« 羽田の下町 | トップページ | 九品仏 »

2023年12月 1日 (金)

上野駅の像

上野の病院で定期検診後、駅をブラブラ。 上野駅には“パンダの像”、“翼の像”など、いろいろある。




● 上野駅正面の昭和通りに架かるペデストリアンデッキから駅を眺めると、目の高さが駅の3階と同じ高さ。 建物を見下ろす感じだ! 日本中で知らない人はいないと思う、北の玄関口「上野駅」  見慣れた風景だが、よくよく見れば『こんなに小さかったのか!』、、、、周囲の大きな建物に囲まれ、3階建て(?)駅舎は小さく見える。 バブルの頃に騒いでいた上野駅の建て替え計画もいつの間にか消えたみたいだ、、、、 ペデストリアンデッキ上のオレンジ色のモニュメントの方が上野駅より目立つね!

2312010954130

2312010953120

2312011000440




● 正面玄関口に設置された案内板には、現駅舎の写真と説明文があった。 説明文は、『上野駅三代目駅舎 関東大震災(1923年・大正12年)にて二代目の駅舎や主要な建物は破壊・焼失してしまいました。同年より仮駅舎にて営業し、その復興に力を注ぎ正面玄関口・広小路口駅舎は1932年(昭和7年)に三代目として完成した駅舎です。 建設当時は、正面口が二階構造になっており、上層は乗車口で自動車から降りて直接駅に入ることができました。下層は降車口で改札をでて大階段で地下へ降り降車口から自動車に乗ることができました。 乗車客と降車客の動線が分離された構造の駅舎でした。』、、、、三代目の駅舎は昭和7年(1932)竣工、鉄道省(酒見佐市)設計、鹿島組(現:鹿島建設)施工

2312011004290

2312011004580




● ペデストリアンデッキから、さらに上に向かう階段がある。 階段を上ると、駅の上には「パンダ橋」が架かっている。 この橋は駅舎、高架ホームの屋根より高い位置にあり、上野駅を跨ぐように造られている。 橋の下には12本の線路とホームがある。 この橋は駅のある台東区が、国と都の支援で架けたもので、駅東側の住民が災害時に西側の上野公園に避難できるようにする橋だ! 避難橋であるため、橋の幅は約22mと広く、橋上には避難のジャマにならぬよう何もない(屋根もない)、、、、私は台東区浅草橋に住んでおり、避難場所は上野公園となっている。 イザという時、お世話になるかも?

2312011000190




● パンダ橋には、上野駅「パンダ橋口」がある。 入り口脇には、ガラスケースに入った親子のパンダ像がある。、、、、待ち合わせ場所としてパンダ像を置いたのか? それにしては、通行量の少ない出入口だ! 動物園・美術館・博物館に向かう多くの人は、「公園口」が便利で実際に利用する人も多い。 待ち合わせには公園口の方がbestだ!、、、なぜか、パンダ像の親子が寂しそうだ!

2312010957010

2312010959230

2312010958161


● ペデストリアンデッキから上野駅の3階に入る。 3階の飲食店街を抜け、正面玄関の吹き抜け上部にある回廊に出る。 下には正面玄関からつながる鉄骨三角屋根の「グランドコンコース」がある。、、、、グランドコンコースは上野駅で一番上野駅らしい処。 かつて、年末になると北へ帰る大勢の人が、ココで改札上に垂れ下がった列車案内板を見て、発着番線を確認しながら改札を通ってホームに向かった。

2312011002350

2312011009170

● グランドコンコースには、切符売り場の前に朝倉文夫作の「翼の像」がある。 コンコース内の待ち合わせ場所として有名な銅像だ。 

2312011008220


● グランドコンコース内の券売機上にある、ステンドグラスは平山郁夫原画・制作の「ふる里日本の華」(昭和60年(1985))、、、、東北上越新幹線上野駅開業を記念して制作された。

2312011031100




● 中央改札の上にある三角形の壁画は、昭和26年(1951)描かれた猪熊弦一郎作の壁画「自由」である。 上野駅を代表する壁画だ!

2312011006570




● 中央改札から中に入ると、16番線の車止め近くに、またまた朝倉文夫作のブロンズ像「三相」がある。 「三相」とは「知・情・意」の意味だそうだ。、、、、3人の女性が、それぞれ知・情・意を表現しているのか? 私には判らぬが、ただただ、じっくり見るばかり。 良いね!、、、、この像は、昭和33年(1958)10月10日に駅開業75周年記念式に列席した朝倉文夫が、自身の誕生(明治16年)と駅の開設が同じと知り、台東区を通じて上野駅に寄贈したものである。

2312011033000


● 15番線車止めの前に『ふるさとの 訛なつかし 停車場の 人ごみの中に そを聴きにゆく』 東京で暮らしていた石川啄木が故郷の岩手県の方言が懐かしくて、岩手の方言を話す声が聞こえないか、と停車場(上野駅)の人混みに出掛けた、という歌。 現在の15番線は高崎線・宇都宮線が発着するホーム。、、、、上野発着の長距離列車も少なくなり「北の玄関口」も変わってきたね!

2312011035300




● 上野駅「広小路口」の前に、昭和39年(1964)に大ヒットした井沢八郎が歌った歌謡曲「あゝ上野駅」の歌碑がある。 高度成長期の昭和30~40年代、金の卵と呼ばれた若者達が地方から就職列車に乗って上野駅18番線ホームに降り立った。 戦後、日本発展の大原動力となった集団就職。 親もとを離れ、故郷を離れ、不安を抱き、夢に向かって必死に生きてきた若者への応援歌である、、、、♪♪ どこかに故郷の香りをのせて 入る列車のなつかしさ 上野は俺らの心の駅だ くじけちゃならない人生が あの日ここから始まった ♪♪ 、、、、いい歌だ!

2312011011420

« 羽田の下町 | トップページ | 九品仏 »

散歩」カテゴリの記事

台東区」カテゴリの記事