« 東京マラソン | トップページ | 勝鬨橋・築地大橋 »

2017年2月27日 (月)

佃大橋

東銀座駅から、36番目の佃大橋を渡り月島駅まで、1万1千歩の散歩です。
 
 
 
①看板建築・・・・・・・・・・・中央区役所の近く銀座1丁目に、1階にはグローリー(喫茶)が営業する3軒長屋の店舗兼住宅がある。 昭和初期の看板建築と思われる。 3階上部にはレリーフもしっかり残っている。、、、、、喫茶のグローリーは40年以上前に開店したそうだ。
 
1702270809250
 
 
②鈴木ビル・・・・・・・・・銀座1丁目の中央区役所の北側にある、昭和4年(1929)に竣工した鈴木ビル。 外壁はスクラッチタイル、テラコッタで仕上げ、丸窓・出窓・屋根窓とデザインに変化をつけた、モダンなビルだ!、、、、設計は山中節治建築事務所、施工は新工務所による、昭和4(1929)12月に竣工した。 鉄筋コンクリート5階/地下1階。
 
1702270813200
 
・・・・・・・・・・・・・6年前に撮影した、外壁、内部
 
110807_083232
 
110807_083636_2
 
110807_083424
 
 
③岩瀬博美商店・・・・・・・・・・・・・鈴木ビルの右隣に並びたつ昭和初期の建物。 建てた当時は、乳業関連事業を営んでいたそうだ。 軒先やガラス戸には商号が刻まれ、3階には半円の窓、軒先の古そうな照明器具、外壁を覆うスクラッチタイル、どれもこれも重厚感漂う昭和のビルを演出している。
 
1702270812521
 
 
④三吉橋・・・・・・・・・・・中央区役所の前に昭和4年(1929)に架けられた三吉橋(みよしばし)橋。 築地川の川筋が“T字型”になった地点に架けられたため、橋も“三又”となり“Y字型”となっている。、、、、、昭和37年(1962)までは築地川が流れていたが、残念なことに築地川は首都高に変わり、今は橋の下に車が流れている。、、、、、三股型単純鋼鈑桁橋、橋長23.98m×3、幅員15m、昭和4年(1929)12月に竣工した震災復興橋。
 
1702270820531_stitch
 
1702270818570
 
・・・・・・・・・・・・・・空中から見ると
 
2009
 
 
⑤佃大橋・・・・・・・・・・・・佃大橋は隅田川最後の渡船場として320余年続いていた「佃の渡し」の位置に架けられた橋で、中央区の明石と佃を結んでいる。、、、、昭和36年(1961)に着工し、昭和39年(1964)8月27日に竣工した橋は、戦後の“昭和”を象徴するように、無味乾燥とした橋で見た目には面白くない。、、、、、『大ブロック工法』として、桁をかけるとき、大きなブロック(長さ40m、重量150ton)を造っておき、当時の日本最大のクレーン船で組み立てる、最新の施工技術で架橋した。 隠れた面白さのある橋。、、、、、橋長は476.3m、幅員は25.2m、橋桁製作は地元の石川島播磨重工業(現IHI)佃島工場。
 
・・・・・・・・・・・・・・下流側から見る佃大橋。 後ろは「大川端リバーシティ21」。
 
1702270911131_stitch
 
・・・・・・・・・・・・・・上流側から見る佃大橋。 後ろは「聖路加ガーデン」。
 
1702270923041_stitch
 
1702270925160
 
1702270901190
 
・・・・・・・・・・・・・・・佃大橋から見る上流側。 中央大橋大川端リバーシティ21を見る。
 
1702270851271_stitch
 
・・・・・・・・・・・・・・・佃大橋の両端に「佃島渡渡船場跡」の碑が残されている。、、、、、私も中学生の頃、浅草橋の我が家から自転車で、何度か私に乗りに来た。 50年以上前の懐かしい思い出。
 
1702270857310
 
1702270857480
 
 
⑥佃島住吉神社周辺・・・・・・・・・・・ブラブラ、、、、、詳細はまたの機会に!
 
1702270929100
 
1702270930580
 
1702270941180
 
1702270937420
 
 
⑦旧月島警察署西仲通交番・・・・・・・・・・月島の「もんじゃストリート」の中程に現存する、日本最古の交番建築。 現在は「西仲通り地域安全センター」と呼んでいるが、平成19年頃までは「日本最古の交番」であった。 建物は大正15年(1926)に建てられた。
 
1702271002440
 

« 東京マラソン | トップページ | 勝鬨橋・築地大橋 »

散歩」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

中央区」カテゴリの記事

隅田川」カテゴリの記事