« 小石川植物園 | トップページ | 江古田~沼袋 »

2017年4月 3日 (月)

二葉

JR大井町駅から、西側に広がる品川区二葉の町を1丁目から4丁目まで歩き、都営浅草線中延駅に出た。1万1千歩の散歩です。
 
 
・・・・・・・・・二葉の町名、、、、、、窪地であった現:二葉・豊町のある一帯は、江戸時代以前の戦乱の時代より、この辺りに陣を張るのに適していたので、「兵備窪」と呼ばれていたそうだ。 その「兵備窪」が外部の敵に恐れられる地となるよう「蛇窪」(へびくぼ)と称されるようになった。、、、、明治・大正時代までは、上蛇窪・下蛇窪などと称された。 昭和初期には、『“蛇”も“窪”も、暗いイメージの字』であることから、町にあった上神明天祖神社・下神明天祖神社にあやかり、「上神明町」・「下神明町」に改称された。、、、、、昭和16年(1941)、上・下神明町を、それぞれ南北に分け、北側同士、南側同士の町を合わせ、「二葉町」・「豊町」とした。 この時の新地名「二葉町」・「豊町」は、東京市からの提案で、さして深い意味はなかったそうだ。、、、、、そして昭和39年(1964)の新住居表示では、「二葉町」は「二葉」に変わった。
 
 
 
①上神明天祖神社・・・・・・・・・・・今日の散歩では最後に立ち寄った、中延駅に近い神社である。、、、、、品川区二葉4丁目にある天祖神社。 神社は、元享2年(1322)の大干ばつの時、雨乞祈願し神霊の冥助による降雨を感謝し、蛇窪村の鎮守として創建されたそうだ。 江戸時代には、蛇窪村は上蛇窪村と下蛇窪村は分村した。 この時、上神明天祖神社は上蛇窪村の鎮守となり、下蛇窪村には下神明天祖神社が創建された。、、、、、鉄筋コンクリート造の本殿・拝殿は平成の世に改修された。 
 
1704031004140
 
1704031005230
 
・・・・・・・・・・・・・・神社には境内末社として、厳島弁天社があり、白蛇大神が祀られている。、、、、、、岩の上に、数匹の白蛇が祠を守っている。 もちろん、作り物であるが、爬虫類が大嫌いの私は、写真を撮るのも怖い処だ!、、、、、社務所では、願いを書いて水に浮かべ溶けたら叶うと言われているおまじない的なものや、個性的な蛇の図柄の御守り・ストラップなども売られていた。 縁結びの御利益を期待し、若い女性が三々五々参拝に来ている。、、、、、、蛇に手を合わせるのは怖いので、若い娘を横目でチラリ・チラ・チラ見ながら足早に立ち去った。
 
1704031008290
 
 
②下神明天祖神社・・・・・・・・・・東急大井町線の下神明駅の南側:二葉1丁目にある下神明天祖神社。、、、、、、江戸時代から鎮座していた天祖神社が、正保年間(1644~1647)に、下神明天祖神社(二葉1丁目)と上神明天祖神社(二葉4丁目)とに分かれたとされている。 こちらの神社は蛇に縁がなく、ゆっくり参拝できた。、、、、、社殿は昭和47年(1972)の建立。
 
1704030904520
 
1704030909420
 
・・・・・・・・・・・・・・社殿前の狛犬は、品川区最大で体高1.4mある。 昭和8年(1933)、当時の荏原町の消防団の業績を記念して奉献されたものである。、、、、デカい! “犬”ではなく“獅子”だ!
 
1704030910190
 
 
③東光寺・・・・・・・・・・下神明天祖神社の南に、天台宗寺院の東光寺がある。 東光寺の創建年代は不詳だが、戦国時代後期から江戸時代初期にかけて創建されたらしい。、、、、現在の本堂は、文化10年(1813)に再建されたものであるが、屋根、本堂前など手を加えられ再建時の姿はよく判らない。
 
1704030859500_2
 
・・・・・・・・・・・・・・・・境内には東司という祠がある。 東司は寺院の便所のことで、この祠は不浄よけの神として「烏瑟沙摩大明王」(うすさまだいみょうおう)を祀っている。、、、、、『 「下」の病をせぬ様に 「下」のお世話にならぬ様に 「おまたぎ」をまたいで祈念して下さい 』と記されている。 60歳を超えたら、ぜひ、皆さん「おまたぎ」を!、、、、便所の神様なら、“金”“運”の御利益にすれば良かったかも?
 
1704030858110
 
 
④昭和の路地裏・・・・・・・・・・・・・二葉1丁目の路地裏を歩いてみたら、昭和の下町が残っていた!、、、、、、木製の引き戸、丸い外灯、砂利道、、、、、感動!
 
1704030838490
 
1704030839070
 
1704030839160
 
1704030839250
 
1704030849420
 
1704030850170
 
 
⑤横山外科・・・・・・・・・・・・・下神明天祖神社鳥居の近く(二葉2丁目)、チョイト古そうな洋風の建物の病院。 昭和レトロの雰囲気が出ている建物で、度々、ロケに使われるらしい。 敷地も広そうで、洋瓦で飾った塀が伸びている。、、、、、診療科目は内科・外科から産婦人科・性病科まで、『なんでもござれ』の地元に愛される病院のようだ!
 
1704030846230
 
1704030847080
 
 
⑥下神明駅付近・・・・・・・・・・・東急大井町線下神明駅のまわりをブラリ!
 
・・・・・・・・・・・・・・・下神明駅、、、、、駅は西品川1丁目にあるが、そのの通り下神明天祖神社の北側に位置する。、、、、、大井町駅の次の駅だが、乗降客は少ない。
 
1704030924520
 
・・・・・・・・・・・・・・下神明駅の近くを通過する東海道新幹線。 後ろには、大崎駅前の高層ビルが見える。
 
1704030923390
 
・・・・・・・・・・・・・・東急大井町線下神明駅のホーム先の鉄橋のほぼ真下で、東海道本線(品鶴線)と山手貨物線(大崎支線)が合流している。 この位置に、蛇窪信号場(へびくぼしんごうじょう)があった。 信号所は昭和40年(1965)に廃止。、、、、、写真は信号所の南側、住吉踏切から撮影した。
 
1704030931580
 
1704030931190
 
 
⑦二葉鬼門除け地蔵・・・・・・・・・・・・二葉2丁目の交番の隣に、東光寺の鬼門除けとしてここに地蔵尊が置かれている。 東光寺のほぼ真北にあたる。 地蔵尊は、寛政4年(1792)下蛇窪村の男女講が寄進したものらしい。、、、、、交番の隣では、盗む者もいないね!
 
1704030938190
 
1704030938510
 
 
⑧下蛇窪ガード・・・・・・・・・・・JR横須賀線西大井駅の隣に下蛇窪ガードがある。 “蛇窪”の名が残るものの一つである。
 
1704030953290
 
 
 
●・・・・・・・・・・・・・・今日は“蛇”の夢を見ないように、早々と熟睡することにした。

« 小石川植物園 | トップページ | 江古田~沼袋 »

散歩」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

品川区」カテゴリの記事