« 上野~田端 | トップページ | 浅草橋~東京 »

2016年8月 4日 (木)

南武線浜川崎支線

今日は川崎にどうしても見たいものがあり、目的地の近くを走る南武線浜川崎支線に乗車し、新たに設置された小田栄駅なども見てきた。 8千歩、6km。
 
 
 
①南武線浜川崎支線・・・・・・・・・・尻手(しって)駅で本線と分かれ、終点の浜川崎駅まで向かう、5駅(両端の駅を含む)、4.1kmを、2両連結の205系ワンマンカーにて運行されている。
 
・・・・・・・・・・・・・知ってるかい「尻手駅」、、、、、川崎の隣駅で、昭和2年(1927)に南武鉄道(現:南武線)の駅として開業した。、、、、3番線から浜川崎行きの電車に乗る。
 
20160804_039_1024x683
 
・・・・・・・・・・・・・・・・尻手の次は「八丁畷(はっちょうなわて)」、、、、大正5年(1916)、京浜電気鉄道(現:京急本線)の駅として開業。 昭和5年(1930)に南武鉄道の駅が旅客営業を開始した。 地上に京急、高架に南武線のホームがある。 南武線の駅は京急が管理しており、京急のホーム経由で南武線のホームに出る。 また、南武線のホームは1面1線で、上下線で共用している。、、、、、都会から来た私には、判りづらい駅である。
 
20160804_013_1024x683
 
・・・・・・・・・・・・・・・京急の改札を通り、正面の地上ホームは京急、階段を上ると高架上に南武線のホームが1面のみ存在する。
 
20160804_006_1024x666
 
20160804_003_1024x683
 
20160804_038_1024x684
 
・・・・・・・・・・・・・・ホーム上に置かれている簡易ICカード改札機
 
20160804_026_1024x679_2
 
・・・・・・・・・・・・・・尻手側を見ると、鶴見方面から東海道貨物線が浜川崎方面へ 並走する。、、、、、タイミングよく、EF210に牽かれて貨物列車が通過!
 
20160804_021_1024x675
 
20160804_029_1024x668
 
・・・・・・・・・・・・・・八丁畷駅の次は「川崎新町駅」、残念だが写真撮れず通過。 その次は「小田栄駅」。、、、、、、初めて来た駅。 それもののはず、今年の3月26日に開業した新しい駅である。 現在は仮乗降場扱いである。、、、、、、相対式ホーム2面2線の地上駅であるが、ホームは踏切を挟んで対角に配置されている。 まずは、浜川崎方面行き駅舎。
 
20160804_094_1024x667
 
20160804_087_1024x683_2
 
・・・・・・・・・・・・・・・こちらは、尻手方面行き小田栄駅
 
20160804_106_1024x683
 
20160804_096_1024x683
 
20160804_098_1024x683
 
・・・・・・・・・・・・・・・そして、終点の「浜川崎駅」。 浜川崎駅には、東海道本線(貨物支線)・南武線(浜川崎支線)・鶴見線の3路線が乗り入れている。 ただし、旅客営業を行っているのは南武線と鶴見線で、東海道本線は貨物専用である。 また、南武線と鶴見線は乗り換え可能であるが、駅舎・ホームはチョイと離れている。、、、、、南武線の浜川崎駅は、昭和5年(1930)に開業した。 ホームは2番線のみを使用している。(1番線は貨物が通過するのみ)
 
20160804_056_1024x675
 
20160804_054_1024x683
 
20160804_044_1024x684
 
20160804_046_1024x683
 
20160804_060_1024x683
 
・・・・・・・・・・・・・・・道路を挟み、反対側に鶴見線の浜川崎駅がある。
 
20160804_070_1024x683
 
・・・・・・・・・・・・・・・駅構内では、昭和52年(1977)12月20日に誕生したEF65-2091号機(当初はEF65-1091号機)が、40年近く経過した現在も活躍中。 
 
20160804_066_1024x683
 
 
 
②地図から消えた建築・・・・・・・・・・・今日の散歩は、私(雅万歩)がゼネコンに入社し、現場監督の一人として、初めて手掛けた建物が壊されると知り、“最後の別れ”、一目見ておくつもりで、川崎新町駅に近い思い出の地に飛んできた。、、、、、残念無念、遅かりし! 建物はすでに取り壊され、更地となっていた。、、、、、昭和44年(1969)から約1年半、この建物の敷地で寝起きし、新人の現場監督として努めた、私には思いで多い建物であった。、、、、、建物は、某県警の独身寮として一昨年まで使用され、今年民間に払い下げられマンションに変わるそうだ。、、、、、私が係わった地図に残る仕事の一つが消えた!
 
・・・・・・・・・・・・・・綺麗に取り壊され整地され、40数年前、私が初めてここへ来た時と同じ光景が再びよみがえった!
 
20160804_125_1024x520
 
・・・・・・・・・・・・・今日現在、Googleマップのストリートビューで見ることができる、幻となった建物。
 
8_1024x598
 
12_1024x667
 

« 上野~田端 | トップページ | 浅草橋~東京 »

散歩」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

神奈川県」カテゴリの記事