« 浅草橋~水道橋 | トップページ | 四ツ木~新小岩 »

2016年12月28日 (水)

大井町~戸越

今朝、外の寒さを確かめず、TVの天気予報を見て『今日は晴天だ、チョイと散歩してくる。』と、言って家を出た。 一歩外に踏み出すと、その瞬間、ものすごい強風と、ものすごい寒気に襲われ、失敗した、家に居るべきであった。 男は有言実行。 悔いても“あとの祭り”。、、、、、京浜東北線に乗り、どこで降りようか? 寒いので、大井町駅で下車した。(下車した理由はない)、、、、、とにかく、駅から歩きはじめ都営浅草線の戸越駅まで、9千歩の散歩である。
 
 
 
大井町駅・・・・・・・・・駅の東側に出た。 ペデストリアンデッキの上は、デンキ屋と区民会館のビル陰で日は当たらず、北風は吹き抜け、寒い・寒いと言いたくないが、言えば気持ちもチョイと楽。
 
Dsc00391
 
・・・・・・・・・・・・・・橋の上からホームを見れば、通勤客で超満員。 「仕事納め」に「忘年会」、今日もサボると嫌われる。 掃除・挨拶適当に、夜は皆で飲み潰れ。
 
Dsc00393
 
・・・・・・・・・・・・・・東西南北いずれに歩く?、、、とりあえず、東急大井町線 の高架沿いに歩いてみよう。
 
Dsc00401
 
Dsc00402
 
・・・・・・・・・・・・・大井町線高架橋の北側には、空き家となったJRの広町アパートが並ぶ。、、、、、、跡地再開発計画が頓挫し、いつまでも空き家のまま?
 
Dsc00406
 
 
下神明駅 ・・・・・・・・・・・・・昭和2年(1927)に開業した高架下の薄暗い駅。 昭和11年(1936)に、戸越から下新明に駅名を改称した。 現駅名は、近くの下神明天祖神社に由来する。 一日の乗降客は、若干増えて、2015年度は約8,000人となった。 大井町線16駅の乗降客数で、ワースト2を誇る駅。(ちなみに、ワースト1は北千束駅の約7000人)
 
Dsc00425
 
 
③品川区総合庁舎・・・・・・・・・・・・言いたくないが、「寒い・寒いで、トイレがちかい」、しかも「歳をとると、お呼びが早い」。 下神明駅近くで呼び出しにあい近くの公園を尋ねたら、ナント、来た方向に戻り品川区役所前の中央公園を教えてくれた。 足早にトイレに飛び込み、一件落着。、、、、、公園前には、昭和40年代に建てられた庁舎(品川区広町2)が建っている。 他区の庁舎に比べると低層で、小振りだ。 建物の大小が区政の良し悪しを決めるわけでないから、仕事をしっかり続けてね。
 
Dsc00429
 
 
 
④苗木原踏切・・・・・・・・・・・・・湘南新宿ライン(大崎~西大井駅間)の踏切。 奥には新幹線の高架橋が見える。
 
Dsc00431
 
Dsc00446
 
 
⑤年末の大掃除・・・・・・・・・・どこの町でも、日本全国大掃除。、、、、、、終戦直後の年末は、どこの家でも31日まで仕事をして、大掃除も年末ぎりぎりに行っていた。 町の角々にごみの山ができ、当時はごみ収集車などはなく、大八車に大きな箱を乗せてごみを集めていた、懐かしき光景を思い出す。、、、、、今では、家庭から出るごみは、ビニール袋に入れられ収集される。 資源ごみは別途に集められ、町会ごとに売られていく。 小さな子供のいる家庭では、家の前に絵本・おもちゃが出され、「ご自由にどうぞ」と貼り紙がある。
 
Dsc00503
 
Dsc00502
 
Dsc00459
 
Dsc00501
 
 
⑥旧三井文庫第二倉庫・・・・・・・・・・・・戸越公園(豊町2)の斜め前、旧国文学研究資料館跡地に「文庫の森」公園がある。 この公園の敷地は、大正7年(1918)に三井家編纂室(=三井文庫:三井財閥の修史事業を行う)が日本橋から移転し、ここに膨大・貴重な資料が集められ戦前まで整理していた。 戦中は、資料の多くを疎開させ戦禍を免れ。 戦後、GHQにより三井本社は解散し、三井文庫も活動の停止し、敷地と建物は文部省に売却した。 三井文庫の所蔵史料は文部省史料館に寄託された。、、、、、、その三井文庫の倉庫が2棟あったが、現在は1棟が残され、外観をそのままに防災備蓄倉庫として活用されることになった。、、、、、倉庫は鉄筋コンクリート3階建て、大正7年(1918)竣工の第一倉庫(取り壊し)と、大正11年(1922)竣工の第二倉庫(現存)があった。 設計は東京帝国大学営繕課長の山口孝吉(1873~1937)である。 震災後、窓の数を減らし、開口部には人造石研ぎ出しの防火戸を増設し、防火対策を施した。
 
Dsc00462
 
Dsc00474
 
 
⑦戸越八幡神社・・・・・・・・・・・・戸越2丁目、町の中央に戸越八幡神社がある。 大永6年(1526=戦国時代:千利休が生れた年)、諸国を行脚していた行永法師が村内の籔清水水源地で八幡様の御神体を見つけ草庵に祀り、その後、京都の石清水八幡宮の分霊を勧請して、共に祀ったのが創立の起源とされている。、、、、、、さほど広くはない境内であるが、鳥居から社殿まで石畳の参道は長く、両側には緑を植え込み綺麗に手入れがされている。、、、、、、現在の欅造りの社殿は、安政2年(1855=江戸時代)に入母屋造りで再建された。 震災・戦災を免れ、都内では古い建築の一つである。
 
Dsc00478_2
 
Dsc00491_2
 
Dsc00492_2
 
 
⑧戸越駅・・・・・・・・・・・・昭和43年(1968)11月15日、都営1号線(現浅草線)の駅として開業。 島式ホーム1面2線の地下駅である。、、、、、今日は歩かなかったが、駅北側には全国の「〇〇銀座」の草分けである戸越銀座商店街がある。
 
Dsc00507
 
Dsc00509

« 浅草橋~水道橋 | トップページ | 四ツ木~新小岩 »

散歩」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

品川区」カテゴリの記事