« 東急多摩川線 | トップページ | 上中里~町屋 »

2022年10月15日 (土)

コキアの公園

季節が変わると、TVニュースで必ず放送されるのが、茨城県の国営ひたち海浜公園の花。 春には丘一面を水色に染めるネモフィラの花、秋には紅葉したモコモコのコキアと色とりどりのコスモス。 ニュースでは見慣れてしまった景色だが、一度は訪れてみたいと思っていた。、、、、天気予報では、今日はチョイト曇り空のようだが、今日がみにいくチャンスと思い、急に夫婦で行くことにした。

● 上野から特急「ひたち」で出発! 都内を過ぎた頃、携帯に私たち夫婦の友人(竹馬の友ならぬ、“つくば”の友)から着信。 『今どこ?』 『松戸の手前、江戸川を走る“ひたち”の車中』 『どこへ行くの?』 『夫婦で、ひたち海浜公園』 『俺も行っていい?』 『OK!』?・・・・と、言うことで、車で来る友人とは公園内で待ち合わせ、「国営ひたち海浜公園」に行った。 

2210150813040



勝田駅では、乗客がゾロゾロ降りる。 おばさんの団体も! 『コリャみんな、公園に行く人かいな?』、、、、駅前のバス停には、臨時の切符売り場が設けられ、どこも行列。 臨時運行のバスがピストン輸送。、、、、バスを運行する「茨城交通」は、今日一日で今月の売り上げを達成すると思われるような利用状況!

2210151005540

2210151014320

2210151014390



● 公園に到着した! バスから降りた乗客が一斉に入場券売り場、ゲートに向かう。 『思ったほどの混雑ではないね!』(後に判ったのだが、ゲートは公園の周囲に複数か所あるので、自家用車、鉄道(ひたちなか海浜鉄道)などを利用した来園者が分散されたようだ)

2210151037170

2210151042220



● 入園し友人に電話すると、『もう入園してるよ。 今、大観覧車の前で待ってるよ!』(なんだ、私より早くついてるのか!) 『観覧車なんて見えないぞ!』(私には、広い園内で、観覧車が樹木に隠れ見えなかった)、、、、入場したゲートから観覧車を探し歩いて10分、やっとこさ友人と再会。、、、、まずは、人を探して広さを感じた!

2210151048560

2210151057130



● 友人の提案で観覧車に乗って、眼下の太平洋を眺めながら、目的のコキアの丘を探す。 遠くに、赤く染まる丘を見つける。 『あそこまで行くのか、遠そうだな!』、、、、これまた、公園の広さを感じた。

2210151105490



● この広い公園、さすがに“国営”だ! この園内、くまなく歩いたら足がもたない! 目的のコキアとコスモスに重点を置き園内を歩く。

・・・・・・・・・・まずは、コスモス。 園内にはなん十種ものコスモスが咲いているらしい。、、、、私が知ってるコスモスはピンクの一種類だけ。 あとは、山口百恵の秋桜(コスモス)だ! 

2210151125520

2210151135380

2210151130090

2210151127550



・・・・・・・・・・これもコスモス。 シックな色、上品で理知的な花、なぜか私にピッタリ、気に入った!!

2210151132370



・・・・・・・・・・「大草原」と名付けられた、芝生の広場を横切る。、、、、ここでも大草原の名にふさわしい広さを感じる。

2210151142060

2210151259020

2210151327370



● コキアが赤く染まる「みはらしの丘」に到着。、、、、ニュースで見た、あのモヨモヨ感、コキアの毛(?)で腹をくすぐってみたくなるね!、、、、丘の上から眺めると、見渡す限り公園、改めて広さを実感、広い!、、、、丘のテッペンには多くの人が、満員ですね

2210151157500

2210151204120

2210151207200

2210151211360

2210151211170



● 広い公園だ! 車で来た友人は、駐車場に戻るゲート名を忘れた。 大変だ!間違ってゲートを出ると、二度と入れない。 頼りになるのは、公園の係員、親切に駐車券を調べ、出口のゲート名を教えてくれて一件落着。

 


● 帰りは、友人の車で「つくば駅」まで送ってもらい、楽しく過ごせた礼を言い、帰宅。、、、、帰宅後、私の万歩計は1万8千歩、妻の万歩計は1万6千歩、約1割の差。 今日も、自分の足の短さを実感!

« 東急多摩川線 | トップページ | 上中里~町屋 »

散歩」カテゴリの記事

茨城県」カテゴリの記事