« 目薬より効く、目の薬師 | トップページ | 錆びた案内板、綺麗な案内板 »

2019年2月25日 (月)

寂しくなった山谷?

隅田川に架かる白鬚橋から地下鉄日比谷線の三ノ輪駅に至る間の明治通りは、ほぼ台東区と荒川区の区境となっている。 その中間点に泪橋交差点がある。 今日の散歩は、泪橋からかつての山谷地区を抜け浅草寺までです。 1万2千歩。
 
 
 
●今生の別れの涙 ・・・・・・・・浅草橋から南千住駅前行の都バスで、泪橋(なみだばし)バス停で降りる。、、、、泪橋は、現在の泪橋交差点の付近を流れていた思川(おもいがわ、=音無川分流)に架けられた橋の名である。 思川は明治通り敷設のため暗渠化され、架かっていた泪橋も失われた。 橋名の由来は、泪橋の北側にあった小塚原刑場に赴く囚人たちが現世を去るに際して、涙を流しながら渡ったとも、囚人の知人が今生の別れを惜しんで袖を濡らしたからとも伝えられている。、、、、橋も、川も、今は跡を残さず、消えた! 泪の跡はバス停と交差点名に残るだけ。 
 
1902250814220
 
1902250815470
 
 
 
●明るい町に変身 ・・・・・・・・・・・・山谷 (さんや)は、台東区北東部にあった地名で、現在の台東区清川・日本堤・東浅草付近を指した。 大阪のあいりん地区、横浜寿町とともにドヤ街の代表地区。 日雇い労働者の住む簡易宿泊所の多い町で、東京オリンピックのあった昭和60年代には、200軒以上の宿泊所に約1万5千人の労務者が寝泊まりしていた。 当時は『山谷騒動』と呼ばれる、労務者の暴動なども起きた。、、、、当時は、仕事にあぶれた労務者が、日中から路上で酒を飲み、博打をする光景も見られ、怖い処であった。、、、、現在の山谷地区は、労務者が高齢化したうえに、5千人ぐらいに減ったそうだ。 町も、労務者の町から、外人観光客が泊まる安宿の町に変わってきた。 
 
・・・・・・・・・・・・“旅館”も“ホテル”に変わり、モダンな建物も、女性専用のフロアーもあり、Wi-Fiも完備している。 「全室カラーTV完備」、「全室冷暖房完備」は、もう古い!
 
1902250822470
 
1902250859530
 
1902250906290
 
1902250907460
 
・・・・・・・・・・・・・宗教団体の支援がつづく山谷。、、、、炊き出しが行われ、日曜日には賛美歌が聞こえる、「日本キリスト教団 日本堤伝道所センター」、「神の愛宣教者会 山谷の家
 
1902250903250
 
1902250903030
 
1902250905310
 
・・・・・・・・・・・・・アッ、アーケードがなくなった!、、、、山谷の中心的な「いろは会商店街」では、昭和30年代に設置し劣化したアーケードを昨年撤去した。、、、、、なんだか道幅が広くなり、明るくなった気がするが、商店街でカップ酒飲む労務者もいない、人通りは少なく、寂しいかな? 
 
1902250842540
 
1902250850370
 
・・・・・・・・・・・・・4年前(2015)、ほぼ同じ位置で撮影、アーケードのある「いろは会商店街」。
 
20151109_050
 
20151109_051_2
 
・・・・・・・・・・・・・商店街で作業服を売る店。 お客も減ったようだ。
 
1902250902220
 
 
 
●日本堤の“昭和” ・・・・・・・・・・・・・台東区日本堤には昭和が残っている。、、、、、終戦後の東京の町には、いたる所に防火用水が置かれていた。 路地を入ると、手押しポンプがあり、脇には洗濯板と「カネヨ」のクレンザーと亀の子たわしもあったっけ!
 
1902250827290
 
1902250828130
 
・・・・・・・・・・・・・・こちらは、路地裏の住宅。 路地の中央に敷かれた御影石が印象的。
 
1902250839060
 
1902250839180
 
 
 
●本堂を守る六地蔵 ・・・・・・・・・・・日本堤の南隣、東浅草にある曹洞宗洞雲山東禅寺 には、江戸六地蔵の一つ銅造地蔵菩薩坐像が本堂正面で出迎えてくれる。 像の高さは約3m。
 
1902250926390
 
1902250927440
 
 
 
●わちきも、遊んでみたかった! ・・・・・・・・東禅寺から50m程南東に浄土宗の寺院:春慶院がある。 こちらの寺の境内の隅に吉原の花魁:高尾太夫の墓があった。、、、、高尾太夫は初代から11代まで居たと言われている。 ここの墓は初代のこ墓である。 11人の高尾太夫はいずれも吉原の代表的名妓で、三浦屋四郎左衛門方の抱え遊女であった。 この墓は、細部にまで意匠を凝らした笠石塔婆で、戦災で亀裂が入り、一隅が欠けている。 高さ1.5m、正面に紅葉文様を表し、中央から下に楷書で「為転誉妙身信女」、その下に「万治二年巳亥」、左側に「十二月五日」と戒名・忌日が刻まれている。、、、、、美人で、才女で、スタイル良し、の花魁と聞けば、私も一度は吉原でお会いしたかった。
 
1902250933030
 
 
 
●観音さまに手を合わせ ・・・・・・・・・・浅草寺に立ち寄り、帰宅。
 
1902250957140
 
1902251006120

« 目薬より効く、目の薬師 | トップページ | 錆びた案内板、綺麗な案内板 »

散歩」カテゴリの記事

台東区」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寂しくなった山谷?:

« 目薬より効く、目の薬師 | トップページ | 錆びた案内板、綺麗な案内板 »