散歩

2018年10月22日 (月)

練馬の南蔵院

一昨日、散歩(氷川台~豊島園)から帰り『雅万歩』を書いていたら、練馬駅近くに南蔵院と云う大きな寺があることを知った。 今日はこの寺を訪ねてみることにした、大江戸線練馬駅から西武新宿線鷺ノ宮駅まで、1万1千歩の散歩です。
 
 
 
●秋がきたかよ ステテコシャンシャン・・・・・・・・・大江戸線練馬駅で下車し、駅前の大鳥神社に朝の御挨拶をし、練馬区役所の裏を抜け、南蔵院のある練馬区中村1丁目へ向かう。、、、、、秋晴れの下、気分よろしく、スタコラ・スタコラ・ステテコ・シャンシャン
 
1810220812150
 
1810220823170
 
1810220843180
 
1810220849230
 
1810220852080
 
 
●万能薬「白龍丸」の販売元・・・・・・・・・南蔵院は、真言宗豊山派のお寺で瑠璃光山医王寺と号し、良弁塚に納経をした良弁僧都が延文2年(1357)に中興したお寺です。 江戸時代には12石8斗の御朱印領を拝領していた。、、、、、お寺では 古くから万病に効く「白龍丸」を頒布し、明治10年頃に売薬法で禁止されるまで全国的に広まり、お寺の経済的基礎ともなったそうだ。 恋の病、金欠病、夫婦病に効くなら、私もぜひ試してみたかった! 
 
・・・・・・・・・・・・・・南蔵院通りに面する山門
 
1810220855050
 
・・・・・・・・・・・・・・山門脇で慈母観音像のお出迎え。 アリガタヤ!
 
1810220924501_1
 
・・・・・・・・・・・・文禄年中(1592~1596)火災にあい堂塔伽藍、諸記録をほとんど焼失した。 宝暦3年(1753)には寺内の設備を整え、現在の本堂も完成した。 御本尊の薬師如来は秘仏で、33年毎に御開帳されるそうだ。、、、、、明治9年(1876)には、本堂を利用して豊玉小学校が開設された。
 
1810220907160
 
1810220905520
 
・・・・・・・・・・・・本堂の右には、同年に建てられた庫裏がある。 
 
1810220907000
 
・・・・・・・・・・・・・・本堂の左には、宝永4年(1707)に再建された薬師堂
 
1810220916090
 
・・・・・・・・・・・・・・薬師堂の前には、宝暦3年(1753)に建立された閻魔堂がある。 チョイト、中を覗いてみた、、、照明のない薄暗い堂内に、剥げ落ちた閻魔大王がいた。 閻魔大王の後ろの壁には病気平癒祈願成就によって奉納された15cmほどの木彫の地蔵尊がズラリ千躰程並べてあると言われている。、、、、、『本当に千躰あるのか(?) ウソだろう。 閻魔の嘘つき!』 
 
1810220912180
 
1810220914580
 
・・・・・・・・・・・・・江戸時代中期に建てられた鐘楼門。 三間一戸、入母屋造りで赤く塗られている。 門の左右には仁王像、上階には正徳5年(1715)銘の梵鐘がある。 
 
1810220929350
 
1810220902090
 
1810220920550_2
 
1810220921120
 
・・・・・・・・・・・・・この他に、赤門長屋門がある。 また、なぜか北海道開拓時代の建物を思い出させる、木造の集会場
 
1810220919150_2
 
1810220859030
 
1810220857460
 
・・・・・・・・・・・・・・昭和7年(1932)首のない地蔵様が中村の道端にあった。 近所の住人が地蔵の首を酒代の形に持っていたので、継ぎ合わせたところピッタリと合った。 この不思議な仏縁から、「首継地蔵尊」と呼ばれている。、、、、、バラバラ事件の被害者となった地蔵さま、首が繋がり一安心。、、、、、首継地蔵尊は昭和60年頃(1985)までは、中村の八幡神社に祀られていたが、その後南蔵院に移された。
 
1810220900500_2
 
 
●大根のない畑・・・・・・・・・・南蔵院を後にして西へ歩く。 ここは“練馬”だ、畑の大根を探しながら歩く。、、、、、住宅地の中に小さな畑を見つけた。 期待はずれで、大根畑ではなかった。 しばらくすると、向かいを歩くお姉さんの足もとに“大根”を発見!(失礼)
 
1810220933500
 
 
●バラバラ事件の現場?・・・・・・・・・中村南3丁目に八幡神社がある。 この神社は旧中村の産土神で江戸時代からの総鎮守。 祭神は応神天皇。 社殿は江戸時代のものと言われているが“?”。、、、、八幡神社の別当は南蔵院であった。 神社の地は、南蔵院の末寺・西光寺(現:廃寺)の旧地である。 首継地蔵尊は、南蔵院に移されるまで当社の一画に祀られていた。 ここで、首と胴体がバラされたのか? はたまた、ここで、首と胴体が継がれたのか? どちらにしても殺人事件である。
 
1810220941270
 
1810220945460
 
 
●子連れ地蔵尊・・・・・・・中野区上鷺宮1丁目の中杉通り沿いに、北向きに建っている子連れの上鷺宮願かけ地蔵尊。 大きい舟型地蔵尊は、高さ約1.5m で正徳5年(1715)の銘がある。 小さい舟型地蔵尊は80cmほどの高さで、造立年は不明。、、、、、この2体の地蔵に祈願をする人は、白装束で夜中にお参りし、一心に祈願しながら子どもの地蔵を倒すのだ。 そうすると親の地蔵は子どもを起こして貰いたいため、願い事を聞き届けてくれる。 願い事が叶ったら、祈願した人は、自分が倒した地蔵を起こしに行くのだそうだ。、、、、、このような風変わりで、面白い信仰は、人家もまばらだった昭和30年頃(1955)まで続いたそうだ。 今の時代、こんなことしたら、付近の防犯カメラに撮られ、器物損壊で捕まり、ニュースに出演し、恥ずかしい思いをするだけ。
 
1810220952330
 
 
●閻魔と地蔵がコラボして天罰・・・・・・・・・・新青梅街道を渡り、西武新宿線鷺ノ宮駅 まで歩き帰ることにした。 歩きながら頭上に違和感を感じ、右手が頭を撫でる。 『アレ? 帽子がない! お気に入りのハンチングがない!』 カバンの中、ポケットを探すが、何処にも無い。 『ガァ~~ン! 南蔵院か、八幡神社か、置き忘れたようだ』 どうやら、今日は閻魔大王、首継地蔵尊に悪態をつき、天罰が当たった。 『あきらめきれずに あきらめた 去らば高価な ハンチング』、、、、、電車に乗っても、ハンチングのことが忘れられず、寂しく帰宅。
 
1810221000180
 
1810221004070
 
1810221010160_2
 
1810221012140

2018年10月20日 (土)

練馬の氷川神社

地図を見ていたら、練馬区桜台6丁目に「氷川神社発祥之地」を発見。 『あれ、大宮の氷川神社はここが発祥地?』、疑問と興味が湧く。 さらに地図を見ると最寄りの駅は地下鉄有楽町線の『氷川台』。 氷川台駅の北には『氷川神社』がある。、、、、、今日の散歩は、この地を訪れることにした。 氷川台駅から、氷川神社・氷川神社発祥之地を巡り、都営大江戸線豊島園駅まで、1万歩の散歩です。
 
 
 
●ネリカンの駅・・・・・・・・・・東京メトロ有楽町線・副都心線の氷川台駅 は、昭和58年(1983)6月24日に開業した。 ホームは相対式2面2線で地下3階にある。、、、、、駅名の氷川台、駅所在地の地名:練馬区氷川台の“氷川”は、近くの氷川神社に由来する。、、、、、藤圭子も歌った「ネリカン・ブルース」の舞台:東京練馬少年鑑別所もこの近く。
 
1810200806570
 
1810200810360
 
1810200814090
 
 
●町(小)は嫌よ、台(大)にして!・・・・・・・・・・地名「氷川台」は、氷川神社のある高台の意。、、、、、明治・大正時代は下練馬村と称していた。 昭和7年(1932)には板橋区練馬仲町となり、昭和22年(1947)板橋区から分離し練馬区に所属。 昭和40年(1965)に、新住居表示にて「氷川台」とした。 この時「氷川町」にする予定だったが、同名の地名が板橋区にあるため、“台”を付けたそうだ。
 
1810200840170
 
1810200827240
 
 
●村の鎮守の神さま・・・・・・・・・・町名の由来となった氷川神社(通称「大氷川」)、古くからの下練馬村の鎮守。 長禄元年(1457)渋川氏が足利氏との戦いの途上、武運長久を祈って建てたと伝えられている。 社伝によると、もとの神社は石神井川付近の、泉が湧きでていた「お浜井戸」のところにあったが、江戸時代の延享年間(1744~1748)に現在地に遷座した。
 
1810200836310
 
1810200835090
 
1810200831330
 
 
●商圏は埼玉・東京・・・・・・・・・・全国の“氷川神社”は、さいたま市大宮区の総本社:氷川神社より勧請を受けている。 祭神は須佐之男命。 全国で250社程度存在するが、うち約230社は埼玉県(160)と東京都(70)に分布する、ローカル色豊かな神社系列である。、、、、、ちなみに、練馬区内では、豊玉氷川神社、大松氷川神社、谷原氷川神社、石神井台氷川神社、大泉氷川神社などもある。、、、、、『七五三はぜひ氷川神社で! 先着10組のお父さんには、巫女さんとのツーショット写真をプレゼント』な~んて、あるかも?
 
 
●臭わない、ゴミがない・・・・・・・・・・氷川台の氷川神社から、四宮宿橋(よんのみやじゅくはし)で石神井川を越え桜台6丁目に入る。、、、、石神井川の水質は生活用水が流れ込んでいないらしく、綺麗で、臭わない、ゴミも浮いていない、川底が見える、水草も見える、魚が住めるようだ。 深い川底に下りて、水辺に近づけるといいね!、、、、、ところで、橋名の「四宮宿」とは? (気になるので調べてみたが、“?”)
 
1810200848470
 
1810200845480
 
 
●発祥地は草茫々・・・・・・・・・・四宮宿橋を渡り桜台6丁目の一画に、小公園ほどの空き地がある。 鎖で閉じられた敷地には、白砂利が敷かれているが雑草に覆われている。 その中に「氷川神社発祥之地」と標された石碑と、井戸のように組まれた石がある。 この地が、先に訪れた氷川台の氷川神社発祥地で、井戸のような石組みが「お浜井戸」であろう。、、、、現在の氷川台氷川神社のご神体が石神井川を流れてきたのを、拾って祭った最初の地とされている。 その後、ご神体は氷川神社の地に遷座した。 このため、春の祭りには「お里帰り」と呼ばれる神事が行われているそうだ。、、、、つまり、この地は“全国的な氷川神社発祥の地”にあらず、超ローカルな“氷川台の氷川神社の発祥地”であった。
 
1810200854370_2
 
 
●駅名から地名に・・・・・・・・・・「桜台」の町は、南に西武池袋線、北に石神井川で挟まれた、ほぼ1km四方の町である。、、、、、、昭和11年(1936)、池袋線の駅が造られたとき、石神井川南岸の台地に高稲荷神社があり、桜の名所として有名であった。 そこで、駅名は「桜台」と創作し、命名した。 昭和37年(1962)からの住居表示では、桜台駅の北側一帯(以前は「練馬南町」)に駅名を利用し桜台1丁目~6丁目とした。
 
・・・・・・・・・・・・・・高台に鎮座する高稲荷神社。 現社殿は昭和55年(1980)に新築。
 
1810200920570
 
1810200922240
 
・・・・・・・・・・・・・・高稲荷神社下の公園に祀られている庚申塔。 元禄2年(1689)造立。
 
1810200919540
 
・・・・・・・・・・・・・・桜台6丁目の町は、坂の多い閑静な住宅街、そんな町の中に小さな都営住宅が点在する。 超豪邸と言える住宅はないようだ。
 
1810200859190
 
1810200900580
 
1810200908590
 
1810200911400
 
1810200912460
 
1810200913480
 
1810200914520
 
1810200924510
 
1810200925020
 
 
●拝観謝絶・・・・・・・・・桜台6丁目の西端に臨済宗大徳寺派の円満山広徳禅寺がある。、、、、、広徳寺は、箱根湯本早雲寺の子院として、元亀、天正の頃(1570~92)小田原に建立された。 天正18年(1590)徳川家康に招かれ神田昌平橋に広徳寺と称して建立、寛永12年(1635)下谷へ移転。 江戸時代には『びっくり下谷の広徳寺 おそれ入谷の鬼子母神』と言われ隆盛し、塔頭15院を擁していた。 明治になり寺は衰退し、関東大震災後の区画整理で、現在地へ徐々に移転し、昭和53年(1978)に移転を完了した。、、、、、現在の20,000坪の敷地は、東京の寺では第2位。 ちなみに、規模ではトップの浅草寺が約30,000坪、3位の芝増上寺は16,000坪。、、、、、、参道を奥へ、山門には『拝観謝絶』の四文字が見える。 修業が足りない私はここまで、剃髪して出直さなければ入れないね!
 
1810200942160
 
1810200942490
 
1810200940000
 
1810200940270
 
 
●お隣の禅寺を拝見・・・・・・・・・・オヤ、広徳禅寺の敷地内に隣接して塔頭の桂徳禅院がある。 慶長7年(1602)滝川壱岐守正利が建立した広徳寺塔頭の一つ。 大正12年(1923)震災で焼失後、当地へ移転し、昭和30年(1955)現在地に完成しました。 禅の修行場で墓地はない。 こじんまりした寺であるが、手入れの行き届いた庭が美しい。 こちらはチョイト拝見。
 
1810200936080
 
1810200935330
 
1810200934400
 
 
●チョイト秋色・・・・・・・・・・・・・練馬総合運動場横の石神井川沿いを歩き豊島園に向かう。
 
1810200955370
 
 
●遊園地に来たのは何十年前・・・・・・・・・豊島園駅に到着。 平成3年(1991)12月10日、都営地下鉄12号線(後の大江戸線)の駅が開業。 島式ホーム1面2線を有する地下駅。 、、、、何十年前になるか(?)ウォーターシュートがあった頃、来た覚えがある豊島園遊園地。 入園する機会は無くなったようだ!
 
1810201011210
 
1810201014140

2018年10月17日 (水)

夕日を撮りに

朝からスカットしない天気、『本日は散歩なし』と宣言したが宵に近づくとムズムズ。 午後3時、お茶の時間に『チョックラ、夕飯まで散歩してくる』と妻に言い残し、夕日に走る電車を撮りに青砥駅に降り立った。 お隣の高砂駅までミニ散歩。
 
 
 
●青砥と青戸・・・・・・・・・・青砥駅は、昭和3年(1928)11月1日に追加開業した駅で、当時の京成の始発駅はまだ押上で、その後京成本線となった日暮里~青砥間が開業したのは昭和6年(1931)12月19日のことである。、、、、昭和61年(1986)に立体交差化工事が完了し、現在の3階建ての高架駅となる。 ホームは2階(押上・上野方面)、3階(高砂方面)に、それぞれ島式ホーム1面2線を有する。 3階ホームからは中川に架かる青砥橋などを眺めることができる。
 
1810171523550
 
1810171525370
 
1810171524220
 
1810171524511_stitch
 
・・・・・・・・・・・・青砥駅の所在地は葛飾区青戸である。 駅名は「青砥」、地名は「青戸」、はて?、この違いは?、、、、、①本来は“青砥”であったが、住居表示で“砥”の字が難しいので“戸”にした。 ②本来は“青戸”であるが、駅名を付ける時、京成の職員が間違えて“砥”と書いてしまった。  正解は、駅名は「青砥左衛門尉藤綱」、地名は「青戸二郎重茂」という別々の名が由来になっている。 両者ともに鎌倉時代の武将である。 “青砥”君は、承久の乱の功により上総国青砥の地を賜り名字としたと言われているが、“青砥”の地は実在しない。(横浜にあるそうだ) “青戸”君は、この地を本拠として活躍した武将で、かつては青戸城もあった。、、、、つまり駅名、地名も、この地に関わる武士の名から名付けられた。 紛らわしいから、どちらかに統一して欲しい!
 
1810171531390
 
・・・・・・・・・・・・・・青砥駅前に「ワルツの塔」というのがある。 ワルツ王と呼ばれるJ.シュトラウスを模した像である。 葛飾区とウィーン市フロリズドルフ区が姉妹都市となり、それにちなんで設置されたそうだ。
 
1810171531450_2
 
 
●駅周辺をブラブラ・・・・・・・・・青砥駅の1階はショッピングセンターとなって、地元の買い物客で賑わっている。 駅の北側には、「青戸銀座通り会」なる商店街があるが、チョイト元気がないね。 駅の南側には、八幡神社。 昔の地名:本田村・本田町から名付けたと思われる屋号「本田屋」。 チョイト朽ちたが長屋も残る。
 
1810171535540
 
1810171547490
 
1810171546340
 
1810171542050
 
1810171534000
 
1810171539470
 
 
●高砂や、この浦舟に帆を上げて・・・・・・・謡曲「高砂」をイメージしたデザインか(?)と思わせる、塔から斜めに張ったケーブルを帆に見立てたような斜張橋:高砂橋。、、、、、中川に架けられていた、青戸と高砂を結ぶ高砂橋は、平成15年(2003)に現在の斜張橋に架け替えられた。 長さ186.5m。、、、、なお、謡曲の「高砂」は、夫婦愛と長寿を愛で、人世を言祝ぐ大変めでたい能。 この“高砂”は兵庫県高砂市のことである、お間違えなきように。 今や、結婚式で謡う人、トント、お目にかからないね!
 
1810171608030
 
1810171556190
 
1810171556310
 
1810171559420
 
 
●夕日が見えない!・・・・・・・・・・夕日を背に、高砂橋の上流側に架かる京成本線中川橋梁を走るスカイライナーの勇姿を撮りたかった。 残念だが、本日は今にも降りそうな空模様、これでは夕日も見えず。、、、、、ラッキー、都営の新型車両5500形が撮れた。
 
1810171605150
 
1810171607340
 
1810171615430
 
1810171621110
 
1810171622270
 
 
●白ヘビが怖い・・・・・・・・・中川の左岸(高砂側)の土手近くに、小さな池「怪無池(けなしいけ)」と小さな神社「青龍神社」がある。 神社の創建年代は不詳。 この神社では雨乞が行われたそうだ。 また、神社では白ヘビは神の使いとして崇められたそうで、人影のない池の周りを歩くとき、蛇が大嫌いな私はビクビク。 幸い、御対面はしなかった。、、、、池は「怪我の無い池」が「怪無池」となったそうだ。 今の池は睡蓮の葉と、薄紫の綺麗な花に覆われていた。 花の名は?知らん!
 
1810171627280
 
1810171628150
 
1810171629170
 
1810171629540
 
 
●降りそうだ、そろそろ帰ろう・・・・・・・・高砂駅から帰る。
 
1810171641500
 
1810171645210
 
1810171652430

2018年10月16日 (火)

閻魔大王ご縁日

毎月16日は全国的に閻魔さんのご縁日である。 今日は、浅草橋の我が家から深川のゑんま堂まで散歩することにした。 1万歩。、、、、、、ちなみに、お薬師さんは毎月8日、観音さまは毎月18日、お地蔵さんは毎月24日、弁天さまは己巳(つちのとみ)の日、お稲荷さんは午の日が、それぞれのご縁日である。 覚えておくと敬老会で役立つ知識。
 
 
 
●そろそろ出勤時間・・・・・・・・・・午前8時前、ボチボチ、駅から掃き出される人が増えてくる時間。 私も散歩に出る。
 
1810160740510
 
1810160744360
 
1810160748470
 
 
●真正面に見える・・・・・・・・・・東日本橋1丁目と2丁目、町境の道路からは、正面にスカイツリーが見える。、、、、、、スカイツリーの見え具合で今日の運勢を占う人もいるかも? 今日は、全体に薄ぼんやり見える、運勢は『先を読む目が曇り波乱の一日』。
 
1810160801400
 
 
●陶器造りの神社・・・・・・・・・・・・日本橋浜町3丁目、超高層ビルの下に浜町神社がある。 神社が鎮座する地は、安政年間に徳川幕府から島津家へ土地の引き渡しがあり、土地に祀られていた天明年間に創始と云われる稲荷を島津稲荷として崇敬してきたといいわれている。 関東大震災後、浜町神社を改称していたものの、戦災により焼失、昭和28年(1953)に浜町神社として改めて建立した。 平成12年(2000)、再開発により現社殿を建立。
 
1810160824380
 
・・・・・・・・・・・・・・・浜町神社境内には、埴安大神(はにやすのおおかみ)・加藤四郎左衛門景正命・加藤民吉命を祭神とする陶栄神社がある。 埴安大神は土の神で天照大神の兄弟神とされている。 加藤命と称する2柱は、瀬戸焼の歴史の重要人物で鎌倉前期の陶工景正が「陶祖」と呼ばれ、江戸時代の陶工民吉が瀬戸に磁器をもたらした功績から「磁祖」と呼ばれている。、、、、、この神社の社殿は、昭和44年(1969)愛知県常滑市の陶工により、住吉造りを模し、総釉彩陶器製でつくられている。 また、台座には平安時代以降の陶片が使用されている。、、、、、、注連縄と賽銭箱は陶器ではなかった! 
 
1810160828000
 
 
●化粧中につき顔は出せない!・・・・・・・・・昭和3年(1928)に完成した天下の名橋、重要文化財の清洲橋 も90年経過した、小じわが目立つのか、厚化粧が剥げたのか、只今、塗装工事中。 恥ずかしくて、顔も出せないらしい。
 
1810160837300
 
1810160843150
 
 
●エレキテルの地・・・・・・・・・・・平賀源内(1728~1780)は安永5年(1777)にエレキテル(摩擦起電器)を完成させ、自宅にて電気実験を行ない安永8年(1780)に51歳にて没した。 自宅のあった江東区清澄1丁目には平賀源内電気実験の地の碑が建っている。、、、、、、死因は感電死? 本当は酒に酔い喧嘩して投獄され、破傷風で死んだそうだ。(コレ、ホントらしい。) 今でも、同類の人はいるね!
 
1810160846260_2
 
 
●田中角栄と間違えないで!・・・・・・・・・・清澄1丁目のアサノコンクリート深川工場の一角に浅野総一郎の像がある。 この地は、明治8年(1875)、工部省が日本初のセメントを製造した工場があった場所で、明治16年(1883)に浅野総一郎が払い下げを受け、その後民間のセメント工場「浅野セメント」として発展した。  浅野セメントは、戦後日本セメントに改称し、平成10年(1998)には「秩父小野田セメント」と合併して、業界最大手の「太平洋セメント」となった。
 
1810160848140_2
 
・・・・・・・・・・・・・浅野総一郎の像の脇にあった、「明治23年 当時のセメント工場全景」。、、、、、、手前に隅田川が描かれている。
 
1810160848580
 
 
●国宝級のミドリ・・・・・・・・江東区佐賀町1丁目と福住1丁目を結ぶ小さな橋は、昭和4年(1929)に竣工した鋼鉄製トラス橋の緑橋。 大島川西支川に架かり、橋長は23m程、チョイト膨れたトラスのデザインは可愛いものだ。、、、、、関東大震災の復興橋で、歴史的にも貴重な橋なので、個人的には“国宝”(チョイト大袈裟)に指定する。
 
1810160909550
 
1810160906240
 
1810160911510
 
1810160905200
 
 
●福禄寿はいずこに!・・・・・・・・・・深川2丁目の浄土宗寺院の雙修山養源院心行寺は、元和2年(1616)八丁堀に創建し、寛永10年(1633)現在地に移転した。 現本堂は昭和43年(1968)に竣工した。、、、、、深川七福神の福禄寿が六角堂に安置されているが施錠され、姿は見えず、声も聞こえず、軟禁状態。 
 
1810160925380
 
1810160923230
 
 
閻魔大王のご縁日・・・・・・・・・・“深川ゑんま堂”は、真言宗豊山派の法乗院で賢台山賢法寺と号す。 法乗院は寛永6年(1629)深川富吉町に創建、寛永18年(1641)には現在地(深川2丁目)に移転した。 江戸三閻魔の一つらしいが、昔の閻魔堂は戦災で焼けた。 現在は平成元年(1989)に再建された“ハイテク閻魔様”で、賽銭を入れるとコンピューター制御で堂内には煌びやかに照明が灯り、スポットライトが回り、願い事に応じた説教が流れてくる見世物小屋並みの、高さ3.5mの大きな閻魔がある。、、、、、、、笑っちゃいけないが、笑いたくなる、これぞ“笑い地獄”か? 歴史を感じることができない寺だ!
 
1810160927281
 
1810160929390
 
・・・・・・・・・・・・・・本日は、ご縁日。 本堂1階では、天明4年(1784)に描かれた全16枚の『地獄・極楽図』が展示され、御仏の教えを説いてくれます。
 
1810160934160_2
 
1810160934460_2
 
 
●昭和の市営食堂・・・・・・・・・・・門前仲町1丁目に、震災後の昭和7年(1932)に建てられた旧東京市深川食堂の建物が残されている。 建物は角地に建つ鉄筋コンクリート造2階建て、明るい大きな窓で開放的で、モダンなデザインである。、、、、、震災復興事業の一つとして、低所得者のための市営食堂として利用された。昭和11年(1936)食堂は閉鎖され、終戦後は職業斡旋施設として利用され、昭和51年(1976)から江東区内職補導所となり、平成18年(2006)に閉鎖された。、、、、現在は国・登録有形文化財の指定を受け、『深川東京モダン館』と称し、江東区全域を対象とした観光案内スペースとして、また、新たな文化の発信スペースとして活用している。
 
1810160946440
 
 
●お帰りは門前仲町から・・・・・・・・・・
 
1810161000281

2018年10月15日 (月)

埼玉の匂いが残る町

JR赤羽駅から東へ1km程歩き、北区王子と同区岩淵町を結ぶ「北本通り」(国道122号)を越えると「北区志茂4丁目」の町がある。 志茂4丁目の東は隅田川の護岸によって行く手を遮られている。 今日の散歩は、私がこれまであまり歩いていなかった「志茂4丁目」の探訪です。 1万歩。
 
 
 
●北のターミナルで下車・・・・・・・・・・・北区随一のターミナル駅:赤羽駅で下車。 三鷹・荻窪駅と同等規模の一日約20万人が乗り降りする駅。、、、、埼玉県とは荒川を挟んで隣り同士。 山の手の三鷹・荻窪駅とは、漂う空気、肌で感じる雰囲気がチョイト違うようだ。
 
1810150810470
 
1810150814210
 
1810150819300
 
 
●まずはマリアさまに御挨拶・・・・・・・・・赤羽駅東側の商店街入口近くにカトリック赤羽教会がある。 昭和26年(1951)に建てられたゴシック調の建物、聖堂上部の塔にはマリア像(高さ約1.5m、鉄鋳物製)が安置されている。 祭壇中央には被昇天のマリア様の絵が掲げられている。、、、、、戦後の物資が不足している時代の建物だが、それを感じさせない、デザイン的にまとめられた建物である。
 
1810150833290_2
 
1810150833070
 
1810150830320
 
1810150831290
 
1810150829290
 
1810150831410_2
 
 
●見えない壁・・・・・・・・・「赤羽」の町と「志茂」の商店街は、“一体感がないの?”
 
・・・・・・・・・・・・・赤羽駅前から、赤羽2丁目の町を東西にのびる商店街:「LaLaガーデン」。 アーケードもあり濡れずに買い物ができる活気ある商店街。
 
1810150826130
 
1810150835300
 
・・・・・・・・・・・・・LaLaガーデンの東端で、道路一本越えると志茂2丁目となる。 ここからは、「志茂スズラン通り」商店街と、「志茂平和通り」商店街がさらに東に続く。 赤羽2丁目から志茂2丁目に入った瞬間から、商店街は道幅が狭まり、アーケードもなくなり雰囲気は一変する、自転車で通り抜ける人もチラホラ、歩く人もチラホラ、お店もチラホラ。 「赤羽」と「志茂」の商店街は、断絶しているようだ。
 
1810150840530
 
1810150842210
 
1810150845120
 
 
●寂しいメインストリートの商店街・・・・・・・・・さて、平和通り商店街の東端で、今度は北本通り(国道122号)を渡ると「志茂4丁目」の町に入る。 そして、さらに商店街が続く。 東西に「志茂七溜商店会」が伸び、その東端から南北に「志茂銀座商店会」が伸びている。 赤羽駅から、連続して続く商店街も、志茂4丁目に入ると、めっきり寂れ、ご近所の住人しかお客がいない商店街となった。 “銀座”も寂れ“頓挫”しないように!
 
1810150847230
 
1810150849310
 
1810150948580
 
 
●やっぱり、埼玉県だった志茂・・・・・・・・・現在の北区志茂の町(1~5丁目)は、江戸時代には荒川の渡し場があった岩淵宿(現:北区岩淵、志茂の北側に隣接する町)の下流側に位置することから、豊島郡岩淵領下村と呼ばれていた。 下村は明治4年(1871)には、浦和県(現:埼玉県)から東京府に編入されたそうだ。 昭和7年(1932)東京市に編入される際表記を改め、王子区志茂町。 一~三丁目となった。 昭和32年(1957)と、昭和42年(1967)の住居表示で、現在の志茂一~五丁目に再編成された。、、、、、志茂4丁目の町は、昔のあぜ道・農道がそのまま道路になったのか? 細い道がゴチャゴチャ、クネクネ、私好みの裏道・路地がアッチニモ、コッチニモ。
 
1810150940140
 
1810150952090
 
1810150954390
 
1810150956090
 
1810150958110
 
1810151002170
 
1810151003050
 
 
●志茂の古刹・・・・・・・・・・・・・志茂4丁目の中央に位置する真言宗智山派寺院の西蓮寺は、歸命山と号す、埼玉県川口の錫杖寺(しゃくじょうじ)の末寺。 寺は法印淳慶(弘安10年(1287、=鎌倉時代)寂)が開基と伝えられている。江戸時代には満願寺、観音寺、地蔵院の3ヶ寺を末寺に擁していた。 西蓮寺は志茂地域の代表的な寺院である。 現:本堂は、関東大震災後の昭和7年(1932)に再建されたものである。、、、、、、境内には十余基の板碑があり、その最古のものは、弘安9年(1286、=鎌倉時代)の銘がある。
 
1810150915340
 
1810150909470
 
1810150912360
 
・・・・・・・・・・・・・西蓮寺の付近にあって廃寺となった末寺・観音寺の本堂を、平成7年(1995)、コンクリート打ち放しの近代的な寺院に立てなおした福聚観音堂。 普段は、無人の為、ガラス越しに手を合わせる形式の観音様。 ガラス窓の下にはおみくじ自動発行機がチャント用意されていた。 ガッチリ、稼ぐつもりか?
 
1810150855450
 
1810150857310
 
 
●参道の長い神社・・・・・・・・・西蓮寺の北、隅田川沿いに志茂熊野神社がある。 神社は、別当寺である西蓮寺住職淳慶阿闍梨が紀州熊野三社権現を勧請して正和元年(1312年)に下村(現:志茂)の鎮守にしたと言われている。、、、、さほど大きくない神社だが、参道はやたら長く、よって境内は細長い。、、、、、現社殿は昭和43年(1968)に鉄筋コンクリート造で再建された。 この時、文政5年(1822)建造の旧本殿は境内社:阿夫利神社の社殿に転用され現存している。
 
1810150931120
 
1810150937190
 
1810150936220
 
 
●ここにも西蓮寺の息が・・・・・・・・・西蓮寺が管理する近くの庚申堂。 堂の中には、姿もはっきりしなくなった青面金剛像が安置されている。 造立年不明。
 
1810150900260
 
1810150901340_2
 
 
●4体のどれが?・・・・・・・・・志茂銀座商工会の一画に西蓮寺の境外仏である「橋戸の子育地蔵尊」がある。 堂の中に4体の地蔵尊が祀られている。 では、「橋戸の子育地蔵尊」はどれ? 右から2番目という人と、4体全部という人がいるそうだ。 どちらも正解、本当の処は不明らしい。、、、、、右から、元文3年(1738)、元禄13年(1700)、元禄14年(1701)の銘がある、左端は不明。 
 
1810150950490
 
1810150950170
 
 
●初めての乗車・・・・・・・・・・・志茂4丁目の隣り5丁目に地下鉄南北線志茂駅がある。 南北線には度々乗るが、志茂駅からはいまだ乗車したことがないので、今日はここから帰ることにした。、、、、、平成3年(1991)11月29日、営団地下鉄南北線の駅として開業。 島式ホーム1面2線を有する地下駅。 平成29年度(2017年度)の1日平均乗降人員は12,425人で、東京メトロ全駅の中では同じ南北線の西ケ原駅に次いで2番目に少ないそうだ。 乗降客が少ない割には、綺麗で明るい駅である。、、、、、初めてホームに立ったが、ワクワク感はなく、チョイト残念!
 
1810151014230
 
1810151016550
 
1810151019240

2018年10月12日 (金)

夕暮れの柳原

北千住駅から東武伊勢崎線堀切駅まで、9千歩の夕暮れ散歩。
 
 
 
●西は宿場町、東は下町・・・・・・・・・・・・・北千住駅西口周辺は旧日光街道の宿場町で、昼から賑わう大きな街である。 西口と比べ東口駅前は足立学園(中・高校)の城下町であったが、数年前に東京電機大学ができ大学の城下町に変身した。 高校・大学以外には大きな施設もなく、下町の雰囲気がタップリ残るキャンパス城下町。
 
1810121532250
 
1810121540290
 
・・・・・・・・・・・・・・東口から真直ぐ伸びる「学園通り」。 “学園”は「足立学園」(中・高校)を指す。、、、、、駅の東側に住む人にとっては、生活に密着した商店街で、お惣菜屋・肉屋・八百屋、いずれも買い物する人で賑わっている。、、、、駅から1km程先を荒川が流れ、商圏が限定されているためか、ドでかいスーパーは無い。
 
1810121540420
 
1810121545180
 
1810121600080
 
・・・・・・・・・・・・・駅前の東京電機大学。、、、、日本たばこ産業 (JT) 社宅跡地に平成24年(2012)に開設された千住キャンパス。
 
1810121542180
 
 
●チョイト裏道を歩く・・・・・・・・学園通りの北側(千住旭町)をブラリ! 『下町だ!』
 
1810121547120
 
1810121550200_2
 
1810121552230
 
・・・・・・・・・・・・・・裏道を歩いていると、雑草の中にコンクリート造の鳥居があり、奥には社がある。 三吉稲荷神社だ、天保年間(1830~1844)以前の創建らしい。、、、、、稲荷はゴミ集積場と化したのか?
 
1810121553440
 
 
●小坊主のほうき地蔵さん・・・・・・・・・・千住駅前の学園通り東端の先に足立区柳原の町がある。 この町の東は荒川で、行き止まりの町である。、、、、、理性院は瑠璃山柳原寺といい、真言宗ですが“柳原”の名がついているように柳原村の唯一の寺院であった。 もともと村の北のはずれにあったそうだが、荒川放水路開削工事で当時の敷地は全て河川敷となり、現在地へ移転した。 この時、本堂は曳家で移転したそうだ。
 
1810121605090
 
・・・・・・・・・・・・・・境内に建てられたカワイらしい小坊主姿の「ほうき地蔵さん」、、、、、檀信徒の方が、母の菩提を弔うため平成13年(2001)に建立したそうだ。
 
1810121605420
 
 
●下町の田園調布:柳原・・・・・・・・・・・柳原は昭和9年までは葛飾区に属し、葛飾区柳原町であった。 この年に、荒川放水路(現:荒川)ができ、飛地状態になり足立区に移管された。 また、地図を見ると解るが綺麗な半円状の町である。 下町の田園調布だ!
 
・・・・・・・・・・・・・・まずは裏道へを歩く。
 
1810121607500
 
1810121607570
 
1810121610530
 
1810121618160
 
・・・・・・・・・・・・・・柳原のメインストリート「千草通り」。 人通りも少なく、両側の商店の7割程は廃業したようだ、復活するのは難しそうだ!
 
1810121622500
 
1810121620590
 
1810121616000
 
1810121615440
 
1810121615110
 
1810121615020_2
 
・・・・・・・・・・・・・柳原の中央に位置する柳原稲荷神社。 神社は葛飾郡柳原村の鎮守として慶長11年(1606)創建とされる古社である。 寺は柳原寺の理性院、神社は柳原稲荷神社、両寺社で柳原村の崇敬を集めていた。 入母屋造りの小ぶりの拝殿は、親しみを感じる独特の風情がある。、、、、、本殿の右隣には、昭和8年(1933)に築かれた富士塚がある。 正面鳥居をくぐると一直線に石段が山頂へ通じている。 
 
1810121625460
 
1810121626340_2
 
・・・・・・・・・・・・・柳原の町を1丁目と2丁目に分ける道路。 両側にはお花見用の桜の大木が並ぶ。 この道路は、北千住駅南側の大踏切りから伸びてきて、柳原で荒川土手にぶつかる。
 
1810121634430
 
1810121633240
 
 
●荒川土手に上がった・・・・・・・・・京成本線荒川橋梁が見える、スカイツリーも見える。
 
1810121644320
 
1810121643540
 
 
●哀愁の駅・・・・・・・・・人影は少なく、駅前にはポツリとラーメン屋が一軒、哀愁を帯びた薄暗い駅は寂しい二人が別れる駅。 私の好きな駅。、、、明治35年(1902)に開業した東武伊勢崎線堀切駅
 
1810121653500
 
1810121650570
 
1810121655120
 
1810121656340
 
1810121704110

2018年10月10日 (水)

綾瀬川の11橋

秋晴れの下、埼玉県の草加宿付近から東京都の北端:足立区花畑まで、綾瀬川に架かる橋を見ながら歩いてきた。 1万2千歩。
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・綾瀬川は埼玉県桶川市に源を発し、蓮田市・さいたま市・越谷市などを流れ、草加市で古綾瀬川を合わせ、都県境の足立区花畑付近では伝右川と毛長川を合わせ、葛飾区上平井で中川に合流している。 埼玉県南部と東京都東部の底平地を流れる延長約48Kmの一級河川。
 
 
●立って通勤、座って通学・・・・・・・・・草加駅の開業は明治32年(1899)である。 現在は、両外側の通過線各1線が、島式ホーム2面4線を挟む全6線の高架駅である。、、、、通勤通学の時間帯、都心に向かうホームは人も多い。 到着する電車はいずれも満員、座って通勤は無理だね! 田舎方面に向かうホームは、大学生らしき若者が多い。 こちらは、座って・眠って・化粧して・スマホいじって楽々通学できるね。 
 
1810100757050
 
1810100756180
 
1810100807360
 
 
●スタコラ速足で抜ける・・・・・・・今日は宿場町「草加」を見学するつもりはなく、飲み屋・風俗店の並ぶ裏道、旧家が残る旧街道を、飛脚のごとく速足で抜け、草加宿の北端から、「草加松原遊歩道」に向かう。
 
1810100823050
 
 
●綾瀬川に沿って・・・・・・・・・・芭蕉の像が迎えてくれる札場河岸公園、ここから北に向かい綾瀬川に沿って草加松原遊歩道が1km以上整備されている。、、、、、私は、遊歩道の南端近くの谷古宇橋から左岸沿いに綾瀬川下流(東京方面)に向かい歩くことにした。
 
1810100829150
 
1810100830280
 
・・・・・・・・・・・・・・まずは、綾瀬川に架かる谷古宇橋(やこうばし)。 アーチ型の橋は、草加松原遊歩道にある歩道橋:矢立橋
 
1810100833270
 
・・・・・・・・・・・・少し下ると「埼玉県神明排水機場 」が対岸に見える。、、、、、昨年の夏に散歩した処だ!
 
1810100839200
 
・・・・・・・・・・・・・・・対岸の神明排水機場と、手前にある古綾瀬川排水機場を結ぶように架かる小さな橋:松江橋。 昭和54年(1979)の架橋、歩道橋であるが、自転車、バイクも通れるようだ。
 
1810100839480
 
1810100841340
 
・・・・・・・・・・・・・・松江橋の脇に「埼玉県古綾瀬川排水機場」がある。 古綾瀬川は、綾瀬川の支流で、草加市の北に隣接する越谷市を源とする川。 ここで、古綾瀬川は綾瀬川に合流する。
 
1810100845540
 
1810100844420_2
 
・・・・・・・・・・・・・車道専用のコンクリート橋とその両側に鋼製の歩道橋が増設された八条大橋。 “大橋”というほど大きくはないがコンクリート造の八条大橋は、チョイト古そうだ。 両側の歩道橋は昭和40年(1965)に完成した。 
 
1810100851310
 
1810100851030
 
・・・・・・・・・・・・・・草加駅から西へ1km程の処に手代新橋 (てしろしんばし)がある。 橋上には県道327号が通り、草加駅前と八潮・三郷を結んでいる。
 
1810100907580
 
1810100903150
 
・・・・・・・・・・・・・・手代新橋の下流に手代橋が架かっている。 昭和30年代の映画のワンシーンを連想させるようなコンクリート橋、いいね! 、、、、、、この橋から、右岸(下流に向かって右側)は草加市だが、左岸(左側)は八潮市となる。 つまり、綾瀬川が両市の境界である。
 
1810100904500
 
1810100907240
 
・・・・・・・・・・・・・・川の上に何やらトラス状の構造物が? 綾瀬川水管橋である、つまり水道管が川を越える専用橋である。
 
1810100919210
 
1810100921250
・・・・・・・・・・・・・・水管橋の南に、真言宗系の西福寺がある。 寺は善徳山と号す。 たびたびの火災にあい史料を焼失したため開創は定かでないが、嘉吉3年(1443)と言われてる。、、、、、火難・災難除けのお札を貼っておいたらいいかもね?
 
1810100933470
 
・・・・・・・・・・・・・・谷古宇橋から約2.5km下った地点、草加市手代町と八潮市柳之宮を結ぶ宮代橋がある。 この橋は昭和58年(1978)完成の歩道橋である。、、、、草加、八潮の両市とも財政難なのか、やたら歩道橋ばかり造っているようだ。 せめて乗用車ぐらいは通れる橋を造って欲しいね!
 
1810100939480
 
1810100940180
 
・・・・・・・・・・・・・・両岸とも八潮市西袋に位置する柳之宮橋は架け替える計画があるそうだが、どうも工事は遅れているようだ。 これも財政難かな???
 
1810100949330
 
1810100947550
 
1810100948510
 
・・・・・・・・・・・・・・八潮市西袋に架かる西袋橋。 これまた歩道橋なり!
 
1810100959120
 
1810100957360
 
・・・・・・・・・・・・・・西袋橋から100m程下流に架かる水管橋。 この橋の西詰(右岸側)は東京都足立区(花畑桑袋団地)、東詰(左岸側)は八潮市西袋である。
 
1810101000590
 
1810101001450_2
 
・・・・・・・・・・・・・私の前を歩く、校外学習の小学生。 『チョイト、速く歩けよ!』と、怒鳴りたくなったが堪えた! 『しっかり勉強しなよ!』と、声をかける。 これ以上、声をかけると先生に怪しまれるので、黙ることにした。、、、、、私も人間が出来てきたようだ。
 
1810101001480
 
・・・・・・・・・・・・・・本日の最後は、水管橋の下流に架かる足立区の桑袋大橋(くわぶくろおおはし)。 この橋を渡ると、最北端の都営住宅であろう都営花畑第四アパートである。
 
1810101003120
 
1810101004500
 
 
・・・・・・・・・・・・・・以上、草加から東京都に至るまで、水が綺麗になった綾瀬川に架かる11橋の御紹介。
 
 
●年寄りばかり・・・・・・・・桑袋大橋を渡り、都営花畑第四アパートからバスで谷塚駅に出て帰ることにした。、、、、バスを待つ人、バスに乗る人、みんな年寄りだ! この人も、あの人も、どの人も、みんな敬老パスで乗ってくる。 そう言う私も同じだ。 『ひょっとすると、このバスは世紀末のバスかな?』
 
1810101010380
 
1810101020290
 
1810101024170

2018年10月 8日 (月)

取り壊される団地

昭和30年代に建てられた「八幡山アパート」。 建て替え工事が進む前に一度は見ておきたかったので、今日の散歩は京王線八幡山駅から小田急線経堂方面に歩いてきた。 1万1千歩。 
 
 
 
●山の手の駅・・・・・・・・・八幡山駅(はちまんやまえき)は杉並区に属する駅だが、八幡山は駅の南側に隣接する世田谷区の地名である。、、、、、大正7年(1918)5月1日、京王電気軌道の松沢駅として開業し、昭和12年(1923)9月1日に現在の八幡山駅に改称された。 外側に通過線(本線)を持つ、島式ホーム1面4線の高架駅である。、、、、、高架下には、シャレたショッピングモールがあり、やっぱり山の手の駅だ。 
 
1810080824420
 
1810080835480
 
1810080836480
 
・・・・・・・・・・・・・・ホームから見る、「都立松沢病院」(中央右側)。 約1,300床を有する近代的な精神科専門の病院である。 病院の敷地は緑豊かで、61,000坪と広い!
 
1810080824120
 
 
●淋しそうな団地・・・・・・・・・・八幡山駅南側のゴチャゴチャした小さな飲食街を3分程歩いて抜けると、道の先にポイントハウスが見えた。 これだ、これです、これなのだ! 私が一度見ておきたかった建物です。 今、各地の都営アパートは耐震化、少子高齢化に対応すべく建て替えが進められている。 ここ八幡山アパートも例外でなく、建て替えが進められている。 ポイントハウスもいずれ壊される運命にある。
 
1810080839300_2
 
・・・・・・・・・・・・・・八幡山アパートは、昭和36年(1961)に竣工した、総戸数う547戸、全30棟の都営住宅である。 南北に走る環八通りの東側(八幡山3丁目)に1号棟から22号棟まで、西側(粕谷2丁目)に23号棟から30号棟まで建てられた。
 
1810080858471_2
 
・・・・・・・・・・・・・・ポイントハウスとは、フラットな型の棟が並ぶ団地において、景観にアクセントをつけるため、チョイト見た目の変化つけるように配置された棟を指す。 八幡山アパートでは、1号棟、3~6号棟、19号棟、20号棟の7棟がポイントハウスである。 各棟とも5階建て、各階2戸の造り、ほぼ同一形式である。、、、、、期待に応え、7棟一挙公開!
 
1810080843450
 
1810080842130
 
1810080849210
 
1810080852160
 
1810080852410
 
1810080920270
 
1810080918100
 
・・・・・・・・・・・・・ポイントハウス以外のフラットな棟は4階建てで、各戸ともベランダ側に増築され広くなっている。 しかし、エレベーターはなし、取り壊しの計画あり、無駄遣いは致しません。 入居者募集もしていないようだ。
 
1810080842500
 
1810080859420
 
1810080901400
 
1810080903080
 
1810080903460
 
1810080905070
 
1810080923330
 
・・・・・・・・・・・・・徳利のようでもあり、トーチカのようでもあり、個性的な身体つきの給水塔。 塔身には横に輪切りのラインが入り、達磨落としのようでもある。 この塔も昭和36年に完成したそうだ。、、、、、子供がいない公園、雑草に覆われた給水塔、洗濯物の干されていないベランダ、どれも消えてゆく団地の光景、寂しそうで悲しそうだ。
 
1810080904040
 
1810080900340
 
1810080913400
 
1810080917440
 
・・・・・・・・・・・・・環八通りを挟んで向かいにあった、23~30号棟の一画は「粕谷二丁目アパート」と名を変え新しく建て替えられている。
 
1810080908090
 
1810080906280
 
 
●台風で荒れたね!・・・・・・・・・・・八幡山アパートに別れ、都立公園:蘆花恒春園 の中を抜ける。 公園は台風21号、24号により、大木は倒れ、枝は飛び、荒れていた。 公園を管理する人も休日出勤(?)で忙しそうだ。
 
1810080937400
 
1810080942250
 
 
●アメリカ製のガスタンク・・・・・・・・蘆花恒春園の隣(粕谷1丁目)に東京ガス世田谷製圧所があり、ここに5基のガスタンクがある。 ガスタンクが出来た昭和31年(1956)、この付近は廻沢(めぐりさわ)と呼ばれていたので、ガスタンクは今でも「廻沢のガスタンク」と呼ばれている。 一番最初に設置されたガスタンクは、本体をアメリカで作り、昭和31年に、ここで2基組み立てられたそうだ。 当時のタンクは、今は無い。、、、、、5基が一度に見渡せる撮影ポイントを探したが、残念ながら見つからなかった!
 
1810080948440
 
1810080943020
 
 
●オヤ、雨か?・・・・・・・・・・・千歳船橋駅に向かい歩いていると、チョイト、イヤな雲行きとなってきた。 その時、一粒の雨がポツリ。 急に不安になり、急ぎ足で歩く。、、、、しばらく歩くと、バス停が見え、ちょうどタイミングよくバスも来た。 一瞬の判断でバスに飛び乗る。 乗ってから、『これは、どこ行きのバス?』 『経堂行き、まあ~いいか』 車窓には雨の降る様子はなかった。 慌てて乗ったので、バスに乗った停留場も不明(?)

2018年10月 7日 (日)

荒川土手

昨日・今日、散歩する時間がつくれなかったが、夕方にチョイト余裕ができ、荒川土手を歩いてきた。 京成押上線四ツ木駅から荒川土手を歩き京成本線堀切菖蒲園駅まで、7千歩のミニ散歩。 
 
 
 
●お灸の四ツ木駅・・・・・・・・・四ツ木駅は大正元年(1912)11月3日に開業。 大正12年(1923)には荒川放水路(現:荒川)の開削に伴い現在地に移転。 平成9年(1997)から平成11年(1999)にかけ、駅は高架化される。 現在は、相対式ホーム2面2線の高架駅である。 ホームの端は荒川と並行し流れる綾瀬川の近くまで伸びている。
 
1810071537010
 
1810071541120
 
1810071544230
 
・・・・・・・・・・・・・駅前南側には「渋江商店街 」があるが、薄暗く、静かな、元気のない商店街だ。 北側は、四ツ木~青砥間の高架化工事が始まり現場の仮囲いが線路に沿って伸びている。、、、、、完成すると11箇所の踏切りがなくなり、隣りの立石駅は高架となる。現時点では、2023年の完成予定。  
 
1810071545370
 
・・・・・・・・・・・・・工事現場の前に『四つ木の灸』の看板を出す、趣きのある木造家屋がある。 「四つ木の灸」は、お灸の世界では超有名らしい。 昭和6年(1931)より現在地で家傅のツボを用い昔からの打膿灸をはじめ、温灸、小灸、鍼の治療をしているそうだ。 私は熱そうで、怖そうで、お灸は今だ未経験。 いずれ寝小便するようになったら治療してもらうかな。
 
1810071546330
 
 
●荒川土手に出る・・・・・・・・・綾瀬川に架かる四つ木小橋を渡り、荒川と綾瀬川の間を仕切る荒川土手に出た。 
 
1810071552490
 
1810071554490
 
1810071555120
 
1810071556030
 
1810071559210
 
1810071558250
 
 
●西日がまぶしい!・・・・・・・荒川土手から西を眺めると、川向こうのスカイツリー、遠くには夕日が輝いている。、、、、、、西日のまぶしさに刺激され、凄腕の写真家になったつもりで、パチリ、パチリ。
 
1810071600480
 
1810071602140
 
1810071609280
 
1810071617070
 
1810071624180
 
1810071631520
 
 
●綾瀬川の菖蒲・・・・・・・・・・・・堀切菖蒲園の近くでは、綾瀬川に堀切菖蒲水門がある。 綾瀬川は下流の新小岩付近で中川と合流している。 台風の時など、中川の水が遡り、綾瀬川の流れを妨げぬように堀切菖蒲水門が造られた。、、、、ゲートの高さを低く抑えるため、「二段式ローラーゲート」と称するゲートで、円筒状のようなものが、かまぼこ型に2分割し、水門を閉鎖するチョイと変わったゲートである。 また、操作室も頭をカールしたようなユニークなデザインで面白い! 平成8年(1996)3月の完成。
 
1810071617370
 
1810071619330
 
 
●堀切JCT・・・・・・・・・・・水門の先には首都高の堀切JCTがある。
 
1810071625080
 
1810071629400
 
 
●お帰りは菖蒲園から・・・・・・・・・京成本線堀切菖蒲園駅から帰宅。
 
1810071644470
 
1810071645000
 
1810071647560

2018年10月 3日 (水)

不動明王を祀る二寺

東武伊勢崎線五反野駅で下車し、日暮里・舎人ライナーに向かい西の方角に歩いてみた。 チョイト、のんびり歩いたので、目的のライナーの駅までは到達できず、残念! 9千歩。
 
 
 
五反田と間違えるローカル駅・・・・・・・・・五反野駅周辺は、遠く昔、低湿地帯で河川が年中洪水を起こし、定住することが極めて難しい土地であった。 その後、河川の改修工事がなされ、江戸時代には綾瀬村の一部である弥五郎新田の小字で「五段野」ともいわれ、徳川氏の御料地として豊かな農村に発展した。 現在は「五反野」の地名は無くなり、駅名のみが残っている。 土地勘の無い人は「五反田」と間違えるそうだ。、、、、、駅の開業は大正13年(1924)10月1日。、、、、、、現在は、島式ホーム1面2線を有する高架駅。 緩行線にのみホームがあり、緩行線の外側を急行線が疾走して通過し、ローカル駅の無念を実感できる。
 
1810030807191
 
1810030806360
 
1810030812510
 
・・・・・・・・・・・・・・駅周辺も、ワクワクするような賑わいもなく、覗いてみたい店もない、これが“北千住から2つめの駅か?”、まさにローカル駅だ。 (私の住む浅草橋も秋葉原の隣り駅だが、知る人も少なく。 また、“浅草”と間違える人もいる。)
 
1810030817060
 
1810030820230
 
 
●用意周到・・・・・・・・・太い柱・梁が組まれ外に出ている、足立4丁目の歯医者さんの建物。 これは、意識的なデザインか?、はたまた今後の増築用に、あらかじめ柱・梁を組んでおいたのか?、、、、、私の勝手な推測では、今後の医院の規模拡大に備え、拡張できるように造ったものであろう。 増築する程に、繁昌していると良いのだが?
 
1810030823470
 
 
●蒲団を敷く向きは?・・・・・・・・・・Y字型の三叉路、鋭角の敷地に建つ、“くもじい”と“くもみ”がよろこびそうな、とんがった住宅。 こちらでは、蒲団をどのように敷いて寝ているのか? チョイト、気になりました。
 
1810030826450
 
1810030827200
 
 
●ガンバレ、昭和の商店街・・・・・・・・・梅田1丁目と2丁目の境の通り:長さ約350mに40店舗程が店を開けている「ゆめろーど千代田商店街」。 今日、私が歩いた時刻は午前9時前。 まだ店は開いておらず、人通りもまばら。、、、、、どこの商店街も寂れて行くが、ここも同じ悩みがありそうだ。 商店街では、中元・歳末の福引セール、ポイント発行、フリーマーケットと、各種イベントを企画して活性化に取り組み、努力しているそうだ。 元気が出るといいね!
 
1810030830390
 
1810030831540
 
1810030833020
 
1810030836190
 
1810030837330
 
1810030838460
 
1810030842560
 
・・・・・・・・・・・・・・商店街の中にある休憩スポット:「プチテラス」。 中央には巨大なパイナップル型の蘇鉄の木を配し、周囲にイギリスのストーンヘンジを連想させる細長い石のオブジェが円形に並ぶ。 チョイト、ひと休み!
 
1810030840200
 
 
●難聴を治してくれるか石不動堂・・・・・・・・・・ゆめろーど千代田商店街を抜けると旧日光街道である。 ここに、創建年代不詳であるが、「石不動尊」の扁額が掛けられた小堂がある。 小堂のなかには石製の不動尊が座している。 この不動尊は、別名「耳の不動さま」ともよばれて、耳を病む人の強い信仰を受けているそうだ。 実は、私も難聴なので、ぜひ治して欲しく賽銭箱には20円入れてきた。、、、、、ところで、堂内のお不動さまは鉄製の扉に鍵がかけられ、お顔がはっきり見えず。 覗きを得意とする私もガッカリ!
 
1810030847100
 
1810030848000
 
・・・・・・・・・・・・・石不動堂の脇道を入って行くと、子育:八彦尊を祀る赤不動明王院がある。
 
 
●お不動さまは化粧直し中・・・・・・・・・・足立区梅田4丁目に、真言宗豊山派の万徳山梅林寺明王院がある。 明王院は、治承2年(1178)の草創である。 江戸時代には、鷹狩りの折の御膳所となり、また源家の古い祈願所でもあったことから寺領13石の御朱印状を拝領している。 本日はどうやら、本堂の化粧直しで塗装工事のようだ。、、、、本尊の不動明王は拝見できず。
 
1810030906560
 
1810030906260
 
1810030901010
 
・・・・・・・・・・・・・境内の小堂には咳に効験のある八彦尊が祀られている。
 
1810030903380
 
 
●またまた、お不動さま・・・・・・・・足立区梅田・関原の裏道を秋風に吹かれのんびり歩き、関原の大聖寺の横に出た。 チョイト、大聖寺にも手を合わせて行く。、、、、、真言宗豊山派寺院の大聖寺は、関原山不動院と号し、ここも不動尊を祀る寺である。 大聖寺は宝徳元年(1449)の開山とも、文明7年(1475)の開山とも言われている。
 
1810030926350
 
1810030931240
 
1810030930160
 
 
●足立区にも城があった!・・・・・・・・・・尾竹橋通りを横断し足立区本木2丁目に入ると、かつての総理を思い出させる中曽根神社 がある。 ここは、千葉氏が鎌倉時代に築いた中曽根城の城跡でもある。、、、、、“こんな平らな場所に城を構えても、戦車でスグ潰される”と思うのは現代の若い人。 私は境内のイチョウの大木から落ちた銀杏の悪臭に潰された! クサ~~イ!!
 
1810030941470
 
1810030942580
 
1810030942190
 
 
●タイムアウトだ、帰ろう!・・・・・・・・・足立区本木北町の本木小学校前まで来ると、時刻は10時半過ぎ。 『そろそろ帰らないと、昼までに戻れない!』、散歩はココまで。、、、、ちょうどバスが来た!
 
1810030954120
 
1810030958380

より以前の記事一覧