2024年6月17日 (月)

西糀谷・大森中

近ごろ起床時間が早くなり、4時過ぎには目が覚めていることが多い。 今朝も4時半過ぎに起床し、5時には新聞を読んでいた。 私が早起きになったため、妻もつられて起きてくる。 6時には朝食も済ませ、『さて、今日は何処へ散歩に行こうかな?』と声をかけると、妻は『私も一緒に行くよ!』と返事。 しかし、5分後には『やっぱり、行かない。 一人で行ってきな!』 その妻の心は『高島屋(デパート)で孫の服を買ってくる』、、、、と、云うことで、今日は一人で散歩する。

6時半に浅草橋の地下鉄ホームに立ち『どこへ行こうか』思案橋。 次の電車は『羽田空港行だ。 ヨシ、これに乗ろう』、、、、乗っては見たが『どこで降りよか?』迷い橋。 いつの間にか、京急蒲田を過ぎ “次は 糀谷!こうじや”と、聞いて慌てて飛び降りて、気まりが悪い、照れ屋橋。 糀谷で降りてみたが、東西南北何処へ行く? 気ままに歩いて9000歩、着いたところは「大森町」(京急の駅)

 

● 京浜急行の「糀谷駅(こうじやえき)」は、明治35年(1902)6月28日に羽田支線として蒲田~稲荷橋間 (3.6km) の開通と同時に開業した。 思った以上に古い駅である。 現在の高架駅に変わったのは平成22年(2010)~平成24年(2012)。、、、、“糀谷”の地名の由来は判らないが、現在は糀谷駅の北側が“西糀谷”で、西糀谷と羽田空港に挟まれた一帯が“東糀谷”。 東西を冠しない、単なる“糀谷”の地名は消滅した。

2406170707330

2406170724360

2406170720410

2406170725540




● 糀谷駅から駅前商店街をさけて、西糀谷の裏通りを歩く

・・・・・・・・・・ まずは、“裏通り”と言うより“裏路地”(西糀谷4)を歩いて見たら、ズ~ット奥で行止まり。 

2406170728160

2406170728350

2406170728500

2406170729110



・・・・・・・・・・ 西糀谷4丁目に「糀谷神社」がある。 糀谷神社の創建年代は不詳だが、村民久左衛門が創建したといわれてる。(久左衛門と言われても、知ってる人はいるのだろうか? もちろん私も知らない) 明治維新後には村社に列格した。、、、、ここの神社の鳥居の横には天祖神社の社号標がある。(この糀谷・羽田地区付近には天祖神社が多いので間違いやすい)

2406170737180

2406170739000

2406170739560



・・・・・・・・・・ 糀谷小学校の前を歩き、右に曲がって、また右に、次は左に歩いていたら、「叶仏堂(かなぶつどう)」(西糀谷1)の前に出た。、、、、堂内の中央に「庚申塔」がある。延宝6年(1678)に糀谷村庶民有氏で造立。 右隣には大日如来像がのった「六十六部供養塔」がある。 糀谷村の信仰を物語る石仏だ!

2406170752430

2406170751500

2406170751550



・・・・・・・・・・ 叶仏堂から北へ歩くと、住宅地の路地の奥に「仲江名天祖神社」と刻まれた社号標がある神社が見える。 小さな境内だが、踏石が敷かれた参道を進むと鉄筋コンクリート造の社殿があります。 社殿も含めて境内が近年整備されたようだ、この神社も村民久左衛門が創建したと伝えられてる。 現在の社名は「東仲江名天祖神社」(西糀谷2)である。

2406170755530

2406170756250




● 西糀谷の北端に流れる呑川。 そこに架かる「北糀谷橋」を渡ると北糀谷の町。

2406170805470

2406170804360




● 北糀谷小学校の前をとおり、「大森中(おおもりなか)」の町に入る。 下町の雰囲気が残る町。

2406170817070

2406170824470

2406170829360



・・・・・・・・・・ またまたあった小さな神社「堀之内三輪神社」、、、、大森周辺は武蔵国大森と称し、堀之内は大森の本村として伝承された古い地名だ。 堀之内は本村として早くから開け、住民は農業と漁業を生業として集落を形成し、氏神が住民の支柱だった。 三輪神社は、享徳年間(1452~1456)に土地開拓の神として大国主命を祀り、村人の崇敬を集めたのが創始と伝わる。

2406170819550




● 大森中の町を抜けると第一京浜(=国道15号)に出る。 国道を横断すれば京急の「大森町駅」

2406170837280

2406170838070




● 「大森町駅(おおもりまちえき)」は、明治34年(1901)2月1日、六郷橋~官設大森駅間開通時に開業。 開業時は道路上の停留所であったが、明治39年(1906)に新設軌道上に移行し、のちに大森山谷駅と改称した。 現在は高架駅となった。、、、、綺麗で立派な駅だが、普通列車しか停車しない駅、チョイト可哀そう!

2406170840060

2406170839130

2406170845260

2024年6月16日 (日)

水郡線の旅

6月13日・14日の二日間、夫婦で水郡線沿線を旅してきた。 水郡線は茨木県の水戸から福島県の郡山まで、久慈川沿いを走るローカル線。 全線開通は昭和9年(1934)12月4日、全線約140㎞には途中駅43駅ある、水戸から郡山までの所要時間は通しで約3時間強。 沿線途中には袋田の滝があるが、それ以外は全国的な名所はない、山間部をのんびり走る1~4両編成の気動車に揺られ夫婦二人旅である。




● 13日11時、特急“ひたち”で水戸駅到着。 水戸駅2番線ホームの端から常陸大子行きに乗換える。 2両編成の列車には、乗客の姿もまばら。 “間違いなく これぞローカル線”感動する!

2406131057550

2406131107380

2406131111050




● 水戸を出ると車窓には緑がいっぱい、久慈川も見える。、、、、車窓から撮った写真は『AGC(旧旭硝子)の熱線吸収ガラス』により、青みがかってしまう。 熱線吸収ガラスは、原料に熱線吸収成分を加え、グリーンやグレーに着色し温度上昇の原因となる赤外線を吸収するので、車内の温度が一定に保たれているそうだ。 日差しも眩しくなくて、いいね。 でも、折角の素晴らしい景色の写真がチョイト残念!

2406131149100

2406131202120

2406131213430

2406131214370




● 12時30分、袋田駅(昭和2年開業)に到着。 降りたのは私達二人だけ! 袋田駅の1日平均乗車人員(令和4年度)は64人である。 駅前に停まってる「袋田の滝」行きのバスに乗るのも二人だけ! 

2406131227240

2406131227480




● 駅から二人だけの貸し切りバス(?)で7分、「袋田の滝」に到着。 滝の入口周辺には数件のみやげ屋が店を開いてる。 観光客の姿も少ないがチラチラ見える。 皆さん自家用車で来たようだ、今の時代、列車に揺られてやって来るのは我が夫婦だけ!、、、、みやげ屋が並んでる、昭和の時代の観光地のようだ、いい雰囲気だ!

2406131312280



・・・・・・・・・・ 滝に向かうトンネルの前で入場料300円を払い、“いざ滝へ”。 トンネルは昭和54年(1979)完成、長さ276m。

2406131322280



・・・・・・・・・・ トンネルの途中には「恋人の聖地」モニュメントがある。 チョッピリ恥ずかしかったが、若いカップルが『記念の写真を撮りましょね!』と言ってくれた。

2406131325170



・・・・・・・・・・ さらにトンネルを進むと国名勝「袋田の滝」の正面(第一観瀑台)に出た。 滝の大きさは、高さ120m、幅73m。
初めて見る滝の大きさにビックリ『スゲー、こんなにデカイとは思っていなかった!』、、、、滝の下流には「吊り橋」も見える

2406131333500

2406131355540



・・・・・・・・・・ トンネルの一番奥にはエレベーターがあり、滝の上部が見える第二観瀑台へ上る。 袋田の滝の別名:四段の滝が見渡せる。 『紅葉シーズンになると、観光客で賑わうのも納得できるね!』

2406131349340

2406131347230




● 今宵は、滝の近くの袋田温泉で露天風呂に入り、常陸牛の夕食を堪能。

2406131310080




● 14日は宿の車で水郡線「常陸大子駅(ひたちだいごえき)」(袋田駅の隣り駅)まで送ってもう。、、、、「常陸大子駅」は、JR水郡線統括センターのある山間の大きな駅で、留置線含めて10線以上ある。 転車台も残っている。 駅は単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを持つ地上駅。 昭和2年(1927)3月10日、鉄道省の駅として開業した。 令和4年(2022)度の1日平均乗車人員は223人。

2406140900490

2406140859110

2406141032500



・・・・・・・・・・ 駅前に静態保存されている「C12 187」は、昭和13年(1938)7月27日に日本車輛製造名古屋工場で製造され、九州各地で運用された後、昭和42年(1967)に水戸機関区に配属され、昭和45年(1970)まで使用された蒸気機関車。 黒く輝く車体はカッコいいね!

2406140902150




● 只今時刻は9時10分、次の郡山行きの列車は10時45分、それまで大子の町歩き。、、、、駅前から延びる「駅前中央通り」と「本町通り」を歩いて見た。 大正・昭和の活気あった街並みには当時の雰囲気が残っている。

2406140926330

2406140955330



・・・・・・・・・・ 通り沿いに建つ国登録有形文化財の建築、、、、旧樋口病院入院棟(昭和30年築)、旧大子銀行本店(大正6年築)、旧外池呉服店店舗(明治29年築)、大子カフェ店舗兼主屋・土蔵(大正5年築、大正元年築)

2406140911460

2406140918295

2406140920510

2406140928070



・・・・・・・・・・ ひな祭りには、神社の参道にある百段階段に緋毛氈(ひもうせん)をかけ、多くの雛人形を置く1日限りのイベント『百段階段でひなまつり』で全国的に有名な「十二所神社」に参拝。、、、、神社は祭神として天神七代、地神五代の十二代十七神を祀り、当地の開拓の守護神として神亀4年(727)に鎮祭された。 慶長の始めに佐竹義宣公の寄進にて社殿を改築したが、明治43年、火災にて社殿・神宝を悉く焼失した。、、、、14日はこの6月で一番暑い日、まして大子町は全国でも一番暑い日(天気予報で発表35℃)であった。 そんな日に、100段の階段の上り下りは、年寄にはキツイ!

2406140932330

2406140939500

2406140940440




● 大子の町歩きを終え、10時45分の列車で「常陸大子駅」を出発。 1両編成の郡山行きに乗り、再び久慈川沿いに、次なる「磐城石川駅」をめざす。 

2406141036530

2406141052070




● 常陸大子駅を出て約1時間、茨木県から福島県に入り、磐城石川駅に到着。、、、、磐城石川駅は、昭和9年(1934)12月4日の開業。 単式ホーム1面1線(1番線)と島式ホーム1面2線(2・3番線)、合計2面3線のホームを持つ地上駅。、、、、令和4年(2022)度の1日平均乗車人員は446人と水郡線の駅では乗降客の多い方だ! だけど、私達と一緒に降りたのは数人程、乗った人はゼロ!、、、、駅前には何もない。 町には食堂もない。 有名な観光地もない。 なぜここに下車したか? 私が、駅から北東に約8㎞程行った「千五沢ダム」を見たかったからだ。、、、、それにしても何もない駅で、ダムへはタクシーで行くほかはなく、そのタクシーも駅前には停まっていない。 親切な駅長(?)が、タクシー会社に電話してくれた。

2406141142480

2406141146190




● 磐城石川の町を抜け、「千五沢ダム(せんごさわだむ)」に到着。、、、、千五沢ダムは東北農政局により昭和50年(1975)に阿武隈水系北須川に建設されたかんがい専用ダムである。 しかし、当初予定したかんがい面積が半分に減少したため、ダムの貯水容量に大きな空き容量が生じる結果となった。 福島県はこの空き容量を洪水調節を行う治水容量として活用することとなり、洪水調節を行うための施設改修(洪水吐き改築、放流施設新設、管理設備改修等)を行なった。 ダムの諸元は、型式:中央コア型アースダム、ゲート:ゲートレス(自然調節方式)、堤高・堤頂長:43m・176.5m、総貯水容量:1300万m3、管理者:福島県、本体着工/完成年:2014/2024年、施工会社:清水建設・青木あすなろ建設・あおい。、、、、このダムは湖(母畑湖)に4本の洪水吐けが出て、水位が上がると洪水吐けの開口部から水が流れ、大雨などの非常時には洪水吐けの頂部を乗り越えた水か自然に流れ下るようにできている。、、、、小さなダムだが、珍しい形状のダムだ!、、、、(注:::以下の写真で、最初の1枚(航空写真)は現地のダム案内板に表示された写真)

2406141235235

2406141246019_stitch

2406141223340

2406141230580

2406141240290

 

● ダムを見終え磐城石川駅に戻るタクシーの中で、妻から一言『このまま郡山の駅まで乗って行こう!』、、、、というわけで、水郡線の旅はここまで。

2406141339090

2024年6月15日 (土)

古い記事は削除!

サーバーの空き領域確保のため、古い記事(2017年以前の記事)を削除しました。 もう見られません、諦めてください!

5月末から約半月の間、雅万歩は休みましたが、明日から再び記事を掲載するつもりです。

2406131310397

«大変だ、本当に!