« 東糀谷の双子の水門 | トップページ | 夕暮れの立石 »

2018年11月16日 (金)

のどかに散策、東松戸から

押上で東武に乗換て北千住方面に行く予定で、浅草線浅草橋駅のホームに立つと、今夏から運転された浅草線新形車両5500形が入ってきた。 ラッキ~~、迷わず印旛日本医大行きのこの電車に飛び乗り、急遽行先変更し北総線東松戸駅まで新形車両の乗り心地を楽しんだ。、、、、、散歩は東松戸駅から武蔵野線沿いに奉免町まで1万歩。
 
 
 
●歌舞伎の顔・・・・・・・・・・・・外観は歌舞伎の隈取りを今風にアレンジしたデザイン、内装は落ち着いた和の雰囲気のデザインの東京都交通局5500形新形車両。 “観て楽しい、乗って楽しい車両”である。、、、、、今年度中に8編成が運用となるそうだ。
 
1811160815030
 
 
 
●高いね!北総線・・・・・・・・・東松戸駅 は、平成3年(1991)3月31日に北総開発鉄道の駅として開業し、平成10年(1998)3月14日にJR武蔵野線の駅が開業した。、、、、、北総線の駅は地上17mの高さにあるが、それ以上に高いのが運賃である。 我が家(浅草橋)からだと、浅草橋→押上→高砂→東松戸の北総線利用ルートでは、所要時間約25分、運賃770円。 浅草橋→西船橋→東松戸のJRルートでは、所要時間約40分、運賃470円。 北総線ルートの運賃はJRルートの約1.6倍、コリャ高い! 所要時間はかなり短いのだから、その分負けて安くして欲しいね。
 
・・・・・・・・・・・・・北総線東松戸駅は、3階に改札、4階に島式ホーム2面4線の高架駅。
 
1811160822450
 
1811160817580
 
1811160820550
 
・・・・・・・・・・・・・・JRの東松戸駅は、1階に改札、ホームは2階。
 
1811160826110
 
1811160829050
 
 
 
●緑の中を散策・・・・・・・・・小春日和の下、武蔵野線に沿って西船橋方向に歩く。
 
1811160833390
 
1811160836110
 
1811160837520
 
1811160841090
 
・・・・・・・・・・・・・・「新堀込遺跡」の標識が畑の中に立っている。 縄文時代の貝塚は地中に埋め戻され見えない。、、、、、せめて、味噌汁のシジミの殻、フライドチキンの骨などを埋めておいて、見ることができれば嬉しいのだが!
 
1811160845200
 
・・・・・・・・・・・・・掘割を走る武蔵野線
 
1811160845540
 
・・・・・・・・・・・・・ナンジャ、アレ?、、、、、視線の先に、グランドキャニオンの岩山のような形のものが見える。 灰色の表面はモルタルか? かなり大きいぞ! 上部に窓のような穴が開いている、誰か地元の人に聞いてみよう。 しばし人影を求め探すが、誰も通らない。、、、、、どうしても気になるので、地図を開き方角を求め、推理・・・何だろう?、、、、、も一度、カメラの望遠で覗く。、、、、、10分後、判った! NTT松戸高塚(電話局)の鉄塔を足場で覆い、塗装工事(?)でもしているのだ。灰色は工事用のシートの色だった。、、、、、、帰宅後、調べてみたら、4年前に近くで撮影した鉄塔の写真(下)があった。
 
1811160859510
 
20160708_016
 
・・・・・・・・・・・・景色は畑から、林の中を抜け、再び武蔵野線が見えた。 線路は複線が三線になった、これは次の市川大野駅の中線が分岐したからである。、、、、駅はスグソコ!
 
1811160846450
 
1811160901180
 
1811160904130
 
1811160906420
 
1811160910470
 
1811160914040
 
 
 
●・・・・・・・・・・・JR武蔵野線の市川大野駅 の前に出た。、、、、ここからは、武蔵野線の東側を歩いてみた。 初めて歩く道だ!
 
1811160922510
 
 
 
●楽しそうな寺があった!・・・・・・・・・・駅から200m程東に向かうと、日蓮宗寺院の本光寺がある、光胤山と号す。 本光寺は、中山法華経寺の上人が、正平16年(1361)に創建した。 現本堂は昭和42年(1967)に再建。、、、、境内のあちらこちらに貼り紙・案内・置物・像があり、ナンダか、いろいろ賑やかな寺のようだ。
 
・・・・・・・・・・・・・本堂屋根にはソーラー発電が設けられ、光熱費節約!
 
1811160932490
 
・・・・・・・・・・・・・境内には最近作られたと思われる、石塔・石像などの墓碑が10基以上点在する。 各墓碑には賽銭箱も備えられ、財布は空になる。
 
1811160933560
 
・・・・・・・・・・・・・・本堂前には“浄土”宛ての郵便ポストが置かれていた。 お婆さんが、亡くなったお爺さん宛に、『一人で呑気に女遊びしないでね』と便りを送るのかな?
 
1811160930540
 
・・・・・・・・・・・・・本堂の賽銭箱前には“お参り”について、チョイト丁寧な説明文があった。、、、、、本堂では“縁結び”を、本堂前の稲荷堂では“縁切り”を、両方お願いするとどうなるのかね?
 
1811160930440
 
 
 
●姫宮の町に着いた!・・・・・・・・・・・市川大野駅からは千葉県道9号船橋松戸線を歩いた。 道端に、南無妙法蓮華経と彫られた題目庚申塔(寛政8年(1796)の銘)があった。
 
1811160950120
 
1811160953190
 
・・・・・・・・・・・・・道は、高貴な美女:常盤井姫が住みついたといわれている、先日歩いた奉免町 に出た。、、、、、ここからは、バスで本八幡駅に行き帰宅。 

« 東糀谷の双子の水門 | トップページ | 夕暮れの立石 »

散歩」カテゴリの記事

千葉県」カテゴリの記事