« 中川 | トップページ | 駒込の庭園 »

2012年11月 3日 (土)

浅草橋~東京

1日より今日の午前中まで、人間修理工場に入院してきました。・・・・・・・・・ことの発端は、後頭部の小豆大のできものから始まり、9月下旬に美人先生の執刀により取り除いた。その後、病理検査で“悪性の腫瘍”と判明し、この3日間入院し、“腫瘍”の周りをより大きく抉りとられた。・・・・・・・“中央手術室”と書かれた部屋には、4人のドクターと何人かのスタッフが待ち構えていた。(私は、よたよたした足取りで、緊張し、恐る恐る手術台へ!)・・・・・・・・手術は局所麻酔で行われ、ドクターの話し声・相談する声も聞こえる、「もっと大きく切りましょう! もっと深く切った方がよい!」。(私の、心臓はドキドキ、ハラハラの状態だ!)・・・・・・・最後は美人先生が、「4か所ホチキスでとめときました」。(ギャー、私の頭には金属のホチキスの針が4本突き刺さった状態で手術終了、恐ろしやー!)・・・・・・・・退院に際し美人先生から、「一週間後に来てください、ホチキスの針とりますから」。(感動と安心と期待する言葉をいただいた。嬉しくなりニコニコ帰宅!)

・・・・・・・・・と言うわけで、今日の散歩は足慣らしで、我が家(浅草橋)から須田町・小川町・大手町経由で東京駅まで、1万歩、7kmの散歩です。

・・・・・・・・・秋葉原に咲く・・・・・・・・・紫紺野牡丹

20121103_153718

①神田多町・須田町1丁目の建物・・・・・・・・・・多町(たちょう)・須田町1丁目は神田駅の北西に位置し、戦前の建物がまだ多く残る町。江戸時代から昭和3年(1928)までは「神田青果市場」は多町に在った。お江戸の台所だった町!

・・・・・・・・・・・・おでん三金(神田須田町1)・・・・・・・2階のデザイン凝ってるね!

20121103_155106_2

・・・・・・・・・・・・旧村木商店(神田須田町1)・・・・・・・・・現在は取り壊しを待つ廃屋状態だが、モルタル系看板建築のデザイン、建物側面の景観、壊すにはもったいないかも?・・・・・・・・この建物、岡田信一郎(浅草寺一山支院、黒田記念館などを手がける)の設計らしい。

20121103_155328

20121103_155158

・・・・・・・・・・・びいんず(神田須田町1)・・・・・・・・・看板建築

20121103_155419

・・・・・・・・・・・上市園(神田須田町1)

20121103_155432_2

・・・・・・・・・・・O邸(神田須田町1)

20121103_155717

・・・・・・・・・・・・看板建築の並び(神田須田町1)・・・・・・・・・取り壊しを待つ看板建築の並び

20121103_160203_2

・・・・・・・・・・・・松本家(神田多町)・・・・・・・・・・市場時代の風情を残す出桁造、昭和6年(1931)建築の建物。国登録有形文化財。

20121103_155837

・・・・・・・・・・・サカエヤ(神田多町)・・・・・・・・・・銅板建築のミルクホール

20121103_160101

②松尾神社・・・・・・・・・神田多町二丁目の小さな鎮守さま。創建年代は不詳。・・・・・・・・今日は氏子の方に、御神体の写真を見せてもらった。・・・・・・・・御神体は小さな翁の立ち姿を狐が数匹取り囲み見つめている置物だ!浅草の彫師がこしらえてそうだ。・・・・・・・・松尾神社は京都の松尾大社を勧請したと言われているが、確かな証はないそうだ。しかし、氏子の皆さんは、毎年、松尾大社に参るそうだ。

20121103_161150_2

③東京駅・・・・・・・・・駅前はライトアップ目当てに満員状態。・・・・・・・点灯するまで待つのは嫌だ!今日は帰ることにした。

20121103_170725

20121103_170801

« 中川 | トップページ | 駒込の庭園 »

散歩」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

千代田区」カテゴリの記事