江戸川区

2017年7月10日 (月)

新川

江戸川区の中程、中川と旧江戸川を結ぶ運河であった新川(しんかわ)の東端から西端まで、全長約3kmを歩いてきた。、、、、、都営新宿線の一之江で下車し、東端の「新川東水門」へ行き、川沿いに歩き、西端の「新川排水機場」を見て、船堀駅から帰宅。 1万3千歩の散歩です。
 
・・・・・・・・・・・・・新川とは、、、、、、新宿線一之江駅と東西線葛西駅の中間地点辺りで、旧江戸川から分岐し、江戸川区を東西に横断し、新宿線船堀駅の西側で中川に注ぐ、江戸時代からの運河である。、、、、、最初は行徳塩田の塩を江戸に運ぶ水路として始まったが、寛永9年(1632)からは貨客船の「行徳船」が就航し、近郊の農村の野菜や成田参詣の客なども運ぶようになった。 その後、利根川を経由する航路が整備され、利根川流域の農作物、味噌・醤油などの加工品を、新川・小名木川を通って江戸に運ぶ、主要ルートとなった。 新川の水運は戦後まで続いたが、昭和50年代には、その役目も終え(1979)に新川は運河としては使用されなくなった。、、、、今では、川筋には1000本の桜並木を整備し、江戸時代の木橋や石積み護岸も再現し、両岸は遊歩道となっている。
 
 
①新川東水門・・・・・・・・・新川東水門は旧江戸川と新川の接続点に昭和40(1965)に設置された径間11m×2連のローラーゲート式水門。 旧江戸川の水位が大潮の満潮位を超えると閉鎖し、浸水を防ぐ役割を担っている。
 
・・・・・・・・・・・・・・旧江戸川が流れ下る、その右岸に新川東水門がある。
 
1707100854490
 
1707100851360
 
1707100848320_2
 
1707100844000
 
・・・・・・・・・・・・・・・新川東水門内は船溜まりになっていて、わずか数十メートルで水路は行き止まり。
 
1707100850390
 
1707100912400
 
・・・・・・・・・・・・・・・船溜まりの奥には新川東樋門が設けられ、旧江戸川から取水して新川に放流している。
 
1707100900090
 
 
②新川口橋・・・・・・・・・・・・・水門の隣に架かる新川口橋。 昭和45年(1970)に架けられ、橋の下は埋め戻され導水管が設置されている。、、、、、“橋”である必要性は無くなり、江戸川区の計画では、平成35年頃に撤去されようだ!(インターネットで知った極秘情報)
 
1707100858480_2
 
・・・・・・・・・・・・・・旧江戸川の水は橋の下と隣の公園の下を導水管で抜け新川に放流されている。、、、、、、今日も暑い一日が始まり、公園には誰もいない! いるのは、暇で散歩をしている親爺だけ!
 
1707100916250_2
 
・・・・・・・・・・・・・新川の東端、奥の小島の後ろに放流口がある。 川の中に島を配し、 親しみやすい川を演出している。
 
1707100922450_2
 
 
・・・・・・・・・・・・新川口橋付近から、新川を見る。 水鳥も遊んでいる。
 
1707100924050_2
 
1707100925040
 
 
③新川に架かる人道橋・・・・・・・・・・・新川には14本の橋が架けられているが、内7本は江戸情緒を感じさせるデザインの人道橋である。 東側から順に、人道橋全7本を“堂々一挙公開!”
 
・・・・・・・・・・・・・・宝橋、、、、、平成26年(2014)架設。
 
1707100927440
 
1707100928290_2
 
・・・・・・・・・・・・・・花見橋、、、、、、平成23年(2011)架設。 一見すると橋に見えない、川の上に大きな広場が造られたようだ! その名が示すように、花見のシーズンは両側に咲く「新川千本桜」を見ながらの桟敷席となるのかも?
 
1707100933390_4_2
 
・・・・・・・・・・・・・桜橋、、、、、、、新川のほぼ中間地点に架かる橋。 平成24年(2012)架設。 こちらも広場型の橋で、ゴザを敷いて100名の宴会も可能だ!
 
1707100950140
 
・・・・・・・・・・・・・小江戸橋、、、、、、、平成19年(2007)架設。 この付近では、川にヨシを植え、川の浄化と小魚の生育を意図しているのか?
 
1707100956400
 
1707100957320_2
 
1707100958010_4
 
・・・・・・・・・・・・・・忍者橋、、、、、、、唯一、黒塗りの橋。 平成11年(2009)架設。、、、、、ナント、ビックリ、ヤックリ、この橋の川底には巨大な駐車場があるのだ!(後述) 
 
1707101002550_2
 
1707101003310
 
・・・・・・・・・・・・・・擬宝珠橋、、、、、、、平成11年(2009)架設。 
 
1707101016050
 
1707101017360_2
 
・・・・・・・・・・・・・・櫓橋、、、、、、、こちらも平成11年(2009)架設。 
 
1707101019330
 
1707101020470
 
 
④新川大橋・・・・・・・・・・・花見橋の隣に架かり、都道318号環状七号線がとおる。 橋の下は直射日光を遮り、良き穴場のようだ。 多くの人が釣りを楽しんでいた。
 
1707100934410
 
1707100936560
 
 
⑤新川橋・・・・・・・・・・・・新川に架かる橋の中では、最も古く大正5年(1916)に開通した。
 
1707100943030
 
 
⑥三角橋・・・・・・・・・・・平成12年(2000)に開通した三角橋。 「三角」は、昔からの地名らしい。 現:新川橋のあたりには「三角渡し」もあったそうだ。
 
1707100949070
 
 
⑦新川さくら館・・・・・・・・・・・桜橋の北側に、新川の歴史を後世に伝えるとともに、お休み処や広場などを活用し交流を図る、地域の活動拠点が用意されている。、、、、、、うだるようなこの暑さ、“かき氷”を求めてチョイと立ち寄った。 ありゃ、誰もいない、ダメだコリャ!
 
1707100954000
 
 
⑧新渡橋・・・・・・・・・・・・小江戸橋と忍者橋の間に、平成12年(2000)に開通した新渡橋がある。
 
1707101000410_2
 
 
⑨新川地下駐車場・・・・・・・・・・・・新川は東西の両端を水門で閉鎖し、東水門から導水して西水門から排水することで水位を低下させ一定に保つようになった。 新川に船の通行も無くなり、川は親水河川として整備されてきた。 そして、その整備の極めつけは、80億円をかけ川底に造った地下駐車場である。 川筋に合わせチョイト曲がっているが、約200台収容可能な都の駐車場である。 豊洲市場とは比べ物にならないが、こちらは、ずさんな計画によるガラガラの駐車場。 
 
・・・・・・・・・・・・・・川沿いの宇喜田町に出入口がある。
 
1707101005480
 
・・・・・・・・・・・・・・全長484mの駐車場に、出入口近く、数台が駐車している程度。 あとは???
 
1707101007280_2
 
1707101007320
 
・・・・・・・・・・・・・・この川底に巨大な駐車場があることを知る人は少ないであろう。 ナイショにしておくか!
1707101003560
 
 
⑩宇喜田橋・・・・・・・・・・・擬宝珠橋の東側に、昭和32年(1957)に開通した宇喜田橋がある。 橋上には船堀街道が通る。
 
1707101015520
 
 
⑪西水門橋・・・・・・・・・・・・新川の西端、新川排水機場前に、西水門橋がある。 平成18年(2006)に完成した橋。 デザインは水門に合わせたのか、明治調の雰囲気を出しトラスを強調したデザインである。、、、、、橋の後ろの櫓は、新川整備の一環として、公園にモニュメントとして建てられた、高さ15m程の火の見やぐら。、、、、、橋名の「西水門」は、かつて、ここにも水門があったが、現在は排水機場に変わった。
 
1707101023200
 
1707101026480
 
 
⑫新川排水機場・・・・・・・・・・新川の最後は、中川との合流点に建つ新川排水機場。 昭和43年度(1968)に竣工した、ポンプ口径:1600mmを1台、1200mmを2台で、毎秒12トンの排水能力を有する。
 
1707101024450

2017年7月 6日 (木)

瑞江~一之江

都営新宿線瑞江駅から隣の一之江駅まで、寺社を巡り、1万歩の散歩です。
・・・・・・・・帰宅後調べてみたら、ほぼ同じルートを、2015/12/4に逆向きに歩いていた。 
 
 
 
瑞江駅 ・・・・・・・・・・・昭和61年(1986)9月14日、船堀~篠崎間開業に伴い開業。 島式ホーム1面2線の地下駅であるが、上下線の両外側、壁の向こうに通過線がそれぞれ1本ずつあるそうだ。、、、、、都民には火葬場のある駅として有名だ!
 
1707060822230
 
1707060831030
 
 
②豊田神社・・・・・・・・・・・『豊田佐吉を祭神として祀り、レクサスを供える神社』と言いたいが、「トヨタ」とは縁もゆかりもない江戸川区東瑞江の神社。 創建年代不詳。 現在の豊田神社がある一円の地は下鎌田村と称していた。 下鎌田村には香取社、神明社、山王社があり、香取山神明寺長寿院が別当寺となっていた。 明治初年廃仏毀釈により香取山神明寺長寿院が廃寺となり、その跡地に神明社の社殿を遷座し、天照大御神・経津主命の2神を祭神とした。
 
1707060849490
 
1707060844510
 
・・・・・・・・・・・・・・境内には「下鎌田の富士塚」として、大正5年に築造された標高3mの富士塚がある。、、、、、今の時代なら、シンデレラ城でも造れば氏子は増えるかもね。
 
1707060846580
 
 
③泉福寺・・・・・・・・・豊田神社から南東方向に300m程歩くと、東瑞江2丁目、曲がりくねった道の奥に浄土宗の泉福寺がある。 創建年代不詳。 京都の知恩院を総本山とし、東京芝の増上寺を大本山とする寺。(なんじゃ!総本山と大本山?)、、、、、、明治15年(1882)、落雷により本堂・庫裡とも一瞬にして灰となり、同17年、茅葺きの本堂を再建し、平成16年(2004)に現在の本堂が竣工した。、、、、、静かな場所に、緑豊かに佇む、癒される寺。
 
1707060910440
 
1707060907230
 
・・・・・・・・・・・・・・境内に、かわいらしいスイレンが咲いていた。、、、、、今年、我が家では5千円はたいてスイレン鉢を購入し、花は日本橋三越から買い、メダカも入れて、屋上で育てているが、今だ咲かない、頼むから咲いてくれ!
 
1707060908370
 
 
④山王神社・・・・・・・・・・江戸川3丁目にある中社。 鳥居、狛犬、社殿、水盤などすべて新築。 鳥居の扁額には「日枝神社・三峯神社」と併記している。
 
1707060917540
 
・・・・・・・・・・・・・・神社は鎌田川親水緑道の脇、住宅地の奥に鎮座する。 この付近は、緑道が整備されているからか、緑豊かで鎌倉の住宅街の裏道を思い出させるようだ。 (チョイと大袈裟に言ってしまった。)
 
1707060925270
 
1707060919580
 
1707060916250
 
 
⑤明福寺・・・・・・・・・・篠崎街道に面する浄土宗の明福寺。 嘉禄2年(1226)親鸞聖人が常陸国から上洛の途中、この地の人々が昇天に苦しんでいたので、雨乞いをにより雨を降らせて村人を救った。 その時の草庵が寺の始まりらしい。、、、、、前回来た時と同様に、今日も附属幼稚園の見送りに、境内には若いママがウヨウヨ。 恐怖を感じた私は、“長居は無用!”  そそくさと境内をあとにする。
 
1707060928050_2
 
 
⑥上今井八雲神社・・・・・・・・・・江戸川3丁目、篠崎街道に面し鎮座するのは上今井八雲神社。 神社の創建年代は不詳であるが、永禄7年(1564)に創建した香取神社(上今井香取神社)と並んで当地周辺で尊崇された。 昭和41年(1966)、上今井香取神社に合併された。、、、、、、神社の前は、対岸に行徳を見る旧江戸川が流れている。 昔は水路の神として、江戸川を航行する舟が安全を祈願した。
 
1707060938170_2
 
 
⑦金蔵寺・・・・・・・・・・・浄土宗寺院の寶徳山寿松院金蔵寺。 金蔵寺は、応永22年(1415)頃が創建され、享徳3年(1455)頃に中興した。 現在の本堂は昭和11年(1936)に上棟した。 江戸時代は末寺として、数ヶ寺を擁するチョイト大きな寺であった。
 
1707060945410_2
 
1707060943050
 
・・・・・・・・・・・・・金蔵寺から200m程離れた処に、名のない地蔵さんが祀られている。、、、、、お祀りしている近所の方に聞いたら、、、『お地蔵さんの立つこの場所に、昔、金蔵寺の本堂があり、住職の墓もあったそうだ。 そして、お地蔵さんの前の通りは現在の金蔵寺へつながり、ここに霊が通っていたそうだ。』 近所の方は、『古くからの人も減り、私が守らなければ・・・・』と言っていた。 (何か、判るような判らない話だ。 もうチョイと説明してもらわないと???)
 
1707061008410
 
1707060958480_2
 
 
一之江駅 ・・・・・・・・・瑞江の方から来ると、駅手前で新中川に出る。 ここに架かる瑞江大橋を渡り駅に向かう。、、、、、、駅は昭和61年(1986)9月14日に開業した島式ホーム1面2線の地下駅。
 
1707061017460
 
1707061024290

2017年5月31日 (水)

瑞江~小岩

都営新宿線の瑞江駅から、JR総武線の小岩駅まで、1万4千歩の散歩です。
 
 
①瑞江駅・・・・・・・・・・・昭和61年(1986)9月14日に、船堀~篠崎間の開通に伴い開業した瑞江駅(みずええき)。、、、、、、「瑞江」の地名は、大正時代に「瑞穂村」と「一之江村」が合併し、双方の地名から一文字づつ頂戴し誕生した。
 
1705310815180
 
1705310813590
 
 
②大雲寺・・・・・・・・・・・駅から400m程西に向かうと、浄土宗の大雲寺がある。 大雲寺は、元和6年(1620)浅草森田町(現:蔵前)に創建、寛文8年(1668)に本所押上(現:業平公園東隣)へ移転し、昭和6年に現在地へ再移転した。、、、、広い境内には樹木が生い茂り、小鳥のさえずりも聞こえる。
 
1705310833370
 
1705310848220
 
・・・・・・・・・・・・・・・大雲寺は、かつて押上にあったことから歌舞伎役者の墓所が多数安置されており、「役者寺」と呼ばれている。、、、、江戸時代から明治時代にいたる歌舞伎の名優41名の墓碑が並ぶ、ファン必見の役者寺。 市村羽左衛門(初~16代)、坂東彦三郎(3~6代)、瀬川菊之丞(初~6代)、松本幸四郎(4~6代)、中村勘三郎(初~13代)、尾上菊五郎(初・3・5・6代)など、、、、、私も名を読みながら巡ってみた。 知らない役者、名は聞いたが顔は判らない役者、なん代目と言われてもナンダイ! コリャダメだ歌舞伎の知識不足だ!
 
1705310841560
 
1705310842140
 
1705310845540
 
 
③城立寺・・・・・・・・・・・役者寺から北上し、高速の京葉道路を横切ると、住所は江戸川区春江町となる。 日蓮宗の城立寺(じょうりゅうじ)の門前に出たので、チョイトお立ち寄り。、、、、、城立寺は、千葉県松戸市平賀にある本土寺の末寺で、開基は元和2年(1616)といわれている。 境内にある鬼子母神堂には、伝教大師の作と伝えられる鬼子母神像が祀られている。
 
1705310910530
 
1705310904500_2
 
 
④鹿骨の町・・・・・・・・・・・・春江町から北へ、一般道の京葉道路を横切り鹿骨の町に入る。 「鹿骨」を“しかほね”・“しかぼね”と読むのはよそ者である、地元では“ししぼね”と読むのだ。
 
・・・・・・・・・・・・・主要道以外は交通量も少ない静かな道が続く。
 
1705310927280_2
 
・・・・・・・・・・・・・・ビニールハウスがあちらにも、こちらにも、、、、、畑もある!
 
1705310956410
 
1705310955010
 
1705310953030
 
1705310929050_2
 
・・・・・・・・・・・・・・鹿骨の町の南北を約1.3kmの長さで流れる鹿骨親水緑道、、、、、かつての農業用水路を整備し、平成7年(1995)に完成した緑道。 川幅は1m程の狭いものだが、水はきれいでゴミもない気持ち良い緑道である。、、、、、大きな鯉が泳いでいるのには感動した。
 
1705310931130
 
1705310935550_2
 
1705310945160
 
・・・・・・・・・・・・・・鹿骨の発祥地:鹿見塚神社(ししみづかじんじゃ)、、、、、神社には、昭和44年頃までは塚山があった。 現在は、「鹿骨発祥の地 鹿見塚」の碑がある。、、、、、伝説として、、、、、昔、常陸国の鹿島大神が大和国奈良の春日へお移りになる時、途中この地を通られ、大神の杖となっていた神鹿が病気でたおれてしまった、里人はこれをていねいに葬ってこの地に祀った。 その塚が鹿見塚ということだ。
 
1705310942360
 
1705310943470
 
・・・・・・・・・・・・・・鹿骨鹿島神社、、、、、、鹿骨村の鎮守で、明治維新までは五社神明社とか五社神社と呼ばれていた。 これは、この村の草分けであった石井長勝、田島、牧野、中代、別系の石井姓の五氏が村に住みついた時にそれぞれが奉祀していた氏神を合祀したことから名づけられたといわれている。、、、、、本殿は明治14年(1881)、拝殿は大正8年(1919)の造営。
 
1705310959170
 
1705311000390
 
1705311004580
 
 
⑤南小岩の町・・・・・・・・・鹿骨を抜けると南小岩の町に入る。 小岩駅まではまもなくだ!
 
・・・・・・・・・・・・・・中曽根天祖神社、、、、、、南小岩4にある天祖神社。 天保年間(1830~1844)に改修した記録が残っていることから、江戸時代末期には既に祀られていたようだ。、、、、、、元総理を祀っているわけではない。 間違えないように!、、、、、境内は広いが、賽銭の実入りが少ないのか? 社殿は荒れてきたね。
 
1705311015490
 
1705311016040
 
・・・・・・・・・・・・・・やっと、小岩駅前の商店街「フラワーロード」の入り口が見えた。
 
1705311027061
 
・・・・・・・・・・・・・・や・や! なんだ、一目見ると“シャッター商店街”になっている! 営業している店もあるが、商店街は急に寂れたのか? 心配しながら歩いていると、水曜日は定休日とわかり、一安心。
 
1705311037000_2
 
1705311031220_2
 
・・・・・・・・・・・・・・・正面に小岩駅が見えた。 1万4千歩の散歩もやっと終わった。 汗がダラダラ、下着はベトベト。 急ぎ帰ることとした。
 
1705311039100_2
 

2017年4月14日 (金)

江戸川~小岩

日ごとに暖かくなり散歩日和が続く。 今日も、家を出たものの行く先定まらず、とりあえず地下鉄浅草橋駅で到着していた電車に飛び乗った。 電車の中、どこで降りるか思案橋。 隣に座った“お姉ちゃん”に気をとられ、気づけば終点青砥。 青砥駅から歩くのは飽きたので、違う駅で下車しようと、後続の普通電車に乗り継ぎ江戸川駅で下車した。 江戸川駅から、江戸川土手沿いに歩いた。、、、、、、この寺、以前来た! この神社も! このコンビニではお茶を買ったぞ! 道を変えよう! あ!ここも前に歩いた!、、、、、ということで、結局一昨年の2月1日に歩いたルートを再び歩いてきた。、、、、、違うのは散歩の終点が、京成小岩駅ではなく、JR小岩駅である。 1万3千歩の歩きです。
 
 
 
●・・・・・・・・・・・歴史は古く大正元年(1912)に開業した江戸川駅で下車。 ここで下車する、通勤客はいない! 学生もいない! 乗車する人はパラパラ! 
 
1704140824120
 
1704140827330_2
 
 
●・・・・・・・・・・・・昭和54年(1979)に架け替えられた、橋長433.2mの江戸川に架かる京成電鉄江戸川橋梁。 対岸は千葉県市川市。
 
1704140831511_stitch
 
1704140822131
 
1704140839420
 
1704140842370
 
1704140844580
 
 
●・・・・・・・・・・・・江戸川の河川敷に広がる小岩菖蒲園。 菖蒲の季節には、50,000本の花が咲き誇る。 まだまだ時期は早く、やっと緑に色づいてきた。、、、、、まだ訪れる人は、地元の人だけ。
 
1704140846490
 
 
●・・・・・・・・・・・・一寸八分の観音像を祀る光ヶ嶽観音堂(江戸川区北小岩4)。 観音様は、里見義豊(戦国時代の武将)、義俊(平安末期の武将)の守り本尊だったそうだ。
 
1704140856460
 
1704140858230
 
 
●・・・・・・・・・・・・・門前に青面金剛と馬頭観音を祀る真光院(しんこういん、北小岩4)、、、、、ちなみに、私の守り本尊はキャッシュカードである。 現世では、お金がないと生きていけない!
 
1704140907200
 
 
●・・・・・・・・・・・権現造りの古社は小岩田天祖神社。 現社殿は文政10年(1827)に再建された。
 
1704140919410
 
 
●・・・・・・・・・・・・再び、江戸川の土手に上がってみた。、、、、、対岸は市川市国府台の里見公園 。 緑の中に薄いピンクの桜が見える。
 
1704140923250
 
・・・・・・・・・・・・・・・チョイと春の日射しを受け上流側に歩くと、松戸市栗山の給水塔 が見える。、、、、、北総線の江戸川橋梁も見える。
 
1704140926280
 
1704140927080
 
 
●・・・・・・・・・・・・・チベットとはどのような関係だか知らないが、寺宝としてチベット語の経典が多数ある真言宗豊山派正真寺。(北小岩7)、、、、、寺の駐車場の桜も見事に満開。
 
1704140929060
 
1704140934070
 
 
●・・・・・・・・・・・・癌封じを売りとする江戸川不動尊唐泉寺(北小岩7)。、、、、、私には、癌封じだけでは足りず、呆け封じ、虫封じ、口封じ、いろいろ封じて、最後は息封じで極楽浄土。
 
1704140942310
 
 
●・・・・・・・・・・・江戸川区北小岩に出っ張るように葛飾区鎌倉8丁目が接している。 ここに千代田通り商店街がある。 昔からの商店街ではなく、おそらく昭和の時代に作られた商店街のようだ。、、、、狭い通りだが賑わいがあるね。
 
1704140954490
 
 
●・・・・・・・・・・・・商店街を横切り西に向かうと柴又街道に出た。 出たところに、寛永3年(1626)の創建と言われている大珠院がある。(葛飾区鎌倉4)、、、、、来てビックリ、見てビックリ、以前は貧乏寺のような造りの寺であったが、『Before/After』を見ているように、近代的な寺に変わっていた。、、、、私の賽銭で建て替えたのか?(失礼!)
 
1704141000370
 
 
●・・・・・・・・・・・・これより柴又街道を、ひたすら歩きJR小岩駅へ向かう。
 
1704141007280
 
1704141010270
 
1704141019000
 

2017年3月29日 (水)

一之江~葛西

都営新宿線の一之江駅から、新中川と旧江戸川の合流点を見て、地下鉄東西線の葛西駅まで、1万1千歩の散歩です。
 
 
 
一之江駅 ・・・・・・・・・・都営新宿線の一之江(いちのえ)駅は昭和61年(1986)9月14日に開業した島式ホーム1面2線の地下駅。 駅は東京都が出資する第三セクター:(株)東京交通会館が所有する4階建ての駅ビルの地下にある。、、、、、駅前のバス停は、10番乗り場まであり、都バスを主体に江戸川区内四方八方に路線がひかれている。 地理的に見ると江戸川区の中心だ。
 
1703290815160
 
1703290821030
 
 
②新今井橋・・・・・・・・・・・・・・新今井橋は、新中川 に架かる橋のひとつで、東西両岸とも江戸川区西瑞江四丁目である。 橋上には都道50号東京市川線(新大橋通り)を通す。 東岸の先にて、都道は今井橋で旧江戸川を越え千葉県市川市に入る。、、、、、橋は、3径間連続鋼鈑桁橋、橋長121.5m、開通は平成9年(1997)11月23日である。
 
1703290832580
 
 
③今井水門・・・・・・・・・・水門は新中川が旧江戸川に合流する地点に、昭和37年(1962)に設置された防潮水門である。 江戸川区・葛飾区・足立区の低地帯を高潮や津波の侵入から守るため、有効幅員14.5m、高さ9.46mのゲートを7連備えている。 都内では最大級の水門である。
 
1703290845160_2
 
1703290833310_2
 
・・・・・・・・・・・・・・只今、総工事費13億3千万円投入し耐震補強工事を進めている。 これで、想定する最大級の地震が発生しても津波・浸水を防ぐことができるそうだ。 ホントかいな?
 
1703290839270_2
 
1703290840270_2
 
1703290842060_2
 
 
④瑞穂大橋・・・・・・・・・・・平成18年(2006)に着工し、平成23年(2011)1月29日に完成した、長さ163.3mの3径間連続鋼床版桁橋。 両岸の道路線形に合わせ、橋上中央で緩やかな「くの字」にカーブした形の橋である。
 
1703290844260_2
 
1703290844570_2
 
 
⑤新中川と旧江戸川の合流点・・・・・・・・・・・・写真右から流れ下る旧江戸川、左から新中川が合流する。 右側(対岸)は千葉県市川市。 (江戸川区江戸川5丁目付近から撮影)
 
1703290850111_stitch_2
 
 
⑥江戸川区江戸川の演出?・・・・・・・・・・・江戸川で見た洗濯物。 住宅の表通り側に干された洗濯物。、、、、、、ヨーロッパの裏通りでは向かい側の建物との間にロープを張り洗濯物を干している写真を時たま見ることがある。 江戸川では、壁にぶら下げるようだ! よく見ると、1階にも物干し竿がある、こちらの御宅は前を歩く人に“見て楽しい洗濯物”を演出しているのかも? 女性物はどのように干すのか、知りたいね! 
 
1703290915250
 
 
⑦古川親水公園・・・・・・・・・・・・江戸川6丁目の町中を清流が流れる親水公園。 古川は江戸時代からの水運に使用された水路であったがその役目は終わり、昭和45年(1970)頃までには悪臭が漂ういわゆるドブ川となっていた。 江戸川区は、周辺の下水道の整備を進めると共に、川を埋め立てる予定であったが、川を残してほしいという地元の要望を受け、水の流れる公園として再生させることとなった。 昭和48年(1973)7月にはその一部が完成し、日本初の親水公園となった。 昭和49年(1974)には、全日本建設技術協会が与える全建賞を受賞した。、、、、、綺麗に手入れされ、散策に気持ち良い親水公園が、1,200m程続いている。
 
1703290916540
 
1703290931110
 
1703290919270
 
 
⑧妙勝寺・・・・・・・・・・・・・・日蓮宗寺院の妙勝寺は、本覚山成就院と号し、徳治2年(1307)に開山した。 もとは、中山法華経寺の末で、末寺14ヶ寺を擁していた中本寺格の寺院であった。、、、、、、大木に囲まれた広い境内に、伽藍は配置されている。、、、、数本の桜の古木が花をつけ、これからが楽しみである。
 
1703290923080
 
1703290929430
 
1703290924540
 
1703290927320
 
 
⑨二之江神社・・・・・・・・・・・妙勝寺の門前にある二之江神社は、昭和42年(1967)11月3日、氏子によって、これまでの香取神社と八幡神社とを合せて新たに二之江神社とした。 香取神社の創建は不詳であるが、経津主命をまつり現在地にあって旧二之江村の鎮守であった。 八幡神社は寛文年間(1661~1673)の創建で誉田別神を祀り、妙勝寺の境内社であった。
 
1703290934320
 
1703290933370
 
 
⑩新川・・・・・・・・・・・旧江戸川と中川を結び江戸川区を東西に流れる運河が新川 である。 新川も川筋の整備が進み、これから咲く「新川千本桜」も楽しみである。、、、、、、、今日は新川を越えて、葛西駅に向かう。
 
1703290941200
 
1703290940330
 
1703290942480
 
 
葛西駅 ・・・・・・・・・・・・地下鉄東西線の葛西駅。 地下鉄博物館のある駅だが、快速は通過する悲しい駅。
 
1703291004510_2
 
1703291006380_2
 

2016年12月16日 (金)

高砂~小岩

今朝の天気予報では、『日本付近は冬型の気圧配置で、全国的に真冬の寒さ』と解説。 私が散歩に出た朝8時は5℃、風も吹き体感気温は氷点下。 行先のあてもないまま家を出たとたん、『寒い、寒い! 散歩は止めとけばよかった』と、後悔先に立たず。 どこへ散歩に行くか、北風吹く中、とりあえず駅に向かう。 JRに乗るか、地下鉄に乗るか、地下鉄の駅の方が暖かそうだ。 浅草橋の地下鉄ホームは島式1面2線、京成方面行きに乗るか、京急方面行に乗るか、京成方面は座れるのでこっちにしよう。 車内で下車する駅を考えるが、決まらない、そうこうするうち終点の高砂に着き、強制的に下車することになった。 ホームに立つと、再び北風が吹き付け、『ホームで凍死は嫌だ!』と、とりあえず橋上のコンコースへ避難する。 駅周辺の地図を眺め、東西南北いずれに向かうか(?)悩む。 北風吹く北に向かうのは愚の骨頂、東は江戸川、西は中川で川筋は“寒い”、残るは南に向かうだけ。 『よし決めた! 今日は南に向かって歩こう。 男だ、寒くない。』と、駅を飛び出し散歩を始めた。、、、、、、、京成線高砂駅から総武本線小岩駅まで、9千歩、7kmの散歩です。、、、、、、(今年、6月にほぼ同じルートを散歩した
 
 
 
①1911年製のレール・・・・・・・・・・・京成高砂駅コンコースにある鉄道レールのモニュメント。 このレールは明治44年(1911)に、アメリカのカーネギー社で製造され、大正元年(1912)に押上~金町間の開業時に使用された由緒あるレールである。 44年間のレールの役目が終わり、昭和33年(1958)からは高砂駅のホーム屋根を支える支柱として使用されてきた。 平成8年(1996)に、駅コンコースの拡張工事に伴い引退し、モニュメントとして余生を送ることとなった。
 
Dsc09570
 
・・・・・・・・・・・・・・駅コンコースを行きかう人は皆、寒そうに無言でモニュメント前を通り過ぎて行く。 
 
Dsc09572
 
 
②都営高砂アパート・・・・・・・・都営高砂団地は、昭和36年(1961)から昭和44年(1969)までに建設された、総戸数1263戸の大規模団地であった。、、、、、今日来てみたら、古い団地の住人は全て立ち退き、現在ある当時の建物も順次取り壊しが進んでいた。、、、、建物の取り壊しを見ていると、そこに住んでいた人の物語を想像し、チョッピリ涙がにじむね。 今日はとくに寒さも手伝い、目に涙、鼻に鼻水、珍に小水で全身水漏れ状態だ。
 
・・・・・・・・・・・・・・今日来てみたら、古い団地の最後の住人も全て立ち退き、現在ある当初の建物も順次取り壊しが始まっている。。、、、、建物の取り壊しを見ていると、そこに住んでいた人の物語を想像し、チョッピリ涙がにじむね。 今日はとくに寒さも手伝い、目に涙、鼻に鼻水、珍に小水で全身水漏れ状態だ。
 
Dsc09579
 
Dsc09584
 
Dsc09592
 
Dsc09594
 
Dsc09595
 
・・・・・・・・・・・・・・団地中央の商店街、シャッターを下ろした店もある。 郵便局、診療所、薬局、クリーニングは開いてたが、店舗の上の住居部分は閉鎖されていた。
 
Dsc09606
 
Dsc09607
 
Dsc09611
 
・・・・・・・・・・・・・・すでに更地となっている区画もある。
 
Dsc09598
 
Dsc09601
 
・・・・・・・・・・・・・団地の南側は平成20年(2008)~平成23年(2011)にかけ建て替えられ、新たに総戸数1011戸の団地となっている。 これから北側も、順次建て替えられる予定。
 
Dsc09615
 
Dsc09625
 
・・・・・・・・・・・・・団地内に残っていた棟の案内板。、、、、、南側の建て替えられた棟には棟番号が表示され、取り壊される棟は棟番号が白いテープで隠されていた。
 
Dsc09624
 
 
③北風が吹き抜ける鎌倉の町・・・・・・・・・・葛飾区にもある鎌倉の町。 高砂~京成小岩間の京成本線の南北両側に広がる町。 「鎌倉」の由来は、、、、、、相模国鎌倉郡から来た源左衛門という者が、寛永年間(1624-45)に村の鎮守として鎌倉の鶴岡八幡を勧請したことによる。 その鎌倉八幡神社 は4丁目にある。 つまり、鎌倉は、江戸時代の、相模国鎌倉のパクリである。、、、、、、空は澄み、鉄塔の多い町だが、風は吹き抜け、寒い、寒い! 
 
Dsc09630
 
 
④小岩駅・・・・・・・・・・・・今日は寒いので速足で歩き、10時過ぎに駅に着いた。 もうこれ以上、歩くのはヤダ! 駅のスタバでコーヒータイム。、、、、、「熱い珈琲 身体はホット 前の二人は 熱い仲」 
 
Dsc09640
 

2016年11月29日 (火)

東大島~南砂町

都営新宿線東大島駅から東西線南砂町駅まで、1万歩、7kmの散歩です。
 
 
東大島駅 ・・・・・・・・・・・江東区と江戸川区の区境を流れる旧中川。 その旧中川の真上が東大島駅のホーム。 駅の出入口(改札)は川の両岸、江東区・江戸川区にそれぞれある。 降りるとき出口を間違えると、『さあ~、たいへん』、川を渡る橋まで遠回りすることになる。、、、、、相対式2面2線の川の上の駅、昭和53年(1978)12月21日、に開業。 只今、駅の改良工事中。、、、、、今日は江戸川区側の小松川口から出てみた。
 
Dsc08185
 
Dsc08184
 
Dsc08187
 
 
②大島・小松川公園・・・・・・・・・・・・・・旧中川を挟み江東区と江戸川区にまたがる都立公園。 江東区側の公園の地下には、都営地下鉄新宿線の車両基地が造られているが、公園の地下であり見ることはできない。 江戸川区側(東大島駅の北側)には大きな芝生広場があり防災拠点となっている。、、、、今日は東大島駅の南側の公園に行った。 ちょうど紅葉の見頃だった、『Oh!Beautiful!Wonderful!』
 
Dsc08188
 
Dsc08194
 
Dsc08196
 
Dsc08198
 
Dsc08206
 
Dsc08210
 
・・・・・・・・・・・・・・南側の公園は東に荒川、西に旧中川が流れ、公園ある場所で、かつては合流していた。 その合流地点には小松川閘門が設置され、荒川と旧中川の水位の違いを調節し船を通行させていた。 この閘門は公園の中央の丘に頭部だけ出し、下は埋められた状態で残されている。、、、、、約101万円の工費により、昭和5年(1930)3月の竣工。 閘門の上部には60馬力電動機が装備され、8m/分の速度で重さ80tのゲートを昇降したそうだ。 閘門は昭和51年(1976)に役目を終えた。、、、、、上部の小屋の中には大きな歯車などが残されているのが見える。
 
Dsc08216
 
Dsc08212
 
Dsc08215
 
Dsc08207
 
・・・・・・・・・・・・・・閘門前から旧中川(右から左へ下る)を望む。 中央、奥からは小名木川が旧中川に合流する。
 
Dsc08202
 
・・・・・・・・・・・・・・・閘門の東側には荒川が流れ下る。
 
Dsc08217
 
 
③荒川ロックゲート・・・・・・・・・・名前はカッコいいが、平成の新しい閘門。 旧小名木川閘門の南(下流)に、平成17年(2005)に竣工した閘門。 この位置で、旧中川と荒川が合流する。、、、、、閘門の概要は、前扉室(荒川側):高さ29.5m、幅28.2m  後扉室(旧中川側):高さ22.5m、幅30.0m 閘門:高さ9.4m、幅18.5m、延長65.0m  施工は戸田建設。、、、、、前扉室の屋上(最も高い処)に上がれるときき、誰もおらず、吹きさらしの階段を一人で上ってみた。 一歩一歩上りながら、『今地震が発生したら、このゲートが破壊して、、、、』てなことを思い、悲しいかな、高所恐怖所の私は、あと少しで屋上という位置で、怖くなり降りてきた。(残念!)
 
・・・・・・・・・・・・・・前扉室を荒川から見上げる。
 
Dsc08238
 
・・・・・・・・・・・・・・前扉室の胸部から後扉室と閘門を眺める。 振り返ると、荒川への注ぎ口見える。
 
Dsc08230
 
Dsc08233
 
・・・・・・・・・・・・・・・後扉室
 
Dsc08250
 
・・・・・・・・・・・・・後扉室に流れ込む旧中川。
 
Dsc08246
 
・・・・・・・・・・・・・・・旧中川と閘門内を、仕切るゲート。
 
Dsc08249
 
・・・・・・・・・・・・・・・後扉室から、前扉室を眺める。
 
Dsc08248
 
 
仙台堀川公園・・・・・・・・・・・江東区北砂6丁目と東砂1丁目の境で小名木川から分流し、千石1丁目付近で大横川に合流する仙台堀川に沿った全長約3.7kmの都内最大の親水公園。、、、、砂町が農村から工業の町へ変わる中、船による輸送力の向上を見越し、昭和8年(1933)に運河が開削された。 昭和30年(1955)頃までは、周辺の製材所の材木が運河に浮かぶ光景も見られたが、その後、運河の役目も終わることになった。 昭和55年(1980)には運河は埋め立てられた。、、、、、運河を公園とする工事は、昭和53年(1978)に始まり、昭和61年(1986)に完成した。、、、、、、桜の木が多く、花見の名所の一つである。
 
Dsc08286
 
Dsc08263
 
Dsc08289
 
Dsc08265
 
Dsc08274
 
・・・・・・・・・・・・・・・公園の一画に保存されている旧大石家住宅。 江戸時代後期の半農半漁の住宅である。
 
Dsc08282
 
Dsc08281
 
 
⑤南砂町駅・・・・・・・・・・・昭和44年(1969)3月29日、私が社会人となった日の3日前に開業した駅。 もう50年近く前のことだ。、、、、、島式ホーム1面2線を有する地下駅東西線の駅である。、、、、駅周辺には大型集合住宅が建ち、また周辺の再開発も予定されている。 それを見越してか、2020年を目標に駅の大規模改修工事が進められている。 具体的には島式ホーム2面3線の構造とし、コンコース広げ、改札は中央部に1か所とするらしい。
 
Dsc08304
 
Dsc08308
 
Dsc08310

2016年10月 2日 (日)

浅草橋~新小岩

我が家(浅草橋)から、ひたすら蔵前橋通りを歩いて新小岩駅まで、1万3千歩、10km、2時間30分、都内5区にまたがる散歩です。
 
 
 
●am7:50・・・・・・・・・浅草橋の我が家を出る。 駅前の江戸通りも交通量は少ない。、、、、『そうか! 今は日曜の早朝、人も車も少ないはずだ。』 『そうだよ! 勤めを辞めて、毎日が日曜、曜日の意識もなくなった。』
 
Dsc03638
 
 
●am7:55・・・・・・・・隅田川テラスに出る。 チョイと朝靄(もや)の残る中、房総特急が総武線隅田川橋梁 を渡り去る。、、、、テラスを歩き蔵前橋に向かう。
 
Dsc03640
 
Dsc03645
 
Dsc03647
 
 
●am8:06・・・・・・・・只今、耐震補強工事中の蔵前橋の上から見るスカイツリー。 ここから、蔵前橋通り を歩く。、、、、、蔵前橋から墨田区に入る。
 
Dsc03651
 
 
●am8:17・・・・・・・・墨田区石原1丁目にて、『氷』の旗がさがった、カフェの前を通過。、、、、、“氷あずき”が大好物の私には、この刺激が忘れられず、気温も上がった昼から夫婦で湯島の甘味処へ行ってみた。 ナント、『“氷”は9月で終わりました。』 しかたなく、クリームあんみつで我慢。 その後、“おはぎ”を一つ。、、、、これで、胸やけ。 『胃腸薬、チョーだい!』
 
Dsc03660
 
 
●am8:38・・・・・・・・法恩寺橋を渡り、am8:41法恩寺参道前を通過。
 
Dsc03675
 
Dsc03683
 
 
●am8:43・・・・・・・・錦糸町駅とスカイツリーを直線的に結ぶタワービュー通り 。 スカイツリーの景観を良くするため、電線を隠し無電柱化した通り。、、、、オリンピックに向け、都内から電柱が無くなることを、小池知事に期待しよう!
 
Dsc03687
 
 
●am8:58・・・・・・・・天神橋を渡り江東区に入り、亀戸天神前を通過。 くず餅屋も、まだ営業しておらず、くず餅と氷あずきを食べた気持ちで、唾を飲み込み、先へ歩く。
 
Dsc03704
 
 
●am9:28・・・・・・・・亀戸天神を過ぎると見るべきものも少なくなり、足も止まることなく、スタコラサッサ、ホイサッサ。、、、、東武亀戸線 を跨線橋で越える。
 
Dsc03730
 
 
●am9:33・・・・・・・・江東新橋を渡り、旧中川を越える。、、、、橋の袂で振り返るとスカイツリーに見つめられているようだ。、、、、、橋の上からは、旧中川の緑が目に飛び込んでくる。、、、、、この橋より先は江戸川区となる。
 
Dsc03734
 
Dsc03738
 
Dsc03743
 
 
●am10:02・・・・・・・・昭和42年(1967)に完成した全長484mの、平井大橋を渡り荒川を越える。 橋の下の河岸にはコスモスが咲き秋の始まりを感じる。、、、、振り返ると、スカイツリーも小さくなった。、、、、橋を渡ると、対岸は葛飾区となる。
 
Dsc03765
 
Dsc03771
 
Dsc03776
 
Dsc03779
 
 
●am10:02・・・・・・・・平井大橋を過ぎ葛飾区に入ると、昭和52年(1977)に竣工した都営住宅「西新小岩一丁目アパート」が見える。 蔵前橋通り沿いにある14階建て2棟(871戸)の大きなアパートである。 新小岩駅からも近く、便利が良く、人気もありそうだ。、、、、、アパートでは、甘い香りを強く放ちキンモクセイが迎えてくれた。
 
Dsc03783
 
Dsc03798
 
Dsc03789
 
 
●am10:30・・・・・・・・新小岩駅到着。、、、、我が家から、約2時間半の散歩となった。
 
Dsc03809
 
Dsc03800
 

2016年9月14日 (水)

平井

JR総武線平井駅の南側を気ままに、ぶらぶら歩きまわってきた。 1万2千歩、9km。
・・・・・・・・・・注:江戸川区の大部分は荒川と江戸川の間にある。 その大部分に属さず、荒川の西側(都心より)に、旧中川と荒川に囲まれてチョイと出ているのが、「平井」の町である。
 
 
①平井駅・・・・・・・・・・明治32年(1899)4月28日、総武鉄道(私鉄)の駅として開業し、以後、国有化された。 昭和40年代頃までは地平駅であった、その後、1面2線の高架駅となる。、、、、、平井駅周辺には域外から人を呼び込むような施設はなく、もっぱら地域密着型の駅で、乗降客も地元住民が大半を占めているようだ。
 
Dsc02681
 
Dsc02666
 
・・・・・・・・・・・・・通勤時間帯の総武線お茶の水寄り先頭車は女性専用車である。 私も、一度は乗ってみたい憧れの車両。 乗ったら、女性の鋭い、怖い、熱い視線で殺されるかも?
 
Dsc02673
 
 
②平井の花街・・・・・・・・・・昭和初期、関東大震災の被災者が平井の町にも住み、平井駅の南側(平井3丁目)には花街が形成された。 昭和12年(1937)頃には、平井三業組合も設立したそうだ。 戦前には、置屋45軒、待合30軒以上、料理屋7軒、芸妓250名以上を数えたらしい。 まだ、私は生まれていないが、いい時代だったかも(?)、、、、、空襲で被災した街は、その後復興し、昭和25年(1950)頃には、料亭も20軒近くあったらしい。 当時4歳の私は、まだ知らない世界。 その後、売春防止法の施行、時代の変化により、昭和50年代に“平井の花街”は明かりを消した。
 
・・・・・・・・・・・・・駅前の裏道は花街の名残か(?)、飲食店が点在する。 店の前をサラリーマンが速歩で駅へ向かう。
 
Dsc02684
 
Dsc02686
 
・・・・・・・・・・・・・現在も営業中の割烹まじま。 終戦直後からある老舗の料理屋さん。
 
Dsc02687
 
・・・・・・・・・・・・・こちらも、花街の名残か、割烹あじさい。 若い女将が営業、17時からです。
 
Dsc02685_2
 
・・・・・・・・・・・・・塀の前を芸妓が歩いたであろう?
 
Dsc02690
 
・・・・・・・・・・・・・・こちらは、2階から三味線の音が聞こえてくるような元料亭の建物。
 
Dsc02694
 
 
③都営平井一丁目アパート・・・・・・・・名は“一丁目アパート”だが、その実態は“江戸川区平井3丁目”にある。 昭和40年代の1965年から1969年に建てられた、総戸数:1196戸(12棟)の都営アパート。、、、、、中層もあれば、高層もある団地。 おじいさんも、おばあさんもいる団地。 おばあさんは、一人暮らしで買い物が大変らしい。
 
Dsc02716
 
Dsc02714
 
Dsc02707
 
Dsc02702
 
 
④ふれあい橋・・・・・・・・・・・旧中川に架かる「ふれあい橋」は、江東区亀戸と江戸川区平井を結ぶ人道橋。 橋長:56mの1径間鋼製アーチ橋で平成6年(1994)に架けられた。、、、、、ここからはスカイツリーがバッチリ撮れ、絵になる。
 
Dsc02729
 
Dsc02721
 
Dsc02724
 
・・・・・・・・・・・・・関東大震災では、この地点で、猛火に追われた2800名程が命を落としたそうだ。 橋の脇に慰霊碑が建立されている。
 
Dsc02722
 
 
⑤平井浅間神社・・・・・・・・・平井3丁目、旧中川沿いにある浅間神社。 この神社は高さ約5mの富士塚そのものが神社という、珍しい神社。 神社の創建は不詳であるが、長享2年(1488)の創建とも伝えられ、当社は「逆井の富士塚」とも言われているそうだ。(私は、聞いたことがないけど!)
 
Dsc02731
 
Dsc02733
 
 
⑥平井白髭神社・・・・・・・・・・・・平井2丁目には白髭神社がある。 神社の創建年代は不詳だが、逆井村(現:平井)の鎮守で建治年間(1275~1278)の草創といわれている。、、、、、境内は広く、盆踊りには最適の広さかも?、、、、、、社殿は、昭和45年(1970)に鉄筋コンクリート造にて建て替えられた。
 
Dsc02739
 
 
最勝寺/成就寺 ・・・・・・・・・・・・・ 
・・・・・・・・・・・・・・・白髭神社を後にし、旧中川沿いの平井2丁目から、荒川沿いの平井1丁目へ、裏通りをブラブラ、、、、、右に曲がり、左に曲がり、どちらに曲がっても、同じような町並みで、つまらない!
 
Dsc02758
 
・・・・・・・・・・・・・・・軒先の柿が色づいてきた!、、、、ここで有名な句 「柿食えば 腹が鳴るなり 冷やすなり」
 
Dsc02757
 
・・・・・・・・・・・・・・曲がり曲がって、去年、手を合わせた最勝寺前に出た。 これも何かの縁だと思い最勝寺に参り、お隣の成就寺にも参る。
 
Dsc02763_2
 
Dsc02769_2
 
・・・・・・・・・・・・・両寺を後に、駅前の商店街を抜け平井駅へ戻る。
 
Dsc02772

2016年9月12日 (月)

新小岩~小岩

今日も日没前の散歩となり、総武本線新小岩駅から隣の小岩駅まで、1万歩、7km。
 
 
①新小岩信号場駅・・・・・・・・・・総武本線新小岩駅と小岩駅の間に、総武緩行線/快速線の線路に並行して数本の貨物線がある、ここはJR貨物の新小岩信号場駅である。 かつては、貨物扱いする「新小岩操駅」であったが、現在は貨物の扱いはせず、、一日に上下4本ずつの貨物列車が発着する、小さな操車場となっている。
 
・・・・・・・・・・・・・新小岩駅北口に出て、線路沿いに東へ向かう。 駅では、南北自由通路整備工事が行われている。 
 
Dsc02557
 
・・・・・・・・・・・・・・・北口から150m程歩くと、広いロータリー状の駅前バス停がある。 ここを発着するバスは3系統だけ、バスを待つ人はまばらで、チョイともったいないね。
 
Dsc02561
 
・・・・・・・・・・・・・・越中島貨物駅に隣接する東京レールセンターから発送されるレールを運搬する貨車が留められていた。 貨車は昭和40年代に、レール、バラストの輸送専用に製造されたもので、50年以上活躍してきた、敢闘賞ものだ!
 
Dsc02587
 
Dsc02576
 
Dsc02577
 
・・・・・・・・・・・・・・雑草の中に留め置かれたジーゼル機関車DE10-1752)に哀愁を感じる。 昭和52年(1977)、日本車両製造製で、宇都宮機関区に配置されている。 レール輸送に使用されている。、、、、、今日、新小岩信号所で姿を見た車両はこれだけだった。 寂しいね!
 
Dsc02597
 
・・・・・・・・・・・・・・成田エキスプレスも遠ざかる
 
Dsc02603
 
 
辰巳新橋 ・・・・・・・・・・・江戸川区南小岩6丁目と上一色2丁目を結び、新中川に架かる地域の橋。 中川放水路(現:新中川)開削工事に伴い、昭和31年(1956)に初代の辰巳新橋が架けられたが、老朽化により平成5年(1993)に現在の橋に架け替えられた。 明るい、近代的なデザインの橋である。
 
Dsc02639
 
Dsc02623
 
Dsc02645
 
 
JR総武本線中川放水路橋梁・・・・・・・・・辰巳新橋の上流に架かる、総武緩行線の鉄道橋。 新中川掘削工事に伴い、昭和31年(1956)に架けられたワーレントラス,橋。、、、、、並行する快速線は、昭和47年(1972)に高架・複々線化のため上流側にPC桁橋が架けられた。
 
Dsc02629
 
Dsc02634
 
 
④小岩駅・・・・・・・・・・・・・町に明かりが灯り、散歩はここまで、、、、、
 
Dsc02655
 
Dsc02657
 
Dsc02663

より以前の記事一覧