越中島貨物線

2012年9月 8日 (土)

越中島貨物線 続き

昨日は越中島貨物線の途中で散歩を切り上げたので、今日は続きを散歩することにした。

東陽町から、昨日の幹線3号踏切まで歩き、越中島貨物線の終点を確認して、地下鉄豊洲駅まで、1万2千歩、9kmの散歩です。

①幹線3号踏切から、続きを歩く・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・今日は土曜日、しかも午前中、さらにチョイ曇り、ディーゼル機関車との“ご対面”は期待せず、夏草の茂る線路を走る機関車を想像して歩く!

2012_0908_083614s

2012_0908_085133tcs

②新砂踏切・・・・・・・・・・・・新砂1丁目に在る踏切。これより先は入れない。

2012_0908_085400s

・・・・・・・・・・線路右側奥に進むと、越中島貨物駅だが、JR専用道なのか交通整理の人がいてJRバスを誘導している。 私は右へ真直ぐ行く。

2012_0908_085452s

③東西線深川車両基地・・・・・・・・・・・江東区塩浜の東京メトロ東西線深川車両基地。“深川”は、旧地名“深川区”に由来しているらしい。・・・・・・・・・土曜半休か?多くの東西線車両がお休み中。・・・・・・・・・・・・越中島貨物駅は東西線の車両基地と川に囲まれ、近寄れません!

2012_0908_091004ts

2012_0908_090934ts_2

2012_0908_091852ts

④越中島貨物駅・・・・・・・・・・現在、貨物の取り扱いはやめ、東京レールセンターとして、短いレールをつないで長くする工場の専用駅だ。・・・・・・・・・・土曜でも、構内では仕事中だった。・・・・・・・・・写真は、越中島貨物線の終端部に架けられている跨線橋「しおかぜ橋」から遠望した。

・・・・・・・・・・・・中央左奥が越中島貨物駅、右側は京葉線

2012_0908_094112tcs

・・・・・・・・・・・・地下に潜りこむ京葉線

2012_0908_094134mts

・・・・・・・・・・レールを移動中

2012_0908_094236ts

・・・・・・・・・・・越中島貨物線の終点、車止めが“一人寂しそう”。

2012_0908_094456ts_2

2012_0908_095010ts

⑤越中島貨物線終点の先に・・・・・・・・・越中島貨物線の終点車止めの真後ろには、東京都港湾局所有の専用線:晴海線(はるみせん)の廃線跡が残っている。・・・・・・・・・戦後、港湾局は専用線を越中島から晴海・豊洲まで敷設したが、平成元年(1989)に全廃された。

2012_0908_095418s

2012_0908_095814s

・・・・・・・・・・・・越中島貨物線は、ココまで!

⑥豊洲駅前・・・・・・・・・・・・石川島播磨重工業を核とする工業地帯。住宅も、飲食店も、店舗も、洒落っ気なしの街だった。・・・・・・・・・・今は、高層マンションが立ち並ぶ若い人の街となった。その中で、「豊洲四丁目アパート」の周りは、昭和40年代の面影を残している。・・・・・・・・・・先月末で、団地内のクリーニング店も閉店した。近くの大型スーパーには勝てないようだ!

・・・・・・・・・・・・・豊洲四丁目アパート

2012_0908_102621s

2012_0908_102734ts

・・・・・・・・・・駅前の高層ビル・・・・・・・・・・・

2012_0908_101802s

2012_0908_103044tcs

2012_0908_103151s

・・・・・・・・・・豊洲の若い人・・・・・・・・・

2012_0908_103402s

2012年9月 7日 (金)

越中島貨物線

亀戸駅から越中島貨物線に沿って東陽町駅まで、1万4千歩、10kmの散歩です。

越中島貨物線は、総武本線小岩駅から亀戸駅を抜け、その後、江東区大島・北砂・南砂・新砂を南下し、塩浜(京葉線潮見駅近く)の越中島貨物駅を結ぶ、総武本線貨物支線の通称だ。昭和4年(1929)に亀戸駅~小名木川駅間が開業し、戦後には豊洲・晴海・越中島へと延伸した。現在は、一般貨物は輸送しておらず、JR東日本のレールを越中島の東京レールセンターへ運ぶ、平日の3往復がダイヤに組まれているだけ。・・・・・・・・・ダイヤは設定されていても、実運行は気儘なようで、今日の午前中はディーゼル機関車(DE10)とは“ご対面”できなかった。残念!

①亀戸駅・・・・・・・・・・ホームから見る越中島貨物線・・・・・・・・・平成15年(2003)前後から、越中島貨物線を活用してLRT(=次世代型路面電車システム)導入の話があったが、現在は様子見の状態だ! もし、実現したらホームからLRTの車両が見えるかも?

2012_0907_080225cs

2012_0907_080018ts

②京葉道路を跨ぐ越中島貨物線・・・・・・・・・・・・・

2012_0907_081157ts_2

2012_0907_081317s

③竪川橋梁・・・・・・・・・・・・竪川(たてかわ)は埋め立てられ河川敷公園として整備されている。 竪川橋梁は、現在、頭上の首都高7号、足下の公園に挟まれた、チョイト、息苦しそうな橋梁だ。・・・・・・・・・昭和4年(1929)に鉄道省の設計で完成した。橋は、プレートガーダー橋+トラス橋+プレートガーダー橋の形式で、橋脚は煉瓦造。・・・・・・・・・・鉄道遺産か、産業遺産か、どちらでもいいから保存してほしいね!

2012_0907_082548s

2012_0907_084000ts

2012_0907_082938s

④煉瓦造のガードと盛土区間・・・・・・・・・・亀戸駅~小名木川駅までの間は、盛土区間で道路とは橋脚が煉瓦造のガータ橋によるガードが多い。・・・・・・・・開通時(昭和4年)の状態だろうと思うよ!

2012_0907_084434s

2012_0907_084930cs

2012_0907_085320s

2012_0907_0859461s

2012_0907_090630s

・・・・・・・・・・・・炎天下の盛土部分で、雑草を刈っていた、ご苦労様。感謝!

2012_0907_090746ts

⑤幹線29号架道橋・・・・・・・・道路下を都営新宿線が通っている新大橋通りを跨ぐ架道橋。複線分の幅が確保されている。

2012_0907_085616s

2012_0907_085412s

⑥小名木川橋梁・・・・・・・・・・・・その名の通り、小名木川(おなぎがわ)に架かる橋梁。形式は、トラス橋+プレートガータ橋。この橋も鉄道省の設計で昭和4年(1929)に開通した。ちなみに、橋桁の製作は、竪川橋梁と同じ東京石川島造船所。・・・・・・・・白塗りのトラス橋が特徴的だ!

2012_0907_0911062s

2012_0907_090910s

2012_0907_091840s

2012_0907_092128s

⑦小名木川貨物駅跡・・・・・・・・・江東区北砂2丁目に在った小名木川貨物駅は平成12年(2000)に廃止され、東京ドームの2倍以上ある広大な跡地はショッピングセンターとなった。・・・・・・・・・現在は、小名木川駅総合詰所の建物と待避線が残されているだけ。・・・・・・・・・・・亀戸駅から小名木川駅までは、複線分の線路敷きに単線の線路であったが、これより越中島貨物駅へは完全に単線となる。

・・・・・・・・・・右側の盛土上は貨物線、左は跡地のショッピングセンター

2012_0907_092410s

・・・・・・・・・・・手前は跡地の公園、奥に貨物線

2012_0907_093246s

・・・・・・・・・・・貨物線の奥に建つ「小名木川駅総合詰所」

2012_0907_093258s

・・・・・・・・・・・・跡地の公園にはあるモニュメント

2012_0907_093504s

・・・・・・・・・・・今日は“ご対面”できなかったので、昨年7月に撮った写真で我慢!

110723_101040cs

110723_101858ts

・・・・・・・・・・・・これより先は単線となる

2012_0907_094540s

2012_0907_094724s

⑧幹線27号踏切・・・・・・・・・・葛西橋通りを横断する踏切。

2012_0907_095138s

2012_0907_095218s

⑨城東電軌跨線橋・・・・・・・・・南砂2丁目の軌道跡に造られた緑道には、都電になる前の城東電軌の軌道を跨ぐ跨線橋がある。・・・・・・・・跨線橋の下には、昭和2年(1927)から昭和47年(1972)まで都電(城東電車)が走っていた。・・・・・・・・跨線橋脇に、都電の車輪が残されていた。

2012_0907_100840s

2012_0907_100624s

⑩幹線3号踏切・・・・・・・・・・永代通りを渡る踏切、道路下には地下鉄東西線が通っている。

2012_0907_101600s

2012_0907_101643s

2012_0907_102157s

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・今日の散歩はココまで!  (続きはこちら)