« しばらく、自粛します | トップページ | 見破られた! »

2021年1月27日 (水)

足がつった!

正月明けから昨日まで約3週間、不要不急の外出を避け、我が家でPCゲームとビデオ鑑賞、外に出ることもなく家に籠もっていた。 ところが昨日、置き時計の一つが壊れ、我が家から歩いて15分程の処にある秋葉原のヨドバシカメラに買いに行った。 久しぶりの外出であり、散歩を兼ねてのんびり歩きはじめたのだが、秋葉原の店の手前で、我が足がつった! 『アリャリャ、コリャリャ、コリャ大変、ふくらはぎが痛い!』、初めての体験である。 すれ違う人に変に思われないように、なにごともなかった振りをして、足を休め、もみほぐす。 どうにか、歩けるようになり、店で買い物をすませ、帰りも我が家まで歩いた。・・・・・これが、外出自粛で運動量の低下による『コロナフレイル』の入口かも? 体の諸機能が低下し、介護が必要な状態の一歩手前の状態を「フレイル」という、コロナの影響で「フレイル」になるいわば「コロナフレイル」が、今、広く懸念されている。
昨夜はさらに、昼間のゲームのやりすぎが祟り、激しい腰痛に悩まされ、我が身の衰えを切実に体感することができた。


今日は、体力を取り戻すため、浅草橋の我が家から、浅草寺を抜けて東浅草(かつての山谷付近)まで歩いてきた。

 

●浅草橋から江戸通りを歩き・・・・・“駒形どぜう”の前を雷門へ・・・・・美人に見惚れ・・・・・仲見世は半数休業、チョイ寂しい・・・・・今年最初の浅草寺参りはガラガラ・空き空き・・・・・賽銭泥棒もいない、人影少ない本堂・・・・・ここでは“三密”の心配は不要?

2101271534210

2101271602400

2101271612310

2101271612500

2101271613460

2101271619480

2101271620420

2101271621510


● 本堂裏から北に向かうと、“お富士さんの植木市”でチョイト有名な「浅草富士浅間神社」(台東区浅草5)がある。 この神社は、創建年代は不詳だが、寛文11年(1671)以前に当地に勧請された。 元禄年間(1688~1703)に、静岡県富士市の浅間神社から分社した。、、、、ここ浅間神社の祭日には、植木市が浅草4、5丁目一帯で行われる。 昔からの祭日である5月31日、6月1日と、明治以降富士山の山開きが7月1日に変更になったことで加わった6月30日と7月1日の合計4日間の珍しい祭日となっている。 

2101271641470

・・・・・・・・・・・・・・どこでも、浅間神社と云えば「富士塚」が必須アイテムである。 ココ、浅草富士浅間神社にも富士塚がある。、、、、一方通行、7段の大変登りやすい登山道が整備されている。 老若男女、誰でも登れる“富士さん”

2101271643420


● 夕暮れとなり、明かりも灯り・・・・・お年寄りは、早速、銭湯に向かう・・・・・私はバスで帰る

2101271649080

2101271651280

2101271700000

« しばらく、自粛します | トップページ | 見破られた! »

散歩」カテゴリの記事

台東区」カテゴリの記事