« 二つの内田ゴシック | トップページ | 赤い地下鉄の茗荷谷 »

2019年9月27日 (金)

県道1号は松戸街道

北総線矢切駅から松戸街道(県道1号)沿いに歩いて京成本線国府台駅まで、1万歩の散歩です。




●朝の通勤ラッシュがない! ・・・・・・江戸川を挟み柴又と矢切を結ぶ「矢切の渡し」、今は観光で利用する人が大半だろう。 まして、朝の通勤に渡し舟を利用する人はいない。(利用したくても、運行開始は10時から) 通勤客は運賃がチョイト高めだが、矢切駅から北総線を利用して都心に向かう。 その矢切駅、一日の乗降客は8,000人程で朝のホームに並ぶ人も少ない。、、、、地下駅であるため、特急電車がものすごいスピード、ものすごい騒音で通過していく。

1909270805290

1909270805530

1909270808520

1909270818190

1909270824130



●県道1号をスタコラ・サッサ! ・・・・・・・矢切駅前をとおり千葉県市川市と千葉県松戸市を結ぶ松戸街道(県道1号)。 私も駅前から県道を市川方面に歩くことにした。

1909270826010

・・・・・・・・・・・・・・県道から顔を西に向けると、平成29年国の登録有形文化財に指定された、千葉県水道創設時の円筒形高架水槽「栗山浄水場配水塔」(昭和12年完成)が見える。、、、、チョイトかわいらしい給水塔だ!


1909270828430

・・・・・・・・・・・・・・浄水場の見える交差点から南側は、住所が松戸市栗山から市川市国府台となる。 その市境に天台宗寺院の泉養寺(醫王山無量院)がある。 泉養寺は、深川を開拓した深川八郎右衛門が開基となり、秀順法師が慶長元年(1596)深川元町に創建、元禄6年(1693)猿江へ移転した。 その後、関東大震災にて被災し、昭和2年(1927)現在地へ移転した。、、、、江戸深川にあった寺で、俳人:松尾芭蕉とも縁ある寺らしい。


1909270842110

1909270838390

・・・・・・・・・・・・・・泉養寺から100m程行くと、浄土宗寺院の源光寺がある、この寺は両国回向院の別院である。 源光寺は、両国回向院が関東大震災で被災したことから、両国回向院の上人が開山となり、江東区の専受院も合併して昭和4年(1929)に開創した。、、、、寺の本堂は平成21年(2009)にモダンな本堂に建て替えられた。 この本堂は、建築家:河原秦の設計で「千葉県建築文化賞」を受賞したそうだ。、、、、赤い山門をくぐり、緑豊かな参道を歩き、コンクリートを木造で覆った本堂の前に出る。 堂の中には本尊の阿弥陀如来像。、、、、本堂の2階はカフェになっているそうだ、また写経などもできるらしい。 これぞ、“カフェ寺ス”!


1909270844260

1909270852320

1909270848420

1909270847160

・・・・・・・・・・・・・・源光寺から南(市川寄りに)に歩くと、松戸街道の東側には「じゅん采池緑地」があり、西側には「国府台緑地」がある。 今日は、どちらの緑地も寄らずに歩く。、、、、国府台4丁目の「飛地天満宮」に寄ってみた。 かつて、この地は国府台村の飛地であった。 この地の村人は、本来は「国府台天満宮」を信仰するのであるが、国府台天満宮から離れているため、近くの栗山(松戸市)にある天満宮を信仰していた。 ところが、栗山の天満宮が祭神を変えたため、天神様を信仰したい村人と争議が起こった。 村人は向島(墨田区)の三囲神社に相談し、河内(大阪府)の道明寺天満宮から分祀を受け国府台道明寺天満宮とした。 こうして、一件落着したそうだ。 以来、今もここは三囲神社の神主さん兼務している。、、、、、まさに、信仰もここまですると、頭(こうべ)も下がる、神様、天神様々! 


1909270902550

・・・・・・・・・・・・・・バス停「公民館」が見えた。 バス停の前に公民館があった。 今どき“公民館”とは、懐かしい響きである。、、、、今は“公民館”と言わず、“生涯学習センター”、“交流館”などと称する処が多いと思う。

1909270910510

1909270911250

・・・・・・・・・・・・・・国立国府台病院の前を歩く。 国府台病院は、平成22年(2010)に独立行政法人に移行し、『国立研究開発法人』となり、正式名称も国立研究開発法人 国立国際医療研究センター国府台病院となった。、、、、かつては国府台陸軍病院と称したこともある国府台病院。 今は高度医療を追求するナショナルセンターであり、地域の総合病院でもある。


1909270916080

1909270920260

・・・・・・・・・・・・・・ここまで県道1号を歩いてきたが、県立国府台高校の前に来て、思い出した! 『そうだ、この高校の奥に赤レンガ造りの旧千葉県血清研究所の建物があるはず、ヨシ、見に行こう!』(私はまだ見たことがない建物)、、、、急遽、県道をそれて和洋女子大の西側(裏側)に向かう。 ところが残念なことに、旧千葉県血清研究所に向かう道は封鎖され、工事中の警備員に注意され、建物を見ることができず。 ガッカリ!  

1909270922360

1909270929250



●汗をかきかきスタコラ・サッサ! ・・・・・・県道1号から江戸川の土手に出た。 残暑厳しく汗をかきかき、国府台駅まで土手を歩く。 

1909270952261_stitch

1909270953570



●学生の駅! ・・・・・・・・京成本線の国府台駅、降りてくるのは学生ばかり。 和洋女子大、千葉商科大、東京医科歯科大の最寄り駅。 一日当たり13,000人が乗り降りする駅。 客の多くは学生さんか?

1909271001210

1909271002190

1909271010470

1909271011050

« 二つの内田ゴシック | トップページ | 赤い地下鉄の茗荷谷 »

散歩」カテゴリの記事

千葉県」カテゴリの記事