« 板橋~大塚 | トップページ | 浅草橋~新小岩 »

2016年9月30日 (金)

京島

総武本線亀戸駅から東武亀戸線小村井駅をとおり、古い家屋と町工場の密集する京島地区をブラブラして京成曳舟駅まで、1万1千歩、8km、夕暮れ前の散歩です。
 
 
亀戸駅から小村井駅まで・・・・・・・・・・
 
・・・・・・・・・・・・・亀戸駅前に立って、『さて、どっちへ歩くか?』。 私の前を可愛い娘が横切った、『よし、俺もこっちだ!』。、、、チョイと歩いたら、娘は駅前のコンビニに消えた。 これ以上、後をつけたらストーカーになるので、私は一人で、駅前の通り「明治通り」を北へ向かう。、、、、、レコード屋の前では、小林旭になった気持ちで、♪♪北へ帰ろう 思い出抱いて 北へ帰ろう 星降る夜に♪♪
 
Dsc03484
 
Dsc03487
 
Dsc03488
 
・・・・・・・・・・・・・・蔵前橋通りを横断すると香取神社 がある。 『チョイと、寄っていくか。』、、、、、看板建築を模した商店が並ぶ参道を歩き神社へ
 
Dsc03491
 
Dsc03497
 
Dsc03498
 
・・・・・・・・・・・・・明治通りを北へ、、、、北十間川に架かる福神橋(昭和58年(1983)竣工)を渡る。、、、、橋からスカイツリーを見る。『天気が良ければ、いい景色なのだが。 ついてないね。』
 
Dsc03500
 
Dsc03501
 
・・・・・・・・・・・・【余談】 橋の上で思い出した! 昭和47年(1972)11月11日まで、この橋の南側に都電の福神橋停留場があった。 ここには都電23系統(福神橋~月島通八丁目)と24系統(福神橋~須田町)が運転されていた。、、、、学生時代、24系統の都電を見ると、「福神橋」の橋は知らずとも、上野「酒悦」の「福神漬け」が頭をよぎるのであった。 食に飢えていたのかも?
 
・・・・・・・・・・・・東武亀戸線小村井(おむらい)駅を通り過ぎ、駅裏の向島警察署前に出た。、、、、向島警察署は、大正7年(1918)に千住警察署寺島文書として開設した。 当時は、まだ畑の中の警察署だったと思うね。
 
Dsc03509
 
Dsc03507
 
Dsc03511
 
 
京島地区 ・・・・・・・・・向島警察署から北西方向(京成曳舟駅方向)に向かって、ここからは裏道を歩くことにした。 墨田区文化3丁目、京島3丁目、京島1丁目と抜けて京成曳舟駅まで。
 
・・・・・・・・・・・・・・文化3丁目、戦後の建物が残る一画。
 
Dsc03513
 
Dsc03519
 
Dsc03524
 
Dsc03526
 
・・・・・・・・・・・・・・・京島地区は、先の大戦での被害は少なく、大正・昭和の長屋なども現存するしている。 古い家屋と町工場が混在し、東京の下町として、特徴的な街並みが色濃く残っている地域である。 だが、木造家屋に狭い路地の木蜜地区として、車の通行の問題や、大規模災害時の安全対策などの問題が顕在化しているが、いまだ解決には時間がかかりそうだ。
 
Dsc03538
 
Dsc03541
 
Dsc03542
 
Dsc03559
 
・・・・・・・・・・・・・・機械油の匂いがする町。、、、、、私の好きな匂い!
 
Dsc03555
 
Dsc03554
 
・・・・・・・・・・・・・・緊急車両も入れぬ裏道、、、、、事が起きたら、さあ!大変!
 
Dsc03580
 
Dsc03604
 
Dsc03611
 
・・・・・・・・・・・・・・・「備えあれば憂いなし」、ぜひ、そう願いたい防災対策。、、、、延焼を防ぎ、道路を広げる、路地の奥にポッカリ広がる小公園、、、、、万が一に役立つ公園の手押しポンプ、、、、、消防車を待つより自衛で消火、、、、、防災拠点も整備した
 
Dsc03584
 
Dsc03620
 
Dsc03581
 
Dsc03615
 
・・・・・・・・・・・・・・京島地区の中心で活気づく「キラキラ橘商店街」、、、、現在、約90店舗が営業中。 食料関係の店が多く、地域の台所となっている。 震災・戦災から奇跡的に難を逃れ、古くから町の人に愛されている商店街。、、、、、商店街の端には、お金が貯まる(?)、田丸稲荷神社が鎮座する。
 
Dsc03577
 
Dsc03574
 
Dsc03596
 
Dsc03597
 
Dsc03594
 
・・・・・・・・・・・・・・京島地区の北の端に、京成曳舟駅がある。 高架駅となり、駅前には高層マンションが建ち、木蜜地区も変化している。
 
Dsc03625
 
Dsc03627
 
Dsc03631
 

« 板橋~大塚 | トップページ | 浅草橋~新小岩 »

墨田区」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

江東区」カテゴリの記事