« 市ヶ谷~有楽町 | トップページ | 板橋本町~大山 »

2012年11月13日 (火)

船橋

稲毛でのパソコン同好会の帰り、チョイト、船橋の水準点を見に行った。船橋駅から西船橋駅まで、9千歩、6kmの散歩です。

①玉川旅館・・・・・・・・・船橋市役所の近くに建つ、大正10年(1921)創業の純和風旅館。船橋の老舗料亭で、戦前は海も近く、陸軍士官御用達旅館だったそうだ。・・・・・・・・・本館は、昭和16年(1941)建築の2階建で、外観を楼閣風にまとめた料亭建築です。第一別館は昭和3年(1928)建築の平屋建、第二別館は昭和8年(1933)建築の2階建で、本館を含め3棟は国登録有形文化財となっている。・・・・・・・・太宰治ゆかりの旅館で、内部は凝った造りだそうだ、泊まらないと内部様子が書けないね!

Dsc08158

Dsc08161

Dsc08163

②本町2の一角・・・・・・・・・・・玉川旅館とは千葉街道を挟み反対側は本町2丁目だ。その街道裏の一角に、昭和3年(1928)、街道沿いに点在した遊郭が集められ“船橋新地”と呼ばれるようになった。戦後はそのまま赤線となり栄えたらしい。・・・・・・・・・私はまだ乳飲み子で興味のなかったころの話だ!・・・・・・・・今、ストリップ劇場の若松劇場は、その頃、芝居小屋として赤線の中にあったそうだ。・・・・・・・・・どうみても、夜の繁華街とは思えないような住宅地に、現在、数件の飲み屋、若松劇場、1軒のソープランドが営業中。

Dsc08166

Dsc08167

Dsc08168

Dsc08184

・・・・・・・・・・・千葉県内に残る唯一のストリップ劇場・・・・・・内部の拝観は後日だ!

Dsc08185

・・・・・・・・・・・・劇場に並び、営業するソープランド・・・・・・・こちらも、拝観はパス!

Dsc08175

③海神念仏堂・・・・・・・・・船橋市海神の念仏堂に、観音堂がる。この観音堂は、元禄14年(1701)に江戸神田の商人が寄進した建物だ。

Dsc08199
・・・・・・・・・・・・堂の傍らに、船橋市内最古の道標が残っている。元禄7年(1694)の銘があり、「右 いち川みち  左 行とくみち」と記されている。

Dsc08194

④龍神社・・・・・・・・・海神1に鎮座する、創建年代不詳、古くからの海神村の鎮守さま。ここの境内に、几号水準点(きごうすいじゅんてん)が残っている。・・・・・・・・・ここの几号水準点は、狛犬の台座前の花崗岩に刻まれ、古さを感じない。赤○の中に“不”型の水準点がある。見えるかな?・・・・・・・・おそらく、明治初期に内務省が設置した几号水準点よりも、新しい時期に設置されたようだ!・・・・・・・・今日の散歩は、この水準点を見たかったのだ!

Dsc08209

Dsc08216

Dsc08211

Dsc08214

●・・・・・・・・・・・見るものを見たら、西船橋まで歩いて、サッサと帰ろ!

Dsc08225

« 市ヶ谷~有楽町 | トップページ | 板橋本町~大山 »

散歩」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

千葉県」カテゴリの記事