« あゝ上野駅 | トップページ | 自粛中です »

2021年8月12日 (木)

新神谷橋にリベンジ

今朝6時の天気予報で東京の“最高気温”は29℃と表示。 アレ、“現在の気温”の間違いでは? 早速、外に出てみると、なんと爽やかな風が吹いている。 コリャ、秋風か? 再び、TVで他チャンネルに切り替えて天気予報を確認すると、間違いなく東京の最高気温は29℃と表示されていた。 空模様は、午前中は曇り、午後は雨。、、、、ヨシ、これは散歩のチャンスだ! 今日は熱中症の心配なし、コロナだけ心配すればヨシ、妻に一言『これから散歩してくる!』

今日の散歩は、前々回のリベンジで、東十条駅からおおむね環七通りに沿って北東に向かい、新神谷橋を渡り足立区に入り、引き続き鹿浜橋を渡り荒川を越えて、日暮里舎人ライナーの西新井大師西駅まで、1万2千歩の歩き。




● 朝7時半、JR東十条駅で下車し、まずは、環七通りに出て新神谷橋を目指す。

・・・・・・・・・・・・東十条駅北口から歩き始める。、、、、駅を出ると、一応心配なので、空を仰ぎ『雨よ降るなよ!』 

2108120724410

2108120735310



・・・・・・・・・・・・駅から「環七通り」(=都道318号)までは300m程。、、、、「環七通り」は浅草橋の我が家を中心に(?)、半径10㎞の円を描くように、東京都大田区平和島を基点に、目黒区、世田谷区、杉並区、練馬区、北区、足立区、葛飾区と巡り、江戸川区臨海町に至る都道。 冗談でなく本当に、我が家を中心にして環七のいずれの地点も10㎞程、散歩には調度良い距離にあり、このブログ「雅万歩」には度々登場する道路である。 今日も、この道路沿いに歩くことにした。

2108120754300



・・・・・・・・・・・・東十条駅から10分程歩くと、環七通りに面し「飯田産婦人科医院」の建物がある。 昭和レトロ感たっぷりの木造2階建ての建物。 今の時代、出産はシャレたクリニックか病院が大半だろうと思うが、昭和の時代までは、家に産婆を呼んで出産か、町の産婦人科で分娩したものだ。 その、昭和の雰囲気を残す産婦人科医院の一つがここ「飯田産婦人科医院」 私はこの医院に世話になることはないが、聞いた話では、内部も昭和の雰囲気を残しているそうだ。

2108120751540



・・・・・・・・・・・・前々回(8/7)の散歩では、あまりの暑さで熱中症が怖く、ここより先へ歩くことを断念した、宮堀交差点の「神谷陸橋」に来た。 今日はこの先:新神谷橋、鹿浜橋を目指し歩く。

2108120756550

2108120801160




● 神谷陸橋の先には「新神谷橋」が続く。 新神谷橋は隅田川に架かり、北区神谷と足立区新田を結ぶ。 岩淵水門の管理橋を別とすれば、隅田川最上流の橋である。、、、、もともと「宮堀の渡し」があった処である。 現在の位置より100mほど下流側の神谷堀に昭和2年(1927)に木鉄混交の橋として架けられた「神谷橋」があり、のち昭和25年(1950)に鋼桁橋として改架された。 新しく隅田川に架けることとなった当橋はこの名称にちなむ。 昭和52年(1977)に神谷堀が埋め立てられ廃橋となったことから、現在は神谷橋は現存しない。、、、、  昭和40年(1965)2月12日の創架当初は仮開通状態で、片側1車線の幅員10.5mであったが、昭和42年(1967)2月にはすぐに追加の拡幅工事が行われ、現在の幅員となった。、、、、現橋は、橋長 153.1m、幅員 20.0m、プレートガーダー橋。、、、、橋の両側とも、歩行者が渡るためには急な階段を上る必要があり、年寄りにはキツイ! もう少し歩行者に優しい橋にしてもらいたいね。

2108120806270

2108120807250

2108120810180




● 新神谷橋を渡り足立区側に入ると、橋の下におりる階段がある。 下りると北側に小さな寺「妙喜庵」(日蓮宗、天明年間(1781~1789)の創建)がある。 寺の入り口脇に「新田小学校発祥の地」と彫られた黒御影石の碑が建っている。  明治16年(1927) ここ妙喜庵に鹿浜小学校の分校が開設された。 鹿浜と新田は荒川を挟み対岸の町であるが、同じ足立区内の町である。 明治時代にはまだ荒川はなく地続きの町であった。 (荒川放水路〔=現在の荒川〕が完成したのは昭和5年)  鹿浜小学校の分校は、昭和23年(1948)に独立し「新田小学校」となった。、、、、なんといっても、小さな寺(平屋の住宅風)で、ここが発祥地とは驚き、桃の木、山椒の木!

2108120812280




● 環七通りを鹿浜橋に向かい歩く。 鹿浜橋を渡るため、荒川土手に上る手前に、「都営新田一丁目アパート」がある。 この団地は昭和44年(1969)に建てられ半世紀が過ぎた。 12号棟(約590戸)あったうちの5棟は解体済で、跡地には14階建てと9階建ての2棟の住宅(約420戸)が建てられるそうだ。、、、、ところで、この建て替え工事は荒川堤防を高規格堤防にする事業の一つで、現在アパートが建つ敷地をかさ上げし現堤防と一体化し、補強・強化した後、その上に建てるそうだ。 荒川堤防の高規格化は、荒川の氾濫による東京下町の浸水を防ぐ目的で、練馬区あたりから江戸川区まで荒川の両側の堤防について改良・強化がすすめられている。、、、、今日は、まだ取り壊されず残っている棟を見てきた。、、、、住んでいるのは、お年寄りばかりか? すれ違う人は全て老人、停まっている車はデイサービスの送迎車数台と車いすの老人を乗せるタクシー。 公園には人影はなし!

2108120824120

2108120826140

2108120835200

2108120829100

2108120829390




● 「鹿浜橋」は荒川に架かり、環七通りを通す橋。 南岸の足立区新田と北岸の足立区鹿浜を結ぶ。 昭和40年(1965)2月12日に開通した、長さ451.3m。、、、、橋から見る上流側には、川口の町が一望でき、眺めは良い!

2108120834210

2108120835480

2108120836070

2108120844010

2108120839409_stitch




● 日暮里舎人ライナーの西新井大師西駅を目指し、環七通り(都道318号)をひたすら東へ歩く。

2108120850590

2108120857010

2108120906580




● 西新井大師西駅に近づいてきた、チョイト北側に入ると、都営 上沼田第3アパート」、「UR 江北六丁目団地」、「西新井大師西駅」と連続する。 団地内を失礼して駅に向かう。

・・・・・・・・・・・・昭和40年代後半に建てられた「都営 上沼田第3アパート」(604戸)は、50年以上経過したため、都は段階的に建て替えることとなり、現在は建て替え工事が進められている。、、、、団地の案内板は赤錆て見えない! 店舗は全てシャッターが下りてる、廃業か?空き店舗か?

2108120922560

2108120923430

2108120926100

2108120925400



・・・・・・・・・・・・「UR 江北六丁目団地」は昭和46年(1971)に完成した、総戸数 860戸の旧住宅公団の団地。 現在は日暮里舎人ライナーの西新井大師西駅の真ん前に位置し、便利この上なし!

2108120931580

2108120932270

2108120933300

2108120937430



・・・・・・・・・・・・日暮里舎人ライナー「西新井大師駅」、、、、その名のごとく西新井大師(総持寺)の最寄り駅と思いきや、駅から寺までは約1㎞、徒歩15分は要する。 参拝時に、失敗しないように、要注意!

2108120938280

2108120942350

2108120945210

« あゝ上野駅 | トップページ | 自粛中です »

散歩」カテゴリの記事

北区」カテゴリの記事

足立区」カテゴリの記事