« すっかり田舎者 | トップページ | 皇居までブラブラ »

2021年10月25日 (月)

奥浅草寺町通り

奥浅草」て知ってる?、、、、私は旧浅草区に生まれ住んで70余年、“奥山”なら知ってるが、“奥浅草”は問われても知らなかった。 どうやらここ数年の間に生まれた言葉のようだ、昔は「観音裏」と呼ばれていた、浅草寺の北側一帯の地域のこと。 “裏”という呼称はあまりよくないので、“奥”に変え「奥浅草」としたらしい。 奥浅草は、東に隅田川、西に国際通り、北に明治通り、南に言問通りで囲まれるほぼ四角い地域。、、、、奥浅草の中央東側に「奥浅草寺町通り」があると聞いた。 今日の散歩はここにしよう! 家を出る前に台東区の「道路通称名一覧」で調べてみた。 『起点:今戸2-39、終点:橋場1-2、路線番号:台第68号線』と書いてある。




● 奥浅草寺町通りの起点である今戸2-39に近い「東浅草」までバスで行く。 浅草に“寺町通り”なんてあったかな、車中でも疑心暗鬼?

2110250744000



・・・・・・・・・・バスを降りると、スグ「奥浅草寺町通り」の名称が見つかった。 『ナンダ! ここは普段よく歩いている道だ! こんな名前だったかな?』、、、、“寺町通り”と言えば、普通、5、6ヵ所以上の寺院が、道の両脇に並んでいる通りをイメージするが、ここは道路に面する寺院は甘く数えて4ヵ寺のみ。 しかも、寺院らしい構えの寺はない。『だまされた!』

2110250746180


・・・・・・・・・・・・散歩の後で調べてみたら、道路名は区で数年前に変更したそうだ。 旧名称は「今吉柳通り」、、、、変更理由は『地元町会から、現在の街路樹は「柳」から「ハナミズキ」に植え替えられており、道路通称名と一致していないこと、この沿道には、由緒あるお寺が多く、昔から「寺町」と言われていることなどの理由で変更して欲しいとの強い要望を受け、今回変更するものです(2017/12/13)』 




● せっかく奥浅草寺町通りに来たのだから、付近の寺院を巡ってみるか!、、、、台東区清川の町の寺院巡りをしてみたが、時刻は朝8時前、まだ開門していない寺院もある。 写真の順に、千松山本性寺(法華宗)、当麻山念仏院(浄土宗)、金智山宝蔵院(新義真言宗)、朝日山浄雲寺(浄土真宗本願寺派)、紫雲山通入寺(真宗大谷派)、明星山出山寺(曹洞宗)

2110250801270

2110250758150

2110250750410

2110250749140

2110250809040

2110250814590


・・・・・・・・・・・・清川の町で「奥浅草ぶらり散策マップ」なるものが、商店の軒下に貼られていた。、、、、せっかくだから、妙亀塚、おばけ地蔵、平賀源内墓所も巡ってみるか!

2110250813260




● 清川の東隣、隅田川沿いの町が「橋場」である。 橋場1丁目に「妙亀塚」と呼ばれる塚がある。、、、、妙亀塚は、平安時代、人買いにさらわれた吉田少将惟房の子梅若が当地付近で死去、梅若を探して当地付近にきた母が、梅若の死を知り剃髪して妙亀尼と称して庵を結んだと伝えられ、この梅若伝説に因んで妙亀塚と呼ばれている。 梅若に因む梅若塚は、隅田川対岸の木母寺(墨田区)にある。、、、、この妙亀塚のある地は、かつて浅茅ヶ原(あさじがはら)と呼ばれた荒涼とした原野で、近くを奥州街道が通じていたと言う。 今は、下町の中の小公園。

2110250818560




● 妙亀塚から北へ120m程、「おばけ地蔵」が立っている。、、、、お化け地蔵のある右隣の民家風の松吟寺は、寛永2年に総泉寺の末として創建した。 境内には、もと総泉寺の「お化け地蔵」があり、総泉寺が昭和4年(1929)に板橋区に移転した時に、この寺に遺されたそうだ。「お化け地蔵」の名には、かつて大きな笠をかぶり、その笠が向きをかえたから、あるいは高さ3m余の並はずれて大きいからなど、いくつかの伝承がある。 お化け地蔵の台石によれば、この石仏は享保6年(1721)の建立。関東大震災で二つに折れたが、補修し現在にいたっており頭部も取りかえられている。常夜灯は、寛政2年(1790)に建てられた。 総泉寺は、板橋区へ移転した。「お化け地蔵」近くにある「元総泉寺境内諸仏供養の為」の碑は移転に際し建てられたものと思われる。、、、、おばけ地蔵の前に立つ小さな地蔵が普通のサイズ。 比べるとデカイ!

2110250827270

2110250828050




● おばけ地蔵からさらに北へ200m、天才科学者「平賀源内の墓」、、、、平賀源内の菩提寺、総泉寺が昭和4年(1929)に板場区に移転した後の昭和5年(1930)に建立されたもの。 おばけ地蔵と同じ、置き去りにされた可哀そうな墓。、、、、平賀源内は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した発明家で、エレキテル(摩擦起電機)の復元製作や、火浣布(石綿の耐火布)の発明で著名です。 安永8年(1779)に殺傷事件を起こし、小伝馬町の牢内で獄死、当地にあった総泉寺に葬られた。 総泉寺が移転した後も墓は当地に保存、昭和6年(1931)には松平頼壽(源内の出生地である旧高松藩当主)により築地塀が整備され、昭和18年に国史跡に指定された。

2110250835270

2110250837460




● 源内の墓から東へ250m程、ナンダ・カンダ毎年訪れている「橋場不動尊」に寄って行く、、、、天台宗寺院の不動院は、砂尾山橋場寺と号す。 不動院は、天平宝字4年(760)に創建、寂法相宗昇和尚が宝亀4年(774)に当寺住職となり開山。 寛元年間に砂尾長者が開基となり、天台宗に改めた。、、、、明治末年の大火や関東大震災、戦炎などに、不動院を中心とした橋場の一角だけは災禍を免がれたことから、「霊験あらたかな火伏せの橋場不動尊」として、信仰の的となっている。 現在の本堂は、弘化2年(1845)建立、小堂ながら江戸時代の建築様式を保ち、美しく簡素なたたずまいをしめしている。 画になる小堂だ!

2110250850210

2110250848280




● 来月は酉の市」、鷲神社(千束3)も奥浅草にある。 コロナも終息の気配あり、またまた人出が多くなりそう!、、、、「奥浅草」は見どころが多い! 

2110250813290

« すっかり田舎者 | トップページ | 皇居までブラブラ »

散歩」カテゴリの記事

台東区」カテゴリの記事