練馬区

2017年6月20日 (火)

東中野~江古田

JR東中野駅で下車し、北へ向かうか南にするか、それとも、西へ歩くか東へ行くか? 困った、迷った、悩んだときは、現世の観音様に決めてもらう。 ちょうど駅から可愛い娘が出て来た、『あの娘の行く方向に歩こう!』。 決まった!駅から北西に向かうことにした。 西武新宿線の新井薬師前駅、大江戸線の新江古田駅を抜けて、西武池袋線江古田駅まで、1万2千歩の散歩です。
 
 
 
①東中野駅・・・・・・・・・明治39年(1906)6月14日、甲武鉄道の柏木駅として開業し、大正6年(1917)1月1日より東中野と改称した。、、、、、駅は山手通りに面し、平成9年(1997)には都営大江戸線の駅も開業し、乗り換え駅となった。
 
1706200802200
 
1706200809010
 
・・・・・・・・・・・・・・チョイと古い時代の東中野駅
 
7_20140203_009_2
 
 
②東中野ギンザ通り・・・・・・・・・・東中野駅前から北西方向に約600mの長さで伸びる商店街。、、、、、、私が歩く、午前8時過ぎ、狭い道は駅へ向かう人が速足で通り過ぎる。
 
1706200809350_2
 
1706200818320
 
・・・・・・・・・・・・・・商店街の中程に朝顔の苗が置かれ、「御自由にお持ち帰り下さい」と。、、、、、つい、手が出て苗を3つ貰ってきた。 開花するのが楽しみだ!
 
1706200821580
 
 
③正見寺・・・・・・・・・・ギンザ通りを抜けると早稲田通りに出る。 ここ(中野区上高田1)に、浄土真宗本願寺派寺院の正見寺がある。 正見寺は、滋賀県栗田郡駒井城主・駒井掃部介高植、次代右近大夫宗高が菩提のため、応永年間(1394~1427)に建立された。 その後、寺は赤坂・四谷と移転し、明治42年(1909)に現在の中野に再移転した。 昭和20年、戦災により堂宇は灰塵に帰し、昭和46年(1971)に本堂を鉄筋コンクリート造で再建し現在に至る。 正見寺には、明和時代(1765年前後)の江戸三美人のNo.1といわれた“笠森お仙”の墓がある。 、、、、私は、現在の美人と遭遇することに期待し寺の脇の道。 誰が名付けたか、「上高田中通り」を行く。 
 
1706200826050
 
1706200826570_2
 
1706200827590
 
 
④上高田4丁目の寺院・・・・・・・・・・・上高田4丁目の高台に、功運寺・願正寺・境妙寺・宝泉寺などの寺院が並んでいる。、、、これらの寺院には以前来たので、詳細はこちらで。
 
1706200838510
 
1706200841310
 
1706200843190
 
・・・・・・・・・・・・・・寺院が集まる処から約200m北に、桜ヶ池不動院という寺がある。 その名の通り、小さな池があり脇のお堂に不動明王像が安置されたている。
 
1706200902170
 
・・・・・・・・・・・・・・さらに、不動院の裏には素戔鳴尊を祭神とする上高田氷川神社がある。 上高田一円の鎮守として享徳2年(1453)に創建した。 現社殿は大正15年(1926)に造営された。
 
1706200904030_2
 
1706200909050
 
 
⑤西武新宿線踏切・・・・・・・・・・・・西武新宿線新井薬師前駅の東側で、踏切を越える。、、、、、、西武新宿線中井駅~野方駅間は、連続立体交差工事の真っ最中。
 
1706200920580
 
1706200922140
 
・・・・・・・・・・・・・・工事用の車両などにぶつけられたのか、踏切の脇には、チョイと石の角が欠けた痛々しい庚申塔がある。、、、、祠に入れるなど、しっかり祀ってあげて欲しいね。
 
1706200924560
 
1706200924120_2
 
・・・・・・・・・・・・・踏切の北側で道は分かれる。 右は哲学堂公園・新宿区落合方面、左は江古田方面。 私は、左へ向かうことにした。
 
1706200927440
 
 
⑥キク薬局・・・・・・・・・・新井薬師前駅の北側(中野区松が丘1)に、2009年頃に廃業したらしい、仕舞屋から廃屋となってしまった薬局がある。 二階は歯科だった。、、、、、2階に並ぶ窓がモダンな感じの建物だが、1階の窓はボロボロ。 猫の通り抜けも自由!
 
1706200930080
 
 
⑦中野通り・・・・・・・・・・・・笹塚から中野駅をとおり、江古田で新青梅街道にぶつかる中野通り。、、、、、我が脚は、松が丘1丁目から、中野通りを横断し、松が谷2丁目に入る。
 
1706200941430
 
 
⑧妙正寺川・・・・・・・・・・・・杉並区妙正寺から中野区江古田地区を流れ新宿区下落合で神田川に合流する妙正寺川。 我が脚は、江古田橋で妙正寺川を越える。
 
1706200950370
 
・・・・・・・・・・・・・・大雨の度に氾濫していた妙正寺川は、流域・護岸も整備され、深い川底が見える。、、、、、、、水は綺麗になった。 念のため遊泳禁止。
 
1706200951130
 
 
⑨東福寺・・・・・・・・・・妙正寺川を越えて江古田3丁目に、真言宗豊山派の東福寺がある。 東福寺の創建年代は不詳だが、天正年間(1573~1593)に江古田村の村民が開基となり、創建した。 江戸時代には3代将軍家光が鷹狩りの休息所(御膳所)として指定されていた。、、、、、現本堂は昭和42年(1967)に鉄筋コンクリート造で建てられた。、、、、境内は広く、本堂は高台にある。 
 
1706201000160
 
1706201006140
 
 
⑩江古田駅・・・・・・・・・・・・「江古田」の町は中野区にある。 大江戸線「新江古田駅」は中野区の北端「江原町」にある。 そして、西武池袋線の「江古田駅」は練馬区旭丘に位置する。 つまり、江古田の町には鉄道の駅は無い! ついでに、東電江古田変電所、日大江古田キャンパス、江古田斎場など、有名処の施設は練馬区に位置する。
 
・・・・・・・・・・・・・・大江戸線新江古田駅
 
1706201018490
 
・・・・・・・・・・・・・西武池袋線江古田駅
 
1706201028000
 
1706201031020

2017年5月24日 (水)

平和台~高島平

『東京大佛でも見てくる』と家を出た、地下鉄成増で下車する予定で有楽町線に乗った。 途中、『次は平和台』の車内アナウンスを聞くと、“平和台球場”を思い出し、急遽飛び降りてみた。 あとは成り行き任せで高島平まで、“平”から“平”まで、1万2千歩の散歩です。

 
 
①平和台駅・・・・・・・・・・私が下車するのは、おそらく、生まれて初めてである。 特に変わったものがある、特別面白い、特徴的な駅員がいる、、、、そんな、こんなことは何もない、ごく普通の駅であった。、、、、平和台駅は昭和58年(1983)6月24日に有楽町線の駅として開業し、平成20年(2008)6月14日には新たに開業した副都心線とも共用する島式ホーム1面2線の駅となった。
 
1705240820180
 
1705240824110
 
●・・・・・・・・・・・駅名の由来は、駅東側の町:「平和台」に由来する。 では、地名の由来は、明治時代は北豊島郡下練馬村であった。 昭和7年には東京市に編入し、板橋区練馬仲町となり、昭和22年には板橋区から独立し、練馬区仲町となる。 昭和40年の新住居表示では、あっさりと公募で決めた平和台となる。、、、、歴史を捨て、意味不明の平和台を選んだ町の隣には、陸上自衛隊練馬駐屯地がある。 どうせなら、福岡にあった西鉄ライオンズの本拠地:「平和台球場」を移設すれば良かったかもね。
 
●・・・・・・・・・・・国内にある“平和”な駅は、ここ「平和台駅」と、流鉄流山線に同名の「平和台駅」がある。 他には、JR千歳線「平和駅」、京急本線「平和島駅」、北九州モノレール「平和通駅」、伊予鉄道城北線・城南線「平和通一丁目停留場」がある。、、、、私が“平和”ボケしていなければ、これが全てである。、、、、こんなこと調べていたら、麻雀の役の平和(ピンフ)の語源は? 今夜は眠れるかな?
 
・・・・・・・・・・・・・駅前の平和台4丁目にある馬頭観世音、、、、この馬頭観音は、江戸時代中期に建立されたもので、石には像などは彫られておらず文字だけである。 道標を兼ねており、正面には富士・大山・東高野、右には新井薬師・堀之内(妙法寺)・雑司ヶ谷(鬼子母神)など信仰の道にふさわしい地名が見られる。 また板橋・赤塚・戸田・所沢など近郷の地名と里程も刻まれている。 この塔があった、旧は富士街道丸久保の十字路とは、交通の要所でもあったようだ。
 
1705240825570_2
 
 
②練馬北町六丁目アパート・・・・・・・・・・平和台駅を出ると、環状八号線の北側に3~5階建ての都営アパートが並んでいる。 私は24号棟まで確認した。 昭和51年(1976)から昭和62年(1987)にかけ建てられた、約500戸の団地。
 
1705240828080
 
1705240839360
 
1705240829580
 
1705240842530
 
 
③大松氷川神社・・・・・・・・・・・平和台の北側、板橋区との境に近い北町8丁目に「大松氷川神社」がある。 大松とは下練馬村の小字名。 創建年代は不詳、祭神は建速須佐之男命。、、、、、一般道となった参道の正面奥に、昭和3年(1928)10月20日に建てられた社殿がある。
 
1705240856480
 
1705240858310
 
1705240901090_2
 
・・・・・・・・・・・・・社殿の脇には、幹の太さ3.1m、高さ23mのクスノキが茂る。

1705240903410

 
 
④カトリック北町教会・・・・・・・・・・・東武東上線下赤塚駅の東側で川越街道を横断し、練馬区北町3丁目に入ると、裏通りに十字架が見えた。
 
1705240908480
 
・・・・・・・・・・・・・・昭和34年(1959)に創立したカトリック北町教会である。、、、、施錠された聖堂前の園庭では、幼稚園児が遊んでいる、若い先生もいる。 ここで先生に声をかけ、聖堂の中を見せてもらうには勇気がいる。 『怪しい親爺が門の前でうろついている、全員緊急避難!』とならないように、今日は我慢して素通りすることにした。
 
1705240922120
 
 
板橋区徳丸の町 ・・・・・・・・・・・
 
・・・・・・・・・・・・・・東武東上線のガードを抜けて、板橋区徳丸の町に向かう。、、、、チョイト雲行きが怪しくなってきた。 
 
1705240925580_2
 
1705240936540
 
・・・・・・・・・・・・・・徳丸の町はアップ・ダウンの激しい山岳コースのような町である。 肺活量が小さくなった私にはキツイ! 暑さもキツイ! 呼吸はゼイゼイ、汗はダラダラ、ひたすら高島平駅を目指し歩くのみ。
 
1705240939330
 
1705240945000
 
1705240953350_2
 
1705240956080
 
1705241006280
 
・・・・・・・・・・・・・・足が疲れたころに、赤塚公園交差点に到着。 首都高上で火災が発生したようだ、一般道は消火活動のため交通規制が行われていた。、、、、私の到着が遅く、黒煙が上がる場面には遭遇できず、決定的瞬間に立ち会うことはできなかった、残念。
 
1705241007050
 
1705241007480
 
 
⑥高島平団地・・・・・・・・・・・・高島平団地への入居開始は昭和47年(1972)から始まった。 高島平団地の総戸数は約10,000戸、人口は約17,000人、ここも少子高齢化問題が発生している団地である。 高齢者の一人住まいも多く、自殺者も多い団地となったそうだ。、、、、、そろそろ団地の役割を終える時代になったのか? 
 
1705241015110
 
1705241017050
 
1705241018130
 
1705241020530
 
 
⑦高島平駅・・・・・・・・・団地の正面に高島平の駅はある。 昭和43年(1968)12月27日、都営地下鉄6号線開業と同時に志村駅として開業し、昭和44年(1969)8月1日に高島平駅と改称した。 島式ホーム2面4線の高架駅。
 
1705241021580_2
 
1705241023300
 
1705241025220

2017年4月 4日 (火)

江古田~沼袋

千葉鉄道聯隊で活躍していた「E18機関車」が見たくなり西武池袋線の江古田駅から、西武新宿線の沼袋駅まで、1万1千歩の散歩です。
 
 
 
江古田駅 ・・・・・・・・・大正11年(1922)11月1日、“1”並びの日に開業した駅。 旧制武蔵高等学校(現:武蔵大学)の設立に合わせて「武蔵高等学校用仮停留所」として開業し、翌年、駅名を「江古田」に改称し本営業を開始した。、、、、、駅名は「えこた」と読む、地名としては「えごた」の読みが正解である。 ただし、駅が所在する練馬区には“江古田”はなく、隣の中野区に地名が残っている。 ついでに、大江戸線の「新江古田」駅(練馬区・中野区の区境にある)では“しんえごた”と称している。
 
1704040828090
 
1704040822110
 
1704040835310
 
 
●・・・・・・・・・・・『江古田まで来たので武蔵大キャンパスでも覗いてみるか。』と思い、武蔵野稲荷神社の境内を抜けて大学前の通りに出たら、『ナンジャ・コリャ!』学生がゾロゾロ、『ソ~~カ、越谷の手前だ! 新入生のオリエンテーションだ!』 今日は立ち寄るのを諦めた。
 
1704040840380
 
 
②鉄道聯隊E18機関車・・・・・・・・・・・練馬区豊玉北1丁目の「エリエイ」という鉄道関連図書出版社に置かれている。、、、、、この機関車は、鉄道聯隊で使われた機関車で、大正10年(1921)にドイツ・オーレンシュタイン&コッペル社にて製造された。 軌間600ミリのE型タンク機関車である。、、、、このE型タンク機関車は、小回りの利く機関車として、軽便鉄道・森林鉄道、工場構内などで多く使用された。 大正10年(1921)、陸軍はこのE型機関車を25両発注し、「E1」~「E25」機関車とした。 昭和20年(1945)までは、千葉の鉄道第一聯隊または津田沼の鉄道第二聯隊の演習線で活躍した。 戦後、聯隊はなくなり、E18は砂利運搬用に西武鉄道に引きとられた。 数年間使用された後は、西武鉄道関連の工場・倉庫に放置され、ボロボロの状態となった。 平成5年(1993)、こちらの会社に移され、大井川鉄道新金谷工場で外観の修復が行われた。 平成24年(2012)から、現在の状態で保存されている。、、、、ボロボロの身体となったE18の再活躍は難しいと思うが、玄関前に大切に保存してもらい、延命しているようだ。
 
1704040856030
 
1704040857150
 
1704040858260
 
 
③江古田の森公園・・・・・・・・・・・・・中野区江古田にある中野区立の公園である。 樹木や芝生の広場などがある広い公園は、住民の憩いの場であるようだ。 敷地は、大正8年(1911)にできた国立療養所中野病院があったところで、主に結核患者の養生所であった。 その病院も平成4年(1993)に新宿区の国立国際医療センターへ移転した。 跡地は中野区により公園として整備された。 公園に隣接し、「江古田の森」という老人ホーム、東京警察病院看護学校、総合東京病院など、医療・介護関連施設が集まっている。
 
・・・・・・・・・・・・・・公園は春、、、、、
 
1704040928480
 
1704040917030
 
1704040919030
 
・・・・・・・・・・・・・・・公園の中央に福祉センター:「江古田の森」がある。
 
1704040925170
 
・・・・・・・・・・・・・・・道路を挟み向かいの東京警察病院看護学校は、本日が親子揃っての入学式。、、、、いずれ私が病院で世話になる娘がいるかもね?
 
1704040926380
 
・・・・・・・・・・・・・・・こちらは総合東京病院、デカい病院だ!、、、、、病院の診察券を蒐集するのが趣味の私も、ここの診察券は持ってないね! 
 
1704040934390
 
 
④カトリック徳田教会・・・・・・・・・・総合東京病院(中野区)とは江古田川を挟み練馬区側の豊玉中1丁目にカトリック徳田教会(とくでんきょうかい)がある。、、、、、こちらの教会は、明治42年(1909)にパリ外国宣教会から日本に派遣されたヨゼフ・フロジャック神父の歩みと共に活動してきた。 神父は、昭和初期、中野区江古田にあった結核療養所の入院患者が、退院を強いられ行き場を失っていたのを見て、一軒の家を借りて収容された。 その後、この家の周りに、患者を支える社会福祉法人慈生会、ベタニア修道女会、徳田教会などがつくられていった。 昭和28年(1953)には、神父の尽力により、現在の聖堂・司祭館が造られた。 その後、神父は昭和34年(1959)に他界した。、、、、、「徳田」(とくでん)は豊玉にあった旧地名である。
 
・・・・・・・・・・・・・・・正面から拝見、中世の教会のような後ろ姿も拝見。
 
1704040952450
 
1704040948310
 
・・・・・・・・・・・・・・・鐘楼に向かい左側が聖堂、右側は司祭館。
 
1704040951380
 
1704040950030
 
1704040947350
 
・・・・・・・・・・・・・・聖堂の内部も拝見!
 
1704040941550
 
1704040943120
 
1704040943340
 
1704040943460
 
1704040943550
 
 
⑤沼袋駅・・・・・・・・・・・西武新宿線の沼袋駅(ぬまぶくろえき)から帰宅する。、、、、、沼袋駅は隣の新井薬師駅とともに地下化工事が進められている。 工事はまだまだこれから、只今はヤードの整備中、完成まではあと数年はかかる?
 
1704041021230
 
1704041025550
 

2016年11月14日 (月)

小竹向原~落合南長崎

地下鉄有楽町線に乗り、『さて、どこで降りようか?』。 今だ、下車したことがない「小竹向原(こたけむかいはら)」で下車してみた。 いつものように、裏道を気ままに歩き、江古田をとおり、都営大江戸線「落合南長崎」駅まで、1万1千歩、8kmの散歩です。
 
 
①小竹向原駅・・・・・・・・・・・都心から、和光市、森林公園方面に向かう有楽町線と、小手指、飯能方面に向かう西武・有楽町線の分岐駅である。 池袋駅からは3駅目で練馬区の中では、最も都心寄りの駅である。、、、、、昭和58年(1983)6月24日、有楽町線営団成増駅~池袋駅間の開通時に同時営業した。 同年10月1日には、西武有楽町線の小竹向原駅~新桜台駅間も開通した。、、、、、島式ホーム2面4線の地下駅である。 駅舎は練馬区立小竹小学校敷地の直下にあり、出入り口はせせこましい裏通りにある。 そのため、商店街、バス停などは何もない。 駅からタクシーに乗りたければ、近くの環七通りまで歩かないと乗れないね!、、、、、駅名「小竹向原」は、駅が所在する練馬区小竹町と板橋区向原を合成して命名された。
 
Dsc07318
 
Dsc07331
 
Dsc07338
 
 
②練馬区小竹町・・・・・・・・・・・町の北側は有楽町線の小竹向原駅がある、南側は西武池袋線の江古田駅がある。 両駅に挟まれ、武蔵野音大、日大芸術学部に隣接する、静かな中級住宅街。、、、、コンビニ、商店、スーパーなどはなさそうで、チョイと不便かも?
 
Dsc07342
 
Dsc07355
 
Dsc07357
 
Dsc07359
 
Dsc07362
 
 
江古田駅 ・・・・・・・・・・小竹町をさまよい歩き、出てきたところは日大芸術学部の前、『なんだ、ここに出るのか。 何度か来て、見て、知ってるぞ!』
 
・・・・・・・・・・・・・まずは、日大芸術学部に御挨拶。、、、、どこぞの新興の高等学校のような校舎。 もう少し芸術的な校舎にして欲しいね!
 
Dsc07370
 
・・・・・・・・・・・・・・・続いて、江古田駅に御挨拶。
 
Dsc07393
 
Dsc07390
 
・・・・・・・・・・・・・・江古田駅北口前の浅間神社。、、、、、拝殿前のケヤキは樹高:27m、幹の太さ:3.1mの大木である。 拝殿後ろには、「江古田の富士」と言われる富士塚もある。
 
Dsc07377
 
Dsc07386
 
 
④寛政の地蔵尊・・・・・・・・・・・・中野区江原町3丁目、マンションの角にひっそりと佇むお地蔵様。 寛政年間にこの地で疫病がはやり、その祈願のために建立された。、、、、、疫病魔払いの御利益があるそうだ。 私のボケ防止は期待できないかな?
 
Dsc07405
 
 
⑤江原屋敷森緑地・・・・・・・・・・大江戸線新江古田駅近にある、屋敷一軒分ほどの小さな緑地。 ちょうどモミジが色づき始め綺麗だったのでパチリ!
 
Dsc07412
 
Dsc07421
 
 
⑥末日聖徒イエス・キリスト教会・・・・・・・・・・・・目白通りを江古田から目白方面に向かうと、中野区と新宿区の区境近くで、右手奥に教会が見えた。 教会が『チョイと、兄さん見ていきな。』と呼んでいるようで、私の足は教会に向かった。、、、、、、建物を眺めていたら、二人の若くてカッコいい米国人宣教師がちょうど教会に入るところで、私にも『どうぞ』と入れてくれ、教会の説明をしてもらった。
 
・・・・・・・・・・・・・建物の外観からは、カトリック教会のような、荘厳さ、威厳、重厚感、芸術性などは感じられない、いたってシンプルで質素な建物である。
 
Dsc07437_2
 
・・・・・・・・・・・・・・・内部は、これまた質素な造りである。 カトリック教会のように、正面の十字架、周囲のステンドグラス、壁に飾られた聖徒の画/像など、何もない。
 
Dsc07441_2
 
・・・・・・・・・・・・・・宣教師の話で、印象的だったのは『イエス・キリストは現世に生きている』ということだった。 私は、末日聖徒イエス・キリスト教(=モルモン教)では、宣教師・信者は、互いに経験・体験を語り・聞き、キリストの教えを学び、実践することで『幸せ』を得ることだと勝手に理解した。
 
 
 
●・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・教会を出て、近くの大江戸線「落合南長崎駅」から帰宅。

2016年6月30日 (木)

石神井公園~荻窪

今日も降りそうな天気。 “近場の散歩にしよう!”と思い家を出て、山手線に乗ったら池袋に着いた。 “池袋まできたから、チョイと足を延して江古田あたりを歩いてみるか!” 西武線の池袋駅で、5番線の普通電車に乗るのを、発車まぎわの3番線の急行に飛び乗ってしまった。 気づいた時は、すでに遅し、急行は石神井公園まで止まらない。、、、、と言うことで、今日の散歩は、西武線石神井公園駅から中央線荻窪駅まで歩いてきた。



①石神井公園駅
・・・・・・・・・・大正4年(1915)4月15日に、石神井駅として開業し、昭和8年(1933)に石神井公園駅と改称した。 開業時は島式ホーム1面2線の地上駅であったが、その後、島式ホーム2面3線に変更し、平成20年(2008)頃から高架化工事が始まり、平成24年(2012)には島式ホーム2面4線の高架駅が完成した。、、、、、ホームを覆う屋根は大きく、明るい。 また屋根を支える支柱も少なく、広さを感じる。 コンコースは天井も高く、大きな空間がつくられている。

・・・・・・・・・・・・・・・あまり立派過ぎて、田んぼの中の新幹線駅のようだ!

20160630_025_1024x682

・・・・・・・・・・・・・上り(池袋方面)ホームは通勤通学客が電車待ち、下り(所沢方面)はガラガラ。

20160630_001_1024x663
20160630_006_1024x683
20160630_015_1024x683

・・・・・・・・・・・・・・大きなコンコースを見ると、この空間に我が家が何軒分か考えてしまう。

20160630_019_1024x673

・・・・・・・・・・・・・・駅前広場に建つ、高さ約3mの「石神井火車站之碑」(しゃくじいかしゃたんのひ)、、、、、大正4年(1915)の武蔵野鉄道石神井駅(現:石神井公園駅)の開業を記念し、大正9年に造立された石碑。 碑文は漢文・漢詩でつづられ、駅周辺の石神井城・三宝寺池・長命寺などの歴史や見所が記されてる。

20160630_029_683x1024


②和田稲荷神社
・・・・・・・・・石神井公園駅の南150m程の処に鎮座するお稲荷さん。 創立年代不詳。、、、、、かなり昔は伝五郎稲荷として知られ、旧字和田地区の鎮守であったそうだ。 渡辺伝五郎が伏見から遷し、祀ったそうだ。、、、、、“渡辺”姓は多く、良い奴もいるが、悪い奴もいて、私はあんまり好きになれない苗字だ!

20160630_030_1024x683

20160630_033_1024x682


③石神井公園
・・・・・・・・・・園内には、石神井池、三宝寺池がある。 三宝寺池は古くからある池で、武蔵野台地からの地下水が湧き出ていたらしい。 昭和34年(1959)に市民が散策できる公園として整備されたそうだ。 ボートに乗れる石神井池は、三宝寺池一帯が風致地区に指定された際、三宝寺池とともに武蔵野の景観を保護する目的で、昭和8年(1933)に人工的に作られたそうだ。、、、、私の70年の歴史の中では、数回しか訪れたことがないマイナーな公園。 でも、ここ数年、ワニ出没事件、矢ガモ事件、露出狂女性徘徊事件などで、知名度は高くなっている。 、、、、、今日は、公園の東側をチラット拝見。

20160630_041_1024x683

20160630_037_1024x683
20160630_039_1024x683


④禅定院
・・・・・・・・・・・石神井公園の南隣に、真言宗智山派の禅定院がある。 今から約600年前、願行上人によって開かれた寺と伝えられているそうだ。、、、、、、現在、寺の近くにある石神井小学校の前身:豊島小学校は、明治7年(1874)区内初の公立小学校としてこの寺に創立された。、、、、、現在の本堂は昭和53年(1978)に建てられた。

20160630_050_1024x682
20160630_044_1024x683



⑤下石神井天祖神社
・・・・・・・・・・禅定院の前で石神井川を渡り、下石神井6丁目に入ると下石神井小の前に天祖神社がある。、、、、、創建年代は不詳であるが、江戸時代の風土記には、存在が記されている。、、、、、、古い神社かも? 

・・・・・・・・・・・・・・石神井川

20160630_051_1024x683

・・・・・・・・・・・・・・下石神井天祖神社、、、、、、現社殿は明治18年(1885)の建築。
20160630_063_1024x683

・・・・・・・・・・・・・・・境内には安政年間(1854~1860)の燈籠や享保二年(1717)の延命地蔵などの石像物がある。

20160630_065_1024x683


⑥下石神井の町
・・・・・・・・・・・田畑が都市化によって新興住宅地に変わったと思われる。
20160630_060_1024x683
20160630_073_1024x683
20160630_068_1024x682
20160630_071_1024x682


⑦井草四丁目交差点
・・・・・・・・・・新青梅街道と千川通り、さらに1本の区道が交わる6差路。、、、、、、私の散歩は、この交差点を横断し、練馬区から杉並区に入る。
20160630_076_1024x684



⑧西武新宿線
・・・・・・・・・・上井草では、西武新宿線の踏切を越える。、、、、、細い道路だが、交通量も多く、“開かずの踏切”となっている。、、、、、私の気持ちは踏切を残して欲しいのだが、住民の安全対策を考えると、そろそろ高架化/地下化に着手する時期かも?

20160630_099_1024x682
20160630_091_1024x683


⑨今川・桃井の町
・・・・・・・・・・・杉並区今川と桃井の町を抜け、荻窪駅方面に向かう。
20160630_100_1024x683
20160630_111_1024x683

・・・・・・・・・・・・・・・環八通りの四面道交差点を越えると、天沼教会 のある天沼の町。

20160630_119_1024x683


⑩荻窪駅北口
・・・・・・・・・・・・・荻窪駅 は、明治24年(1891)12月21日、甲武鉄道の駅として開業した、開業時は北口はまだなく、南口のみであった。 その後、明治39年(1906)に甲武鉄道は国有化されたが、まだ北口は設置されていない。 昭和2年(1927)に北口が新設された。、、、、、北口は青梅街道に面しているが、出入口部分は小さいため目立つことのない地味な出入口である。

20160630_126_1024x683
20160630_129_1024x683

2015年10月24日 (土)

西荻窪~上石神井

中央線西荻窪駅から西武新宿線上石神井駅まで、1万2千歩、9㎞の散歩です。


①西荻窪駅
・・・・・・・・・土曜日の早朝とあって、一昨日の西荻窪駅に比べ、通勤客も少なく静かな駅である。

20151024_007_1024x683

②吉田弓道場
・・・・・・・・・・弓道正法流の創始者:吉田能安(よしだのうあん、明治24年~昭和60年)が西荻北3丁目に開いた道場。昭和4年(1929)の建築。、、、、、、吉田能安は、高梁市出身で、早稲田大を2年で中退し、貿易に従事し、昭和3年(1928)自宅内に「遊神館(ゆうしんかん)弓道吉田教場」を開設し、館長となる。 西荻窪の土地・建物・弓道具など一切は、遺族より高梁市に寄贈された。、、、、、黒板張りの腰に白壁があざやかな弓道場。

20151024_022_1024x683

③美容室:若草
・・・・・・・・・・西荻北3丁目のある美容室。 戦前の建物と思われる。

20151024_029_1024x683

④関根橋
・・・・・・・・・・善福寺川に架かる橋。 橋上には、西荻窪駅前から青梅街道へと伸びる通りが走っている。 「関根」とは、近くにある荻窪八幡神社の神官の屋号と言われている。、、、、、、ここらあたりの善福寺川の水質はまあまあだが、豪雨の時は橋桁の辺りまで水位が上がるそうで、チョイと怖い。

20151024_032_1024x683
20151024_035_1024x683
20151024_038_1024x683


⑤善福寺1丁目は住宅街
・・・・・・・・・・・シャレた住宅が並ぶ静かな町

20151024_050_1024x683
20151024_051_1024x683
20151024_052_1024x683
20151024_053_1024x683
20151024_056_1024x683

⑥井草八幡宮
・・・・・・・・・・善福寺1丁目、青梅街道と早稲田通りに面し、広大な境内を誇る神社。 神社は縄文時代からこの地に祀られていたそうで、平安時代末期には春日社を祀り、鎌倉時代になると源頼朝が奥州征伐の途中、戦勝を祈願し、以来八幡大神を主祭神とするようになった。 江戸時代には、三代将軍:家光は、寺社奉行井上正利をして社殿を造営し、 慶安2年に朱印領六石を寄進している。 明治時代以降も氏子崇敬者によって社殿の改修や増築が繰り返され、同時に植林も行われた。、、、、、、各時代に、しっかりと権力者とつながりを持ち、世渡り上手な神社。

・・・・・・・・・・・・・・高さ9m、たたみ八畳分の大きさの大灯籠がある北参道入口。

20151024_094_1024x682

・・・・・・・・・・・・・・昭和46年(1971)に鉄筋コンクリート造で建てられた楼門(ろうもん)。

20151024_067_1024x683

・・・・・・・・・・・・・拝殿前には神門がある。

20151024_086_1024x683

・・・・・・・・・・・・・神門を入ると拝殿が参拝客を迎えてくれる。 本殿は拝殿の後ろに鎮座し観えない。、、、、、、、昭和49年(1971)に建てられたの鉄筋コンクリート造の覆殿内に、杉並区最古の木造建築物である、寛文4年(1664)に造営した一間四方の朱塗の本殿が納められているそうだ。(観てないので?)

20151024_075_1024x682

・・・・・・・・・・・・・・七五三詣での時期となり、数組の親子が参拝していた。

20151024_072_1024x684
20151024_083_1024x684

・・・・・・・・・・・・・・5年毎に行われる流鏑馬神事の馬場となる東参道。 参道の先には、昭和33年(1958)建立の高さ約9mの大鳥居がある。

20151024_061_1024x683
20151024_057_1024x683

⑦下石神井調圧水槽
・・・・・・・・・・上石神井駅近く、千川通り沿いの上石神井南町に都水道局配水塔があった。 名前をネットで調べてみたら「下石神井調圧水槽」と言うらしい。 外側にラセン階段があり、葉っぱの落ちた蔦の枝が絡まり、チョイと可哀そうな姿となっている。、、、、、、ところで、上石神井駅近くの上石神井南町に下石神井調圧水槽とは、これ如何に?

20151024_129_681x1024

⑧上石神井車両基地
・・・・・・・・・・西武新宿線上石神井駅に隣接する車両基地。 昭和3年(1928)に44両を収容する車両基地として設置され、その後拡張され現在は152両収容できる。 

20151024_115_1024x300
20151024_112_1024x683
20151024_114_1024x682
20151024_131_1024x683

⑨上石神井駅
・・・・・・・・・高田馬場~東村山間が開通した昭和2年(1927)、上石神井駅も同時開業した。、、、、、現在は島式ホーム2面3線の地上駅で、駅舎は橋上である。、、、、、ついでの話しだが、上石神井駅のある練馬区は23区で唯一JRの駅が無い区である。 

20151024_138_1024x683
20151024_133_1024x683

2015年8月21日 (金)

高円寺~中村橋

JR中央線高円寺駅から西武池袋線中村橋駅まで、1万1千歩、8㎞の散歩です。


①高円寺駅
・・・・・・・・・・・・・甲武鉄道新宿駅~立川駅間の開業は明治22年(1889)で、明治39年(1906)に国有化される。 高円寺駅は国有化後の、大正11年(1922)に開業した。、、、、、、昭和39年(1964)頃から高架化工事が進み、昭和41年には高架複々線化工事が完了する。、、、、、、現在は、方向別に急行線+緩行線の島式ホーム2面4線の高架駅となっている。 高架下に1箇所の改札口を備え、南北に出入口がある。 北口は「ホテルメッツ」の1階にある。

20150821_009_1024x683
20150821_007_1024x683
20150821_001_1024x683

②庚申塔
・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・高円寺駅の北側周辺だけでも6か所の商店街がある、商店街の好きな町だ。 北口のメインは駅前の「高円寺純情商店街」。

20150821_013_1024x683

・・・・・・・・・・・・・・その北側に連続し、早稲田通りまで300m以上伸びるのは「高円寺庚申通り商店街」。 朝は、通勤・通学の人がゾロゾロ、、、、、
20150821_019_682x1024

・・・・・・・・・・・・・商店街の中程に庚申塔がある。 杉並区教育委員会の説明文では、、、『この庚申塔は正徳6年(1716)高円寺村の講中10人が、悪病退散、村民安全祈願のため建立したものです。 庚申塔は庚申待供養のために、江戸時代さかんに建立されました。 本尊は青面金剛が多く、不見、不聞、不言の三猿が刻まれていることもあります。 庚申待とは民間信仰行事の一つで、60日に1回めぐってくる庚申の夜に、講中の人々が集まって、寝ずにお経を唱えたり、酒食を共に語り合いながら一夜を過ごしたといわれています。 当初は現在の場所で真南に向って鎮座していましたが、大正12年の関東大震災で横転してしまい、その後西向きに建立されました。 また、昭和20年の東京大空襲の際には、戦火によって塔の一部が破損しました。 現在のごとく修復されたのは昭和37年のことです。』、、、、、たいへん解りやすい説明だが、形の記述がなく、チョイと残念! (庚申塔の写真は2013年撮影)

20150821_030_1024x674
2013_0222_094105_679x1024

・・・・・・・・・・・・・早稲田通り側の商店街の入口

20150821_039_1024x684

③荒牧医院
・・・・・・・・・・・・高円寺庚申通り商店街を通り抜けた正面に、水色の木造2階建ての建物が見える。、、、、、大正末期に現在地で内科・外科・小児科・皮膚科の診療を開始した。 その後、子が受け継ぎ、現在は4代目も開業し親子で地域の方々を診ているそうだ。 現在は、耳鼻咽喉科と皮膚科の専門医らしい。、、、、、耳鼻咽喉科の建物は開業時の建物で90年程経過している。 その脇に皮膚科の建物が建っている、こちらも古そうだ?

20150821_036_1024x683
20150821_041_1024x683
20150821_043_1024x683

④大和町中央通り親和会
・・・・・・・・・・早稲田通りを高円寺駅の方から越えると、杉並区から中野区に入り大和町となる。 大和町のほぼ中央を南北に抜ける通りが、ズバリ、「大和町中央通り」で、商店街名も「大和町中央通り親和会」。、、、、、、商店街と言っても、アーケードがあり、パチンコ屋があり、商店街放送が流れ、中程でサマーセールの抽選会を行っている商店街とは異なり、、、、、長い通りに、日常品を扱う店がポツリポツリと点在する、元気のない寂しい商店街だ。

20150821_049_1024x684
20150821_054_1024x683
20150821_058_1024x683
20150821_059_1024x683

・・・・・・・・・・・・・・商店街は妙正寺川の手前で終わる。

20150821_064_1024x684

・・・・・・・・・・・・・・妙正寺川には昭和42年(1967)完成の川北橋が架かっている。

20150821_065_1024x674
20150821_068_1024x683


⑤都立家政駅
・・・・・・・・・・・・駅の南側に駅名の由来となる都立鷺宮高等学校がある。 鷺宮高等学校は、旧制東京府立高等家政女学校が前身で、昭和12年(1937)に西武新宿線の駅が開業したとき、「府立家政駅」とした。 昭和18年(1943)には都立中野高等家政女学校となり、駅名も「都立家政駅」となる。 昭和21年(1946)には都立鷺宮高等女学校に、昭和23年(1948)には都立鷺宮新制高等学校、昭和25年(1950)に都立鷺宮高等学校となった。、、、、駅名を学校の名が変わるたびに変更するのは面倒なので、戦前の名で打ち止めにしたのかな?、、、、、、、、相対式ホーム2面2線を有する地上駅で、上下線にそれぞれ改札口(南口、北口)があるが、上下ホーム間は地下道により連絡している。

20150821_097_1024x682
20150821_086_1024x683
20150821_088_1024x683
20150821_077_1024x684

⑥中村八幡神社
・・・・・・・・・・・都立家政駅から北に向かうと、新青梅街道が東西に走っている。 街道を越えると、中野区から練馬区に移り、中村南3丁目に八幡神社がある。、、、、、、この八幡神社は旧中村の村社で、祭神は応神天皇なり。創建年代は不詳。、、、、、神社の本殿は、現在、覆屋に納まって見ることができないが小祠である。 一間社、流れ造り、こけら葺きの本殿は17世紀の建築と推定されている。 拝殿は慶応2年(1866)の改築と言われている。

20150821_108_1024x683

20150821_117_1024x683

・・・・・・・・・・・・・・参道にある文政13年(1830)奉納の御手洗石には卍の彫刻があり、神仏混淆時代の石造遺物と評価されている。

20150821_110_1024x683

⑦中村橋駅
・・・・・・・・・・・大正13年(1924)開業の西武池袋線の駅。 平成7年(1997)に高架駅となる。 旧駅舎 は大正13年(1924)に建てられた、洋館風駅舎として有名であった。、、、、、移設しても残して欲しかった駅の一つである!

20150821_129_1024x683
20150821_142_1024x683

2015年6月15日 (月)

氷川台~江古田

今日は、飯田橋駅から有楽町線に乗り、さて、どこで下車しようか?、、、、私にはなんの思い出も、話題もない、氷川台“駅”で下車してみた。、、、、地下鉄有楽町線氷川台駅から西武池袋線江古田駅まで、1万歩、8kmの散歩です。


①氷川台駅
・・・・・・・・昭和58年(1983)、営団地下鉄有楽町線の池袋~成増間開業時に、氷川台駅は開業した。

・・・・・・・・・・・・「氷川台」なる駅があることは承知していたが、東京に住んでいて、開業後32年経ち、初めて下車した駅。 多少、ワクワクしてホームに降りたが、「なんだ、他の駅とあまり変わらないね。」、、、、、チョイと、落胆!

20150615_003_1024x683
20150615_006_1024x683

・・・・・・・・・・・・・・改札口は地下1階に1か所のみ。

20150615_010_1024x683

・・・・・・・・・・・・・・出入口は2か所。 出入口の真ん前には、屋台村がある。、、、、夜は提灯も灯り、地下鉄から上ってくるサラリーマンを迎える店だ!

20150615_017_1024x683
20150615_023_1024x682

②正久保橋
・・・・・・・・・・・氷川台駅の出入口は、正久保橋(まさくぼはし)際に位置している。 石神井川に架かる、現在の正久保橋は昭和58年(1983)に架け替えられたコンクリート桁の橋である。 橋上を通るは、「正久保通り」(都道441号)。 この道を南下すると、江古田駅に達する。

20150615_025_1024x683

20150615_033_1024x683
20150615_027_1024x683

③桜台の裏道
・・・・・・・・・環七通りにぶつかる桜台駅付近まで、正久保通り(練馬区桜台3丁目)の裏道を歩いてみた。、、、、一般の住宅、アパートが静かに建ち並ぶ住宅街。

・・・・・・・・・・・・・・正久保通り、、、、、、車は少ない、見て楽しいものもなさそうだ。

20150615_038_1024x683

・・・・・・・・・・・・・チョイと裏道に入ってみた、、、、超大金持ちも、芸能人も住んでいないような住宅街。

20150615_047_1024x671
20150615_048_1024x669
20150615_049_1024x683
20150615_051_1024x683

・・・・・・・・・・・・・・出たところは環七通り、、、、、『あっ! 新桜台駅だ!』、駅を見て2年前に歩いた道を思い出す。

20150615_053_1024x678
20150615_060_1024x683
20150615_062_1024x683

④茅原浅間神社
・・・・・・・・・・江古田駅の北側に、茅原(かやはら)浅間神社がある。 創建年代不詳。 社伝によると、、、、承平元年(931、=朱雀天皇の時代)、夏山の茅原浅間に雪が降り、山の姿がいかにも富士山に似ていた。 村人たちが登ったところ、御神体と思われる石があり、これを拝して「富士の大神」と崇めたことに始まるという。

20150615_097_1024x667_2
20150615_091_1024x678

・・・・・・・・・・・・拝殿の裏側に、天保10年(1839)に築かれた高さ8mの富士塚がある。、、、、、小さくとも富士山なので、登山は正月三が日と七月の山開き以降と限られている。 ちなみに、現在は噴火の警戒レベルは“0”。 

20150615_095_1024x683

⑤武蔵野稲荷神社
・・・・・・・・・・・・茅原浅間神社とは西武池袋線を挟み反対側に鎮座する、こちらも創建年代不詳の神社。・・・・・・・・・明治時代以降、商家、歌舞伎役者、馬主、事業家等の信仰を集め、現在でも除災招福、病気平癒、商売繁昌の祈願が多い。 境内建造物は、大正7年(1918)建築の際儀殿を除いて、昭和50年から5年計画で、本殿、拝殿、鳥居、随神門と新築整備された。、、、、、日光東照宮を超小型にしたような、けばけばしい建物群は、神の“社”として、違和感を感じた。

20150615_103_1024x683
20150615_105_1024x683
20150615_106_1024x683
20150615_107_1024x673

⑥武蔵大学
・・・・・・・・・・東武鉄道など事業創設に携わった「鉄道王」:初代根津嘉一郎(万延元年(1860)~昭和15年(1940))によって大正11年(1922)に設立された旧制武蔵高等学校を前身とする大学。 昭和24年、新制大学として経済学部と、医学部進学課程(1962年廃止)の構成で出発した。 現在は、経済学部、人文学部、社会学部の3学部が設置されている。

・・・・・・・・・・・・校門・・・・・・・・・校門を入ると前に大学3号館が控えている。

20150615_192_1024x683

・・・・・・・・・・・・大学3号館・・・・・・・・・・キャンパス内で最も古い建物、大正12年(1923)に清水組(現:清水建設)の設計により建てられた。鉄筋コンクリート造、3階建て。

20150615_109_1024x683
20150615_170_683x1024
20150615_154_1024x670
20150615_137_668x1024

・・・・・・・・・・・・・“コ”の字型の大学3号館の中庭から見ると、、、、、

20150615_146_1024x683

・・・・・・・・・・・・・大学講堂・・・・・・・・・・・昭和3年(1928)に竣工した講堂は、早稲田大学の建築科を創設した佐藤功一(1878~1941)の設計による建物。鉄筋コンクリート造、2階建て。外装はスクラッチタイル貼り、開口部には半円のアーチを多用したデザインで、ロマネスク様式の建物。・・・・・・・・佐藤功一は、早稲田大学大熊記念講堂 日比谷公会堂 などの作品が残っている。 

20150615_124_1024x683
20150615_143_1024x666
20150615_127_683x1024

・・・・・・・・・・・・・正面玄関を入る、、、、、格調高いね!

20150615_113_1024x683

・・・・・・・・・・・・・・講堂内部、、、、明るく、落ち着く空間が広がる。

20150615_114_1024x683

・・・・・・・・・・・・・・2階には、大学の歴史を説明する展示室もある。

20150615_118_1024x683

・・・・・・・・・・・・・2棟以外は、平成の時代に多くは建てられた、モダンな校舎である。

20150615_129_683x1024_2
20150615_153_1024x683
20150615_156_1024x683

⑦江古田駅
・・・・・・・・・・・大正11年(1922)、旧制武蔵高等学校(現:武蔵大学)の設立に合わせて「武蔵高等学校用仮停留所」として開業。 翌年、駅名を「江古田」に改称した西武池袋線の駅。、、、、、、西武鉄道が、なぜ、競争相手の東武鉄道:根津嘉一郎が建てた学校用の駅を設置したのか? 答えは簡単、池袋線の前身は武蔵野鉄道であった。 根津嘉一郎は、その武蔵野鉄道の株主だった。 その後、武蔵野鉄道は箱根土地(西武鉄道の前身)に買収された。、、、、当時の駅は、現在の位置より、200mぐらい西に寄った、現在の稲荷神社あたりだったらしい。・・・・・・・・現在の駅は、平成22年(2010)から整備された2面2線の橋上駅舎。

20150615_223_1024x683
20150615_086_1024x683
20150615_233_1024x683
20150615_239_1024x683
20150615_250_1024x683

2015年1月28日 (水)

沼袋~野方

西武新宿線に乗り、『どこで下車しようか?』。 沼袋駅手前で車窓から、神社の旗と提灯を見て、『お祭りか? ヨシ、降りてみよう。』。 沼袋で下車し散歩することにした。 結果的には、沼袋駅から1km先の隣の野方駅までを、練馬区豊玉南経由で歩き、1万1千歩、8kmの散歩となった。


①沼袋駅
・・・・・・・・・・・・西武新宿線の新宿から5駅目の沼袋駅(ぬまぶくろえき)は、昭和2年(1927)の開業である。 現在は相対式ホーム2面2線と、中央に追い越し線2線がある地上ホームとなっている。 西武鉄道と東京都は、中井~野方間(約2.4 km)の連続立体交差事業に着手した。 平成32年(2020)をめどに同区間を地下化し、新井薬師前駅と沼袋駅は地下駅となる。 また、両駅前後の現在ある7つの踏切が廃止される予定だ。 事業費は726億円なり。・・・・・・・・地下化の工事は5つの工区に分けて実施され、沼袋駅は地下に170mの島式ホーム2面4線が造られる。 駅部西側は第1工区で鹿島・鉄建・戸田建設・五洋建設JV、東側は第2工区で大林組・前田建設工業・フジタ・飛島建設JVが担当する。

20150128_020_1024x684
・・・・・・・・・・・・・・跨線橋から東西方向を見ると、工事が始まっており、この地下に駅ができる。

20150128_007_1024x683
20150128_010_1024x683
・・・・・・・・・・・・・特急「小江戸」も、いずれ地下に潜るであろう。

20150128_014_1024x759


②沼袋氷川神社
・・・・・・・・・車窓から見えた神社は「沼袋氷川神社」だった、派手やかな旗と提灯は初詣の飾りで、まだ正月気分のようだ! 創建年代不詳であるが、文明9年(1477)に太田道灌が、江古田ヶ原・沼袋の戦いで戦勝を祈願した。(「江古田ヶ原・沼袋の戦い」とは、初めて聞いたね! 山川出版社の歴史の教科書にはなかったね!)

20150128_028_1024x683
20150128_034_1024x682
・・・・・・・・・・・・・・正保年間(1644~1648)代官:野村彦太夫が社殿を修築し、明治13年(1880)には社殿を改築、大正11年(1922)幣殿を増築し、大正15年(1926)社務所が新築された。 祭神は、八岐大蛇退治の神話に出てくる主人公の須佐之男命(すさのおのみこと)。

20150128_030_1024x683
・・・・・・・・・・・・・・社殿の左側に、大きな松が植えられている。 『悪しきことはスギ去れ、願い叶うをマツ』と杉の木に願いを掛けて、不運・災難から逃れ松の木に幸福を願うと、必ず叶うと信じられている。、、、、、、私の場合は、『良きことをマツと、悪しきことが多スギ、いつまでマツても来てくれぬ』

20150128_042_1024x683


③大岡稲荷大明神
・・・・・・・・・・・・・駅前の商店街を北に向かうと、脇道に「大岡稲荷大明神」の額を掲げた朱塗りの鳥居がみえた。 “発見”をチョイと期待して進むと、、、、、、

20150128_052_1024x683
・・・・・・・・・・・・・・ナ・ナント! 住宅の中の邸内社だ! だまされた!・・・・・・・・・・帰宅後、調べてみたら、写真は社務所に祀られている大明神のようです。 どうやら別の処に小さな祠のような社殿があるそうだ。 どちらにしても、“大明神”どころか、見落としてしまうほどの“小明神”。 

20150128_053_1024x683


④明治寺
・・・・・・・・・・・・中野区沼袋2丁目、真言宗東寺派の「明治寺」(めいじでら)は、如意輪観世音菩薩を本尊とし、大正元年(1912)に創建された。 明治45年に明治天皇の病気平癒を祈るため観音開眼を期して、榮照法尼によって建立されたのが寺の始まりである。 しかし観音開眼を待たずして明治天皇は崩御したため、深い感謝と哀悼の祈りを捧げるため、大正元年(1912)に観音開眼供養が行われた。 その後は、一大観音霊場を築きあげるため、大正5年までに100体の観音が整った。 現在は180体ほどの観音像が境内に建立されている。

・・・・・・・・・・・・・・銅板葺き宝形造り屋根に、コンクリート打ち放し仕上げの、落ち着いたデザインの本堂。

20150128_058_1024x683_2
・・・・・・・・・・・・・180体の観音様の一部。

20150128_065_1024x683_2
・・・・・・・・・・・・・・境内の一部は公園として開放されており、戦災で焼け落ちた鐘楼跡には、すべり台が造られていた。 コンクリート造のすべり台とは懐かしい!

20150128_062_1024x684_3


⑤徳田教会
・・・・・・・・・・・沼袋駅から北の方角へ歩いてくると、練馬区豊玉中1丁目にぶつかり、ここに徳田教会(とくでん教会)がある。・・・・・・・・この教会は、明治42年(1909)にパリ外国宣教会から日本に派遣されたヨゼフ・フロジャック神父の歩みと共に活動してきた。 神父は、昭和初期、中野区江古田にあった結核療養所の入院患者が、退院を強いられ行き場を失っていたのを見て、一軒の家を借りて収容された。 その後、この家の周りに、患者を支える社会福祉法人慈生会、ベタニア修道女会、徳田教会などがつくられていった。 昭和28年(1953)には、神父の尽力により、現在の聖堂・司祭館が造られた。 その後、神父は昭和34年(1959)に他界した。

・・・・・・・・・・・・・・重厚さはないが、可愛らしさがある教会。 門を入り正面に鐘楼、左側が聖堂、右奥が司祭館。

20150128_112_1024x683
・・・・・・・・・・・・・・・鐘楼
20150128_107_683x1024_2

20150128_109_1024x683
・・・・・・・・・・・・・・聖堂・・・・・・・・・・淡い若草色・茶色・水色のステンドグラスが、優しい光を取り込み、内部は清い空間を創っている。
20150128_110_683x1024
20150128_083_1024x683

20150128_088_1024x683
・・・・・・・・・・・・・・・司祭館
20150128_105_685x1024
・・・・・・・・・・・・・建物後ろ側(中庭)から眺めると、、、、両サイドの丸みある外壁、中世の城のようだ。

20150128_099_1024x743


⑥正覚院
・・・・・・・・・・・豊玉南2の豊玉南小学校前にある、室町時代の長禄年間(1457~1460)に創建された、真言宗の寺。 小さいながらも手入れの行き届いた庭があり、緑豊かな寺である。 本堂は昭和51年(1976)の建築で、鉄筋コンクリート造。 多宝塔は平成3年(1991)の建築で、こちらも鉄筋コンクリート造。

20150128_133_1024x683

20150128_134_683x1024


⑦氷川神社
・・・・・・・・隣の正覚院が、かつての別当寺であった。 創建年代不詳の古い神社。 社殿は昭和3年(1928)の建築。 境内には、社殿よりも古い、1800年前後の水盤、正徳元年(1711)の庚申塔、明治39年(1906)の日露戦役従軍記念碑など、いろいろ古いものがある。・・・・・・・・・チョイと変わったところでは、「ビール麦 金子ゴールデン 発祥の地」の石碑がある。 

20150128_141_1024x673
20150128_139_1024x683


⑧野方駅
・・・・・・・・・・昭和2年(1927)開業、西武新宿線の駅。 隣りの沼袋駅との距離は約1km。 
20150128_149_1024x683

2013年8月28日 (水)

中村橋~阿佐ヶ谷

西武池袋線中村橋駅からJR中央線阿佐ヶ谷駅まで、1万4千歩、10kmの散歩です。

①中村橋駅・・・・・・・・・・・大正13年(1924)に開業。現在は高架化され踏切もなくなり、電車を見る楽しみが薄れた駅だ。 道路上の駅名を表示した部分のデザインは旧駅舎の屋根の形を模している。

2013_0828_083852m

・・・・・・・・・・・・・・中村橋駅の街路灯の案内板にあった、平成9年(1997)まで使用されていた旧駅舎の写真。

Tcm

②K邸・・・・・・・・・・・・昭和2年(1927)、練馬区中村に建てられた木造2階建ての個人住宅。 時代を強く感じるデザインでもなく、妻側の階段室と思われる部分の窓廻りに、昭和の匂いが残っている。

2013_0828_0852441m

2013_0828_085350tm

2013_0828_085152tm

③御嶽神社・・・・・・・・・・明治35年(1902)に没した行者が創建した神社。境内には御嶽山の関わる先達の慰霊碑などが残されている。・・・・・・・・・・猫が多く、チョイト、糞尿に臭いが残る神社。 私は、たまたま裏道を歩き神社前を通っただけ、わざわざ参拝に行く神社でもないようだ! 臭くて、糞害(憤慨)した!

2013_0828_090008cm

④M邸・・・・・・・・・・こちらは練馬区中村南の住宅。昭和12(1937)建築の木造2階建て。

2013_0828_091008m

2013_0828_090834m

⑤サギノミヤ駅前ストア・・・・・・・・・・鷺ノ宮駅前のストアで、かつては、精肉・鮮魚・乾物・八百屋・化粧品・パンなどの店が10店ほど営業していた。現在は精肉屋さんだけが営業中。数年前、近くにスーパーが開業し、各店舗は廃業して行ったそうだ。・・・・・・・・・・どこにでもある廃業の話だが、駅前の○○ストアが無くなると、急に活気も無くなり、駅前イメージも下がり、最後は再開発を待つ運命か? 各地で、下駄ばきストアが消えていくのは、寂しいね!

2013_0828_092458cm

2013_0828_092512tm

⑥鷺ノ宮駅・・・・・・・・・・・昭和2年(1927)に開業した、西武新宿線の駅。 駅前広場のない、せせこましい道に面した駅だが、急行も停車する駅だ! 

2013_0828_092632tm

2013_0828_093010tm

2013_0828_093410m

⑦鷺宮八幡神社・・・・・・・・・・・・鷺ノ宮駅の南に位置する、康平7年(1064=鎌倉時代)に創建された、由緒ある神社。

2013_0828_094000tcm

⑧M邸・・・・・・・・・・・中野区白鷺に、昭和10年(1935)に建てられた住宅。 玄関回りは洋館風だが、横に回ると和風の建物だ。

2013_0828_095128tm

2013_0828_094818cm

⑨F邸・・・・・・・・M邸と同じ区画に建つ、こちらも古そうな住宅。

2013_0828_094604m

2013_0828_0945341m

⑩鷺の宮住宅・・・・・・・・・・・・『へ』の字型の屋根が特徴的なこのテラスハウス(境界壁を共有する複数の戸建て住宅が連続している形式の低層集合住宅)は、東京文化会館などを手掛けた建築家:前川國男(1905~1986)の設計である。・・・・・・・・・このテラスハウスは、昭和33年(1958)に建てられた阿佐ヶ谷住宅と同時期の建築で貴重な存在である。・・・・・・・・・建設時は公団の住宅であったが、現在は一部を企業の寮として、他は民間の業者の賃貸住宅となっている。 そのためか、北側(玄関側)は建築時の姿を残してはいるが、南側には部屋を増築した棟が多く、南面は雑然とした景観となった。 チョイト残念だ!

2013_0828_101316ttm

2013_0828_101044tm

2013_0828_095652m

2013_0828_100120m

2013_0828_100524m

2013_0828_100612cm

2013_0828_100118tm

⑪阿佐ヶ谷神明宮・・・・・・・・・・・・・建久元年(1190)頃の創建と伝える由緒ある神社だ。阿佐ヶ谷駅から徒歩2分、約3000坪の敷地は巨木が茂り、昭和63年(1988)に再建された社殿が静かに鎮座する姿は、ミニ“お伊勢さん”という感じだ。

2013_0828_1041342m

2013_0828_1048042m

2013_0828_104730m

より以前の記事一覧