« 馬込~大森 | トップページ | 東京タワーの近く »

2012年7月13日 (金)

浅草橋~水道橋

二ヶ月に一回の循環器系の検診で、水道橋のクリニックへ行ってきた。我が家(浅草橋)から水道橋まで、1万1千歩、8kmの歩き。

旧柳北小学校・・・・・・・・・・私の母校。浅草橋5丁目の校舎は大正15年(1926)竣工の震災復興小学校の一つだ。小学校は、平成13年(2001)に少子化により閉校した。・・・・・・・・・平成15年(2003)から、今年の6月までは、「リセ・コレージュ・フランコ・ジャポネ」というフランスの学校が入っていたが、先ごろ引っ越し、ただいま空き家の状態だ!校門に、校名のプレートが残されている。・・・・・・・・・毎朝、多くのフランスの児童が通い、賑やかだった我が家の周りも静かになった。フランス人の美人先生もいた、寂しいね!

2012_0713_081818ts

2012_0713_081848ts

②金剛稲荷・・・・・・・・・・わが母校の先は、千代田区神田和泉町となる。和泉町には、私が耳鼻咽喉科で診てもらっている三井記念病院がある。病院の裏手は現在「和泉公園」となっているが、この公園も戦前は病院の一部であった。病院と公園の東側に、現在、日本通運の引越センターがある。そして、公園とセンターの間には「日本通運株式会社」と染め抜いた赤いのぼり旗が立っている。・・・・・・・・・・この地は、日通、日本通運の先祖で、江戸時代、飛脚問屋京屋弥兵衛と言う人が、浪花(大阪)、京(京都)、江戸(東京)間の運送事業を開始した場所らしい。京屋は明治4年(1871)に陸運元会社に統合され、その後、内國通運、國際通運、日本通運と移り変わる。・・・・・・・・お稲荷さんは、京屋弥兵衛が、日頃から五穀豊穣・商売繁盛・道中安全の神として崇めていた伏見稲荷を自店に勧進したことに始まるらしい。・・・・・・・・のぼり旗の社名は、創業の志を大切に守る日通の気持ちだね。

2012_0713_083600ts

2012_0713_171423s

2012_0713_171439s

・・・・・・・・・・・・お稲荷さんの後ろに残る高いコンクリート塀・・・・・・・・・戦前には、日通側に食糧倉庫があり、この塀により病院と仕切られていた。・・・・・・・・・・ついでに、現在の公園があるところは、昭和23年(1948)から昭和46年(1971)まで、農林省東京食糧事務所が設置されていた。・・・・・・・・・この辺は、小学生頃の私の遊び場だ!

2012_0713_083810ts

2012_0713_083816s

③柳原(やなぎはら)土手・・・・・・・現在の万世橋から浅草橋までの神田川南岸沿いの長さ10丁(約1.1km)を云う。太田道灌が江戸城の鬼門除けに柳を植えさせたことが名の由来らしい。・・・・・・・・JR東北本線神田川岸の“柳町橋高架橋”、万世橋と和泉橋の中程に“柳森神社”、神田川北岸(柳原の対岸)の地名は“向柳原”(現:浅草橋)、私の母校“柳北小学校”、浅草橋の下流に架かる“柳橋”、やたらと多い“柳”だ。

・・・・・・・・・・和泉橋~万世橋間の写真(順に)、和泉橋、北原ビル、海老原商店と3軒の銅板建築、岡昌裏地ボタン店、柳森神社、神社の玉垣、柳町橋高架橋、神田川橋梁(JR東北本線)、万世橋

2012_0713_085230s

2012_0713_085822ts

2012_0713_085934ts

2012_0713_090132ts

2012_0713_090154ts

2012_0713_090634ts

2012_0713_091114s

2012_0713_091618ts

2012_0713_091940s

④旧万世橋駅整備・・・・・・・・・・・・JR東日本は7月3日に、旧万世橋駅の遺構を整備し、公開することを発表した。来年(2013年)1月、旧万世橋駅舎(旧交通博物館の在ったところ)の跡地に、地上20階建ての神田万世橋ビルが竣工し、春には赤煉瓦の高架下に親水デッキを造り店舗がオープンする。また夏には、赤煉瓦高架橋の上に残っている旧駅ホームを展望カフェとしてオープンさせる。・・・・・・・・・いよいよ、赤煉瓦高架橋の整備に着手した。できるのが楽しみだ!

2012_0713_092228ts

2012_0713_092528ts

2012_0713_092600ts

⑤鷹岡東京支店・・・・・・・・・・・昭和10年(1935)に、大阪の羅紗問屋の支店として建てられた、鉄筋コンクリート造地上5階の建物。1階部分の外壁は御影石、2階以上はスクラッチタイル貼りで、屋上と1階石張り上部の外周には帯飾りを施している。全体的にはシンプルなデザインで古さを感じさせないビルだ!

2012_0713_092856ts

⑥昌平橋・・・・・・・・・・昌平橋から聖橋方面(上流)を眺めると、神田川を斜めに横切る巨大な総武線のガーター橋が大股をひろげ、その奥には聖橋と地下鉄丸の内線の鉄橋を見ることができる。 また、下流は中央線の赤煉瓦高架橋が旧万世橋へと続く。 どちらも、好きな景色だ!・・・・・・・・・・チョイト影の薄い昌平橋とは、、、、、、、大正12年(1923)の震災直前に竣工し、昭和5年(1930)に両側歩道部分が増設された。・・・・・・・・・私が、秋葉原青果市場(現:UDX)の近くにいた小学生前の幼き頃、この橋の近くで迷子になった思い出がある。 その頃は、昌平橋の名も知らず、遠いところだった!!

2012_0713_094446s

2012_0713_093822s

2012_0713_093900s

2012_0713_094114ts

⑦元町公園・・・・・・・・・昭和5年(1930)に開園し、その後、改修されているが、震災復興公園では唯一、建設当時のデザインが保存されている貴重な公園だ。・・・・・・・お茶の水坂に面した入り口の階段上正面にはアーチ状の壁泉がある、路は左右分かれそれぞれ葡萄棚のような休憩スペースのある広場に出る。広場には水が段をなして落ちるカスケードが残っている。広場のコーナーには鷹のようなモニュメントも残されている。・・・・・・・・・神田川を走る中央線と駿河台の高台も望める最高の位置に残る公園を、再整備し保存してほしいものだ!

2012_0713_100402ts

2012_0713_100446cs

2012_0713_100822tcs

2012_0713_100506cs

2012_0713_100634cs

2012_0713_100712cs

・・・・・・・・・・公園に残るコンクリート造のすべり台と砂場・・・・・・・・・懐かし~~い!

2012_0713_100910ts

⑧旧文京区立元町小学校・・・・・・・・・・明治44年(1911)に創立した、小学校の老舗。震災後、昭和2年(1927)に現在地である元町公園の隣に移転し、鉄筋コンクリート製の校舎に建て替えられた復興小学校。・・・・・・・・・この小学校も少子化により平成10年(1998)に閉校した。現在は順天堂大学に貸し出されている。

2012_0713_101030s

⑨桜蔭学園本館・・・・・・・・・・東京女子高等師範学校(現:お茶の水女子大)の同窓会 社団法人桜蔭会により昭和6年(1931)創立された、私立女子校。タレント:菊川怜も卒業した偏差値の“超”高い名門校。ちなみに、平成24年(2012)の東大合格者数は58名だ。・・・・・・・・・建物の本館は、昭和6年(1931)に大林組の設計・施工で建てられた。スパニッシュ様式の建物。

2012_0713_101426s

2012_0713_101528s

2012_0713_101410s

« 馬込~大森 | トップページ | 東京タワーの近く »

散歩」カテゴリの記事