東武亀戸線

2016年4月 2日 (土)

曳舟~亀戸

ポツリポツリと落ちてきそうな天気、降られてもスグに電車で帰れそうなところへ行こうと、曳舟から亀戸線に沿い亀戸まで歩くつもりで家を出た。 曳舟駅では、珍しい電車に遭遇し、散歩する親爺から撮り鉄に変身してしまった。 1万1千歩、8kmの散歩です。



①曳舟駅
・・・・・・・・・・「曳舟」駅は東武、京成は「京成曳舟」駅、駅間距離は300m程だが互いに乗換駅ではない。 今日は東武の曳舟駅で下車した。、、、、、明治35年(1902)に伊勢崎線の駅として開業し、明治37年(1904)には亀戸線が開通し、同線の起点駅となる。 3面5線の高架駅。、、、、、駅の東側には、来年(2017年)7階建ての駅ビルが完成し、私も一時世話になった白鬚橋病院 が移転し、駅に直結する病院となる予定。

・・・・・・・・・・・・・駅の高架下でも耐震補強工事が進められている。 来年には、大きく変化しそうな駅だ。

20160402_041_1024x671

・・・・・・・・・・・・・・左側は下りホーム、上りホーム(写真中央)、その後ろに隠れて亀戸線のホームがある。

20160402_008_1024x683

・・・・・・・・・・・・・・・2両編成の亀戸線が曳舟駅を出ていく。

20160402_012_1024x674


②亀戸線リバイバルカラー車両
・・・・・・・・・・・・見慣れた東武カラーとは違う電車が入ってきた。 『なんじゃ、こりゃ』、チョイと考え、『そうじゃ、こりゃ、かなり昔に姿を消した東武カラーの電車だ!』。、、、、、先週から投入された8000系リバイバルカラー車両である。 このカラーリングは昭和33年(1958)に7860型車両を採用した時の色である。 その後、日比谷線直通電車2000系がベージュ(私の嫌いな、色あせた寝ぼけたような色)に塗装されて登場し、リバイバルカラーの車両は昭和39年(1964)頃に消え去っていった。、、、、、3月23日から亀戸線のスタンプラリー「下町の魅力再発見ラリー」開始にあわせ、1編成2両(8577・8677)をリバイバルカラーにし、運行している。、、、、、今日は、散歩しながら追いかけてみた!

・・・・・・・・・・・・・亀戸線ホームの8000系

20160402_021_1024x684
20160402_025_1024x683
20160402_035_1024x672

・・・・・・・・・・・・・・京島2丁目付近を通過する8000系

20160402_053_1024x683
20160402_095_1024x683
20160402_126_1024x683
20160402_137_1024x679
20160402_138_1024x683


③墨田区京島地区
・・・・・・・・・・木造家屋が密集する京島地区。 救急車両も通れない裏道。 お年寄りが増えた町。 そんな町が、防火建築に建て替え、道幅を広げ、住みやすい町に変身している。、、、、、でも、私には、懐かしい昭和の下町が残る町。


・・・・・・・・・・・・・・なぜか、懐かしい空気、これぞ京島か?

20160402_060_1024x683
20160402_066_1024x683
20160402_067_1024x683
20160402_069_683x1024
20160402_089_1024x683

20160402_134_1024x683

・・・・・・・・・・・・・京島地区を走る亀戸線。 線路敷にたやすく入ることができるけど、事故、事件の話はとんと聞こえてこないね!

20160402_062_1024x683
20160402_075_1024x683_2
20160402_086_1024x683

20160402_140_1024x681

・・・・・・・・・・・・・・防火用水のそばに、古い流し台もまだ健在。

20160402_070_1024x683
20160402_078_1024x683_2

・・・・・・・・・・・・・股火鉢をして叱られた思い出は、植木鉢で余生をおくる。

20160402_091_1024x682_2

・・・・・・・・・・・・・・不用となったゴミ箱も防火用水と並び、軒先のアクセント。

20160402_102_1024x683

・・・・・・・・・・・・・・町中の公園は桜が満開、遊ぶ子は一人もいない。

20160402_106_1024x683

・・・・・・・・・・・・・・京島のメインストリート「キラキラ橘商店街」脇の公園に鎮座するは、お金が貯まる田丸神社。 この公園は、昭和20年(1945)の空襲の犠牲者364名が仮埋葬されたところだ。 平成元年の公園改修時には、遺骨や毛髪が若干出土したそうだ。 出土した遺骨は慰霊堂に合祀された。

20160402_116_1024x683

・・・・・・・・・・・・・・店舗兼住居の木造2階建て長屋も健在。

20160402_119_1024x683
20160402_120_1024x683


香取神社
・・・・・・・・・小村井駅の西側(墨田区文化2)に鎮座する鎮守さま。 平安時代末期の創建と言われている、古~い神社。 江戸時代は梅園があったことでも有名。

20160402_150_1024x683


⑤北十間川
・・・・・・・・・・・墨田区の中央部を旧中川から隅田川まで横断している江戸時代に掘られた運河。 この川を越えると墨田区(京島方面)から江東区(亀戸方面)に入る。、、、、、、写真、右側が江東区、左側が墨田区で写るは「花王 東京工場」。

20160402_153_1024x683



⑥UR亀戸2丁目団地
・・・・・・・・・・・・昭和43年(1968)に建てられ、50年以上経過した公団の団地。 9棟、806戸の団地で、駅から8分は便利である。 団地内のスーパーが賑わっていた。

20160402_157_1024x683
20160402_160_1024x683
20160402_162_1024x683

・・・・・・・・・・・・・・・この団地の前に、都営亀戸第二アパートがある。 こちらは、2DK(32㎡) 18戸と小規模だ。 江東区最古の都営アパートは高橋アパートで、こちらは2番手で、昭和36年(1961)の建築。

20160402_165_1024x683

2015年6月20日 (土)

東武亀戸線

数日ぶりの晴天。 『よし、散歩にでも行くか。』と思いきや、家族が風邪のため病院への付き添いで午前中の散歩はパー。 夕食前の散歩となり、東武亀戸線の全踏切を完全踏破すべく家を出た。 曳舟から線路沿いに亀戸まで、1万1千歩、8kmの散歩です。、、、、、亀戸線を目的に歩くのは3年ぶり。

東武亀戸線・・・・・・・・・・・明治30年(1897)に設立した東武鉄道は、当初、本線の東京側の起点を越中島として計画された。 しかし、免許がすぐに下りなかったため、明治35年(1902)、まず北千住~吾妻橋(現:とうきょうスカイツリー)駅間が開業した。 その間に免許が下り、越中島への延伸に向け、曳舟~亀戸駅間が明治37年(1904)4月5日に開業した。 これが現在の亀戸線の誕生日である。 開業と同時に、総武鉄道(現:JR総武本線)亀戸 - 両国橋間への直通運転も行われた。 しかし、その後は、市街地化により用地取得が困難になったり、震災、空襲などで、ナンダ・カンダ・トンダ・モンダで計画は未達に終わった。 現状は、路線距離:3.4km、駅数:5駅(両端の駅含む)、単線の曳舟駅構内を除き全線複線電化、2ないし3両編成の8000形の電車が運行している。 “東武のローカル線”である。


①曳舟駅
・・・・・・・・・・明治35年(1902)、開業。  明治37年(1904)、現:亀戸線区間の開業。 現在は3面5線の高架駅。 高架下では耐震補強工事中。

20150620_039_1024x668
20150620_035_1024x684
20150620_050_683x1024
20150620_058_1024x683

②曳舟川通り跨道橋
・・・・・・・・・・曳舟駅を出た亀戸線は伊勢崎線と並走して、まず曳舟川通りの跨道橋を通過する。

20150620_063_1024x683

③伊勢崎線と分かれる
・・・・・・・・亀戸線は跨道橋を通過すると、地上(写真:中央の地上線)を走り、京成押上線(写真:左の高架)の下をくぐる。 伊勢崎線は高架で押上(写真:右の木の陰の高架)に向かう。、、、、、この辺りは、京成の押上~八広間連続高架化工事のため、足場・資材・構造物が入り乱れた状態で、説明するのも、ややっこしい!

20150620_075_1024x649
20150620_072_1024x683

④亀第1号踏切・・・・・・・・・・・亀戸線の踏切は曳舟側から順に、『亀第○号踏切』と名付けられて亀戸まで続く。 1号踏切は、押上地区から京島地区を抜けて明治通りに向かう「四ッ目通り」にある。

20150620_084_1024x683
⑤亀第2号踏切から9号踏切まで、一挙公開!・・・・・・・写真の順に、2号、3号、、、、、9号

20150620_093_1024x683
20150620_099_1024x683
20150620_116_1024x683
20150620_123_1024x683
20150620_128_1024x683
20150620_137_1024x683
20150620_145_1024x683
20150620_167_1024x683

⑥小村井駅
・・・・・・・・・・・・小村井駅(おむらいえき)は、9号踏切と10号踏切に挟まれている。 駅舎は10号踏切の脇にあり、前は「明治通り」である。 

20150620_186_1024x683

20150620_163_1024x683

⑦亀第10号踏切
・・・・・・・・・・・・明治通りにある踏切。

20150620_181_1024x681

⑧亀11号踏切
・・・・・・・・・・・曳舟から順に、順調に、順番通り、順序良く、撮影してきたが、『あれ! 11がない、撮影の落としか、私のお歳か、東武鉄道のミスか?』 私は、慌てふためいたが、死んで償う気になれず、帰宅した。、、、、、帰宅後、調べてみたら廃止された踏切らしい。 現在は欠番となっている。、、、、、、と、言うことで、写真は無いが、一件落着。


⑨亀12号踏切、13号踏切
・・・・・・・・・・・

20150620_189_1024x683
20150620_196_1024x683

⑩東あずま駅
・・・・・・・・・・昭和3年(1928)、平井街道駅として開業。 昭和20年(1945)に駅は廃止され、その後、昭和31年(1956)に東あずま駅として再開業。、、、、亀戸線のほぼ中間に位置し、上下線のすれ違いが、この駅の付近で見られる。、、、、、駅には構内踏切があるが、この踏切はカウントしない。

20150620_212_1024x683
20150620_219_1024x683

⑪亀14号踏切
・・・・・・・・・・・構内踏切の脇に、14号踏切がある。

20150620_222_1024x683

⑫亀15号踏切
・・・・・・・・・・・

20150620_229_1024x683


⑬亀16号踏切、17号踏切と十間川の鉄橋
・・・・・・・・・・・スカイツリーの下を流れ、旧中川と隅田川を結ぶ運河「北十間川」に架かる鉄橋を亀戸線は渡る。 その鉄橋を挟むように両端に16号、17号踏切がある。

20150620_238_1024x683
20150620_235_1024x683
20150620_244_1024x683
20150620_250_1024x683

⑭「蔵前橋通り」の下をくぐる
・・・・・・・・・

20150620_256_1024x684

⑮亀18号踏切
・・・・・・・・・・亀戸水神駅前の踏切が第18号である。

20150620_257_1024x683

⑯亀戸水神駅
・・・・・・・・・亀戸天神は商売繁盛で天にも昇る勢い、亀戸水神は水に流されたのか忘れ去られた神社。 駅も地元の人が利用する程度だ。 昭和3年(1928)開業。 こちらも、構内踏切(カウント外)がある。

20150620_281_1024x683
20150620_273_1024x683

⑰亀19号踏切
・・・・・・・・・・・

20150620_288_1024x683
⑱旧亀戸水神駅・・・・・・・・・19号踏切と20号踏切の間に、旧亀戸水神駅のホーム跡が残っている。、、、、、現:亀戸水神駅は、かつて隣駅として存在していた北十間駅と旧亀戸水神駅を統合して、戦後に、両駅の中間に設けられた駅である。・・・・・・・遺構は、線路際にコンクリートで造られた四角い基礎のようなものが等間隔に並んでいる。

20150620_295_1024x683

⑲亀20号踏切、21号踏切、22号踏切
・・・・・・・・・・亀第22号踏切が最後です。これにて、全踏切を制覇した!

20150620_298_1024x683
20150620_301_1024x683
20150620_321_1024x682

⑳亀戸駅
・・・・・・・・・・終点の亀戸駅は1面2線の地上駅。 

20150620_020_1024x683
20150620_024_1024x683
20150620_010_1024x684
20150620_004_1024x684

2012年8月13日 (月)

夜の東武亀戸線

今夜の夕涼みは、東武亀戸線に沿って、亀戸駅から曳舟駅まで、1万1千歩、8kmの散歩です。・・・・・・・・・3月7日の日中に、曳舟駅から亀戸駅まで、今日とは逆方向で歩いたよ!

①亀戸駅・・・・・・・・早い人は、そろそろ帰宅時間だ!・・・・・・・・2両連結の電車が10分おきに発着。都心のローカル線だ!・・・・・・・・・盛土上の複々線はJR、盛土下に複線で東武亀戸線が走る。駅は1面2線の地上駅。

2012_0813_182305s

2012_0813_182827s

2012_0813_182346s

2012_0813_184134s

2012_0813_1841181s

・・・・・・・・・駅前の餃子屋、ホルモン焼きは既に満席状態!

2012_0813_183309ts

2012_0813_183550s

②亀戸~亀戸水神間・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・人通りの少なくなった商店街

2012_0813_1849361s

・・・・・・・・・・亀大19号踏切

2012_0813_185138s

・・・・・・・・・踏切の先に灯りが、すぐに亀戸水神駅だ!

2012_0813_185312s

③亀戸水神駅・・・・・・・・・只今、節電中、駅名表示の灯りが消えている。

2012_0813_190614ts_2

2012_0813_190638ts

2012_0813_190154ts

・・・・・・・・・スカイツリーが遠くで灯るローカル駅だ!

2012_0813_185814s_2

2012_0813_190026ts

 

④亀戸水神~東あずま間・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・亀戸水神宮・・・・・・・・駅名になるほどの大きな神社?・・・・・・・・・狛犬が夜のガードマン

2012_0813_190908s

2012_0813_190944ts

・・・・・・・・・・・蔵前橋通りの陸橋下を抜ける亀戸線

2012_0813_191300s_2

・・・・・・・・・北十間川の橋梁

2012_0813_192436s

⑤東あずま駅・・・・・・・・・・・乗る人少なく、降りる人多い、夜の駅

2012_0813_193204ts

2012_0813_1932221s

2012_0813_1934182s

⑥東あずま~小村井(おむらい)間・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・近づいてきたスカイツリーも、チョイト寂しい下町の裏通り

2012_0813_193814s

・・・・・・・・・明治通りを横切ると、小村井駅だ!

2012_0813_194348s

⑦小村井駅・・・・・・・・・・・一日の乗降客は9800人程で、亀戸線の途中駅では最大だ!

2012_0813_1946162s

2012_0813_194602s

⑧小村井~曳舟間・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・京島・押上地区に入ると、線路敷きは暗く、小さな踏切が多い

2012_0813_200450s

・・・・・・・・・・京島の細い路地と、古い家屋の家並みに、スカイツリーが灯る

2012_0813_201348s

2012_0813_201512s

・・・・・・・・・・高架化工事中の京成押上線・・・・・・・・踏切を越えると東武の曳舟駅だ!

2012_0813_202308s

⑨曳舟駅・・・・・・・・・・亀戸線の終点。路線距離は3.7km。・・・・・・・・ここから電車で亀戸へ戻る。 すいてる電車だった。

2012_0813_202710ts

2012_0813_202858s

2012_0813_2029142s

⑩散歩の最後は、再び亀戸駅へ・・・・・・・・・・・

2012_0813_204400s

2012_0813_204416s

2012_0813_204408s

2012年3月 7日 (水)

東武亀戸線

曳舟駅から東武亀戸線に沿って亀戸駅まで、1万2千歩、9kmの散歩です。

亀戸線は明治37年(1904)に、亀戸~曳舟間が開業した。開業と同時に現在の総武線両国駅まで、亀戸駅からの直通運転をした。明治43年(1910)、総武線乗り入れは中止。・・・・・・・・もし、今でも乗り入れが行われていたら、両国駅から特急“スペーシア”で日光に行けて、私は便利で嬉しいのだが。

亀戸線の開業時には、亀戸~曳舟間の中間に天神駅だけがあった。その後も、いくつかの駅がつくられ、消えていった。現在は、亀戸、亀戸水神、東あずま、小村井、曳舟の5駅。・・・・・・・・・・駅の変遷を調べていると、ややっこしいので、ヤメタ!

本日は、亀戸線には乗らず、ストカーのように、ひたすら線路にくっつて歩いてきた!

①曳舟駅・・・・・・・・伊勢崎線から分岐する駅。亀戸線の終点駅。ボ~~ト薄暗く、乗降客もパラパラ、駅前の店も少なくポツリポツリ、高架下の改札脇にあった喫茶店もシャッターが降りていた。・・・・・・・駅名の表示板も色あせて、読みにくい!・・・・・・・・スカイツリーの開業に合わせリニューアル工事でもするのかな?

2012_0307_122434s_2

2012_0307_122500s_2

2012_0307_122002s

②曳舟~小村井・・・・・・・・・この区間は、戦災の被害が少なかった京島地区を通っている。・・・・・・・・・京島は古い家屋と町工場が密集し、まさに東京は下町の代表格。路は狭く、洗濯物も植木と一緒に軒先に出ている街だ!

2012_0307_121823s

2012_0307_122711s_2

2012_0307_124446s_3

2012_0307_124618s

2012_0307_124826s

2012_0307_124840s_2

2012_0307_125242s_2

2012_0307_1255162s_2

2012_0307_130018s_2

2012_0307_130226s

2012_0307_130606s

2012_0307_130656s_2

2012_0307_131010s

2012_0307_131426s

2012_0307_131446s

2012_0307_131552s

③小村井駅・・・・・・・・・昭和3年(1928)開業の駅。ホームは2面あるが、地下通路で結ばれ、改札は一つだ。

2012_0307_131948s

2012_0307_132258s

2012_0307_132346s

2012_0307_132400s

④小村井~東あづま・・・・・・・・このあたりは、公営住宅と中小企業の工場が多い。線路は丸八通りと並行する。・・・・・・・・“丸八通り”とは? 「丸八真綿」とは、無関係! 答えは、“明治の頃、この付近に丸八と称する御香屋があったことに由来する。”

2012_0307_132812s_2

2012_0307_132856s_2

⑤東あずま駅・・・・・・・・・昭和3年(1928)、平井街道駅として開業し、昭和20年(1945)に駅を廃止する。その後、昭和31年(1956)に東あずま駅として再開業。・・・・・・・ややこしい駅だ!

2012_0307_133156s_2

2012_0307_133252s_2

2012_0307_133330s_2

⑥東あずま~亀戸水神・・・・・・・・・北十間川の鉄橋を渡る。

2012_0307_133300s_2

2012_0307_134508s_2

2012_0307_135058s_2

2012_0307_1400421s

⑦亀戸水神駅・・・・・・・・・昭和3年(1928)開業。・・・・・・・亀戸天神と紛らわしい名前だ! “天神”と“水神”、一字違いで人気も変わる。

2012_0307_140306s

2012_0307_140424s

2012_0307_140458s

⑧亀戸水神~亀戸・・・・・・・・・・駅間は0.7km、もうすぐ亀戸駅。総武線の盛土下を亀戸駅に向かう。

2012_0307_1415141s

2012_0307_141320s

2012_0307_141534s

⑨亀戸駅・・・・・・・・・・亀戸線の起点駅。

2012_0307_142628s

2012_0307_142656s