旅行・地域

2013年11月11日 (月)

散歩はお休み

母と妻と娘と私の四人の家族旅行のため、散歩はお休みです。

チョイト、雨も降る寒い會津旅行をしてきました。

・・・・・・・・・・・・車窓からは見える秋景色。列車の窓が開かないので、チョイト色がわるいね!

20131110_100_1280x851

20131110_103_1280x851

20131110_135_1280x851

・・・・・・・・・・・・・・塔のへつり

20131110_194tc_1150x764

20131110_213_764x1150

・・・・・・・・・・・・重要伝統的建造物群保存地区に指定されている大内宿。 なぜか、茅葺屋根の家屋の大半は土産物屋に変身してしまった。

20131110_241_1150x764

20131110_291_1280x851

20131110_304_1280x851

・・・・・・・・・・・・・寂れてきた會津の奥の温泉街

20131110_333t_1280x849

20131110_338_1280x851

・・・・・・・・・・・・・武家屋敷

20131111_026_1150x763

20131111_050_758x1150_2

・・・・・・・・・・・・90歳の母を、さざえ堂の最上階まで上らせるのに一苦労! 下りは、後ろから蹴飛ばせたら楽そうだ!

20131111_086_764x1150

・・・・・・・・・・・・落城前の空模様の鶴ヶ城

20131111_163_1280x850

20131111_181_764x1150

●・・・・・・・・・・帰りの列車の車窓には雪が降るつけ、田畑はあっという間に真っ白となった! まさに、秋から冬に移ったようだ!

2013年4月26日 (金)

散歩は休み

ゴールデンウィーク先取りで家族と温泉に行ってきました。 “散歩”は休みです。

2013_0425_123812m

2013_0426_113528m

2013_0426_1058361m

2013_0425_195214m

2013_0425_200202m

2013_0425_161050m

2013_0425_163436m

2013_0426_094752m

2012年10月22日 (月)

四万温泉

夫婦で旅行のため、散歩は休み。立ち寄った文化財を、チョイト紹介。

①旧吾妻第三小学校・・・・・・・・・・・明治18年(1885)に建てられた校舎。木造2階建て、寄棟、瓦葺きの建物だ。外壁は漆喰塗りの洋風だが、内部は和風であった。明治時代の学校建築の特徴が出ていた。・・・・・・・・大正7年(1918)から昭和53年(1978)までは、役場として利用さていた。・・・・・・・・・・現在は博物館「ミュゼ」として、中之条町歴史民俗資料館となっている。群馬県の重要文化財。

2012_1021_112908s

2012_1021_112942s

2012_1021_113034s

2012_1021_114752mcs

2012_1021_1200162s

②白井屋・・・・・・・・・明治25年(1892)頃に旅館として開業した、木造2階、切妻の建物。正面には、だいぶ年季の入った看板で、よく見ると「旅人宿」と記されている。国登録有形文化財。

2012_1021_121600ms

2012_1021_121616cs

③町田家住宅・・・・・・・・・・中之条町の名主・村役人の住宅で、江戸時代末期の建物。・・・・・・・・明治11年(1878)から明治20年(1887)までは、吾妻郡役所として使用された。群馬県の重要文化財。

2012_1021_1223301s

2012_1021_122422ts

④積善館・・・・・・・・・・・・文化財の多く残る、四万温泉の積善館・・・・・・・・私は、アニメを見なかったが、「千と千尋の神隠し」の舞台となった旅館だそうだ。 (次の写真は積善館に貼ってあったもの)

2012_1021_202146ts

2012_1021_1340121s_2

・・・・・・・・・・積善館本館・・・・・・・・・・寛政12年(1800)以前から建てられた建物で、当初は木造2階建てであったが、明治に3階部分を増築した。群馬県唯一で日本最古の湯小屋建築。内部には、上段の間、帳場などもある。群馬県の重要文化財。

2012_1021_141846s

2012_1021_200612s

2012_1021_155258s

2012_1021_165932s

2012_1021_163032s

・・・・・・・・・・積善館“元禄の湯”・・・・・・・・・昭和5年(1930)に本館前に建てられた。アーチ型の窓、高い天井などに、大正ロマンの面影が残る風呂だ! ぜひとも入浴を! 国登録有形文化財。・・・・・・・浴室上部の木造の部屋は利用されていないようだ!

2012_1021_154740s

2012_1021_200854s

・・・・・・・・・・積善館山荘・・・・・・・・・・昭和11年(1936)の建物。本館の山側に、「浪漫のトンネル」と呼ばれる、地下トンネルで結ばれている。山荘の外観は見渡せなかったが、内部は拝見できた。国登録有形文化財。・・・・・・・・こちらの建物は現在も宿泊できるそうだ。

2012_1021_170124s

2012_1021_170258s

・・・・・・・・・・渡り廊下・・・・・・・・・・“元禄の湯”と川の手前に在る建物を結ぶ、川の上の渡り廊下。こちらも群馬県の重要文化財。

2012_1021_154744tcs

⑤日向見(ひなたみ)薬師堂・・・・・・・・・四万温泉の薬効への祈りが湯場の薬師信仰となった。現在の薬師堂は慶長3年(1598)に建てられた、3間四方の小ぶりの建物だ。国指定重要文化財。・・・・・・・・・・薬師堂のスグ前には、ほぼ同じ大きさの“お籠堂(おこもりどう)”が建っている。 湯治客が南無妙法蓮華経、南無阿弥陀仏など念仏を唱えたり、断食をするお堂だ。こちらは中之条町指定文化財。

2012_1022_191019cs

2012_1022_1910198s

2012年8月19日 (日)

水戸

JR九州の鉄道デザインを中心に活躍しているデザイナー:水戸岡鋭治の展覧会「鉄道デザイン展」を見に、夫婦で水戸へ行ってきた。

①県立歴史館/偕楽園・・・・・・・・・・まずは、水戸駅から偕楽園までバスで行き、ここから駅の方へ歩きながら戻ることにした。

・・・・・・・・・・・旧水街道小学校本館・・・・・・・・・・明治14年(1881)に竣工した、茨城県水海道市横町に建てられた小学校。昭和46年(1971)、水海道市から県立博物館へ寄贈され、偕楽園に隣接する現在地に移築・復元された。・・・・・・・・木造2階建て搭屋付きの建物は、地元の棟梁の羽田甚蔵の設計・施工だ。・・・・・・・・・内部に、慶応元年(1865)、アメリカ製のグランドピアノが保存されていた。今以上の劣化を防止する空調の効いた部屋で厳重保管中のため、見学はガラス越しだ!

2012_0819_105348tcs

2012_0819_105328tcs

2012_0819_110150cs

・・・・・・・・・・旧水戸農業高等学校本館・・・・・・・・・・・・旧水街道小学校の建つ敷地には、旧水戸農業高等学校があった。昭和45年(1970)に学校は移転し、跡地は県立の歴史館となっている。・・・・・・・・・明治32年(1899)建設の、旧水戸農業高等学校本館が復元されていた。

2012_0819_110724ts

2012_0819_110616s

・・・・・・・・・・偕楽園・・・・・・・・偕楽園は徳川斉昭公(なりあきこう)が天保12年(1841)に工事を始め、翌年完成して開園した庭園。園内に建つ好文亭は、休憩所として斉昭公が建てたが、昭和20年(1945)戦災で焼失し、昭和32年(1957)復元された。・・・・・・・・・梅干しも、日本国民一人に一粒ぐらい作れると思われる広さだ! 好文亭の3階は見晴もよく、風通しもよく、できることなら昼寝したい場所だ!

2012_0819_112650s

2012_0819_113218s

2012_0819_113608s

2012_0819_1136482s

2012_0819_114014s

2012_0819_113844s

2012_0819_120734s

2012_0819_120542s

②三菱東京UFJ銀行水戸支店・・・・・・・・・明治42年(1909)に旧川崎銀行水戸支店として竣工した。新家孝正の設計による、鉄筋コンクリート造2階建ての、ルネッサンス風の古典主義様式の銀行建築。・・・・・・・・3・11では被災したようだが、今後も大切に保存し、残して欲しい建築だ!

2012_0819_123718s

2012_0819_123534s

③泉町会館・・・・・・・・昭和初期に建てられた地元商店街の会館。コーナーのRは、いい味を出し、玄関ドアと周りのタイルはレトロな匂いをプンプン!

2012_0819_123758ts

2012_0819_123910s

④水戸芸術館・・・・・・・・・磯崎新の設計で、平成2年(1990)に竣工した、美術館・コンサートホール・劇場を有する施設。東日本大震災では、地震情報が発表されるたびに、NHKはここのシンボルタワーが揺れる映像を流し、知らない人はいないであろう。・・・・・・・・・今日、私が水戸へ来た目的の場所だ!ここで「鉄道デザイン展」が開かれていた。

2012_0819_160046s

2012_0819_1357541s

2012_0819_135756s

2012_0819_160138s

2012_0819_1359261s

2012_0819_134656s_2

2012_0819_135048s

・・・・・・・・・・・「鉄道デザイン展」・・・・・・・

2012_0819_132600s

2012_0819_132714s

2012_0819_132742s

2012_0819_133656ts

2012_0819_133952s

⑤水戸地方気象台・・・・・・・・・・只今、増築工事中で、建物の全景が見えないのが残念! 設計は、和風建築の大御所であった堀口捨己、施工は清水組による、昭和10年(1935)の建物。

2012_0819_154740s

⑥水戸東武館・・・・・・・・・・・東武鉄道の旅館ではない! 水戸に古くからある剣道の道場だ! 建物は戦災で焼失し、昭和29年(1954)に再建した。

2012_0819_153704s

2012_0819_153534s

⑦水戸市水道部低区配水塔・・・・・・・・水戸市水道技師であった後藤鶴松の設計で、昭和7年(1932)に建てられた、水戸市内の低地域向けの配水塔である。外観形状、壁面の装飾、素晴らしいの一言! 国の登録有形文化財。

2012_0819_152456ts

2012_0819_153102ts_2

2012_0819_153202s

2012_0819_152600ts

2012_0819_152700s

⑧弘道館・・・・・・・・・・徳川斉昭公により天保12年(1841)に創設された、水戸藩の藩校。国の重要文化財だが、ここも3・11の被害が大きく、現在は立ち入り禁止。壁が崩れ修理中です。

2012_0819_150734s

2012_0819_150308s

2012_0819_1501241s