« 六義園・不忍通り | トップページ | 二の酉 »

2023年11月21日 (火)

消えた遊郭跡

今日は京成本線の千住大橋駅から歩きはじめ、日光街道(=国道4号)の西側、かつて千住遊郭のあった千住柳町と、その周辺の千住龍田町、千住元町、千住寿町界隈を気ままに歩いて、帰りは北千住駅まで。 1万2千歩の散歩です。

 

 

● 京成本線の千住大橋駅(せんじゅおおはしえき)で下車する。 千住大橋駅は昭和6年(1931)に開業し、現在は島式ホーム2面4線の高架駅である。、、、、戦後から平成にかけては、駅周辺にこれと言った集客力のある施設もなく、ゴク普通の薄暗い高架下の駅であった。 近年になり、駅前の再開発が行われ商業施設もでき、駅もリニューアルして、明るく綺麗になった! 乗降客も増えてきたそうだ。

2311210820090

2311210825200

2311210827180

2311210834180




● 「千住遊郭」は大正中頃までは、旧日光街道(JR線と国道4号の中間を平行する街道)の千住宿の中に点在してた。 関東大震災前の大正10年、警視庁により宿場町に散在していた女郎達を、現在の日光街道を跨いでさらに西へ進んだ場所(現:千住柳町)に移転させ、「千住遊郭(柳新地)」とした。 戦後は千住の赤線地帯として売春防止条例が発布されるまで繁栄したそうだ(私は、まだ8歳ぐらいで知る由もない)。  この付近には、「大門通り」、「いろは通り」、「仲通り」などといった、いかにも遊郭・赤線チックな名称の商店街存在する。 しかし、今日歩いて見ると、当時の面影を残すような建物は消え、路地も整理され、商店街は寂れ、“遊郭”・“赤線地帯”は“知る人ぞ知る”世界となった。

・・・・・・・・・・ 千住柳町周辺で懐かしさを感じる建物

2311210923390

2311210944570

2311210956200

2311211001060

2311211017480



・・・・・・・・・・ チョイト寂れた商店街、、、、“ニコニコ商店街”は名前も消えた!

2311210922340

2311210924010

2311210928010

2311210928190

2311210930460

2311210936270

2311210959020

2311211010150




● 今日歩いた千住柳町周辺の神社を5社紹介する。

・・・・・・・・・・ まずは、千住大橋駅に近い河原町稲荷神社(千住河原町)、、、、国道4号線に面して鎮座している。 千住青果市場(=足立市場)の守護神として市場の旦那衆の信仰の対象。 神社の創建年代は不詳だが、市場が開かれた天正年間(1573~93)に遡るのではないかと思われる。 昭和20(1945)年4月13日の空襲で社殿と社叢が全焼したが、御神体ならびに神輿庫は類焼を免れた。 昭和41年(1966)に現社殿が造営された。、、、、金銅の金具で一面に装飾された木造漆喰の大型神輿(高さ2.38m、通称:千貫神輿 )は自慢の神輿である。 祭りも半端じゃないらしい!、、、、千住七福神の福禄寿が祀られている。 まもなく、七福神の稼ぎ時がやって来るね!

2311210845300

2311210843140



・・・・・・・・・・ 続いて、白幡八幡神社は千住宮元町にある国道沿いの小さな神社。 白幡八幡神社は、源義家が奥州征伐に赴く際、渡裸川の渡し場に白幡を立て戦勝祈願をし、その白幡が名称の起源となり祀られることになったそうだ。 七福神は毘沙門天が祀られている。

2311210851410



・・・・・・・・・・ 次は千住神社、国道から奥に入り、こちらも千住宮元町にある神社だ。 千住神社は、延長4年(926)に創建された千崎稲荷神社と、弘安2年(1279)に創建された氷川神社が明治6年に合祀された西森神社を起源とし、明治7年には(足立区最高・唯一の)郷社に列格した。大正4年(1915)に千住神社と改称した。 千住七福神の恵比寿神を祀る。、、、、社殿は、昭和20年の空襲で焼失したが、氏子の厚い信仰と熱誠により昭和33年(1958)に現在の社殿が完成した。、、、、境内には、昭和20年に造った防空壕が残されている。 私の想像する防空壕と比べると、思った以上に浅く、狭いので、こんな所で爆撃を受けたらイチコロかも? 怖かったと思うね。

2311210857170

2311210904190

2311210859020



・・・・・・・・・・ 千住元町にあり、倉稲魂命、素盞嗚尊を祀る元宿神社(もとじゅくじんじゃ)にも参る、、、、当社は古くは元宿八幡社と称した。 明治末年、八幡社は千住四丁目の氷川神社に合祀されたが、昭和5年(1930)稲荷社を合祀して独立、村社に列格して再び元宿の鎮守となったという。、、、、昭和6年(1931)地名の“元宿”が元町(翌年には千住元町)と改められたことにより、“元宿”の名を残すために、社号を元宿神社と改称した。 守り通した地名に敬意!、、、、千住七福神は寿老人を祀る。

2311210947540

2311210949430

 

・・・・・・・・・・ 帰りがけ、北千住駅の近くに鎮座する千住本氷川神社、、、、千住本氷川神社は、徳治2年(1307)に千葉氏によって、牛田に千葉山西光院と共に、氷川神社として創建された。 千住が宿場町として栄え始めた江戸時代の初期、現在地に地主の土地奉納によって分社が建てられた。 その後、明治43年(1910)荒川放水路建設のため、牛田氷川神社を合祀し、さらに昭和45年(1970)に社殿を新築して現在に至っています。 千住七福神は大黒天。

2311211025560

2311211026280



・・・・・・・・・・ まだ正月にはチョイト早い! 七福神巡りは散歩の予定にないため、今日は5社(五福神)で、ここまで。 ちなみに、残りの布袋尊は千住大川町の大川町氷川神社に、弁財天は千住仲町の仲町氷川神社に祀られている。 お近くの人は、正月の七福神巡りにぜひ参拝を!!



北千住駅から、東武伊勢崎線で帰る。

23112110345102311211044200

« 六義園・不忍通り | トップページ | 二の酉 »

散歩」カテゴリの記事

足立区」カテゴリの記事