« 水道橋~巣鴨 | トップページ | 京成金町線 »

2012年9月11日 (火)

市場町

本日は稲毛へ行った帰りに、チョイト千葉県庁の周辺を、1時間ほどウロチョロしてみた。

①気になるモノレール・・・・・・・・・・よそ者の私には、大通りの真ん中に無骨な鉄骨の軌道が走り、どうしても気になり歩きづらいモノレールだ。東京・横浜・大阪などの市街地を走る高速道路も同じだが、都市の景観を壊しているとしか思えない。モノレールも高速道路も無くなると、サッパリとした明るい空間が誕生し、美しい新しい都市が誕生すると思うよ!・・・・・・・・・東京日本橋の頭上を走る首都高を地下化する計画も、同じ考えだ!

2012_0911_150840cs

2012_0911_150852cs

 

②千葉県庁本庁舎・・・・・・・・・・20階建て(高さ95.4m)の高層ビルの本庁舎は、ご立派。平成8年(1996)竣工。・・・・・・・・・19階には展望回廊、20階にはレストラン、地上には由緒ある「羽衣の松」があるそうだ。いずれも知らず、今日は見なかった、残念!

2012_0911_151330cs

2012_0911_151557cs_2

 

③吾妻橋・・・・・・・・中央区市場町の千葉県庁際を流れる都川に架かる橋。この辺は明治6年(1973)に県庁が現在地に建てられ、市街地として整備されたそうだ。

2012_0911_151517tcs

2012_0911_151658cs

④市場町(いちばちょう)・・・・・・・・・“中央区市場町”は県庁所在だ、すぐ目の前には千葉城も建っている。 この大通りを歩いてビックリ、“本当に県庁所在地か?”。 昭和40年代高度成長期に建てられたと思われる商店のビルにはシャッターが下り、開いている商店に客の姿はなく、商品は埃まみれ、、、、、、、森田知事へ、“町が死んでしまうぞ!”

2012_0911_152120tcs

2012_0911_155418ts

2012_0911_155620ts

2012_0911_155904cs

 

⑤日本キリスト教団 千葉教会・・・・・・・・・明治8年(1875)に布教を開始した千葉教会は、明治28年(1895)に本格的な洋風の教会を建てた。 市場町の家並みの中に埋もれるように建つ、木造の瀟洒なこの教会は、ドイツの建築家リヒャルト・ゼールの設計による。・・・・・・・・・この教会は内部の構造(木組み)に特徴がある建物だが、本日は施錠され、教会の人も見あたらず、外部のみ撮影して来た。

2012_0911_152550tms

2012_0911_153148s

⑥千葉城・・・・・・・・・市場町の隣りに、千葉氏の居城、千葉城(別名:亥鼻城)があった。・・・・・・・・・・鉄筋コンクリート造の白亜の天守は、立派な城に見えるが、実態は、、、、、、、、千葉氏が活躍した戦国時代には、このような城はなかったらしい。 現在の天守型の城は、昭和42年(1967)に築城された「千葉市郷土博物館」のなにものでもない。・・・・・・・・城の歴史に疎い私は、本当に存在した城の復元だと思った。まあ、青空に美しく映える、観光資源の一つと思えばイイカ!

2012_0911_154432cs

2012_0911_154518s

« 水道橋~巣鴨 | トップページ | 京成金町線 »

散歩」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

千葉県」カテゴリの記事