« 江古田~沼袋 | トップページ | 戸田橋 »

2017年4月 5日 (水)

矢切~市川

本格的に春の陽気でポッカ・ポッカのポッカレモン。 今朝は、北総線矢切駅で下車し、総武本線市川駅まで散歩した。 1万1千歩。
 
 
 
矢切駅 ・・・・・・・・・駅前に立って顔を右・左、東西南北、歩きつくした駅だ。 さてさて、どっちへ歩くか思案橋。 決めた、『歩いたことがなさそうな裏道をとおり、市川駅方面に向かうことにしよう!』
 
1704050836240
 
・・・・・・・・・・・・・・・駅裏の住宅地を歩くことに、、、、、、
 
1704050840090
 
 
中原寺 ・・・・・・・・・・・『アレ・アレ、この寺は2、3度来たことがある。 こんな処に出てしまったか!』 今日は素通りして、失礼します!
 
1704050848380
 
 
③じゅん菜池緑地・・・・・・・・・・中原寺の先で左折すると「じゅん菜池緑地」があった。 『ア~~ どっちへ歩いても知った処に出てしまう! モ~~、どうでもイイヤ!』、、、、、『春の陽気だ、緑地の中を歩こう!』、、、、、、、国府台と国分の台地間に細長く入り込んだ古くからの沼がある。 この沼は「国分沼」と言われていたが、沼にはじゅん菜がたくさん生えていたことから、いつしか「じゅん菜池」と呼ばれるようになった。 しかし、昭和初期に沼が干上がり、じゅん菜は絶滅した。 昭和54年(1979)に、現在のじゅん菜池緑地へと整備され、市川市の憩いの場となった。
 
1704050854000
 
1704050858370
 
1704050906190
 
1704050907340
 
 
④下総国分尼寺跡・・・・・・・・・・・・国分の台地の住宅地を歩き、和洋国府台女子中の裏に出ると、国分尼寺の跡が公園となって残されている。、、、、、国分尼寺は、国分寺と同じように、聖武天皇が天平13年(741)に発した「国分寺建立の詔」によって、「法華滅罪之寺」として各国々に建立されたものである。 南北の直線上に講堂を北にして金堂が南にある伽藍配置であった。 昭和42年夏に行われた発掘調査では、金堂と講堂の基壇が発見されている。 公園は芝で覆われ、基壇の中央付近に「金堂跡」、「講堂跡」と刻んだ石が置かれているだけ。 芝の上に寝て目をつむり、遠く古のロマンでも想像するのもいいかも!、、、、、この地から東南400m程の処に下総国分寺跡 がある。 『男女は離しておかないと、修行の邪魔。 離れていても、夜な夜なデートした僧と尼もいたかもね?』
 
1704050927360
 
 
⑤国分の台地・・・・・・・・・・下総国分尼寺跡から、裏道を南へ、国分の台地の端と思われる見晴らしの良い処に出た。、、、、市川駅前のタワーマンションが中央に、和洋女子大の校舎が右端に見える。
 
1704050936050
 
1704050938040
 
1704050939461_stitch
 
 
⑥芳澤ガーデンギャラリー・・・・・・・・・1000坪の敷地と庭園で、四季折々の自然を楽しむことができるガーデンギャラリー。 平成14年(2002)に芳澤月恵氏から寄贈された敷地を活用しオープンした。、、、、、、ギャラリーは、鉄筋コンクリート造、平屋建ての明るい建物である。、、、、、、今日は、市民のデッサン展が行われていたので、チョコット拝見!
 
1704050956070
 
1704051005420
 
1704050958010
 
1704050958260
 
1704051003450
 
1704050959320
 
 
⑦真間川の桜を見て、お帰り・・・・・・・・・・
 
1704051010410
 
1704051030320

« 江古田~沼袋 | トップページ | 戸田橋 »

散歩」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

千葉県」カテゴリの記事