« 浅草橋~北千住 | トップページ | 品川~広尾 »

2012年10月 5日 (金)

大井町~品川

大井町駅から、東海道本線の東側(旧東海道側)を品川まで、1万4千歩、10kmの散歩です。

①旧大井町変電所・・・・・・・・・大井町駅の北側にJR東日本の東京総合車両センターが在る。この中に大正11年(1922)竣工の旧大井町変電所が建てられている。・・・・・・・JR構内は、私のように無計画でブラブラ散歩している人は立ち入り禁止。線路反対側の土手上の道路からフェンス越しに見るのが精一杯だ。土手上は雑草が茂り、その僅かな隙間からパチリ。・・・・・・・・・大きな赤煉瓦の建物で、現在は(株)東日本鉄道整備の山手事業所となっており、鉄道の清掃をする会社の清掃員詰所などとして利用されているようだ。

2012_1005_0852142s

2012_1005_084948tcs

2012_1005_085610ts

②日本ペイント(株)明治記念館・・・・・・・・・・・南品川の日本ペイント構内には、明治42年(1909)に竣工した煉瓦造りの日本最古の油ワニス工場が、現在は創業百周年を記念し「明治記念館」として保存されている。・・・・・・・・・内部には、日本ペイントの前身である明治14年(1881)設立の「光明社」時代の資料、製造設備などが陳列されていた。

2012_1005_091824s

2012_1005_090246tcs

2012_1005_091310s

2012_1005_091522s

2012_1005_091646cs

・・・・・・・・・・・明治30年代後半の日本ペイント工場の俯瞰図があった。デカい敷地の隅に現在の「明治記念館」の建物があったようだ。

2012_1005_090638ts

③天龍寺の煉瓦塀・・・・・・・・・・・大井町からは、ゼームス坂通りを北へ下ると古いレンガ塀に突き当たる。日本ペイントからは東に200m程、天龍寺というお寺の塀だ。この辺一帯は京浜工業地帯として古くから工場が建ち並んでいたので、古い煉瓦の遺構が散在しているらしい。・・・・・・・・天龍寺の煉瓦塀は、長く、綺麗な状態で残っている。・・・・・・・・お寺の本堂の屋根勾配も美しいね。

2012_1005_092440s

2012_1005_092822s

・・・・・・・・・・境内に咲いていた、白花曼珠沙華(しろばなまんじゅしゃげ)

2012_1005_092850s

④南品川の旧交番跡・・・・・・・・・・・・・旧東海道の目黒川(品川橋)南詰め交差点に残る旧交番跡。昭和初期に建てられたものかも?

2012_1005_100128tcs

⑤荏原神社・・・・・・・・目黒川の岸に在る荏原神社は和銅2年(709)の創建。古い!・・・・・・・・現在の社殿は弘化元年(1844)に建てられたもの。

2012_1005_100806s

⑥八ツ山橋・・・・・・・・・北品川で東海道線を跨ぐ「八ツ山橋」だが、現在の橋は4代目だ。・・・・・・・・初代の八ツ山橋は、明治5年(1872)に架けられた日本初の跨線橋だ。しかし、この橋は木造だった。2代目は、大正3年(1914)に架けられた、アーチ橋。3代目は昭和5年(1930)に2代目の西側に併設されたアーチ橋。そして、現在の4代目は、昭和60年(1985)に架け替えられた。・・・・・・・・・現在の橋の際に、2代目の八ツ山橋の親柱が保存されている。

2012_1005_1033582s

⑦京浜急行八ツ山鉄橋・・・・・・・・・八ツ山橋のすぐ隣りに、京浜急行の八ツ山鉄橋(トラス橋)が架かっている。昭和8年(1933)に京急が品川へ延伸するとき、専用軌道として建設された、長さ48mのワーレントラス橋だ。・・・・・・・・・・橋の両側のRはきつく、電車はゆっくり通過して行く。写真撮影には、電車がポーズをとってくれているようで“ありがとう”だ。

2012_1005_103618s

2012_1005_103852s

« 浅草橋~北千住 | トップページ | 品川~広尾 »

散歩」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

品川区」カテゴリの記事