建築

2017年6月20日 (火)

東中野~江古田

JR東中野駅で下車し、北へ向かうか南にするか、それとも、西へ歩くか東へ行くか? 困った、迷った、悩んだときは、現世の観音様に決めてもらう。 ちょうど駅から可愛い娘が出て来た、『あの娘の行く方向に歩こう!』。 決まった!駅から北西に向かうことにした。 西武新宿線の新井薬師前駅、大江戸線の新江古田駅を抜けて、西武池袋線江古田駅まで、1万2千歩の散歩です。
 
 
 
①東中野駅・・・・・・・・・明治39年(1906)6月14日、甲武鉄道の柏木駅として開業し、大正6年(1917)1月1日より東中野と改称した。、、、、、駅は山手通りに面し、平成9年(1997)には都営大江戸線の駅も開業し、乗り換え駅となった。
 
1706200802200
 
1706200809010
 
・・・・・・・・・・・・・・チョイと古い時代の東中野駅
 
7_20140203_009_2
 
 
②東中野ギンザ通り・・・・・・・・・・東中野駅前から北西方向に約600mの長さで伸びる商店街。、、、、、、私が歩く、午前8時過ぎ、狭い道は駅へ向かう人が速足で通り過ぎる。
 
1706200809350_2
 
1706200818320
 
・・・・・・・・・・・・・・商店街の中程に朝顔の苗が置かれ、「御自由にお持ち帰り下さい」と。、、、、、つい、手が出て苗を3つ貰ってきた。 開花するのが楽しみだ!
 
1706200821580
 
 
③正見寺・・・・・・・・・・ギンザ通りを抜けると早稲田通りに出る。 ここ(中野区上高田1)に、浄土真宗本願寺派寺院の正見寺がある。 正見寺は、滋賀県栗田郡駒井城主・駒井掃部介高植、次代右近大夫宗高が菩提のため、応永年間(1394~1427)に建立された。 その後、寺は赤坂・四谷と移転し、明治42年(1909)に現在の中野に再移転した。 昭和20年、戦災により堂宇は灰塵に帰し、昭和46年(1971)に本堂を鉄筋コンクリート造で再建し現在に至る。 正見寺には、明和時代(1765年前後)の江戸三美人のNo.1といわれた“笠森お仙”の墓がある。 、、、、私は、現在の美人と遭遇することに期待し寺の脇の道。 誰が名付けたか、「上高田中通り」を行く。 
 
1706200826050
 
1706200826570_2
 
1706200827590
 
 
④上高田4丁目の寺院・・・・・・・・・・・上高田4丁目の高台に、功運寺・願正寺・境妙寺・宝泉寺などの寺院が並んでいる。、、、これらの寺院には以前来たので、詳細はこちらで。
 
1706200838510
 
1706200841310
 
1706200843190
 
・・・・・・・・・・・・・・寺院が集まる処から約200m北に、桜ヶ池不動院という寺がある。 その名の通り、小さな池があり脇のお堂に不動明王像が安置されたている。
 
1706200902170
 
・・・・・・・・・・・・・・さらに、不動院の裏には素戔鳴尊を祭神とする上高田氷川神社がある。 上高田一円の鎮守として享徳2年(1453)に創建した。 現社殿は大正15年(1926)に造営された。
 
1706200904030_2
 
1706200909050
 
 
⑤西武新宿線踏切・・・・・・・・・・・・西武新宿線新井薬師前駅の東側で、踏切を越える。、、、、、、西武新宿線中井駅~野方駅間は、連続立体交差工事の真っ最中。
 
1706200920580
 
1706200922140
 
・・・・・・・・・・・・・・工事用の車両などにぶつけられたのか、踏切の脇には、チョイと石の角が欠けた痛々しい庚申塔がある。、、、、祠に入れるなど、しっかり祀ってあげて欲しいね。
 
1706200924560
 
1706200924120_2
 
・・・・・・・・・・・・・踏切の北側で道は分かれる。 右は哲学堂公園・新宿区落合方面、左は江古田方面。 私は、左へ向かうことにした。
 
1706200927440
 
 
⑥キク薬局・・・・・・・・・・新井薬師前駅の北側(中野区松が丘1)に、2009年頃に廃業したらしい、仕舞屋から廃屋となってしまった薬局がある。 二階は歯科だった。、、、、、2階に並ぶ窓がモダンな感じの建物だが、1階の窓はボロボロ。 猫の通り抜けも自由!
 
1706200930080
 
 
⑦中野通り・・・・・・・・・・・・笹塚から中野駅をとおり、江古田で新青梅街道にぶつかる中野通り。、、、、、我が脚は、松が丘1丁目から、中野通りを横断し、松が谷2丁目に入る。
 
1706200941430
 
 
⑧妙正寺川・・・・・・・・・・・・杉並区妙正寺から中野区江古田地区を流れ新宿区下落合で神田川に合流する妙正寺川。 我が脚は、江古田橋で妙正寺川を越える。
 
1706200950370
 
・・・・・・・・・・・・・・大雨の度に氾濫していた妙正寺川は、流域・護岸も整備され、深い川底が見える。、、、、、、、水は綺麗になった。 念のため遊泳禁止。
 
1706200951130
 
 
⑨東福寺・・・・・・・・・・妙正寺川を越えて江古田3丁目に、真言宗豊山派の東福寺がある。 東福寺の創建年代は不詳だが、天正年間(1573~1593)に江古田村の村民が開基となり、創建した。 江戸時代には3代将軍家光が鷹狩りの休息所(御膳所)として指定されていた。、、、、、現本堂は昭和42年(1967)に鉄筋コンクリート造で建てられた。、、、、境内は広く、本堂は高台にある。 
 
1706201000160
 
1706201006140
 
 
⑩江古田駅・・・・・・・・・・・・「江古田」の町は中野区にある。 大江戸線「新江古田駅」は中野区の北端「江原町」にある。 そして、西武池袋線の「江古田駅」は練馬区旭丘に位置する。 つまり、江古田の町には鉄道の駅は無い! ついでに、東電江古田変電所、日大江古田キャンパス、江古田斎場など、有名処の施設は練馬区に位置する。
 
・・・・・・・・・・・・・・大江戸線新江古田駅
 
1706201018490
 
・・・・・・・・・・・・・西武池袋線江古田駅
 
1706201028000
 
1706201031020

2017年6月18日 (日)

四ツ目通り

JR総武線錦糸町駅から、四ツ目通り沿いに南下し地下鉄東陽町駅をとおり過ぎ、江東区塩浜にある地下鉄東西線の車両基地まで、1万2千歩の散歩です。
 
・・・・・・・・・・・・四ツ目通りとは、、、、、江東区東陽3丁目を起点として、江東区を北上し地下鉄住吉駅、JR錦糸町駅をとおり、墨田区京島1丁目まで、総延長約5.5kmの都道である。 名の由来は、、、、、昔、堅川の北岸、現在の両国2~4丁目辺り(旧:相生町)に囲碁の名家:本因坊家があった。 その相生町の1、2丁目のブロックを碁盤の目に因んで一ツ目と呼び、3~5丁目を二ツ目と呼んだ。 その一ツ目の入口にかかる竪川の橋を一之橋と称し、二ツ目の入口にかかる橋を二之橋と称した。 その後三之橋、四之橋、五之橋が架けられた。 それぞれの橋上をとおる通りは、橋の名と同じ数字の“一ツ目通り”から順に“五ツ目通り”までの名が付けられた。 しかし現在、一ツ目通りは一ノ橋通り、二ツ目通りは清澄通り、三ツ目通りと四ツ目通りは今もその名を引き継ぎ、五ツ目通りは明治通りとなる。
 
 
 
①錦糸町駅・・・・・・・・・・明治27年(1894)12月9日、総武鉄道の本所駅として開業し、明治40年(1907)に国有化される。 大正4年(1915)に錦糸町駅に改称する。 歴史ある駅だ、南口の駅ビル「テルミナ」は昭和36年(1961)に竣工した。 
 
1706180758151
 
・・・・・・・・・・・・・・築50年経過した駅ビル「テルミナ」、、、、、、、駅前のバス停辺りは、明治43年(1910)頃まで歌人:伊藤佐千夫の住居兼牧舎があったそうだ。 錦糸町で酪農ができた時代があったなって、夢のような話。
 
1706180813460
 
・・・・・・・・・・・・・錦糸町駅前交差点から見る四ツ目通り。
 
1706180812030
 
1706180812190
 
 
②田螺稲荷神社・・・・・・・・・四ツ目通りから80m程西に入った処(江東橋3)、ビルの谷間に祀られている田螺(たにし)稲荷神社。 かつては田中稲荷と呼ばれていたらしいが、江戸時代、周辺に大きな火災があり、周りの家が次々と燃えていく中、神社の池から田螺が続々と這い出してお稲荷さんの壁に張り付き、神社を守ったらしい。 以来、「火防せ」の神様「田螺神社」として信仰を集めるようになったそうだ。、、、、、今では、周りは飲み屋とラブホテルが並ぶ夜の街。 火災にはより注意が必要。
 
1706180823010
 
1706180824160_2
 
 
③四之橋・・・・・・・・・・四ツ目通りの名の謂れとなった堅川に架かる四之橋。 堅川は埋め立てられ、頭上には首都高が走り、四之橋は車専用となり、歩行者は両端から橋の下に下り、橋桁を金網越しに見上げて横断する車優先の構造となった。、、、、、
四之橋が初めて架けられたのは、万治2年(1659)である。  現橋は昭和46年(1971)に竣工した、3径間鋼製桁で、橋長は35m。
 
1706180826060
 
1706180826470
 
 
④住吉駅・・・・・・・・・・・四ツ目通りが新大橋通りと交差する位置に都営新宿線と東京メトロ半蔵門線の住吉駅がある。 昭和53年(1978)12月21日に都営地下鉄新宿線の駅が開業し、25年後の平成15年(2003)3月19日に営団地下鉄の半蔵門線の駅が開業した。、、、、、私は、この駅で乗降した記憶がなく。 未知の駅である。
 
1706180835480
 
 
⑤日先神社・・・・・・・・・・四ツ目通りからチョイと西へ入ると猿江1丁目に、江戸名所図会にも描かれた江戸屈指の規模をもつ摩利支天だった日先神社(ひのさきじんじゃ)がある。 今や、見るも悲しき、小さな神社となってしまった。、、、、、宮司自ら、富岡八幡宮に出向き、商売繁盛を祈願してくるといいかもね!
 
1706180847350
 
 
⑥猿江神社・・・・・・・・・・猿江2丁目にある神社。 正確な創立年代は不明であるが、康平年中(1058、平安時代中期)頃には近在の信仰を一身に集めた稲荷社であったらしい。、、、、、鉄筋コンクリート造の社殿は昭和6年(1931)に建立され、鉄筋コンクリ―ト造の寺社としては国内最古である。 また、玉垣のある石造燈籠も昭和6年(1931)に造られた。、、、、、社殿は国の文化財に登録してあげたいね。
 
1706180900150_2
 
1706180854370
 
 
小名木川の2橋・・・・・・・・・・・・・猿江神社の南を流れる小名木川。 ここに小松橋、小名木川橋が架かっている。
 
・・・・・・・・・・・・・小松橋、、、、、、江東区猿江1と扇橋2を結び、区道を通す。 小松橋の形式は曲弦ワーレントラス橋で、昭和5年(1930)に工事費160,137円で架けられた。 今の時代なら安いのだが、関東大震災後の工事費としては高いのか?安いのか?判らん!
 
1706180902490
 
1706180905150
 
1706180911250
 
・・・・・・・・・・・・・・小名木川橋、、、、、、、こちらは、四ツ目通りをとおし江東区猿江2と扇橋3を結ぶ橋。 昭和4年(1929)に工事費 363.902円にてゲルバー鈑桁で旧橋は架けられた。 その後、昭和63年(1988)に、3径間連続鋼床版鈑桁のげ現橋に架け替えられた。
 
1706180913520
 
1706180916560
 
 
⑧豊住橋・・・・・・・・・・・四ツ目通り、江東区千石2丁目と東陽6・7丁目を結ぶ 仙台堀川に架かる橋。 橋の下は親水公園のように改良されている。、、、、、、橋を渡ると東陽町駅も近い。
 
1706180939210
 
1706180939440
 
 
⑨江東区役所・・・・・・・・・・・本庁舎は昭和48年(1973)に建設され、平成25年(2013)には耐震補強工事も完了した。、、、、、、江東区は耐震対策も重要だが、荒川・隅田川の堤防決壊すると、1階は完全に水没するそうだ。 全区民を対象にした浸水対策も実施しなければならず、チョイと気が抜けないね。
 
1706180948130
 
 
⑩東陽町駅・・・・・・・・・・・昭和42年(1967)9月14日に営団地下鉄東西線の終着駅として開業。
 
1706180955250
 
・・・・・・・・・・・・・ここ東陽町駅前交差点が四ツ目通りの起点である。、、、、錦糸町から南下してきた道はさらに南へ続く。
 
1706180955570
 
 
⑪四ツ目通りの先は?・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・道幅は少々狭くなり、東陽橋で汐浜運河をこえ、江東区塩浜地区へ向かう。 
 
1706181001410
 
1706181004180
・・・・・・・・・・・・・運河をこえると、道は東西線の車両基地に突き当たる。
 
1706181012240
 
1706181009040

2017年6月17日 (土)

新宿副都心 散歩は休み

昨日は午前中に墨田区の病院で癌早期発見の為のCT検査の予約をさせられ、午後は上野の病院で腎臓のCT検査の結果を聞いてきた。、、、、なんだか変かな?、、、、、とりあえず異常なしだから良しとしよう!

今日は、午後から新宿で飲み会。 飲めない私も、ウーロン茶で飲み会。、、、、散会後、久しぶりに副都心をブラブラ。

1706171839590

1706171844340
1706171851400
1706171853200
1706171856590_2
1706171859330
1706171904070

2017年6月14日 (水)

東上野の裏街

数週間前から男の大事な一物に痛みを感じ(病名・原因は?)、今日は東上野の総合病院でCT検査をしてきた。 検査後は、病院周辺をぶらつき、上野駅から歩いて帰ってきた。
 
 
 
①永寿総合病院・・・・・・・・・・・病院の前身は戦前から元浅草(地下鉄銀座線稲荷町駅前)にあった古い病院で、昭和40年代頃は健康な人でも入院すると病気になるようなボロボロの病院であった。、、、、その病院が東上野にあった旧西町小学校の跡地に引っ越し、建てた病院が現在の永寿総合病院である。、、、、、私は、この病院にはかなり世話になっており、救急で2回運ばれたことがある。 今日の検査もここで受けた。
 
Dsc02259
 
・・・・・・・・・・・・・・病院正面玄関前に建つ戦前の長屋建築。 現在は4軒長屋となっているが、以前は右側に一軒あり、5軒長屋であった。  味がある2階の窓(右側)は完全に当時のままと思われる。 昭和初期の建物か?
 
Dsc02253
 
Dsc02254
・・・・・・・・・・・・・病院敷地内にある旧西町小学校跡の碑。 この地に、関東大震災の復興小学校として、昭和4年(1929)に鉄筋コンクリート造、3階建ての校舎が建てられた。 卒業生には、池波正太郎(作家)、中原ひとみ(女優)、萩本欽一などがいる。 ついでに、今日94歳になった我が母も卒業生の一人である。 鉄筋コンクリート造の小学校より丈夫で長生きの母である。
 
Dsc02260
 
 
②駅前旅館街・・・・・・・・・・・昭和通りを挟み上野駅の南側、東上野2丁目には小さな旅館・ビジネスホテルが数軒ある。 以前はもっと多く、“昭和のビジネス旅館街”。、、、、、私が知るのは、戦後、上野駅を利用する観光客・行商人などが利用していたようだ。
 
Dsc02265_3
 
 
③東上野コリアンタウン・・・・・・・・・・・・旅館街につづく南側に、これまた、焼肉屋が並ぶコリアンタウンがある。、、、、戦後の混乱していた時代、昭和23年に、「御徒町商店街」から枝分かれし「上野親善マーケット」として焼肉店・キムチ店・肉店・民族衣装店などが集まって始まった。 都内最古のコリアンタウン。、、、、、ここでの飲食は、激安である。 ただし、店の規模などには文句を言わないこと! 
 
Dsc02268
 
Dsc02269_3
 
Dsc02275_2
 
 
④ああ上野駅・・・・・・・・・・・上野駅は明治18年(1883)7月に日本鉄道のターミナル駅として開業した。 誰もが知る、上信越・東北方面の玄関口であるが、大正12年(1923)の関東大震災にて旧駅舎は焼失した。 現在の駅舎は、震災復興建築として建てられた、出入口が上下に分離された立体式であったが、平成14年(2002)に改装された。、、、、、建物は、鉄道省技官:酒見佐市の設計、鹿島組の施工で、昭和7年(1932)に竣工した。
 
Dsc02282_2
 
Dsc02289_2
 
Dsc02302
 
Dsc02297_3
・・・・・・・・・・・・・・上野駅広小路口を出ると右側のガード下に、井沢八郎が歌う『あゝ上野駅』の歌碑がある。 歌は御存じ、、、♪♪ どこかに故郷の香りをのせて 入る列車のなつかしさ 上野は俺らの心の駅だ くじけちゃならない人生が あの日ここから始まった ♪♪、、、、私には、集団就職の経験はないが、当時を知る同世代の一人として、集団で上京した、彼ら彼女らに贈る応援歌として、この歌を忘れることはないであろう。
 
Dsc02301
 
 
 
●・・・・・・・・・・・・そろそろ、日も落ちてくる時刻、御徒町を抜けて我が家へ帰る。
 
Dsc02308_2
 
Dsc02318_3

2017年6月12日 (月)

高砂~綾瀬

浅草橋の地下鉄ホームは島式ホームである。  散歩の行く先が未定のときは、とりあえず改札をとおりホームにいて、押上方面行か、泉岳寺方面行か、気が向いた方の電車に乗ろう。 てなことで、適当に乗って、適当に降りることが多い。、、、、、今日はホームに下る階段から、押上方面行に黄色い電車が止まっているのが見えた。 『アッ! 先日、孫と話していた電車だ。 幸せの京急イエローハッピートレインだ!』、反射的に飛び乗った。 『ラッキー、これで孫に自慢話ができるぞ!』、まずは証拠に電車の写真を撮っておこう。、、、、、と言うことで、終点の青砥まで行って、証拠の写真撮影。

 

①京急イエローハッピートレイン・・・・・・・・・「赤い電車」でおなじみの京浜急行の特別塗装車両である。 1000形電車を幸せの色“黄色”で塗った“KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN(京急イエローハッピートレイン)”は、2014年5月1日より運行されて­いる。 当初、今年の4月までので3年間の運行を予定していたが、好評で今年の4月以降も引き続き運行することが決定した。 2017年4月29日からは車体側面扉部分をこれまでの「シルバー」から「イエロー」に変更した新塗装で運行されている。、、、、車両は新1000形8両1編成を使用。 運行日時、運行区間などはナイショで、教えてくれない。

・・・・・・・・・・・・・・終点(折り返し)の青砥駅で撮影。

1706120804410

1706120804480

・・・・・・・・・・・・・車内には只今実施中のキャンペーン「父の日ありがとうギャラリー号」と称し、子供が描いたお父さんの絵が掲示されている。

1706120802000

・・・・・・・・・・・・・・イエローハッピートレインは青砥駅の先にある留置線に入線した。 私も追いかけるように次の電車で留置線に停まった電車を窓越しに見て、次の高砂駅で下車する。

1706120805100

 
 
②高砂駅・・・・・・・・・・・どの電車も、高砂駅で乗務員の交替が行われている。 オヤ、女性の運転士さんだ。 ついつい見つめて散歩を忘れるところ。
 
1706120810000_2
 
1706120812080
 
1706120812400
 
・・・・・・・・・・・・・・今日は、高砂駅 から歩くことにした。
 
1706120819580
 
 
③高砂の町・・・・・・・・・・・
 
・・・・・・・・・・・・・・高砂駅から駅前踏切の通りを北へ向かう。
 
1706120820370
 
・・・・・・・・・・・・・・まずは、昭和の床屋らしき店舗。 今は廃業か? 店の名は無い。 床屋のシンボル、目の回る看板も無い。 あるのは、アールデコ調のドアと窓。 (高砂5)
 
1706120827340_3
 
・・・・・・・・・・・・・・住吉稲荷の前で、『我はどこへ向かって歩いているのだ?』。 ここで、初めて地図を見た。 どうやらこのまま北東に進むと、帝釈天にでる。 今日は、草餅を遠慮することにして、進路を北北西にとる。 (高砂8)
 
1706120832070_2
 
1706120831300_2
 
・・・・・・・・・・・・・・これはこれは、懐かしい雰囲気のタバコ屋さん。 どうみても廃業した店と思われる。 看板の“雑貨”の“貨”の字、人偏に「上」と「貝」、いつの時代の文字か? (柴又1)
 
1706120835100_2
 
・・・・・・・・・・・・・・この店の横に、これまた絶滅危惧種に指定されそうな公衆電話があった。 隣に並ぶ「ファミリープラン」の自販機と共に、まだ現役で活躍中の機器だった。 電話しながら、買えるね。 (柴又1)
 
1706120835460_2
 
・・・・・・・・・・・・・・こちらは、廃屋の上に綺麗に咲く花。 町の景観大賞を受賞? (高砂7)
 
1706120840510
 
1706120844010
 
 
④葛飾区新宿・・・・・・・・・・・・新宿区は“しんじゅく”、葛飾区は“にいじゅく”。 葛飾区新宿は区の中央部に位置し、中川の東岸、国道4号(水戸街道)の両側に広がる町。
 
・・・・・・・・・・・・・高砂から新宿に入る。 伊勢丹の在る新宿三丁目ではありません。
 
1706120847210
 
・・・・・・・・・・・・・・葛飾区に昭和44年(1969)に誕生した「新宿交通公園」。  園内には歩道、車道、横断歩道や信号機といった交通公園の基本設備が整っている。 自転車やゴーカート、豆自動車、ミニSLなどで遊びながら、交通マナーをしっかりと学べるそうだ。 (新宿3)
 
1706120902260_2
 
1706120902340_2
 
・・・・・・・・・・・・・・亀有警察署の前で、国道4号(水戸街道)を横断する。 (新宿4)
 
1706120910540_2_2
 
・・・・・・・・・・・・・・警察署の横の道は柴又帝釈天につながる古道:帝釈道で、新金貨物線 と交差する位置に柴又踏切がある。 貨物列車は一日数本しか通らない。  (新宿4)
 
1706120913320_2
 
1706120919380
 
・・・・・・・・・・・・・・踏切の先では、旧水戸街道の拡張により、移転を余儀なくされた石仏が並び出迎えてくれる。
 
1706120917550
 
1706120918220
 
 
⑤中川橋・・・・・・・・・・・中川に架かるその名も中川橋、葛飾区新宿と亀有を結ぶ。 ここには、水戸街道の「新宿の渡し」があったが、明治17年(1884)に明治天皇の行幸に合わせて橋が完成した際、廃止された。 2代目の橋は、昭和8年(1933)に架設されたが、老朽化と交通量の増大に対応するため、架替工事が平成5年(1993)に着工され、事業費28億円をかけ平成20年(2008)3月10日に開通した。 橋長120.6m。
 
1706120936470_3
 
1706120937260_2
 
1706120938180_2
 
 
⑥亀有の町・・・・・・・・・・・中川橋を渡り、真直ぐ西へ綾瀬駅に向かう。
 
・・・・・・・・・・・・・・中川橋の西詰、大型ショッピングセンターを通過。 (亀有3)
 
1706120946060_4
 
・・・・・・・・・・・・・・ 亀有の町には、マンガ:『こちら亀有公園前派出所』の人気キャラクターの銅像が14体ある。 そのうちの2体がこちら。 (亀有2)
 
1706120948480
 
1706120954000
 
・・・・・・・・・・・・・・亀有一里塚跡、、、、、亀有の一里塚は、千住宿から1里、江戸日本橋から3里に位置する。 亀有1丁目28の地点に、現在は一里塚跡の碑が建てられている。 隣には、助さん・格さんを従えた水戸黄門のモニュメントも建っている。、、、、チョイと、気持ち悪い首だけのモニュメントだ! 今夜、いやな夢を見そうだ、、、
 
1706120955110_2
 
・・・・・・・・・・・・・・西亀有三丁目交差点から、旧水戸街道が千住方面に向かい伸びている。 そちらを歩いてみたが、特に気になる古い建物・遺構などは何もなし。
 
1706121006540_2
 
1706121009500_3_2
 
綾瀬駅 ・・・・・・・・・・・京成高砂駅から1万2千歩、やっと着いた綾瀬駅。 止まっているのは千代田線の車両、どうしても昔の常磐線のイメージとは程遠く、JRの駅とは思えない。
 
1706121024220
 
1706121024570_2
 
1706121026440_2

2017年6月10日 (土)

桜新町~三軒茶屋

駒沢の給水塔が見たくなり、数年ぶりに歩いてきた。 東急田園都市線桜新町駅から三軒茶屋駅まで、1万2千歩の散歩です。
 
 
①桜新町駅・・・・・・・・・1面1線の単式ホームと壁に隔てられて隣に通過線が、地下2階に下り線、地下3階に上り線がそれぞれある二層構造の地下駅である。、、、、明治40年(1907)4月1日に玉川電気鉄道(後の東急玉川線)の桜新町電停として開業。 昭和44年(1969)に、地下化のため、玉川線は廃止となる。 昭和52年(1977)4月7日、新玉川線(現:田園都市線)の桜新町駅が開業する。、、、、、桜新町駅は、主要道の国道246号(道路上には首都高が走る)からは、チョイと脇道にそれたような位置にあり、駅前は比較的静かなオシャレな町である。 マンガ「サザエさん」の町として知られている。
 
1706100813250
 
1706100821470
 
1706100816240
 
 
②桜神宮・・・・・・・・・・・桜新町駅から駒沢給水所へ向かう途中の神社。 神社の組織体である「東京都神社庁」のHPで紹介されていない神社(?)。、、、、明治15年(1882)、伊勢神宮の祢宜が創建したらしい。 古式神道を守る神社で、鎮火式(火渡り)や探湯式(熱湯を浴びる)などの神事もおこなわれている。 ご祭神は、安産の神(水天宮)、商売の神(稲荷)、学問の神(菅原)、伊勢神宮の神(天照、豊受)など、など、全てで19神。 どんなことでも、御利益がありそうだ! 参拝の作法も、一般の神社は“二拝二拍手一拝”だが、ここでは“二拝四拍手一拝”。 “四拍手”の部分はリズムのとり方が難しく、本番ではチョイと戸惑うね!
 
1706100825250
 
1706100828550
 
1706100828110
 
 
③駒沢給水所・・・・・・・・・・駒沢給水所は世田谷区弦巻にある給水所で、2基の配水塔を設け約3000トンの水を貯留していた。 現在は、施設の老朽化により、給水機能は停止し災害時の応急給水槽として活用している。
 
・・・・・・・・・・・・・・桜新町から給水所に向かい、周辺の一般道に逆らい斜めに伸びる水道道路を行く。 その先には、給水塔が見える。
 
1706100833490
 
1706100838380
 
・・・・・・・・・・・・・とりあえず、給水所の正面に出たが、施錠された門の奥は草木が茂り、給水塔は見えず。 中に入れるのは野良猫だけだ!
 
1706100900370
 
・・・・・・・・・・・・・・・給水塔を追って給水所の外側を一周してみる。、、、、、なお給水塔は、近代水道建築の祖:中島鋭治(安政5年(1858)~大正14年(1925)、土木技術者、東京帝国大学名誉教授、工学博士)の設計。 □内径:12.12m~14.55m、塔高:約30mで大正12年(1923)に完成した。 現在は、土木学会の推奨土木遺産である。、、、、、“双子の塔”、“塔の全身”と撮るべく、住宅地をキョロキョロ、住宅裏にコッソリ、まるで白昼の泥棒。 邪魔な樹木と住宅だ!!
 
1706100852260_2
 
1706100852410_2
 
1706100902130
 
1706100905120
 
1706100846470
 
1706100917370
 
1706100919530
 
・・・・・・・・・・・・・東京都水道局のホームページに載っていた駒沢給水塔。
 
Photo_2
 
 
④向井潤吉アトリエ館・・・・・・・・・・・給水所から北東に500m程行くと、画家:向井潤吉が昭和8年(1933)から家族と共に過ごしてきた世田谷区弦巻の地に、昭和44年(1969)に建てた住宅兼アトリエが残されている。 現在は世田谷美術館の分館として公開されている。、、、、、、ただし公開は午前10時以降で、私のように9時過ぎに行っても閉まってる。 「残念でした、またのお越しを!」
 
1706100930090
 
 
⑤上馬2丁目・・・・・・・・・・
 
・・・・・・・・・・・・・・・環七通りを横断し、世田谷区上馬2丁目に入る
 
1706100947260_2
 
・・・・・・・・・・・・・・・裏通りは、静かな住宅街である。
 
1706100951070
 
・・・・・・・・・・・・・・・面白い建物もある。 住宅?オフィス?
 
1706100952350
 
・・・・・・・・・・・・・・世田谷署が見えた。 三軒茶屋に到着。
 
1706100959080
 
 
⑥三軒茶屋・・・・・・・・・・・狭い通りを抜け、三軒茶屋交差点に出る。 駅の横に「大山道」の道標があり、「右 世田谷 登戸 富士道」と標し、私に帰り道を教えてくれた。 嘘つき、富士山は左だ。 右は渋谷。 どうやら、転々と移設された道標らしい。
 
1706101004420
 
1706101005190
 
1706101009390
 
1706101010160

2017年6月 5日 (月)

馬込~学芸大学

都営浅草線馬込駅から、東急池上線長原駅、東急大井町線北千束駅、東急目黒線洗足駅を巡り、東急東横線学芸大学駅まで、1万4千歩の散歩です。
 
 
 
①馬込駅・・・・・・・・・・・・都営浅草線の駅で、我が家のある浅草橋からは乗り換えなしで約28分である。 今日も行先を決めず浅草線に飛び乗った。 どこで降りよか思案橋、決めるに決まらず、まごまご馬込。、、、、と言うことで、散歩は馬込駅からスタート。
 
1706050811080
 
1706050816230
 
・・・・・・・・・・・・・・駅前には洒落た造りの本格的な喫茶店:「楡本店」がある。 玄関上には「CAFFE 1953 NIRE(楡)」と書かれ、昭和28年(1953)創業の老舗である。 時刻は8時15分、まだ開店前。、、、、、店の前の坂を右に上っていくことにした。
 
1706050816420
 
1706050817100
 
 
②北馬込の町・・・・・・・・・・・馬込駅(国道1号)の西側の一帯で、町の北側は品川区中延・旗の台と接している。
 
・・・・・・・・・・・・・馬込駅の西側の高台にある二車線の通りには、街路灯に「馬込三本木通商店街」と記された旗がなびいている。 “商店街”? なんとなく、辺りを見回してみるが、特に核となる店舗はないようだ、蕎麦屋、ラーメン屋などそれらしき店がポツン、ポツンとある程度。
 
1706050822030_2
 
・・・・・・・・・・・・・・商店街の通りに面し、曹洞宗の金光山宗福寺はがある。 江戸時代初期頃の開山らしい。
 
1706050826510
 
1706050830330
 
・・・・・・・・・・・・・・境内には、昭和10年(1935)、10歳の女の子が乱暴され殺害されたことを不憫に思った人達が、その霊を祀った「登志子地蔵」が建立されている。 この事件では、犯人逮捕に向けて宗福寺に捜査本部が設置された。
 
1706050829040
 
・・・・・・・・・・・・・・・大田区北馬込と品川区中延・旗の台の境を西へ歩く。 約400m程は道幅が広くなっている。
 
1706050847000_3
 
・・・・・・・・・・・・・・幅広の道は、「北馬込本通り協和会」なる商店街に続き道幅も狭くなる。 商店街は環七通りにぶつかり終わる。 
 
1706050850510
 
1706050853200
 
 
長原駅 ・・・・・・・・・・・長原駅は東急池上線の駅で、昭和2年(1927)8月に池上電気鉄道長原駅として開業した。  昭和40年(1965)から、環七通りの踏切解消のため地下化工事に着手し、昭和48年(1973)11月30日に工事は竣工した。、、、、、地下化されたため、商店街の中の駅は見つけにくい処にある。
 
1706050858320
 
1706050902140
 
 
④北千束駅・・・・・・・・・・・長原駅から北西に650m程行くと東急大井町線の北千束駅がある。 この辺りは、東急の各線が集まっており、東西南北どちらに歩いても東急の駅に出るようだ。、、、、、、昭和3年(1928)10月10日、目黒蒲田電鉄の大井町線池月駅として開業。 昭和5年(1930)には洗足公園駅に改称し、昭和11年(1936)1月1日に北千束駅に改称した。、、、、、乗降客も少なく、昔ながらのホーム上屋、昭和3年架橋の駅前ガード(池月架道橋)などが現在も利用され、昭和の匂いが残る駅である。
 
1706050925160
 
1706050915330
 
1706050917430
 
1706050923150
 
1706050924400
 
 
 
●・・・・・・・・・・・・ここ北千束駅から学芸大学駅までは、16年3月31日にも歩いているので、こちらを見てね。  以下は、今まで歩いていない処のみ紹介。
 
 
 
⑤曲がった家・・・・・・・・・・目黒区碑文谷で見つけた、ナンジャコレ!、、、、家の床は傾いていないようだ。
 
1706051015460_2
 
 
⑥円融寺・・・・・・・・・・・天台宗の経王山円融寺は、仁寿3年(853)に現在地(目黒区碑文谷1)に創建した。 天台宗に始まったが、日蓮上人の高弟が日蓮宗に改め、弘安6年(1283)妙光山法華寺に改号し、日蓮宗の名刹寺院として栄えた。 江戸時代には幕府の弾圧を受け、元禄11年(1698)天台宗に改宗、天保5年(1831)経王山円融寺となる。、、、、、現在も大きな寺で、今日は“さわり”だけ、チョイトね!
 
・・・・・・・・・・・・・・・山門、、、、、、この山門は、昭和26年(1951)に品川御殿山の原邸から移築されたもので、天保4年(1833)に元播磨国美嚢郡三木和田の寺の山門として工匠黒田重兵衛常久、瓦匠勝清の手によって作られたものである。 明治33年(1900年)に、原邸に移されていた。
 
1706051025080
 
・・・・・・・・・・・・・・仁王門、、、、、、 参道をすすむと、大きな仁王門がある。 門は檜と欅を用いた簡素な構成の造り。 建立時期は不詳であるが、永禄2年(1559)に仁王像が作成されており、ほぼ同時期(足利時代)と考えられる。 平成19年(2007)に茅葺きだった屋根を銅葺きに改めた。
 
1706051023580
 
・・・・・・・・・・・・・・・釈迦堂、、、、、、、室町初期の建立といわれ、都区内最古の木造建築とである。 明治44年(1911)に旧国宝に指定され、昭和25年(1950)に国の重要文化財に指定されました。 本来の屋根は茅葺きであったが、昭和27年(1952)に銅葺きに改められた。
 
1706051023070

2017年6月 2日 (金)

花畑運河

つくばエキスプレス八潮駅から南下し、足立区の北東部にある花畑運河を歩きつくばエキスプレス六町駅まで、1万3千歩の散歩です。
 
 
八潮駅・・・・・・・・・・・・・・埼玉県の東南、草加市と三郷市に挟まれた八潮市は、東京都足立区・葛飾区とも隣り合わせる市である。 昭和31年(1956)に三村が合併し、「条村」・「幡村」+「止村」=「八潮村」となった。 その後、八潮村から八潮町を経て、昭和47年(1972)に八潮市となる。 市内唯一の鉄道がつくばエキスプレスで、唯一の駅が八潮駅である。 平成17年(2005)8月24日に開業した、島式ホーム2面4線の高架駅は、私が住むJR浅草橋駅より格段に大きく立派である。(比べることに無理があるかも)
 
1706020807520_2
 
1706020807230
 
1706020818510
 
 
②垳川排水機場・・・・・・・・・・・八潮駅から南へ1km程行くと、東京都足立区と埼玉県八潮市の境となる垳(がけ)川が、中川に合流する地点に垳川排水機場がある。 中川との接続点に昭和54年(1979)に造られた排水機場。、、、、、、垳川はかつて綾瀬川本流であったが、江戸初期に綾瀬川から切り離され、江戸中期には中川とも切り離されて、川の中間部には葛西用水が流れ込み、溜池のようなものとなった。 そこで、増水時には水害防止のため、綾瀬川や中川に排水する施設として垳川排水機場がある。 ここには、5台のポンプがあり、フルに稼働すると1分間に学校のプール7個分の水を排水する能力が確保されている。、、、、、、首都圏の洪水対策は完璧だね!(チョイト心配だが?)
 
・・・・・・・・・・・・・・・写真右側は八潮市、左側は足立区。 都県境の垳川。
 
1706020851080
 
1706020845250
 
・・・・・・・・・・・・・・・垳川排水機場
 
1706020848540
 
1706020844220
 
・・・・・・・・・・・・・・・垳川排水機場前を流れる中川。、、、、、左側の新大場川水門は葛飾区西水元と八潮市古新田の間に造られている。
 
1706020849401_stitch
 
 
③花畑運河・・・・・・・・・・足立区東部(JR綾瀬駅・亀有駅のはるか北3.5km程)に位置し、東京近郊の農村地帯と都心を結ぶ舟運の利便化のため、昭和6年(1931)に中川と綾瀬川を結ぶ運河として開削された。、、、、江戸・明治の頃より、舟運は埼玉県東部の穀倉地帯からの食糧を輸送するだけでなく、東京から出された大量の糞尿を肥料として農耕地帯へ送り出していた。 それに係わる運搬船は、最盛期に3,800隻近くとなっていた。、、、、春日部・越谷近辺から中川を下ってくる船は、現在の旧中川をとおり、小名木川・隅田川・都心のルートを航行した。 一方、綾瀬川を下ってくるルートは、現在の堀切駅近くにある隅田川水門から隅田川に入り都心に直結していた。 明治44年(1911)から、荒川放水路の開削工事が始まると、放水路により中川は分断され、中川ルートは各所に水門・閘門が設けられ運行に支障をきたすこととなる。、、、、そこで、大正14年(1925)、急遽、花畑運河の開削工事が計画され、中川ルートの船を綾瀬川ルートに誘導し、渋滞解消をはかることにした。 工事は荒川放水路の竣工に半年遅れ昭和6年(1931)12月に完成した。、、、、戦後は糞尿輸送・食料輸送も減り、現在は東京湾に向かう釣り船がたまに通行するだけとなった。、、、、ここで、私が考えた今後の利用計画を内緒で披露する。 両端の水門を閉じ、釣り船の航行は止め、足立区営の巨大な釣り堀にしたらどうだろう! 
 
・・・・・・・・・・・・・中川寄りの六ツ木水門、、、、、、平成11年 (1999) 3月に竣工した幅員7.5mのローラーゲート式。 こちらは水門は常時開放され船の進入が可能。 ただし、花畑運河にかかる橋は水面からの高さが低く、干潮時でないと通航困難とのこと。
 
1706020902370
 
1706020907580
 
・・・・・・・・・・・・・・六ツ木水門から見る、真直ぐに伸びる花畑運河。
 
1706020904280
 
・・・・・・・・・・・・・・運河上には六ツ木水門から順に、桜木橋富士見歩道橋雪見橋月見橋と架かり、綾瀬川寄りには花畑水門がある。
 
・・・・・・・・・・・・・・桜木橋と、桜木橋から見る六ツ木水門、そして花畑水門側を望む。
 
1706020913240
 
1706020912370
 
1706020915350
 
・・・・・・・・・・・・・・運河は両サイドをコンクリートの護岸で囲まれている。 水辺には下りることができない。
 
1706020928550
 
・・・・・・・・・・・・・・・下りられない水辺で釣りをする人。 水面にはペットボトルがプカプカ。 釣った魚で晩酌するのか? 
 
1706020923340
 
・・・・・・・・・・・・・・・雪見橋から花畑水門側を見ると、川にはゴミが浮いている。
 
1706020931430
 
・・・・・・・・・・・・・・綾瀬川寄りの運河には、月見橋が架かり、スグ隣に花畑水門、頭上には首都高6号三郷線が走る。
 
1706020950280
 
1706020952580
 
・・・・・・・・・・・・・・・綾瀬川を挟み、対岸から見る花畑水門。
 
1706020958210_2
 
 
六町駅 ・・・・・・・・・・平成17年(2005)に開業した、つくばエクスプレスの六町(ろくちょう)駅。 駅周辺にはスーパーがあるていど、これと言うめぼしきものは無し。 あっ、そう・そう、マクドナルドがあったね、私の住む浅草橋にあったマックは数年前に撤退した、残念だが負けた!
 
1706021014550

2017年5月31日 (水)

瑞江~小岩

都営新宿線の瑞江駅から、JR総武線の小岩駅まで、1万4千歩の散歩です。
 
 
①瑞江駅・・・・・・・・・・・昭和61年(1986)9月14日に、船堀~篠崎間の開通に伴い開業した瑞江駅(みずええき)。、、、、、、「瑞江」の地名は、大正時代に「瑞穂村」と「一之江村」が合併し、双方の地名から一文字づつ頂戴し誕生した。
 
1705310815180
 
1705310813590
 
 
②大雲寺・・・・・・・・・・・駅から400m程西に向かうと、浄土宗の大雲寺がある。 大雲寺は、元和6年(1620)浅草森田町(現:蔵前)に創建、寛文8年(1668)に本所押上(現:業平公園東隣)へ移転し、昭和6年に現在地へ再移転した。、、、、広い境内には樹木が生い茂り、小鳥のさえずりも聞こえる。
 
1705310833370
 
1705310848220
 
・・・・・・・・・・・・・・・大雲寺は、かつて押上にあったことから歌舞伎役者の墓所が多数安置されており、「役者寺」と呼ばれている。、、、、江戸時代から明治時代にいたる歌舞伎の名優41名の墓碑が並ぶ、ファン必見の役者寺。 市村羽左衛門(初~16代)、坂東彦三郎(3~6代)、瀬川菊之丞(初~6代)、松本幸四郎(4~6代)、中村勘三郎(初~13代)、尾上菊五郎(初・3・5・6代)など、、、、、私も名を読みながら巡ってみた。 知らない役者、名は聞いたが顔は判らない役者、なん代目と言われてもナンダイ! コリャダメだ歌舞伎の知識不足だ!
 
1705310841560
 
1705310842140
 
1705310845540
 
 
③城立寺・・・・・・・・・・・役者寺から北上し、高速の京葉道路を横切ると、住所は江戸川区春江町となる。 日蓮宗の城立寺(じょうりゅうじ)の門前に出たので、チョイトお立ち寄り。、、、、、城立寺は、千葉県松戸市平賀にある本土寺の末寺で、開基は元和2年(1616)といわれている。 境内にある鬼子母神堂には、伝教大師の作と伝えられる鬼子母神像が祀られている。
 
1705310910530
 
1705310904500_2
 
 
④鹿骨の町・・・・・・・・・・・・春江町から北へ、一般道の京葉道路を横切り鹿骨の町に入る。 「鹿骨」を“しかほね”・“しかぼね”と読むのはよそ者である、地元では“ししぼね”と読むのだ。
 
・・・・・・・・・・・・・主要道以外は交通量も少ない静かな道が続く。
 
1705310927280_2
 
・・・・・・・・・・・・・・ビニールハウスがあちらにも、こちらにも、、、、、畑もある!
 
1705310956410
 
1705310955010
 
1705310953030
 
1705310929050_2
 
・・・・・・・・・・・・・・鹿骨の町の南北を約1.3kmの長さで流れる鹿骨親水緑道、、、、、かつての農業用水路を整備し、平成7年(1995)に完成した緑道。 川幅は1m程の狭いものだが、水はきれいでゴミもない気持ち良い緑道である。、、、、、大きな鯉が泳いでいるのには感動した。
 
1705310931130
 
1705310935550_2
 
1705310945160
 
・・・・・・・・・・・・・・鹿骨の発祥地:鹿見塚神社(ししみづかじんじゃ)、、、、、神社には、昭和44年頃までは塚山があった。 現在は、「鹿骨発祥の地 鹿見塚」の碑がある。、、、、、伝説として、、、、、昔、常陸国の鹿島大神が大和国奈良の春日へお移りになる時、途中この地を通られ、大神の杖となっていた神鹿が病気でたおれてしまった、里人はこれをていねいに葬ってこの地に祀った。 その塚が鹿見塚ということだ。
 
1705310942360
 
1705310943470
 
・・・・・・・・・・・・・・鹿骨鹿島神社、、、、、、鹿骨村の鎮守で、明治維新までは五社神明社とか五社神社と呼ばれていた。 これは、この村の草分けであった石井長勝、田島、牧野、中代、別系の石井姓の五氏が村に住みついた時にそれぞれが奉祀していた氏神を合祀したことから名づけられたといわれている。、、、、、本殿は明治14年(1881)、拝殿は大正8年(1919)の造営。
 
1705310959170
 
1705311000390
 
1705311004580
 
 
⑤南小岩の町・・・・・・・・・鹿骨を抜けると南小岩の町に入る。 小岩駅まではまもなくだ!
 
・・・・・・・・・・・・・・中曽根天祖神社、、、、、、南小岩4にある天祖神社。 天保年間(1830~1844)に改修した記録が残っていることから、江戸時代末期には既に祀られていたようだ。、、、、、、元総理を祀っているわけではない。 間違えないように!、、、、、境内は広いが、賽銭の実入りが少ないのか? 社殿は荒れてきたね。
 
1705311015490
 
1705311016040
 
・・・・・・・・・・・・・・やっと、小岩駅前の商店街「フラワーロード」の入り口が見えた。
 
1705311027061
 
・・・・・・・・・・・・・・や・や! なんだ、一目見ると“シャッター商店街”になっている! 営業している店もあるが、商店街は急に寂れたのか? 心配しながら歩いていると、水曜日は定休日とわかり、一安心。
 
1705311037000_2
 
1705311031220_2
 
・・・・・・・・・・・・・・・正面に小岩駅が見えた。 1万4千歩の散歩もやっと終わった。 汗がダラダラ、下着はベトベト。 急ぎ帰ることとした。
 
1705311039100_2
 

2017年5月29日 (月)

見沼代親水公園~鳩ケ谷

日暮里舎人ライナーの終着駅:見沼代親水公園駅から、北西に向かい埼玉高速鉄道の鳩ケ谷駅まで、1万3千歩の散歩です。
 
 
 
①日暮里舎人ライナー・・・・・・・・・・東京都民で70歳以上になると、年2万510円で都営地下鉄・都電・日暮里舎人ライナーと都内を走る私営バスの大半が乗り放題の「シルバーパス」を購入することができる。 私も今年からこれを利用しており、今日も、起点の日暮里から終点の見沼代親水公園まで乗車してきた。 ちなみにこの間は、9.7kmで、両端を含め13駅、運賃330円である。
 
・・・・・・・・・・・・・・起点:日暮里駅
 
1705290749380_3
 
・・・・・・・・・・・・・・・一番前の座席に座り、カメラ構えて出発進行!
 
1705290752270_2
 
1705290752480
 
1705290812050_2
 
・・・・・・・・・・・・・・終点:見沼代親水公園駅
 
1705290814210
 
1705290814480
 
・・・・・・・・・・・・・都内を走る鉄道で、東京23区の最北端の駅である。 平成20年(2008)開業。
 
1705290818280
 
1705290820250
 
1705290833470
 
・・・・・・・・・・・・・・・軌道がちょん切れた先端から埼玉県(草加市)との境までは220m程、まさしく役所が造った“都営”の交通機関である。 チョイト伸ばして草加市・川口市に乗り入れれば、儲かると思うのだが?
 
1705290837300
 
・・・・・・・・・・・・・・東京都(足立区舎人)から眺めた埼玉県(草加市)。
 
1705290842460
 
 
②舎人氷川神社・・・・・・・・・・見沼代親水公園駅の南側(足立区舎人5)にある氷川神社。 舎人氷川神社は、正治2年(1200)に大宮氷川神社を勧請して創建した、明治5年には村社となった。、、、、、現在の社殿は、天保7年(1836)の建築で、総けやき造り、柾目の素材を集めて造営された。 唐様破風流れ造りの屋根が大きく社殿を覆っている。 その特徴は社殿一面に施された昇龍・降龍・唐獅子などの彫刻美にある。 残念ながら、本殿は鉄骨の鞘堂で覆われチョイト見ずらい。
 
1705290827240
 
1705290825230
 
1705290829520
 
 
③23区で最北端の家・・・・・・・・・・・見沼代親水公園駅が都内で最北端の駅であれば、住宅の最北端は、、、、、地図を見ると“都内の最北端”は奥多摩の方にあるようだ、しかし“23区の最北端”はこの地にあるようだ。 駅の北側、埼玉県側にチョイト出っ張った住宅地があり、私の推測ではこの一画が該当すると思われる。
 
・・・・・・・・・・・・・・・用水路と並行する裏道。右側のスパーは埼玉県草加市、左側の仮囲いとその先にある住宅は東京都足立区。 この付近が23区の最北端だ!
 
1705290843050
 
・・・・・・・・・・・・・・・地図で推測すると、こちらの新栄テントの看板が出ている建物が最北端であると、私が決めた!
 
1705290847560
 
・・・・・・・・・・・・・・話はついでに、、、、、最北端の家から50m程西に歩くと、今度は都県境と市境がT字型にぶつかる処がある。、、、、、、写真、右側の一段高くなった駐車場は埼玉県草加市、中央の白い住宅は埼玉県川口市、左右に伸びる道路の手前側は東京都足立区である。、、、、、、今日の散歩は、駐車場と白い住宅の間を歩き川口市に入った。
 
1705290851150
 
 
④普門寺・・・・・・・・・・・・・川口市本蓮1丁目に真言宗智山派の熊野山普門寺がある。 普門寺の創建年代は不詳であるが、歴史のありそうな寺だ。 
 
1705290904420
 
・・・・・・・・・・・・・・本堂は最近建てられたものと思われる。
 
1705290909140
 
・・・・・・・・・・・・・・・延宝6年(1678)に建てられた観音堂。、、、、、屋根は平成2年(1990)に茅葺き屋根から銅板に替えたそうだ。
 
1705290907250
 
 
⑤文化放送送信所・・・・・・・・・・・普門寺から北西へ歩き、川口市赤井という処に来ると、森の中に大きな紅白のポールが見えた。、、、、、測量用のものかな? 行ってみよう!
 
1705290929460
 
・・・・・・・・・・・・・・正面と思われる処には、「文化放送 送信所」の表示がある。、、、、ここがらあの「文化放送・・・・・文化放送・・・・・JOQR」と流されていたのか、感動したね。、、、、でも? 東京タワー、スカイツリーと比べると極端に小さい。 こんなもので、都心の我が家まで電波が届くのか? ひょっとすると、地元向けのローカル放送用かも。 疑ってしまうね。
 
1705290938230_2
 
・・・・・・・・・・門に、『この送信所には、強力な電波発射の設備がありキケンです・・・・・』と表示されている。、、、、ゲートは閉ざされ、なんだか、恐ろしい秘密兵器でもあるようだ。 北朝鮮に向けて発射してくれ!
 
1705290939090
 
・・・・・・・・・・・・・・・円墳状にフェンスで囲われた送信所の周囲には見沼用水が流れ、用水沿いに遊歩道が整備されている。 バラが見事に咲いていた。
 
1705290932290_2
 
1705290933350_3
 
⑥坂下町・・・・・・・・・鳩ケ谷地区の中心的な町。 2丁目と3丁目の町境であるバス通りを歩き、鳩ケ谷駅を目指す。、、、、、そろそろ、太陽も元気づき熱中症が気になる時刻。 歩きながら日陰を探すが、ちょうど道の方向と太陽光の方向が一致し、私を真後ろから照らす位置に太陽がある。 これじゃ探しても日陰は無いのであきらめた。 
 
1705290947050
 
1705290952370_2
 
1705290955180_2
 
1705291000320_2
 
1705291004550
 
 
⑦鳩ヶ谷氷川神社・・・・・・・・・・・無事、熱中症にならず鳩ヶ谷駅付近に到着。 道端の案内に鳩ヶ谷氷川神社の名をみつけ、今日の散歩は、見沼代親水公園駅の氷川神社に始まり、鳩ヶ谷本町にある氷川神社終えることにした。、、、、、鳩ヶ谷氷川神社は、鳩ヶ谷宿の鎮守で、応永元年(1394)に造営された。、、、、、、明治時代には、近郷の氷川社・稲荷社・熊野社・住吉社・金比羅社・神明社・八坂社・浅間社・天神社など18社を合祀した。 その結果、各種神様を取りそろえたため、安産祈願、合格祈願、商売繁盛など、なんでもOKの神社となったようだ。 経営の多角化を実践した先見の明ある神社で、御利益が期待できそう。
 
1705291014530
 
1705291018090
 
1705291017040
 
 
鳩ヶ谷駅・・・・・・・・・・・昭和42年(1967)に市制施行された鳩ヶ谷市は、平成23年(2011)に川口市に編入され消滅した。、、、、、、「陸の孤島」として交通機関の無かった市に、初めて開通した埼玉高速鉄道の鳩ヶ谷駅は、無くなることなく健在である。
 
1705291023420

より以前の記事一覧