« 浅草橋~新小岩 | トップページ | 南千住~町屋 »

2016年10月 4日 (火)

八潮~水元公園

台風襲来前の真夏日、熱中症に要注意、予想最高気温33℃、いろいろ言われたが暑い一日であった。、、、、暑い 暑いと 叫べば 暑い 彼岸 過ぎたよ 馬鹿陽気
 
つくばエクスプレス八潮駅から、葛飾区の水元公園まで、1万歩、8kmの散歩です。
 
 
 
八潮駅 ・・・・・・・・・・・埼玉県の東南、草加市と三郷市に挟まれた知名度の低い「八潮市」。 市内唯一の鉄道駅が八潮駅。、、、、、平成17年(2005)8月24日、つくばエクスプレスの開通と同時に開業した、島式ホーム2面4線の高架駅である。
 
Dsc03825
 
Dsc03830
 
Dsc03838
 
Dsc03849
 
・・・・・・・・・・・・・・【由来】 「八潮」の地名は昭和31年(1956)、条村と幡村と止村が合併し八潮村が誕生した。 市に昇格したのは昭和47年(1972)の昭和の大合併の時である。、、、、駅前に鉄塔があるのは気になるが、村も50年過ぎると立派な市に変身したようだ。
 
Dsc03854
 
 
潮止橋 ・・・・・・・・・・中川に架かり、八潮市と三郷市を結ぶ県道が通る潮止橋(しおどめはし)。 橋名は上流にかつて潮止村があったことによる。、、、、、交通量の多い県道で、よそ見してると自転車に轢かれるかも。
 
Dsc03870
 
Dsc03868
 
・・・・・・・・・・・・・・・・橋から中川の上流を見る。
 
Dsc03865
 
 
③大瀬氷川神社・・・・・・・・・・・潮止橋を渡ると、大瀬氷川神社が県道横に見える。 創建年代は不詳。 「大瀬」の地は、葛飾区水元・三郷市戸ケ崎などとの水運拠点として古くから栄えたらしい。 神社は大瀬の鎮守として祀られ、明治42年(1909)に浅間神社を合祀し、大正9年(1920)には中川河川改修のため現在地へ遷座した。 祭神は櫛稲田姫命、須佐之男命。、、、、、大正12年(1923)の関東大震災では、移築して間もない社殿が右に傾き、鳥居や石灯籠が倒壊し、数年がかりで氏子一同力を合わせて復興したそうだ。 
 
Dsc03875
 
Dsc03879
 
 
④二郷半領用水逃樋/二郷半領不動堀樋・・・・・・・・・・大瀬氷川神社を過ぎると、県道は三郷市の戸ケ崎交差点に出る。 ここから、交差する県道54号線(草加~千葉県:松戸)を南に向かうと、葛飾区水元公園の手前で第二大場川を越える。 ここに、煉瓦造の樋管が2か所にある。 二郷半領(にごうはんりょう)は地名。
 
・・・・・・・・・・・・・・二郷半領用水逃樋 (にごうはんりょうようすいにげひ)、、、、、、、この樋管は明治43年(1910)の大洪水で大破した木製樋管を、煉瓦造りで復旧したものである。、、、、逃樋の建設工事は、明治45年(1912)1月12日に起工し、同年3月31日に竣工した。 県の直轄工事であったが、担当は北葛飾郡技手の金子峯吉。 建設費は7,818円。   樋管長は19.1m。、、、、、現在、上部には県道が通り、樋管の周囲は雑草が茂り、チョイと見えにくい位置にある。
 
Dsc03897
 
・・・・・・・・・・・・・・・二郷半領不動堀樋 (にごうはんりょうようふどうほりひ)、、、、、逆流防止用として建設された樋管である。、、、、こちらも、県直轄工事だが、逃樋と同じ金子峯吉が担当し、建設費約11,014円で、大正3年(1914)4月1日に着工し、同年5月30日に竣工している。 樋管の長さ22.4m。
 
Dsc03905
 
Dsc03908
 
 
⑤閘門橋・・・・・・・・・葛飾区水元公園の北の端、大場川に架かる閘門橋(こうもんばし)は、明治43年(1910)に完成した、煉瓦造りのアーチ橋(上流側:4連、下流側:6連)である。 長さ30m、高さ5.5mで、上流側と下流側ではアーチの連数が異なる珍しい形式の煉瓦水門。 都内唯一の煉瓦アーチ橋で、土木遺産に選定されている。
 
Dsc03927
 
・・・・・・・・・・・・・・・上流側、、、、、一文字ずつ竣工年を刻んだ石の銘板が、壁面に埋め込まれている。(写真では読みづらいかも)
 
Dsc03917
 
Dsc03921
 
・・・・・・・・・・・・・・下流側、、、、、、、中央アーチ部には、堰板を落とし込む二人の男のブロンズ像が設置されている。
 
Dsc03923
 
Dsc03933
 
 
⑥水元公園・・・・・・・・・・・・葛飾区の北に位置する都立水元公園。 一部は埼玉県三郷市にもまたがっている。 93万m2以上ある、広い公園。 もともとは古利根川の河川敷であったものを公園とした。、、、、、平日の午前中だから(?)、子連れも、犬も、アベックも少ない、多いのは釣り人だけだ。 都内の公園とは思えない静けさ。癒されるね。
 
Dsc03981
 
Dsc03980
 
Dsc03973
 
Dsc03968
 
Dsc03964
 
Dsc03955
 
Dsc03953
 
Dsc03946
 
 
 
●・・・・・・・・・・・水元公園の近くにバス停を見つけた! 時刻表では、20分おきに1時間3本ある。 次のバスまで3分。 ちょうどよい、これで金町駅へ出よう。、、、、待つこと15分、まだ来ない、イライラ。 ♪♪田舎のバスは おんぼろ車 ・・・・♪♪、歌えど歌えどまだ来ない、イライラが溜まり、オシッコも溜まる。、、、、、地元のおじさんが、私の背後から、『そこで待っててもバスは来ないよ! 土日だけだ!』  なに! 時刻表の端に、『土曜、日曜、祝日 運転』の文字が見えた、ビックリ、ガックリ、ポックリ!、、、、、礼を述べ、運行しているバス停を教えてもらい、さらに10分待って帰宅の途へ、、、、、
 
Dsc03984

« 浅草橋~新小岩 | トップページ | 南千住~町屋 »

散歩」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

葛飾区」カテゴリの記事

埼玉県」カテゴリの記事