« 東中野~目白 | トップページ | 中川 »

2012年10月29日 (月)

上野の山

我が家(浅草橋)から上野の山へ、1万3千歩、9kmの散歩です。

①台東区台東の建築・・・・・・・・・“台東”とは、浅草橋と御徒町の間に位置する地名で、昭和39年(1964)の住居表示変更以前は、“御徒町1丁目、2丁目”、“二長町”、“竹町”と呼ばれた処だ! この辺は、江戸時代の旗本・大名屋敷が在ったところで、大正・昭和は、商業の町となりそれなりに活気が在った。・・・・・・・・今でも、看板建築(関東大震災後、商店などの木造の建物の前面を、モルタル/銅板などで、看板のように飾った建物。)を多く見ることのできる一帯だ。・・・・・・・・・我が家のまわり浅草橋から、台東、小島、東上野などには、看板建築が多く残り、裏道には“昭和の下町”の匂いがプンプン!

・・・・・・・・・・・・銅板の3軒長屋・・・・・・・・1階は家ごとに改装しているが、2階はそろっている。

20121029_81541

・・・・・・・・・・・西郷医院・・・・・・・・・・・窓枠はアルミサッシに変わったが、建物の全体イメージは変わらず、残して欲しいモルタル系看板建築の診療所。・・・・・・・・・玄関の円柱がいいね!

20121029_81645_4

・・・・・・・・・・・・トタンの看板建築

20121029_81757

・・・・・・・・・・・・スクラッチタイル貼り、腰は石貼りの超モダンな蔵。昭和初期の建築(?)

20121029_81947

・・・・・・・・・・・・出桁造りの商家も健在・・・・・・・・・・玄関には「備長炭あります」の貼紙が、燃料屋さんだ!・・・・・・・・・・主戦直後は、燃料屋さんでは、炭はもちろん、薪・練炭・七輪・豆炭などを売っていた。ガソリンスタンドはなかったな!

20121029_82215

・・・・・・・・・・・・こちらも出桁造りの商家

20121029_82825

・・・・・・・・・・・蛇腹の縦型のシャッターが時代を偲ばせる銅板建築。 既に空き家となり大分時間が経過した。

20121029_82355

②東京電力下谷変電所・・・・・・・・・上野のマルイ裏の飲食店が軒を連ねている一角に寂しくたたずむ大正ロマンの建物。昭和6年(1931)に建てられた変電所だ。・・・・・・・・蔵前の変電所(昭和8年築)と同じ頃の建物。

20121029_84920

20121029_84525

20121029_84946

③京成上野駅・・・・・・・・・・昭和8年(1933)、2面4線(4両編成)の地下駅として、上野の山の真下に造られた。昭和47年(1972)から大規模改良工事が行われ、昭和51年(1976)に現在の2面4線(10両編成)のホームとなった。・・・・・・・・JR、地下鉄とは開業時から地下道で結ばれているが、さらには正面の中央通り向うにあった「京成聚楽ビル」(跡地に現在はヨドバシカメラが建っている)とも地下で結ばれていた。・・・・・・・・・この辺りは、終戦直後には、浮浪者・パンスケの溜り場であり、傷痍軍人が路上で援助を乞い、暮には救世軍の社会鍋が現われる処だ! 今でも、公園に向かう階段には似顔絵描きが健在だ! 思い出すと、、、、、、、懐かしいね!

20121029_85531

20121029_85901

20121029_902059

20121029_94345

④博物館動物園駅・・・・・・・・・・・昭和8年(1933)開業の京成電鉄の博物館動物園駅。4両編成のホームしかないため、平成9年(1997)を最後に廃止となった。・・・・・・・・・出入口は国立博物館脇に国会議事堂の中央部分のような形状をしたものと、動物園の旧正門脇に出るものの2か所だった。・・・・・・・・・話のついでに、この駅の日暮里よりに、昭和22年に廃止になった地下駅の寛永寺坂駅もあった。

・・・・・・・・・・・博物館側の出入口・・・・・・・・けっこう知名度の高い出入口。ピラミッド型の屋根の飾りにも凝っている!

20121029_101931

20121029_102128

・・・・・・・・・・・動物園側の出入口・・・・・・・・・地下へ下る階段部分に物置小屋のようなものが建てられ、窓は封鎖され、悲しい姿に!

20121029_101702

⑤旧動物園正門・・・・・・・・・東京都美術館の裏側に旧正門がある。4本の御影石の柱と、4枚の鉄扉、左右の小屋に、切符売り場で構成されている。明治44年(1911)、新家孝正:工学博士の設計で建てられた重厚な門だ!

20121029_100845

20121029_100643

⑥東京藝術大学美術学部・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・旧正門・・・・・・・・・・・美術学部と音楽学部の正門は、互いに面して建っていたが、大学美術館建設により、東京都美術館側に移設した。

20121029_101920
・・・・・・・・・・・参考に、こちらは音楽学部の正門

20121029_103828c_2

・・・・・・・・・・・・陳列館・・・・・・・・・岡田信一郎の設計により、昭和4年(1929)に竣工した、鉄筋コンクリート造2階建ての建物。 大学美術館ができるまでは、 メイン・ギャラリーとして親しまれてきた展示施設だ。・・・・・・・・・外壁はスクラッチタイル貼りで、1階は窓のある展示施設、2階はトップライトを生かした空間となっている。

20121029_102445

20121029_102606c

20121029_103015

20121029_102726

・・・・・・・・・・・旧皇居正門鉄橋飾電燈・・・・・・・・明治19年(1886)にドイツに発注し、明治21年(1888)に竣工した、皇居二重橋の飾電燈。新宮殿造営時に二重橋も架け替えられ、飾電燈4基のうち1基が藝大に移設された。

20121029_102839_2

・・・・・・・・・・・・正木記念館・・・・・・・・・・・東京美術学校の第五代校長:正木直彦の功労を記念するために建設された展示施設。昭和10年(1935)竣工、金沢庸治設計、鉄筋コンクリート造2階建ての、城郭のような帝冠様式が特徴の建物。

20121029_103708

20121029_103107

⑦噴水前で・・・・・・・・・・・・・改装工事も終わり、噴水がよみがえった!・・・・・・・・噴水前には、なぜか、稲が植わっていた・・・・・・・・・日向ぼっこ。

20121029_105530

20121029_105810

20121029_1056044

20121029_105651

20121029_105652

« 東中野~目白 | トップページ | 中川 »

散歩」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

台東区」カテゴリの記事