台東区

2018年1月15日 (月)

浅草橋~立石

今朝も6時に0.0℃と連日寒さが続く。 寒い寒いと家に閉じこもっていても退屈だ。 『今日は元気よく歩いてくるぞ!』と、家を出た。 我が家(浅草橋)から水戸街道(=国道6号)沿いに歩いて葛飾区立石まで、1万5千歩、9kmの散歩です。 9時の気温は2.6℃、やっぱし外は寒い。 我慢、ガマン、やせ我慢!
 
 
 
●a.m.7:50・・・・・・・・・・交通事故を起こさぬ様に、私の住む浅草橋2丁目の須賀神社 に手を合わせ、スタートする。、、、、、自分では若いつもりで、股引は穿いていない、アンダーシャツは半袖、カイロは持っていない、アテントのお世話にはなっていない、さすがにこの時間チョイと寒いね。
 
1801150752310
 
1801150754480
 
1801150756410
 
 
●a.m.8:00・・・・・・・・・・蔵前一丁目交差点通過
 
1801150803030
 
 
●a.m.8:15・・・・・・・・・・厩橋交差点を過ぎる。 交差点角の東京厚生信用組合浅草支店 は、昭和5年(1930)に建てられたと言われている。 鉄筋コンクリート造4階建て、安藤組(現:安藤ハザマ)の設計・施工。 小柄だが味のある建物。
 
1801150813490
 
 
●a.m.8:25・・・・・・・・・・駒形橋西詰を通過。 駒形橋 から見る隅田川はキラキラしてまぶしい!
 
1801150822170
 
1801150823390
 
 
●a.m.8:30・・・・・・・・・・吾妻橋交差点を通過。 まだ、外人観光客はいないようだ。
 
1801150828460
 
 
●a.m.8:45・・・・・・・・・言問橋 を渡る。、、、、言問橋西交差点で水戸街道(国道6号)は鍵のてに折れ隅田川を越える。 橋の正面にスカイツリーと冬の低い太陽が迎える。
 
1801150842250
 
1801150843350
 
1801150844400
 
・・・・・・・・・・・・・・言問橋東詰めの牛嶋神社にもチョイトご挨拶。
 
1801150853190
 
・・・・・・・・・・・・・橋を渡って向島に入る。 まだ太陽は低い。
 
1801150857480
 
 
●a.m.9:15・・・・・・・・・・秋葉神社は、向島4丁目、水戸街道(国道6号)から少し入った住宅の奥に鎮座する。 神社は、当地に千代世稲荷大明神と称して正応2年(1289)頃に創建したと言われている。 元禄15年(1702)に千葉葉栄が修験道千葉山満願寺を創建し当社の別当寺となり、秋葉千代世稲荷合社として社殿を造営、明治元年に秋葉神社と改称した。、、、、、水戸街道からの参道に呑み屋の看板。 “向島”らしいね!
 
1801150917090_2
 
1801150914170
 
 
●a.m.9:20・・・・・・・・・・戦後の赤線地帯、今は地元密着型商店街「鳩の街 」と、並行する商店街「地蔵坂通り」の入口を通過する。
 
1801150919230_2
 
1801150925060_2
 
 
●a.m.9:30・・・・・・・・・・東向島交差点で明治通りを横断し、東武伊勢崎線のガードをくぐる。 ここには、東武博物館の「6号機関車」(英国から明治31年輸入)が屋外展示されている。、、、、散歩が楽しくなる道だ。
1801150932090
 
 
●a.m.9:50~10:00・・・・・・・・・・四ツ木橋を渡り、荒川、綾瀬川を越える。 さすが橋上は風が強く、寒い。、、、、帽子が飛ばされそうだ、トラックの荷台から荷が崩れそうだ、自分が橋から飛ばされそうだ、一人で歩いていると、なんだかんだ心配し、高所恐怖症の私は怖さが倍増する。
 
1801150952170
 
1801150953000
 
1801150954300
 
1801150958290
 
 
●a.m.10:15・・・・・・・・・・四つ木陸橋のある、本田広小路交差点に到着。 水戸街道の歩きはここまでとする。 昼食に間に合うよう家へ帰ることにした。 これより裏道を歩き京成押上線立石駅に向かう。
 
1801151014360_3
 
 
●a.m.10:35・・・・・・・・・・立石駅到着。 ここまで約2時間半の散歩。
 
1801151029560
 
1801151033170

2018年1月12日 (金)

浅草橋~扇大橋

全国的に寒い一日。 私の住む台東区の気温は9時に2.7℃、12時で5.7℃。 今朝のNHKお天気お姉さんは、5カイロ推奨していた。 とにかく寒い。、、、、今日の散歩は、70歳を過ぎた若い身体で北風の中を歩いてきた。 我が家(浅草橋)から北へ向かい、入谷でチョイト西に折れ、尾久橋通りを直進し隅田川、荒川を越え、足立区の日暮里舎人ライナー扇大橋駅まで、1万5千歩、10kmの散歩です。
 
 
 
●a.m.7:40・・・・・・・・・・我が母校:旧台東区立柳北小学校前をスタートする。、、、、柳北(りゅうほく)小学校は、明治9年(1876)に第五中学区第十四番公立小学柳北女学校として設立され、明治41年(1908)には柳北尋常小学校と改称した。 関東大震災では校舎は焼けたが、その後いち早く大正15年(1926)に、浅草橋駅北側に復興小学校として建替えられた。 戦後は私も入学し、学校も多くの児童で教室が不足するほどであった。 しかし、平成13年(2001)に100年以上の歴史に幕をおろし閉校した。 現在は、建て替え中の蔵前小学校の仮校舎として使用されている。
 
1801120742550
 
・・・・・・・・・・・・・小学校前の通称:左衛門橋通り には、浅草消防署浅草橋出張所があり、昨年11月に私が、その一週間後に我が母がお世話になった救急車が待機している。 頼りになるありがたい消防署。 ただしこれ以上、救急車・消防車のお世話にはなりたくないものだ。
 
1801120748500
 
 
●a.m.7:50・・・・・・・・・・蔵前橋通りを横断。 蔵前小学校の児童が、元気に登校してくる。 早やいな、始業時間は何時だ?
 
1801120750130
 
 
●a.m.8:05・・・・・・・・・・蔵前橋通り、春日通りを越えて左衛門橋通りを北へ、元浅草1丁目に入る。 アレ?郵便ポストの向きがおかしくないか? 普通、車道に背を向けて設置されているはずだが。 ポストの埋め込み部分のコンクリートが新しく、まだ設置されて間もないようだ。 向きを間違えたのか、設置基準みたいなものが変更されたのか? どちらにしても違和感があるね。 
 
1801120804290
 
 
●a.m.8:15・・・・・・・・・・浅草通りを越えて、東上野の坂東法恩寺前を通過。
 
1801120816220
 
 
●a.m.8:35・・・・・・・・・・中入谷交差点を左折し、言問通りに入り地下鉄日比谷線入谷駅前を通過。
 
1801120831340
 
1801120835250
 
 
●a.m.8:40・・・・・・・・・・入谷交差点近く、鬼子母神の隣りに、大正15年(1926)に完成した復興小学校:旧入谷尋常小学校(旧坂本小学校)がある。
 
1801120839580
 
 
●a.m.8:50・・・・・・・・・・根岸3丁目の言問通りから、裏道の奥に明治期の外務大臣であった陸奥宗光旧別邸が見える。 陸奥宗光は明治20年頃に三井家からこの洋館を献上された。 現在は個人の住宅として利用されている。
 
1801120848410
 
1801120847310
 
 
●a.m.8:52・・・・・・・・・・JR鶯谷駅前で言問通りから尾久橋通りに入る。
 
1801120852550
 
1801120852300
 
 
●a.m.8:55・・・・・・・・・・荒川区東日暮里の一角に建つ建物。 2階建て?3階建て? 3階部分には外壁と窓枠はある、だが、窓にはガラスが入っていない、3階の天井も無い、窓を通して隣りの建物の外壁も見える。、、、、、不思議な建物だ! 
 
1801120855500
 
 
●a.m.9:05・・・・・・・・・・我が家を出て1時間25分経過。 日暮里駅前を通過する。 寒いが、快調である。 これより日暮里舎人ライナーが上空を走る尾久橋通りを歩く。
 
1801120906570
 
1801120906020
 
 
●a.m.9:10~9:30・・・・・・・・・・日暮里舎人ライナーは、西日暮里駅を挟み、常磐線京成本線常磐貨物線の線路を跨いで進む。、、、、、線路好きの私には嬉しい散歩道。
 
1801120912400
 
1801120917471
 
1801120923050
 
1801120926550
 
 
●a.m.9:35・・・・・・・・・・尾久橋通りが明治通りと交差する田端新町一丁目交差点通過。
 
1801120935480
 
1801120938190
 
 
●a.m.9:40・・・・・・・・・・赤土小学校前駅を通過。、、、、“〇〇小学校前”という駅名は、バス停などには多いが、鉄道の駅としては珍しいね。 JRの駅であるかな?(私には思い出せない)
 
1801120942020
 
 
●a.m.9:50・・・・・・・・・・熊野前駅を通過。 都電荒川線への乗換駅。
 
1801120952180
 
 
●a.m.10:05・・・・・・・・・・尾久橋で隅田川を越え足立区に入る。 橋を渡ると足立小台駅が待っている。
 
1801121000530
 
1801121003330
 
1801121006520
 
 
●a.m.10:10・・・・・・・・・・尾久橋に続き、扇大橋を渡り荒川を越える。
 
1801121009391_stitch_2
 
1801121010400
 
1801121009330
 
・・・・・・・・・・・・・橋上から振り返ると、富士山が見えた! 富士山が見ると、なぜか嬉しくなるのが日本人。 私は典型的な日本人かも?
 
1801121015070
 
1801121015090
 
・・・・・・・・・・・・・・長い扇大橋を渡り終えたのは、a.m.10:20。
 
1801121018380
 
 
●a.m.10:30・・・・・・・・・・寒さは和らいだがチョイと疲れたので、今日の散歩はココまでとして、扇大橋駅から帰宅することにした。
 
1801121022520
 
1801121026470
 
1801121028560

2018年1月 5日 (金)

浅草橋~押上

三が日の正月行事をこなし、昨日は年始の挨拶まわりを終え、今日から平常勤務。、、、、今朝の寒さは、我が身にはチョイト厳しく、散歩も近場にした。 我が家(浅草橋)から、鳥越・蔵前の神社に寄って、厩橋を渡り押上(スカイツリー)まで、1万歩の歩きです。
 
 
 
①鳥越神社・・・・・・・・・・JR浅草橋駅から徒歩8分、我が家から徒歩4分。 神社は蔵前橋通りに面する。、、、、白雉2年(651)、日本武尊を祀って白鳥神社と称したのが始まり。 前九年の役のおり源義家がこの地を通った際、白い鳥が飛ぶのを見て浅瀬を知り大川(隅田川)を渡ることができた。 それを白鳥明神の加護とたたえ、鳥越大明神と改めたと伝えられている。 祭神は日本武尊、相殿に徳川家康。、、、、、今日、仕事始めの企業も多く、お祓いを受ける人も見られる。 
 
1801050804160
 
1801050803320
 
 
②蔵前神社・・・・・・・・・・都営浅草線・大江戸線の蔵前駅から徒歩2分。 江戸通り、春日通から一本裏道に入った処に鎮座する神社。 元禄6年(1694)、徳川綱吉が山城国男山の石清水八幡宮を勧請した。 以来、社領200石を寄進され、江戸城鬼門除け、徳川将軍家の祈願所として崇敬を受けた。、、、、、宝暦7年(1757)以来たびたび勧進相撲が行われ、回向院・富岡八幡宮とともに三大拠点の一つであった。 社号標や玉垣は大日本相撲協会からの寄進と思われる、千代の山、鏡里、東富士等、懐かしい横綱の四股名が読める。 念のため、貴乃花、白鵬、日馬富士の名は無い。 
 
1801050821590
 
1801050818580
 
 
厩橋・・・・・・・・・・・西岸の台東区蔵前・駒形と、東岸の墨田区本所を結び隅田川に架かる。 現在の橋は、3径間下路式タイドアーチ橋、橋長 151.4m、幅員 22.0m、大正15年(1926)着工、昭和4年(1929)9月竣工。 橋名は西岸の蔵前にあった「御厩河岸(米蔵のための荷駄馬用の厩があった)」にちなんでいる。
 
1801050829510
 
1801050831120
 
1801050831270
 
・・・・・・・・・・・・・橋の上は、風も吹き、寒い、寒い!
 
1801050832350
 
 
④実相寺・・・・・・・・・厩橋を渡り墨田区の裏道を歩き、日蓮宗実相寺に出た。 是應山実相寺は、慶長2年(1597)の創建。 越前朝倉義景に仕えていた熊谷安左衛門が熊谷家伝来の法華経の利益により白狐を助け、その縁により文殊菩薩を勧請したことから熊谷稲荷を祀っている。、、、、、チョイト古そうな鉄筋コンクリート造の本堂は昭和30年代の建物と推測した。
 
1801050848480
 
 
⑤業平橋住宅・・・・・・・・・墨田区業平、大横川の岸に建つ業平住宅は昭和47年(1972)に建てられたマンションである。 この辺りでは、総戸数362戸、14階建ての大きな建物だ。、、、、、現在は中古として、2LDKで2000万円程の価格らしい。 安いか、高いか?
 
1801050914140_2
 
1801050922520
 
・・・・・・・・・・・・・・業平橋住宅の前は、小梅銭座跡。、、、、、小梅銭座は、元文元年(1736)寛永通宝の銅銭を鋳造したところで、銭貨の背面上部に「小」の文字が入ってます。 この付近の数か所で銭が造られていたそうだ、今の造幣局である。 念のため、足元をキョロキョロ見まわしたが小銭すら落ちていなかった。
 
1801050923450
 
 
東武橋・京成橋 ・・・・・・・・・・スカイツリーを挟み、北十間川に架かる橋で、西側に「東武橋」、東側に「京成橋」である。 それぞれ橋の袂に東武鉄道・京成電鉄の旧本社があった。
 
・・・・・・・・・・・・・まずは東武橋。、、、、、業平1丁目と押上1丁目を結び、昭和初期に架けられたが、現在の橋は昭和63年(1988)3月に架け替えられた。 橋の脇にできた「すみだ水族館」の建っている場所に東武鉄道の本社はあった。
 
1801050937050
 
1801050934180_2
 
1801050940130
 
1801050941010
 
 
・・・・・・・・・・・・・次は京成橋。、、、、、業平3丁目と押上1丁目を結び、昭和4年(1929)に架けられたが、現在の橋は昭和37年(1962)7月に架け替えられた。 橋の北側にできた複合ビル(ニトリ、ライフが入居)の建っている場所に京成電鉄の本社はあった。
 
1801050953030
 
1801050951420
 
1801050956120
 
1801050954250
 
・・・・・・・・・・・・・・最後に、スカイツリーを見上げて、散歩はココまで!
 
1801050957040_2

2018年1月 1日 (月)

初詣

平成30年(2018)の始まり。 昭和64年(1989)1月7日、昭和天皇崩御と新天皇即位にともない新元号「平成」が決定され、当時内閣官房長官だった小渕総理が新元号を発表した。 はやいもので、あれから30年、来年にはまた新たな元号になる。 戦後生まれの私も、三つの元号の時代を経験できそうだ。 来る新しい時代も健康に迎えられるよう、今のうちに神頼みしておこう!、、、、、今日は夫婦で、まず我が家の氏神様、浅草橋駅裏の銀杏岡八幡神社に参り、その足で戌年にあやかり水天宮に詣でてきた。
 
 
 
①銀杏岡八幡神社・・・・・・・・・源義家が奥州征伐のため下向の折、当地(現:台東区浅草橋)で休憩中川上より銀杏の枝が流れてきた。義家はその枝を丘の上にさし立て「朝敵退治のあかつきには枝葉栄うべし」と祈願した。奥州平定の後再びこの地に帰り至ったとき銀杏が大きく繁茂していたので義家は神恩に感謝し太刀一振を捧げ、八幡宮を勧請したのが、康平5年(1062)で神社の創祀といわれている。、、、、、江戸時代には、福井藩松平家屋敷地となり、松平家の邸内社となり、享保10年(1725)公収され町内(福井町=私の出生地)の産土神となった。 明治維新後には村社となる。、、、、、神社の周りは、最近、多くの呑み屋が開店し、夜の街が創られつつあるようだ。
 
1801011254510
 
1801011254000
 
 
②水天宮・・・・・・・・・・・御存じ、日本橋の水天宮は安産の神様。 我が家の娘は手元を離れ手も空いたので、老いて子育てに再び挑戦するか。 まずは子宝を授かって、、、、てな、ことは毛頭考えておらず、ただ戌年に縁がありそうで、我が家からも近い水天宮に詣でただけである。
 
・・・・・・・・・・・・・・水天宮宇は文政元年(1818)港区赤羽にあった有馬藩邸に当時の藩主有馬頼徳が領地(福岡県久留米市)の水天宮の分霊を神主に命じて藩邸内の分社に祀らせたのが創め。、、、、、、江戸時代の水天宮は藩邸内にあった為、庶民は普段参拝できず、門外より賽銭を投げ参拝した。 ただし毎年5日の縁日に限り殿様の特別の計らいにより藩邸が解放され参拝を許された。 その当時、参拝の妊婦の方が鈴の緒のおさがりを頂いて腹帯として安産を祈願したところ非常に安産だったことから人づてにこの御利益が広まった。、、、、明治維新により藩邸が没収され有馬邸が青山に移ると共に青山へ、更に明治5年(1872)11月1日、現在の日本橋蛎殻町に鎮座した。、、、、現社殿は平成28年(2016)に建て替えられたものである。 竹中工務店の設計・施工で、地下1階/地上6階、延べ床面積は約5000㎡の建物。
 
・・・・・・・・・・・・・・・我が家からは徒歩30分の地にあるが、着いたら。行列ができている。 賽銭箱の前までは、並ぶこと1時間。 ナンジャ・コリャ、でも行列は若い夫婦が多く、お腹がポッチャリしている人もいる。 チョイト他の神社とは雰囲気が違うね!
 
1801011417150
 
1801011413530
 
1801011413350
 
1801011405480
 
1801011406370
 
・・・・・・・・・・・・・賽銭箱に、奮発し万札を入れたら、神様が喜び御利益に子宝を授けてくれるかも? コリャ大変だ! ここは、御利益をあまり期待せず100円玉にしておいた。
 
1801011400290
 
・・・・・・・・・・・・・水天宮には七福神の弁財天が祀られている。 こちらにも手を合わせたが、お姿は奥に隠れて拝見できず。
 
1801011411530
 
・・・・・・・・・・・・・・そうそう、ここは「日本橋七福神巡り」の一社。 グッズを売る娘さんが弁財天に見えた。
 
1801011406460
 
 
●・・・・・・・・・・・東日本橋の「薬研堀不動尊 」にも手を合わせて帰る。
 
1801011508130_3

2017年12月 8日 (金)

藝大音楽学部

雅万歩、一週間のご無沙汰でした。 この間私も、妻も、そして母も、家族全員が風邪をひき、それぞれが医者へ駆け込み、家の中は朝から夜まで、ゴホン・ゴホン、クシュン・クシュン、ゼイ・ゼイ。 薬を右手に、ティッシュを左手に、ぐったりとして開店・休業状態であった。、、、、、今日は朝から体調も良く、一番早く回復したと自己判定し、上野公園まで散歩してきた。 浅草橋の我が家から、上野駅、藝大をぶらつき、鶯谷駅まで1万3千歩の散歩です。
 
 
 
①上野駅・・・・・・・・・・・駅の北のはずれに架かる跨線橋「両大師橋 」から眺める上野駅。、、、、いつの間にか、この跨線橋から見下ろすことができる特急の数も少なくなり、淋しいい限り。 
 
1712080819050
 
・・・・・・・・・・・・・・・常磐線快速が終点上野駅に到着。 乗務員が交代し、折り返し運転する。、、、、、折り返す運転手は男性、到着した列車の車掌さんは女性だ! 到着し、点検し、颯爽と電車から去る車掌さん、カッコい~~い。 跨線橋から見下ろす一景。 
 
1712080822320
 
1712080822480
 
1712080822580
 
1712080824120
 
1712080824150
 
 
②輪王寺両大師堂・・・・・・・・・「両大師橋」の名の由来となった、輪王寺両大師(開山堂)。、、、、、寛永寺を開山した慈眼大師(天海僧正)と、天海僧正が尊崇した天台座主の慈恵大師を祀る堂。 堂は平成元年(1989)に火災で焼失し、現在の堂は平成5年(1993)に再建された。、、、、、慈恵大師は「厄除大師」として古来よりその霊験が謳われている。 今日は、我が家の風邪の病魔を祓うべく、賽銭をはずみ手を合わせてきた。
 
1712080832540
 
1712080847350
 
1712080854170
 
・・・・・・・・・・・・・境内にある「幸田露伴旧宅の門」。 明治の文豪:幸田露伴(1867~1949)の谷中の旧宅の門を移築した。、、、、、素朴な造りのしもた屋風の門。
 
1712080836530
 
 
③上野の建物・・・・・・・・・・・近代建築が並ぶ!
 
・・・・・・・・・・・・・東京国立博物館(旧東京帝室博物館、昭和12年竣工)と表慶館(明治42年開館)。
 
1712080859050
 
1712080859240
 
・・・・・・・・・・・・・東京国立博物館の隣に、現在は廃止された京成電鉄の旧博物館動物園駅がある。  昭和8年(1933)に造られた石造の駅。
 
1712080907430
 
・・・・・・・・・・・・・駅の前には、昭和3年(1928)に建てられた黒田記念館 がイチョウの黄葉と晩秋を共演。
 
1712080906341_stitch_2
 
 
④東京藝術大学音楽学部・・・・・・・・・・歌は音痴、楽譜は読めず、楽器はダメ(カスタネットならできる)、でも聴くのは好き。、、、、、まだ、黄葉の残る構内を一巡してきたので、少しは歌が上手になったかも? 
 
1712080935140
 
1712080930161_stitch_2
 
1712080910500
 
1712080916080
 
・・・・・・・・・・・・・・明治13年(1880)に建てられた赤レンガ1号館 、明治19年(1886)の赤レンガ2号館
 
1712080920420
 
1712080938120_2
 
1712080927080
 
 
⑤浄名院・・・・・・・・・・・・藝大音楽学部の北側に、寛文6年(1667)に寛永寺の一坊として開かれた浄名院がある。、、、、、、境内は地蔵菩薩がワンサカ・ワンサカ・エイ・エイ・イェー・イェー。 ナント、八万四千体地蔵である。 本当に84,000体あるか数えなかったが、墓石状にズラリと並んだ地蔵尊には圧倒された。、、、その一角には、明治初年神仏分離に際し、江戸六地蔵の六番(永代寺、富丘八幡宮の別当寺)は廃寺となり、地蔵尊も破壊されたため、浄名院に第六番として江戸六地蔵が造営された。、、、、、“地蔵コレクター”とでも言いたくなるような、多くの地蔵尊が祀られている寺院だ。
 
1712080947350
 
1712081001520
 
1712080955550
 
1712081000230
 
1712080959440
 
・・・・・・・・・・・・・浄名院の山門前に、「不許葷酒入山門」の碑があり、その後ろに几号水準点がある。
 
1712080948160_2
 
1712080948420
 
 
 
●・・・・・・・・・・・・・・・・寛永寺坂橋を渡り鶯谷駅から帰宅。

2017年11月30日 (木)

酉の市

今年の酉の市 は“三の酉”まである。 火事が多くならないように、くれぐれも“火の用心”。、、、、我が家では、この11月は、吾輩の鼻血事件に、夫婦旅行に、孫の遊び相手に、家族の急病に、チョイと忙しい月となり、一の酉、二の酉は行けず、今日の三の酉も夕刻にやっと行ける余裕ができた。 去年買った古い熊手を持って、来年こそ幸運と財産を“かき集め”る新しい熊手を貰いに、お参りに行ってきた。、、、、吾輩のささやかな願い『年末ジャンボ一等7億円当選』を、叶えてくれるよう賽銭も弾み、手を合わせて来た。
 
 
 
鷲神社 ・・・・・・・・・・台東区千束の鷲神社(おおとりじんじゃ)は、日本武尊を祀り、武運長久、開運、商売繁盛の神として信仰される。 神社の隣は「酉の寺」と言われる鷲在山長国寺(法華宗本門流)。 こちらにも手を合わせてきた。
 
Dsc09269
 
Dsc09274
 
Dsc09276
 
Dsc09296
 
Dsc09306
 
Dsc09309
 
Dsc09313
 
Dsc09322
 
 
●熊手・・・・・・・・・落ち葉を「かき集める」道具の熊手を、昔の商売人は「運をかき込む」「金銀をかき集める」道具と洒落た。 熊手は縁起物とみなされ、時代と共に、宝船、七福神、大判小判、松竹梅など様々な飾りが施され、太い竹の柄が幸運をイッパイかっ込むようだ、見てるだけでも楽しいものである。
 
Dsc09284
 
Dsc09320
 
Dsc09319
 
Dsc09281
 
Dsc09299
 
Dsc09314
 
Dsc09316
 
 
 
●・・・・・・・・・・・・・毎年、酉の市に参り、熊手も買って帰るが、年末ジャンボの一等に当選したためしなし。 どうも御利益がなさそうだ!

2017年11月15日 (水)

北の丸公園

我が家(浅草橋)から、神田駅、一ツ橋をとおり、清水門から北の丸公園に入り、田安門から出て飯田橋駅まで、1万4千歩の散歩です。

 
 
①浅草橋から一ツ橋・雉子橋まで・・・・・・・・・・
 
・・・・・・・・・・・まもなく8時、浅草橋駅から職場に向かう人に交じり、神田川を越え、靖国通りを横断し、神田駅に向かう。、、、、東京に生まれて70余年、神田界隈は育った町でもある。 『アレ? 岩本町のここに花屋があったはず。 隣は莫大小(メリヤス)の問屋だったっけ?』、『神田駅前ガード下にはロマンポルノの映画館があったな。 向かいに、ケーキ屋の小鍛冶があった。 JTBはまだある。』、『神田駅周辺には、ハワイ、日の丸、ハリウッドなどキャバレーがあったが、今は無い! 寂しいね。』、『美土代町のYMCAでは、地下にプールがあって、中学生の私はフルチンで泳がされた。 YMCAの建物があった場所は?、判らなくなった!』、、、、いつの間にか壊され、建て替えられ、ビルが並ぶ町となった神田界隈。 一人で数十年前の街並みを思い浮かべ、懐かしみ歩いてきた。 
 
1711150752170
 
1711150757580
 
1711150802550
 
1711150832170
 
1711150832530
 
1711150846580_2
 
・・・・・・・・・・・・・神田錦町に2年前にオープンした複合ビル「テラススクエア」は、博報堂の跡地に建てられた地上17階・地下2階建てのビルである。 ビルの一部には昭和5年(1930)に竣工した博報堂旧本館が復元されている。
 
1711150903420
 
・・・・・・・・・・・・・日本橋川に架かる一ツ橋。 徳川家康が江戸城に入った頃は、現在の橋の位置に 丸太の一本橋が架かっており、「一ツ橋」の橋名は、この一本橋から名付けられたと言われている。 そして、寛永年間(1624~1643)になると、この丸太の一本橋の江戸城側に 一ツ橋御門が設置され、同時に見附橋としての「一ツ橋」が架けられる。 これが「一ツ橋」の由来である。、、、、現在の一ツ橋は、大正14年(1925)に架けられた、全長:19.6m、全幅:28.0mの 鋼製桁橋である。
 
1711150920140
 
・・・・・・・・・・・・・・一ツ橋の上流側に、もう一つ古い橋が架かっている、雉子橋(きじばし)である。 江戸時代の雉子橋門跡の近くに架かる橋で、徳川家康が朝鮮の使節を饗応するために、好物の雉子を囲った場所がこの辺りであった。、、、、、、明治36年(1903)に鉄橋に改架したが、関東大震災で被災した。 現在の橋は大正14年(1925)10月25日に架けられた、長さ32.89m、幅27.6mの鋼橋です。
 
1711150930130
 
 
②清水門・・・・・・・江戸城北の丸に登城する門で、現在の千代田区役所庁舎前にある、門を入ると科学技術館の横に出る。  江戸城の他の門に比べると、どちらかというとマイナーな門であるが、重要文化財である。、、、、、、寛永元年(1624)助役大名:浅野長晟により建てられた枡形の城門。 江戸時代の雰囲気を色濃く残している。
 
1711150934230
 
1711150938370_2
 
1711150939170
 
1711150941260
 
1711150944360
 
 
吉田茂の像・・・・・・・・・・清水門を入ると芝生地の一角に吉田茂の像がある。 像は昭和56年(1981)に公園内に建てられた。 昭和の名宰相がなぜここに?
 
1711150949180_2
 
 
北の丸公園の秋・・・・・・・・・
 
1711150959250
 
1711150959330_2
 
1711151005090_2
 
1711151007200
 
1711151009130_2
 
 
 
●・・・・・・・・・・・・・・このあと、田安門から公園を出て飯田橋駅より帰宅。

2017年11月 7日 (火)

夕暮れの浅草寺

夕暮れ時に、浅草寺へ行ってきた。

 
 
①浅草地下街・・・・・・・・・・東武浅草駅前と新仲見世から入る浅草地下街。 地下街は地下鉄浅草駅と松屋デパートの地下食品売り場とも連絡している。 昭和の空気が漂う地下街で、古川ロッパ、エノケン、デンスケなどに出会いそうな雰囲気である。、、、、午後4時、まだ呑んでいる客はいないようだ。
 
Dsc00020
 
Dsc00021_2

Dsc00023

Dsc00026
 
Dsc00028
 
Dsc00031
 
Dsc00032

Dsc00037_4

 
 

②浅草寺 弁天堂・・・・・・・・・・浅草寺本堂に向かう仲見世通りの右側裏に、弁天山と呼ばれる小高い丘に建つ、昭和58年(1983)に鉄筋コンクリート造で再建されたお堂がある。 堂の中には白髪の老女弁財天が祀られている。、、、、、本尊が、“老女”の弁天様では見たくないね! 弁天様は若いピチピチが一番!

1711071620060

1711071615540

・・・・・・・・・・・・・お堂の右手前に、芭蕉の句 “花の雲 鐘は上野か 浅草か” で有名な鐘がある。 鐘楼は昭和25年(1950)の再建であるが、鐘は元禄5年(1692)に改鋳されたものだ。江戸時代の“時の鐘”の一つだ。、、、、あと50余日で大晦日、除夜の鐘として、浅草橋の我が家まで聞こえるかな?

1711071613460

 

③旧五重塔跡・・・・・・・・・・・現在の五重塔は本堂に向かい左側(西側)に建立されているが、かつてはその反対側(右側)に建てられていた。 その位置には、現在、「旧五重塔跡」と記された石碑が建てられている。  浅草寺の五重塔は、天慶5年(942)平公雅による創建以後、いく度か炎上するもその都度再建されてきた。 昭和20年(1945)3月10日の東京大空襲により惜しくも焼失した国宝旧五重塔(高さ33メートル)は、江戸時代の慶安元年(1648)、第三代将軍徳川家光(1604~51)により建立されたものである。

1711071624250
・・・・・・・・・・・・・・石碑の位置から見る本堂

1711071625000_2

 

④ライトアップの浅草寺・・・・・・・・・・・・外人観光客へのサービスかな?

1711071636370

1711071627420

1711071629000_2

1711071632430_2

1711071635570_2

1711071641300

1711071638280

1711071637290

 

⑤お店も賑わい・・・・・・・・・・・チョイとナイショで、撮らせてもらいました。

1711071611250

1711071641020_2

1711071645190

1711071646320

1711071647240

1711071648300_2

1711071654160

2017年10月23日 (月)

増水した隅田川

朝7時半、台風21号は我が家の頭上を素通りし、水戸の付近らしい、東京はまだ暴風圏内である。 雨は上がったようだ、水溜まりを避けながら、久しぶりの散歩は、隅田川の様子を見に行くことから始める。
 
1710230742260
 
 
 
①隅田川の増水・・・・・・・・・・・・『台風で増水した隅田川を見てみよう!』と、隅田川テラスに来たら、私より先に国土交通省の人と警察官が先着していた。 隅田川が増水しているため、テラスは立入禁止と告げられた。 『でも、地元のよしみでチョイト入れて!』と、言ったつもりでテラスから撮影してきた。
 
・・・・・・・・・・・・・・総武線隅田川橋梁の橋脚、かなり上まで水位が上がっている。(3枚目の写真は同じ位置で昨年撮影)
 
1710230759150
 
1710230757490
 
20160629_056_2
 
・・・・・・・・・・・・・水位はテラスの歩道の高さまであり、水につかっているところもある。 『これより先に行かないでください。』と言われ、素直にこの場を離れることにした。
 
1710230804060_2
 
1710230803460_2
 
・・・・・・・・・・・・・・柳橋から離れ、厩橋へ向かう。 『場所を変えれば、テラスを歩けるかも?』。 あきらめないぞ!、、、、、只今、塗装の塗り替え工事中の厩橋でも、テラスに出ることは警察官に制止され、橋上からパチリ!
 
1710230843130
 
1710230839120
 
・・・・・・・・・・・・・・・厩橋を渡り、墨田区側のテラスに行ってみよう。、、、、墨田区側には、警察官がいない。 しめしめ! テラスの歩道を歩いてみた。、、、、、『あぶないから行かないでください。』と言われると、行きたくなるのが野次馬だ! 
 
1710230842130
 
1710230844510
 
・・・・・・・・・・・・・・テラスを歩き駒形橋に向かい、橋を渡って台東区へ戻る。
 
1710230856090
 
1710230901180
 
 
②隅田川沿いの建物・・・・・・・・・・・・
 
・・・・・・・・・・・・・lucite gallery、、、、柳橋にある、昭和を代表する芸者歌手だった故・市丸の旧邸宅を改装したギャラリー。 古美術品・アンティークの展示を見ながら、コーヒーを一杯。、、、、市丸の「三味線ブギ」(昭和24年)は忘れられない盆踊りの一曲。 ♪♪ 三味線ブギで シャシャリツシャンシャン さあさ 踊ろよ ブギウギ うきうき 浮いた浮いたよ シャシャリツシャンシャン ~~~♪♪、、、、昭和40年代ぐらいまでは右隣にも同じような造りの料亭「いな垣」があった。 この辺りは花柳界「柳橋」の中心で、私には懐かしい街である。
 
1710230806370
 
・・・・・・・・・・・・・・・蔵前交差点の南側、ビルのコーナーに「メタセコイア」の木が、高くまっすぐ伸びているのが目に入って来る。 このビルを建てた記念に植えたそうだ。、、、、この木を見ると、いつも言いたくなるのだが、『年末になると電飾で飾りクリスマスツリーにして欲しいね!』 浅草橋の名所になるかも?
 
1710230816030
 
・・・・・・・・・・・・・蔵前にある日本聖公会の浅草聖ヨハネ教会。 昭和4年(1929)に献堂された、鉄筋コンクリート造2階一部3階建のゴシック様式の教会。 国の登録有形文化財である。
 
1710230828171_stitch
 
・・・・・・・・・・・・・・・・駒形橋東詰(墨田区)の高速道路に下にある旧駒形橋交番。 現在は地域安全センター。 昭和初期(昭和3年頃らしい)に作られた交番の一つである。
 
1710230859570
 
・・・・・・・・・・・・・・・駒形橋の西詰(台東区)には、浅草寺の本尊:聖観音像が現れた地とされる駒形堂がある。 現在の堂は鉄筋コンクリート造、方三間、宝形造で、平成15年(2003)に建て替えた。 堂は元来は隅田川に向いて建てられていたが、現在の堂は江戸通り側を正面とし、川には背を向けた形になっている。
 
1710230908020
 
・・・・・・・・・・・・・・・駒形堂の境内に、「戒殺碑」(かいさつのひ)がある。 “この地は、観音様が出現した聖なる場所であるから、殺生(魚を獲る)を禁じる”という主旨の碑。 碑は元禄6年(1693)に浅草寺権僧正が建立したものである。 関東大震災後の昭和2年(1927)に土中から発見された。、、、、、“魚を獲るな”とは、近くのどぜう屋、うなぎ屋はどうしたのかな?
 
1710230913310
 
・・・・・・・・・・・・・駒形堂の近く、雷門前の通りに面し旧岡三証券浅草支店のビルがある。 昭和10年(1935)に建てられた鉄筋コンクリート造3階建ての、このビルは当初「河合ビル」として建ち、戦後は埼玉銀行が使用し、その後岡三証券が使用し、現在はギャラリーとして使用されている。
 
1710230916410
 
 
③雷門・・・・・・・・・・久しぶりに雷門前の浅草文化観光センターに入り、最上階から雷門を見下ろしてきた。
 
・・・・・・・・・・・・・・・浅草文化観光センターとは、、、、、平成24年(2012)に台東区がつくった、雷門の前にある観光案内施設です。 最上階の展望テラスからは浅草寺、東京スカイツリーが望める。、、、、、建物は、オリンピックの国立競技場を手掛けた隈研吾(くまけんご)の設計。
 
1710230946510
 
・・・・・・・・・・・・・浅草文化観光センターから見る雷門仲見世・浅草寺
 
1710230939200
 
1710230927370
 
 
 
●・・・・・・・・・・・・・・・・この後、観音様に手を合わせて帰る。 今日の散歩は9千歩。

2017年10月11日 (水)

清川~八広

今日も夕食前の散歩。 台東区の北、かつて“山谷”と呼ばれた地、「清川二丁目」バス停で降り、白鬚橋を渡り東武伊勢崎線鐘ヶ淵駅前を抜け、京成押上線八広駅まで、1万歩の散歩です。 
 
 
 
①アサヒ商店街・・・・・・・・・清川二丁目バス停で降りると、清川二丁目交差点から東に橋場交番前まで353m程の地味なアサヒ商店街がある。 アサヒ会通りと称する歩道のあるバス通り沿いに、派手な看板・飾りも少ない店舗が、途切れ途切れに並ぶ静かな商店街である。、、、、付近には、かつて“ドヤ”と呼ばれた簡易宿泊所もあり、ドヤ住まいと思われる人も食料品を求め買い物をする光景が見られる。、、、、私の先を歩く労務者風の人が、突然、歩道の植木に向かいズボンを下げて放尿を始めた。 この瞬間、我が目は見てはいけないものを見た。 秋の味覚:高級松茸だ、今年は生育が悪く小ぶりであった。 『オイ、オイ、空はまだ明るいぞ、植木に水をやるのは、暗くなってからにしろ!』 商店街には“山谷”の時代の光景が残っていた、感動の一瞬であった。(残念ながら、この場面はカメラに収めてません。)
 
1710111544160
 
1710111544470
 
 
橋場の裏通り・・・・・・・・・隅田川寄りの町:橋場には、昭和の建物がまだ、まだ、残っている。
 
1710111551220
 
1710111552470
 
 
③隅田川・・・・・・・・・・塗替塗装工事中の白鬚橋 を渡る。、、、、、顔面に包帯を巻いた重症患者のような白鬚橋から、隅田川上流を望む。
 
1710111600140
 
1710111603461_stitch
 
 
白鬚東アパ―ト ・・・・・・・・・・墨田区の隅田川沿いに長さ1.2kmに渡って延々と団地が長城のごとく連なっているのが「白鬚東アパート」である。 「防災拠点」として、昭和47~61年(1972~1986)に掛けて18棟の団地が連結して作られた。、、、、、今だ、長城としての機能を発揮する機会なし、一度はその効果を見てみたいが、見ることなしに済めばありがたいね。
 
1710111600340
 
1710111606240
 
1710111610020
 
1710111617591_stitch
 
 
⑤トミンハイム墨田一丁目・・・・・・・・・・・墨堤通りを挟み白鬚東アパートの前に立つ、東京都住宅供給公社のアパート、300戸強が入居する14階建ての建物は平成12年(2000)の完成。、、、、、白鬚東、トミンハイムと巨大なアパートが建ち並ぶ光景は凄いね。
 
1710111619300
 
1710111624360
 
 
⑥首塚地蔵尊・・・・・・・・・・墨田2丁目の真言宗智山派寺院「正福寺」の寺内に首塚地蔵尊がある。 天保4年(1833)洪水の危険をふせぐため、隅田川橋場附近の川浚い工事において、川床より多くの頭骨が発掘された。 当時の正福寺の和尚は、この地に合葬、碑をたてて「首塚」といったと伝えられている。 この縁で、首から上の病いに功験があるからと、参詣の香華がたえないそうだ。、、、、、首から上の病とは?、、、、ボケ、ハゲ、蓄膿、顔面神経麻痺、ブス、白内障、思いついたまま書いてみた。
 
1710111636120
 
1710111635400
 
1710111634570
 
 
鐘ヶ淵駅 ・・・・・・・・・・・私には忘れることのできない思い出(脱臼事件 )ある駅である。 今日は、夕暮れの駅をパチリ。
 
・・・・・・・・・・・・・・まずは、鐘ヶ淵駅。 下り(北千住方面)は西口へ、上り(浅草方面)は東口へ。
 
1710111643420
 
1710111655170
 
・・・・・・・・・・・・・・駅前の踏切。 よそ見して、怪我しないように注意しましょう。
 
1710111642370
 
1710111644380
 
1710111651470
 
1710111656400
 
・・・・・・・・・・・・・・駅周辺のお店。 派手な店、大きな店、カッコいい店、若者向けの店、いずれもありません。 あるのは、昔ながらの人情ある店ばかり。
 
1710111640020
 
1710111648530
 
1710111650050
 
1710111658340
 
1710111659240
 
1710111700460
 
1710111701270
 
 
⑧八広駅・・・・・・・・・・・・国道6号(水戸街道)を横切って、暗い八広駅へ到着。
 
1710111709090
 
1710111711320
 
1710111715120
 
1710111717300

より以前の記事一覧