« 奥浅草寺町通り | トップページ | 印西市の古刹 »

2021年10月28日 (木)

皇居までブラブラ

今日は、浅草橋の我が家から、神田、大手町、東京駅と歩いて、1万3千歩。




● 朝食を済ませ7時過ぎ、まだ昨夜の雨で濡れた道を、乗降客の少ない浅草橋駅西口神田川は左衛門橋で渡り、靖国通りに出る、ガードを抜けると神田駅北口交差点。、、、、この辺の散歩は、こっちを見てね!

2110280710580

2110280712460

2110280717270

2110280722150

2110280751250




● 今まで歩いてきた通りは、神田駅前から「神田警察通り」と称し、名前は変わるが通りの雰囲気は変わらず。 西の一ツ橋方向に向かう。


・・・・・・・・・・・・ここ“神田”の表通りはオフィスが並ぶ商業地、いくら歩いても面白いものを発見できないね。、、、、「美土代町交差点」に出た! 「美土代町」は難読ではないと思うが読みは“みとしろちょう”。 現在の住居表示の町名は「千代田区神田美土代町」 神田美土代町の由来は、江戸時代、この辺りは重要な武家屋敷地であると同時に、新たな風俗・流行を生み出すこともできる江戸っ子の町だった。 そんな町に“美土代”という名がついたのは明治5年(1872)のことである。 かつて、この周辺に伊勢神宮にささげるための初穂を育てる水田「みとしろ」があった故事にちなんで生まれた名前でした。 ちなみに、“神田”という名前も同じ故事に従ってつけられた。 明治期の美土代町は、一丁目~四丁目まである広大な町域をもっていたが、その後、美土代と称する地域は縮小され昭和22年(1947)より神田美土代町となる。 令和3年(2021)10月1日現在の世帯数と人口は86世帯、128人。、、、、私が中学生の頃、この交差点には都電「美土代町」停留場があり、2系統(三田~白山曙町)が走っていた。 私は、中学校(指ヶ谷町)から、この都電で塾(芝園橋)通いしていた、思いである町だ! 当時は木造建築の中に、ポツリポツリと低層ビルが建っている商業地であった。(60年前の話)

2110280814510

2110280817290

2110280818130



・・・・・・・・・・・・神田警察通りの一ツ橋寄りに、歴史ある学校が二校並んでいる。 「錦城学園」と「正則学園」である。 両校とも、創立は明治で、中学・高校の男子校として始まった。 田中角栄、椎名悦三郎、稲山嘉寛、赤堀四郎、島崎藤村、木村義男などは錦城学園の創業生。 石橋湛山、川島正次郎、十河信二、江戸英雄、石川啄木、斎藤茂吉、伴淳三郎などは正則学園の卒業生。 スゲ~、錚々たる著名人ばかり!、、、、写真手前の5階建て校舎が錦城学園、奥の7~8階建て(?)校舎が正則学園。

2110280823469_stitch




● 神田警察通りから南に折れて「千代田通り」(別名:明大通り、=駿河台の明治大学の前から南下する)を歩き大手町へ向かう。

2110280826230



・・・・・・・・・・・・日本橋川に架かる復興橋のひとつ「錦橋」がある。 昭和2年(1927)に震災復興事業の一環として、神田錦町と大手町を結び架けられた鉄筋コンクリートのアーチ橋である。 3連のアーチ橋であるが、中央径間部分が広くなっており、両脇のアーチは二分の一のアーチという、少し珍しい構造である。、、、、橋名は橋の北詰の町名「神田錦町」に由来する。 その「錦町」は町内に「一色家」が2軒あったから(いっしき×2=にしき)、と言うことらしい。 嘘か真か、どうでもよいか!、、、、ここも、頭上には首都高が走り、邪魔だ!

2110280831050

2110280835400

2110280839040



・・・・・・・・・・・・錦橋を渡り大手町に入ると「気象庁前交差点」である。 その名のごとく、気象庁庁舎前の交差点であったが、気象庁は令和2年(2020)12月7日に虎ノ門に引っ越した。 写真は、左に鉄塔が乗っている旧気象庁、右の白い建物は東京消防庁、気象庁の建物の後ろ茶色い建物は現在、自衛隊によるコロナワクチン接種会場となっている。

2110280848359_stitch



・・・・・・・・・・・・気象庁前交差点に「和気清麻呂像」が大手濠の外から皇居を眺めるように立っている。、、、、和気清麻呂は宇佐八幡から持ち帰った託宣により当時権勢を誇っていた道鏡の皇位簒奪を食い止める働きをした。 いわば現在まで続いている皇統を救った人物である。 昭和15年の皇紀2600年に際して、彫刻家:佐藤清蔵により作成された。、、、、皇統が途絶えることのないよう、見つめているのかも?

2110280850240

2110280851260




皇居近く、大手町1丁目、大手町三井ホールビル脇の一角にある平将門の御首(みしるし)を祀っている「将門塚」、、、、最近の大手町開発事業により、将門塚も新調されモダンな塚となった。 いろいろと都市伝説がある有名な場所。 平将門は東国の英雄とうたわれる武将で、現在では神田明神の祭神でもある。 見てると、多くの出勤前のサラリーマンが手を合わせて行く。

2110280903370

2110280904460




● 皇居の大手門前に来た。 『そうだ! 大手門には几号水準点がある、チョイト見ていこう』、、、、大手門の几号水準点は大手高麗門
扉外側で、右側石垣の最下段側面にある。(写真赤〇の中)、、、、門の中(二の丸庭園)に入らず、門の下にカメラを向けて何やら撮っている不思議な男、警備のお巡りさんに、チョイト怪しまれたかも?

2110280915319

2110280918399

2110280918109




● 大手門周辺を見て、東京駅に向かう。

2110280915450

2110280923000

2110280924270

2110280927060

2110280933390

2110280940480

« 奥浅草寺町通り | トップページ | 印西市の古刹 »

散歩」カテゴリの記事

台東区」カテゴリの記事

千代田区」カテゴリの記事