子学生の列。高輪中・高等学校の生徒だ!・・・・・・・・・高輪中・高等学校は京都西本願寺(浄土真宗)により設立された学校。泉岳寺は曹洞宗のお寺だ。仏教つながりで、仲よく、隣り合わせ!?

110906_082000s

・・・・・・・・・・・・今日も、泉岳寺と高輪学園の間の細い路地を抜け、堀江歯科医院の脇に出た。

110906_082150s

110906_082346s

②旧細川邸のシイ・・・・・・・・・・肥後熊本の細川邸下屋敷跡に残る、幹回り8m以上、樹高10m以上の巨樹。東京都指定の天然記念物。デカい!・・・・・・・・300m程離れたマンションの一角に赤穂義士切腹の地が塀に囲われ残されている。旧細川邸の敷地が、広大であったことが判る。

110906_083536s

③魚籃(ぎょらん)寺・・・・・・・・・・・魚籃坂の中程に、坂の名の由来となった“魚籃観音”を祀った「魚籃寺」がある。・・・・・・・・・観音様は拝見できず!

110906_084750s

④キリスト友会フレンズセンター・・・・・・・・・・・・“キリスト友会”とは、“クエーカー”のことで、キリスト教の一派。“フレンズセンター”は、教会の宿泊施設。・・・・・・・・・大正11年(1922)に、宣教師館として建設された、木造2階建一部地下室付きの建物。設計は浅草聖ヨハネ教会東洋英和女学院スコットホールなどを手掛けたヴォ―リズだ!(私の好きな建築家)

110906_090152s

110906_090320s

⑤三田の夏・・・・・・・・・・・・

110906_085756s

110906_092222s

110906_093444s

⑥慶応義塾大学の建物・・・・・・・・・・図書館、塾監局、第一校舎、三田演説館などを拝見!

・・・・・・・・・・・慶応義塾大学図書館旧館・・・・・・・明治45年(1912)竣工、煉瓦造2階建て。重要文化財。・・・・・・・・・・福沢諭吉が慶應義塾を創設したのは安政5年(1858)で、この図書館は明治40年(1907)に、慶應義塾創立50周年記念事業として建てられた。設計はジョサイア・コンドルに建築を学んだ曾禰達蔵と、その後輩の中條精一郎が開設した、曾禰中條建築事務所が担当した。・・・・・・・・・・赤煉瓦と花崗岩、テラコッタ(素焼粘土)に飾られ、明るく華やかな外観だ。正面玄関脇には福沢諭吉の像もある。

110906_095048s

110906_095404s

110906_095344s

110906_095108s

・・・・・・・・・・・慶応義塾大学塾監局・・・・・・・大正15年(1926)竣工、鉄筋コンクリート造4階建て。・・・・・・・・・・スクラッチタイル張りの、落ち着いたデザインの建物。設計は曾禰中條建築事務所が担当

110906_094846s

110906_094622s

110906_094734s

・・・・・・・・・・・慶応義塾大学第一校舎・・・・・・・昭和12年(1937)竣工、鉄筋コンクリート造4階建て。・・・・・・・・・・スクラッチタイル張りの、シンプルな建物で、研究室として使われている。こちらも曾禰中條建築事務所が担当

110906_095804s_2

110906_100506s

・・・・・・・・・・・慶応義塾大学三田演説館・・・・・・・明治8年(1876)に開館した、木造2階建て、我が国初の演説会堂。重要文化財。・・・・・・・・・・ナマコ壁の建築で、まだ江戸時代の匂いが残るようだ!

110906_100212s

⑦EXCALIBUR・・・・・・・・・・・三田のお寺に駐車していた。カッコイ~~

110906_102646s

2011年9月 4日 (日)

浅草橋

大型で、超スローな台風12号は、まだ日本海をうろついている。連日の雨により散歩を中止していたが、今日は雨があがった合間を見計らい歩いてみた。

雨雲の下、我が家(浅草橋)の周りを中心に、1万歩、8kmの散歩。

①福井ビル・・・・・・・・・・・我が家と同じ町内に戦前から建っているビル・・・・・・・・・・小さいながらも、地下にはスナック(現:喫茶店)があり、エレベータもある。

110904_080942s

110904_081000s

②浅草橋の戦前の建物・・・・・・・・・・

110904_081042s

110904_082350s

110904_082452s_2

③旧柳北(りゅうほく)小学校・・・・・・・・・・現在は「リセ・コレージュ・フランコ・ジャポネ」というフランスの学校が校舎として利用している・・・・・・・・・・柳北小学校は明治9年(1876)に柳北女学校として創立され、明治41年(1908)柳北尋常小学校に改称し、平成13年(2001)少子化により廃校となる。私の母校!・・・・・・・・・現校舎は大正15年(1926)に、校舎前の柳北公園とほぼ同時期に完成した。復興小学校である。

110904_081918s

110904_081400s

④クレインヒル・・・・・・・・・・・中央区馬喰町のファッションビル・・・・・・・・・私の記憶では、このビル、だいぶ昔(私の幼き頃)“銀行”だったと思うよ!

110904_084600s

大原第5ビル・・・・・・・・・昭和4年(1929)に清水組(現:清水建設)が設計施工した、横山町に建つ貸ビル。ファッション関係、飲食店など、シャレた感じの店が入居している。建物である。アーチ窓・塔屋・1階階段室にレトロな感じを出している。・・・・・・・・・正面中央の玄関から入ると、すぐにレトロな階段がある。一気にタイムスリップするような感じがいいね!

110904_085434s

110904_090030s

110904_085552s

110904_085718s

110904_085924s

110904_085810s

110904_090004s

⑥柳橋・・・・・・・・・横山町(中央区)から、柳橋を渡り柳橋1丁目(台東区)へ・・・・・・・・・・・石塚稲荷神社で手を合わせ、“玉垣の今は無き料亭の名を懐かしむ”。この神社のすぐそばには、私が通った銭湯があった!

110904_091854s

110904_091910s

110904_092238s

⑦総武線隅田川橋梁・・・・・・・・・・・昭和7年(1932)竣工の隅田川橋梁は、台風により水嵩を増した隅田川に、しっかり腰を据えていた!

110904_093522s

110904_092806s

110904_093700s

⑧榊(さかき)神社・・・・・・・・・・・・・・・蔵前1丁目の榊神社・・・・・・この地は、東京工業大学の発祥地

110904_094918s

⑨ここで、大雨・・・・・・・・・我が家は近く、歩いて5分。散歩はここまで!

110904_095604s

110904_095638s

110904_095758s

« 2011年8月28日 - 2011年9月3日 | トップページ | 2011年9月11日 - 2011年9月17日 »