« 浅草橋~南千住 | トップページ | 荻窪~井荻 »

2016年4月29日 (金)

雑司が谷

JR目白駅から、鬼子母神のある豊島区雑司が谷をじっくりとぶらつき、地下鉄護国寺駅まで、1万歩、7kmの散歩です。



①都電 鬼子母神前
・・・・・・・・・・・・都電荒川線が通る、鬼子母神前停留場と都電雑司が谷停留場間の都道は、只今、地下道路の建設工事中。 明治通りのバイパスルートとして、渋谷区広尾5丁目から北区滝野川2丁目に至る約14kmの都市計画道路の一部区間である。 この間は道路中央の専用軌道を都電が走り、その両側に1車線の車道と歩道が整備され、都電の軌道の真下に片側6.0m/2車線のトンネルが2本造られる。 この区間を含む、豊島区高田3丁目から南池袋2丁目までの約1.4kmは、事業費が370億円で2019年度までに完成する予定。、、、、、目白通りの千登世橋から見る都電、大鳥神社の鳥居越しに見る都電、都電の景色が変わりそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・地下鉄副都心線の雑司が谷駅前。 写真左の仮囲いの中を都電が走っている。

20160429_006_1024x683

20160429_009_1024x683

・・・・・・・・・・・・・・鬼子母神前停留場、、、、、、仮の停留場でしばらくの辛抱!

20160429_011_1024x683
20160429_008_1024x683

・・・・・・・・・・・・・・大鳥神社の鳥居前も工事中

20160429_049_1024x683
20160429_053_1024x681



②鬼子母神
・・・・・・・・・・・・鬼子母神は安産・子育(こやす)の神様として信仰されている。 日蓮宗では、鬼子母神はただ単に子供を守る神であるばかりでなく、信者・宗徒の外護神として崇められている。 女神であり、吉祥天の母である。、、、、、ここ雑司が谷の鬼子母神は、入谷の鬼子母神、千葉県市川の鬼子母神と並び、江戸三大鬼子母神の一つ。

・・・・・・・・・・・・・・鬼子母神前停留場から伸びる参道は、樹齢400年のケヤキも並ぶ石畳となっている。

20160429_014_1024x682
20160429_017_680x1024

・・・・・・・・・・・・・ケヤキ並木が終わると、鬼子母神が祀られている本堂が見える。

20160429_022_1024x683

・・・・・・・・・・・・・・鬼子母神堂の本堂、、、、、、、鬼子母神堂は、法明寺(南池袋3)の境外仏堂。 堂は、永禄4年(1561)に現:清土鬼子母神堂で発掘した鬼子母神像を、稲荷社のあった現在地に村民が天正6年(1576)に堂を建立した。 その後、寛文4年(1664)、松平安藝守光晟の寄進により本堂が建立された。 昭和51年(1976)から3年間をかけ、江戸時代の姿に戻す解体復元の大修理が行われた。

20160429_031_1024x683_2
20160429_027_1024x683

・・・・・・・・・・・・・・境内の大イチョウは、応永年間(1394~1428)に植えられたもので、樹齢700年に達し、「子授けイチョウ」とも呼ばれているそうだ。 樹高:30m、幹周:8m。

20160429_025_683x1024


③大鳥神社
・・・・・・・・・・・・大鳥神社は、もともと鷺明神と称して、正徳2年(1712)鬼子母神境内に祀られた。 明治の神仏分離後に現在地(雑司が谷3)へ遷座した。 現社殿は昭和56年(1981)に造営されたものである。、、、、、この神社も、毎年11月の酉の市では商売繁盛を願う人で賑わい。 そして最後に笑うのは、多いに商売繁盛した神社である。

20160429_044_1024x683
20160429_042_1024x683


④雑司ケ谷霊園
・・・・・・・・・・・・・明治5年(1872)、神葬墓地として開設。 明治7年(1874)に共葬墓地となった都営墓地。 約10万㎡の広い霊園で、小泉八雲、泉鏡花、永井荷風、島村抱月、夏目漱石、東条英機、東郷青児など、多くの著名人が眠っている。、、、、、墓を守る人がいなくなり無縁墳墓として改葬される旨の立て札が立てられた墓も散見される。 立派な墓石の前に、改葬の立て札をみて、チョイと悲しくなるね!

20160429_061_1024x683
20160429_065_1024x683


⑤雑司が谷旧宣教師館
・・・・・・・・・・旧宣教師館(雑司が谷1)は、明治40年(1907)にアメリカ人宣教師のマッケーレブが自宅兼布教活動の拠点として建てたもの。 マッケーレブは、昭和16年(1941)に帰国するまでの34年間この家で生活をしていた。 豊島区内に現存する最古の近代木造洋風建築で、明治期の宣教師館としても大変貴重なものである。、、、、、、19世紀後半のアメリカ郊外住宅の特色を残した、木造2階建ての質素な外国人住宅。、、、、、、今年3月にリニューアル工事も完了し、内外装とも美しくなった。

20160429_111_1024x683
20160429_099_683x1024
20160429_102_1024x683
20160429_120_1024x683
20160429_072_683x1024
20160429_095_1024x683
20160429_080_683x1024
20160429_083_683x1024


⑥清土鬼子母神
・・・・・・・・・・・・雑司が谷1丁目と境を接する、文京区目白台2丁目に日蓮宗の清土鬼子母神堂がある。 清土鬼子母神堂は、雑司が谷の鬼子母神堂に祀られている鬼子母神像が、永禄4年(1561)、柳下若狭守の下男山本丹右衛門によって掘り出された場所だといわれている。 清土は当地の旧地名(雑司ヶ谷村小名清土)で、清土鬼子母神と称されている。

20160429_130_1024x683


護国寺
・・・・・・・・・・・・護国寺前の護国寺駅から地下鉄に乗車。

20160429_135_1024x682

« 浅草橋~南千住 | トップページ | 荻窪~井荻 »

散歩」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

豊島区」カテゴリの記事

文京区」カテゴリの記事