« 夜の上野 | トップページ | 水戸 »

2012年8月17日 (金)

市川真間~下総中山

京成本線市川真間駅から、総武線下総中山駅まで、1万3千歩、9kmの散歩です。

①市川真間駅・・・・・・・・・・大正3年(1914)に「市川新田」駅として開業し、大正5年(1916)に「市川真間」に改称した。・・・・・・・・現在は、都心近郊の住宅街のゴク普通の駅だが、かつては京成電気鉄道の中枢駅だった。駅北側には、「東華園」という京成直営の遊園地、京成の初代社長:本多貞次郎邸などがあったらしい。現在は駅前に、旧京成電鉄社員倶楽部(現:伊藤家邸宅)、京成電鉄診療所、「本多貞次郎頌徳碑」などが残っている。・・・・・・・・東京の住宅街の横綱は、“東の市川真間、西の田園調布”(?)。こんな話、聞いたことがないけど、ほんとかな!

2012_0817_084904ts

2012_0817_083814s

2012_0817_085022s

・・・・・・・・・・大正11年(1923)駅前に建立された京成電鉄初代社長「本多貞次郎頌徳碑

2012_0817_084812s

②伊藤家住宅・・・・・・・・・・市川真間駅のホームから見える、旧京成電鉄社員倶楽部。昭和4年(1929)、京成電気軌道(現京成電鉄)の福利厚生施設として建築されたが、竣工直後に葛飾瓦斯(現京葉ガス)の本社となった。昭和20年(1945)からは、個人住宅となり現在に至っている。・・・・・・・・・・木造2階建て、軒下には波型の垂れ飾り、屋根には塞がれているドーマーウインドウ(=屋根の傾斜面に設けられる屋根窓)と、飾りの付いた妻など、昭和初期の建築の特徴が表れている。

2012_0817_084043ts

2012_0817_083917ts

2012_0817_084419ts

③西洋館倶楽部・・・・・・・・・・・現オーナーの祖父は、東京深川に住んでいたが、震災後、現在の地(市川市新田5)を得て、昭和2年(1927)に大工「大亀」の手により住宅としてこの建物を建てた。玄関ポーチの上には、コンクリート製の手摺を巡らしたバルコニーがあり、特徴的だ。・・・・・・・・戦災では焼失を免れ、平成7年(1995)、建物の修復工事を行いギャラリー&コンサートホールとしてオープンさせた。・・・・・・・・国の登録有形文化財・・・・・・赤い屋根の木造3階建て、ツタに覆われた西洋館は大正ロマンだ!

2012_0817_0854382s

2012_0817_0853522s

2012_0817_085346s

④旧浮谷恍次郎邸・・・・・・・・・・・市川市新田に「ザ チャペル オブ アドレーション」と言う、プロテスタントの教会ある。そこの敷地の一角に、大正初期の小ぶりの煉瓦造りの建物がある。・・・・・・・・浮谷家の住居の一部として建てられ、その後教会に寄進されたそうだ。現在は教会の厨房として使われている。・・・・・・・・・聖堂は昭和54年(1979)建設。

2012_0817_0917481s

2012_0817_091636ts

⑤行商のおばさん・・・・・・・・・・菅野(すがの)駅で遭遇した“行商のおばさん”。・・・・・・・・・私の幼き頃(昭和40年ぐらいまで)は、行商の全盛期。浅草橋の我が家には、野菜は京成本線で佐倉のおばさんが、魚介類は総武線で船橋のおばさんが、売りに来た。・・・・・・・・・モンペ姿で、竹で編んだ籠を背負い、両手には竹の手提げを持ち、商品を持てるだけ持って来た。帰りは、空になった籠に、孫のおもちゃ、衣服を買って帰った。・・・・・・・・・もう、いなくなったと思っていた“おばさん”の姿を発見! 懐かし~~い。チャンと籠もあるよ!

2012_0817_093210ts

⑥石渡商店・・・・・・・・・・菅野駅近く、大正14年(1925)創業の酒屋さん。社長はJSA公認のワインアドバイザーです。・・・・・・・・・お洒落な雰囲気の店だ!

2012_0817_093432ts

⑦黒松通り・・・・・・・・・市川、新田、菅野、平田と続く住宅街の一帯は、やたらと黒松が多い。道の車道にも黒松が生え、個々の家の中にも・前にも黒松が生え、通りの名は“黒松通り”。・・・・・・・・国府台がある台地と、真間川を境としたこの辺は、かつて海であり、黒松の自然林があった。大正時代に、その林を生かした住宅地となったようだ。・・・・・・・・市川市八幡に住んでいた永井荷風も、この黒松と共生する地を好んだようだ! 私も好きになった!

2012_0817_092714s

2012_0817_093724cs

2012_0817_094008ts

2012_0817_094356ts

2012_0817_100316ts

2012_0817_101122ts

 

⑧法華経寺(ほけきょうじ)・・・・・・・・・市川市中山にある日蓮宗大本山の寺院。鎌倉時代の文応元年(1260)創立。

・・・・・・・・・・・祖師堂・・・・・・・・・・延宝6年(1678)に上棟式が行われ、17年の歳月をかけ元禄15年(1702)落慶式が行われた。国の重要文化財。

2012_0817_104314s

・・・・・・・・・・五重塔・・・・・・・・元和5年(1622)、加賀前田家の寄進により建立した。国の重要文化財。

2012_0817_104224tcs

・・・・・・・・・・・・聖教殿・・・・・・・・・国宝の「如来滅後五五百歳始観心本尊抄」、「立正安国論」及び、重要文化財61巻ほか多くの宝物を所蔵する宝殿。・・・・・・・・・設計は宗教建築の大家で東大教授:伊東忠太(震災記念堂、東大正門などを設計)、施工は清水組で、大正15年(1926)に起工し、昭和4年(1929)に竣工した。・・・・・・・・・塔の直径は10m、高さ22.8mで、鉄筋コンクリート造、仕上げは花崗岩張り。

2012_0817_103710s

2012_0817_103820s

⑨湯浅写真館・・・・・・・・・・参道に面する湯浅写真館。昭和レトロの建物か?・・・・・・・・白く壁に浮きでた店名、イイネ!・・・・・・・・・昔の観光地には、けっこう古い写真館が残っている、ここもその一つかな?

2012_0817_104722s

« 夜の上野 | トップページ | 水戸 »

散歩」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

千葉県」カテゴリの記事