文京区

2020年8月19日 (水)

夏の墓巡り

今日も暑そうだ、『霊園なら幽霊も居ることだし、“冷園”だから涼しいだろう』と、谷中霊園に行ってきた。 JR日暮里駅から谷中霊園、谷中の寺町を抜け、東京メトロ千代田線根津駅まで、1万歩の散歩です。


JR日暮里駅は3面6線の島式ホームと線路、また4本の通過線を持つ地上駅で、北口と南口の2カ所の改札口がそれぞれの橋上駅舎にある。、、、、日暮里駅は明治38年(1905)4月1日に日本鉄道の駅として開業した。 明治39年(1906)には日本鉄道の国有化に伴い、駅も国有となる。 開業時より駅出入口は御殿坂側(現:北口)にあった。 南口が出来たのは、新幹線が上野方面の地下から地上に顔を出すトンネルの坑口が日暮里駅構内に造られた以降である。(南口橋上駅舎がトンネルの坑口の上に造られてるため) 「南口」の開業は昭和60年(1985)前後と思われる。 緑のトンガリ屋根の南口駅舎は、なんともかわいい造りだ。、、、、駅舎の出入口は跨線橋「紅葉坂橋」の中程で、駅を出て東側に向かうと京成の日暮里駅をとおり駅前ロータリーに出る。 西側へ向かうと「紅葉坂」(階段)を上り谷中霊園である。

202008190741140000

202008190736360000

202008190739130000

202008190743270000

202008190744450000



● 紅葉坂を上がると、護国山天王寺がある。 天王寺は、もと長燿山感應寺尊重院という日蓮宗寺院として、鎌倉時代に創建された。 不受不施派に対する禁令により、元禄11年(1698)天台宗に改宗した。 享保年間には富くじ興行が許可され、湯島天満宮、目黒不動龍泉寺とともに江戸の三富と称されるほどに賑わった。 富くじ興行は次第に人気が出て、最盛期には毎月行われたそうだ、ジャンボ宝くじと同じ! 『胴元としてウハウハの丸儲け』で、寺も潤ったかも? しかし上野戦争では、当寺に彰義隊の分営が置かれたことから、本坊と五重塔を残して堂宇を全て焼失、さらに昭和32年(1957)の放火心中事件で谷中墓地の中央にあった五重塔を焼失した。、、、、現本堂は昭和57年(1982)に再建。 平成10年(1998)にはモダンな新山門も新築した。

202008190824240000

202008190754590000

・・・・・・・・・・・・境内には、像背面銘文によって、元禄3年(1690)に神田鍋町に住む太田久右衛門が鋳造したと判る「銅造釈迦如来坐像」がある。 日蓮宗時代の鋳造である。 青銅を材料とし、割型の製法で鋳造されたもの。 大きさは像高2.96m。 この像ははじめ旧本堂の脇に建てられ、明治7年(1874)の谷中墓地開設のため、墓地西隅に残されていた。 さらに、昭和8年(1933)現在地に基壇を新築し、修理を加えて移され、基壇には納骨堂が設置された。


202008190751440000



● 谷中霊園は、日暮里駅の南(山手線の内側)に広がる約10万㎡、7000基の墓がある都立霊園。 私を含め地元では谷中墓地(やなかぼち)と呼んでいる。、、、、谷中霊園は、主として天王寺の敷地等を東京府が引き継ぎ、明治7年(1874)に開園した。 現在は、都が管理する部分の他に、寛永寺、天王寺、了俒寺等の墓地が入り交じり、複雑な形状となっているが、一般には全体で「谷中墓地」だ!、、、、谷中墓地には、徳川慶喜(正式には寛永寺墓地)、長谷川一夫、牧野富太郎など著名人の墓が多い。 また、有名人ではないが墓碑を読むと、〇〇大学の〇〇博士、南方戦線で指揮した〇〇中将・〇〇大将、〇〇株式会社の創設者などの墓が、あちらにも、こちらにも建っている。

202008190825200000

202008190840340000

202008190852080000

・・・・・・・以下は、今日、私がはじめて参った墓を紹介する。
 
・・・・・・・・・・・・東大医学部解剖死体慰霊塔、、、、天王寺墓地の区域に、ひときわ目立つ仏塔がある。 門柱に「東京大学医学部 納骨堂」と彫られてる。 東京大学医学部では毎年、献体され遺体解剖により医学の発展に尽くしてくれた御霊に感謝し、天王寺において「解剖体慰霊祭」を開催している。、、、、なお、この納骨堂のある場所は、明治8年(1875)まで、現:天王寺境内にある銅像釈迦如来像があった処で、納骨堂の基壇は釈迦如来像のものをそのまま再利用しているそうだ。

202008190808390000

・・・・・・・・・・・・彫刻家:朝倉文夫の墓。 この墓も天王寺後にある。 朝倉は大分県大野郡出身で、10歳(1893)で朝倉氏の養子となり朝倉宗家を継ぐ。19歳の明治35年(1902)のとき中学校を中退し上京、実兄の彫塑家:渡辺長男宅(旧下谷区谷中初音町)に住み彫塑を学ぶ。 明治36年(1903)東京美術学校彫刻選科に入学、明治40年(1907)同校彫刻選科卒業。 谷中天王寺町にアトリエを新築し、朝倉塾として子弟養成。 多くの賞を受賞し、彫刻界の重鎮として活躍。 昭和9年(1934)谷中初音町にアトリエを改築し朝倉彫塑塾(現:朝倉彫塑館)とする。 昭和23年(1948)文化勲章を授与。 

202008190814220000

・・・・・・・・・・・・稲垣千穎の墓。 稲垣千穎(いながき ちかい、弘化4年(1845)8月~大正2年(1913)2月9日)と聞いて『ああ、知ってる、あの人でしょ』と判った人は、スゴイ、尊敬しちゃうね!(もちろん、私は知らなかった。墓碑を読んで知った次第なり!)、、、、稲垣千穎は、国学者、教育者、歌人、唱歌作詞者、教科書編集者。 東京師範学校教諭として和文教育を行い、多数の和文教科書を編纂した。 また、音楽取調掛として、日本人ならほぼ全員が知っている『蛍の光』 ♪♪螢の光 窓の雪 書讀む月日 重ねつゝ 何時しか年も すぎの戸を 開けてぞ今朝は 別れ行く♪♪ の作詞者である。
202008190844270000



● 谷中墓地の南側(台東区谷中6)に真言宗豊山派寺院の長久院がある。 長久院は、瑠璃光山薬師寺と号し、慶長16年(1611)に神田北寺町に開山、慶安11年(1658)に現在地へ移転した。、、、、本堂前に、「六十六部造立石造閻魔王坐像及び両脇侍像」が祀られている。 その説明板には、『この石仏は、中央に閻魔王像、右左にそれぞれ司命、司録像を配しています。閻魔王は死者の生前の行いに応じて死後の行き先を決めるという冥界の王で、司命は閻魔王の判決を言渡し、司録は判決内容を記録する従者であるとされています。台座に刻まれた銘文によると、この三躰は六十六部聖(六部聖ともいう)の光誉円心という人物が享保11年(1726)に造立したものです。六十六部聖とは「法華経」を六十六部書写し、全国六十六箇所の霊場に一部ずつ奉納した聖のことをいいます。江戸時代になると経典の奉納の他に、石塔・石仏を各地に造立するようになりました。経典の書写や石塔・石仏の造立を重ねることは、生前の罪障を滅し、死後の往生に近づくこととされたためです。都内に現存する六十六部聖が造立した石仏を調べてみると、地蔵菩薩像が圧倒的に多く、閻魔王像は極めて稀であることが分かります。本像は六部聖が江戸時代の谷中でも活動していたことを裏付けるとともに、希少な石仏として貴重な文化財の一つです。この六十六部造立石造閻魔王坐像及び両脇侍像は平成9年に台東区有形文化財に登載されました。(台東区教育委員会掲示より)』と標されていた。 この閻魔は、にこやかな顔をしており、「笑い閻魔」とも呼ばれているそうだ。


202008190916080000

202008190920590000

202008190917340000



● 長久院の西側(谷中4)に日蓮宗寺院の瑞輪寺がある。 瑞輪寺は、慈雲山と号し、身延山久遠寺第十七世慈雲院日新上人が身延山の江戸宿寺として天正19年(1591)開山した。 元禄年中には、不受不施派の弾圧により、天台宗へと改宗させられた感應寺(現天王寺)から、江戸十祖師の一つである安産飯匙の祖師を移しています。 その後慶安2年(1649)に現在地へ移転した。 江戸期には、身延山久遠寺末触頭で、善立寺、宗延寺と並び日蓮宗(旧法華宗)江戸三大触頭の一つに連なる名刹です。、、、、本堂横の墓地には、徳川家康の家臣:大久保主水の墓(写真中央)がある。 永禄6年三河の一向一揆との戦いで負傷し、歩行が不自由となる。 天正18年(1590)、家康に命じられ奉行として江戸小石川上水(のちの神田上水)を完成させ主水(もんと)の名をあたえられた。 菓子づくりでも知られ、製品は主水菓子とよばれた。

202008190927430000

202008190937440000

202008190934130000

・・・・・・・・・・・・瑞輪寺本堂の東側に、除厄・
安産の飯匙祖師がある。、、、、【注】“飯匙”と書いて“しゃもじ”と読む。

202008190908590000



● 谷中1-6の三叉路角に、「みかどパン店」とヒマラヤ杉の巨木がある。このヒマラヤ杉は、戦前、今の店主の祖父の代に鉢植えで育てていたものが、いつの間にか大きくなり、今のような大木になったそうだ。 「みかどパン店」は、谷中に古くからあるパン屋さんで、菓子パンやジュースなどを売っている、町によくある店だ。 建物も古く明治後期に建てられた長屋といわれている。 戦後75年となったが、“戦前”から約100年としても、100年間でこれ程の大木となるとは、成長の早い木だ!


202008190942240000



● ヒマラヤ杉の前をとおり(谷中4)に、赤い山門の日蓮宗寺院の寂静山蓮華寺がある。 蓮華寺は、中山法華経寺第19世寂静院日賢聖人の隠室として創始、第三世常在院日在聖人が寛永7年(1630)当地に創建した。、、、、ここの赤門は、明暦、元禄、上野戦争などの災害を免れたもので建築様式は誠に貴重なものだ。 また、現在の本堂等は、江戸文政年頃大檀越勘定奉行細田丹波守の寄進した建造物で、老朽の美を表しているそうだ。、、、、境内には、新内中興の祖:初代富士松加賀太夫(富士松魯中)の墓もある。 魯中は寛政9年(1797)~文久元年(1861)。


202008190955060000

202008190954250000

202008190952390000



● さて、台東区谷中1丁目と2丁目の境にある三浦坂を下り、地下鉄根津駅に向かう。、、、、この坂は、長さ約160m、高低差6m程で急勾配で、下りは怖い、上りはキツイ。 坂の名は、三浦志摩守下屋敷の前を下る坂であったから名付けられた。 

202008190956300000



● 東京メトロ千代田線根津駅から電車に乗る。、、、、昭和44年(1969)12月20日、開業。 単式ホーム1面1線上下2層構造の地下駅で、1番線ホーム(大手町、代々木上原方向)の下に2番線ホーム(北千住、綾瀬方向)が設置されている。 一日当たりの乗降客数は3万人程である。

202008191017020000

202008191018280000

2020年6月 8日 (月)

碑がイッパイ!

一向に収まらない“新型コロナ”は、宣言解除後の“夜の街”にも広がり、何時まで経っても、“三密に注意”、“不要不急の外出は避ける”、“県外への移動は自粛”など、“新型コロナ”向けのキャチフレーズが出たままだ! 一日中暇な私は如何に身を処すべきか判らず、毎日、戸惑うばかり。、、、、今朝も体力維持の散歩で、浅草橋の我が家から湯島天神まで往復してきた。 1万1千歩




●朝から和菓子! ・・・・・・・・蔵前橋通り(鳥越一丁目交差点)・昭和通り(台東三丁目交差点)・中央通り(上野三丁目交差点)を順に横断し、湯島天神へ向かう。、、、、今の季節、道路の植え込みにはアジサイが彩りを添えている。 さいの目に切った寒天で白餡を包んだ、和菓子の“アジサイ”を思い出し、朝からチョイト“バーチャル胸やけ”だ!

202006080734560000

202006080757500000

202006080733000000

202006080812410000

・・・・・・・・・・・・中央通りのビル(台東区上野1-1)の一角に日本最初の喫茶店「可否茶館」跡地の碑がある。 碑はステンレスとガラスでできており、コーヒーカップから湯気が立ち上がる様子をデザインしたと思われる。、、、、明治21年(1888)4月13日、 日本人による初めての喫茶店が、鄭永慶(別名:西村鶴吉)によりこの地に開店した。 二百坪の敷地に五間と八間の二階建ての木造洋館であった。 一階には『トランプ、玉突き、クリケット、碁、将棋』を揃え、また硯に便箋や封筒もおき、更衣室、化粧室、シャワー室、調理場などの設備の他に、『内外の新聞・ 雑誌類・その他和漢洋書・書画を蒐集縦覧に供す』部屋を設け、二階が喫茶室で、丸テーブル、角テーブルを配置、椅子は籐であった。 コーヒーは一杯一銭五厘、牛乳入りが二銭であり、一品料理、パン、カステラなども出していたらしい。、、、、現在、4月13日は日本初の喫茶店「可否茶館」が開店したのを記念して 「喫茶店の日」と決められているそうだ!

202006080813000000

・・・・・・・・・・・・中央通りの西側(上野1-16)に台東区立黒門小学校がある。、、、、明治43年(1910)創立の小学校。 関東大震災のあと、復興小学校として昭和5年(1930)に現在の校舎が再建された。 東京市の設計、日本土木建築KKの施工による、鉄筋コンクリート3階建て。玄関部分はアールデコ調、3階外部の舟形が連続する窓はドイツ表現派のデザインだ。 今に残る、昭和のモダン建築で、国の重要文化財に指定して欲しい!、、、、実は、私もチョッピリ学んだ校舎。 小学6年の時、台東区内の各小学校から数名の代表が選ばれ、毎土曜の午後、ここ黒門小学校の理科室に集合して、理科の勉強をする「黒門科学教室」という学習の場があった。 それに参加して、約1年学んだが、果たして、血となり、肉となり、脳味噌になったか? 今、思うに、消化不良したようだ! (校庭側の写真は、2014/2/10撮影)

202006080820170000

202006080817190000

202006080821530000

20140210_070_1024x681



●ウッ・碑・碑・ヒ! ・・・・・・・・我が家から片道約40分、文京区湯島三丁目の湯島天神に到着。、、、社伝によると、雄略天皇2年(458)、勅命により天之手力雄命(あめのたぢからおのみこと)を祀る神社として創建された。 正平10年(1355=室町時代)、住民の請願により菅原道真を勧請して合祀した。現在の正式名称は「湯島天満宮」と称する。 江戸っ子は、婦系図のお蔦・主税を連想させる「湯島天神」の呼称がいいね!、、、、現在の社殿は平成7年(1995)に造営された、権現造り様式による総檜造り。 建築費は??? 「合格祈願」の御守販売で、建築費が賄えたか? 

202006080853360000

202006080909460000

202006080914380000

202006080852070000

202006080902410000

・・・・・・・・・・・・天神さま正面の「表鳥居」は、銅製で、寛文7年(1667)同8年の刻銘がある。 この貴重な鳥居は、現在までに数度の修理を重ねて維持されてきた。 鳥居の様式は神明鳥居といわれるもので、横木が二重になり、反りをもって、柱が内側に傾いている。 鳥居は、柱の下から上端についた台輪までの長さが3.88m、笠木上端の長さが6.81m。 下脚部に唐獅子頭部の装飾は鳥居としては特異なものである。

202006080857000000

・・・・・・・・・・・・この表鳥居の左側柱脚の台座に、“不”の字に似た几号水準点がある。、、、、天神さま境内に几号水準点を説明する文章は見あたらず、これを見に来る人は極少数の几号マニアだけ!

202006080855311111

・・・・・・・・・・・・境内に向かう三つの坂、その名は男坂女坂夫婦坂。、、、、まずは、38段の石段坂で、上野広小路の方から一直線に、一気に上る「男坂」  江戸時代の書物「御府内備考」によると、湯島天神参拝のための坂であったが、その後、本郷から上野広小路に抜ける通り道にもなったといわれてる。 現在でも、通勤経路の一部としてこの坂を利用する人が多い。、、、、男坂の石段脇には、関東大震災後に早期復興を願い地元有志が祀った復興地蔵尊がある。 

202006080830260000

202006080840300000

202006080832400000

・・・・・・・・・・・・続いて、33段の石段坂で、すぐ脇の急な男坂に対して「女坂」という。 坂の頂部で、男坂と交わる。 梅の季節には女坂の周辺に白梅が咲き揃う、画になる坂。、、、、歌にもなった坂。 歌手:原田悠里の歌謡曲「おんな坂」の発売を記念して建てられた碑が、坂の上り口にある。 、、、、坂の上には、「女坂寄附 湯島六丁目 日野屋庄兵衛  明治二十五年」の碑がある。 女坂は寄付で造られたのか?

202006080834570000

202006080912280000

202006080834380000

202006080839020000

・・・・・・・・・・・・三番目の坂は「夫婦坂」、、、、夫婦坂は湯島天神の北(社殿裏側)にある切通坂から境内に上る坂をいう。 平成8年(1996)に湯島天神の改築があり、夫婦坂の途中に立派な門ができ、この門は登龍門と名づけられた。 切通ができて造成されたので時代が新しく、古い坂が男坂、女坂とあるため「夫婦坂」と命名したようだ。、、、、天神さまの勝手口のような坂。
202006080917520000

202006080914520000

・・・・・・・・・・・・境内の梅園にたつ「奇縁氷人石」、、、、この石柱の右側には「たつぬるかた」、左側には「をしふるかた」と記されている。 これは迷子がでたとき、子の名を書いた紙を右側に貼って探し、迷子がいた時、その子の特徴を書いた紙貼って知らせた「迷子しらせ石標」の名残りです。 この石柱があると云うことは、天神さまの境内が人で賑わい、江戸有数の盛り場であったことが推測される。今の世は、子供の迷子より大人の迷子の方が、ボケ・痴呆で探しにくいかも、この石柱が役にたつといいのだが、難しそうだ!

202006080846380000

・・・・・・・・・・・・男坂を上った処に、この「新派」の記念碑がある。 碑は新派劇創立九十年を迎えた昭和52年(1977)、松竹株式会社と水谷八重子により新橋演舞場玄関脇に建てられた。 新派の始まりは明治21年(1888)に自由党壮士角藤定憲が同志を集め大阪の新町座で「大日本壮士改良演劇会」の旗揚げをしたのが起源とされている。 その後の90年間で、今日「劇団新派」として隆盛を見たその先人たちの労苦を偲び併せて今後の精進を誓うべく記念碑が建立された。 そして新橋演舞場の改築にあたり、当湯島天神の境内に移させてもらったものである。、、、、頭でっかちの碑は、誰か蹴飛ばしたら首が折れそうな形状で、触るとヤバイ!

202006080842110000

・・・・・・・・・・・・上記の他、都都逸の碑、水平式日時計、王貞治の努力の碑、講談高座発祥の碑、湯島の白梅の碑、文房至宝碑、包丁塚、筆塚、小唄顕彰碑、梅園建設碑、菅公遺訓碑、菅公千年祭記念碑、泉鏡花筆塚などなど、その他にも撫牛、瓦斯灯、宝物殿などもあり、いろいろ取り揃えてある。 全部紹介すると今日中に寝れないので、ここいらで止めておく!

2020年3月25日 (水)

善光寺坂の寺院

「首都封鎖」、「ロックダウン」など、チョイトヤバイ言葉が出てくるようになった“新型コロナ”の東京、年寄りの私も不要不急の外出をしかえている。 今日は、飯田橋の循環器内科の定期検診日。 “不要不急の外出”ではないので、午後から行ってきた。 診察はスグ終わり、チョイト遠回りして帰ることにした。 飯田橋駅から、小石川善光寺坂周辺の諸寺を巡り、大江戸線春日駅までの散歩。




●とうがらし地蔵! ・・・・・・・最初に訪れた寺は、文京区小石川3、伝通院門前の浄土宗寺院の福聚院。 福聚院は、霊應山鎮護寺と号し、安永3年(1774)伝通院末として現在地に創建した。 本尊の大黒天像は、小石川七福神の一つ。、、、、本堂は木造の簡素な造り。 本堂前は付属幼稚園の運動場となっているため、チョイト参拝しずらい。

202003251452110000

・・・・・・・・・・・・“園庭”か、“境内”か、何と云うのか、幼稚園の門を入ってスグ脇に『とうがらし地蔵』がある。 『とうがらし地蔵』、正しく(?)は『せきどめ地蔵尊』という。 明治の中頃、とうがらしの好きなおばあさんが持病のぜん息に苦しんでいて、医者からとうがらしを止められていたにもかかわらず、食するうちに亡くなってしまった。 そこで、近所の人があわれんで、地藏尊を祀りとうがらしを供えた。 その後、ぜん息に苦しむ人々が祈願すると治り、お礼にとうがらしを供えるようになったそうだ。 “新型コロナ”にも効きそうだ!、、、、首にさげているのは“とうがらし” こんなに大量にぶら下げたら、せき止めにならず、刺激が強くて、より以上にむせること間違いなし! 良い子はマネしないでください。 

202003251451180000

202003251451310000



●徳川の菩提寺! ・・・・・・・・伝通院は、正式には無量山伝通院寿経寺。 小石川の高台にある浄土宗の寺で、徳川将軍家の菩提寺。、、、、慶長7年(1602)に徳川家康の生母:於大の方が京都伏見城で亡くなると、家康は母の遺骸を遺言通りに江戸へ運び火葬した。 位牌は愛知県蒲郡市の安楽寺に置かれ、光岳寺(千葉県関宿町、後に野田市へ移転)など各地に菩提寺を建立した。 慶長8年(1603)に家康は母の遺骨を現在の墓地に埋葬し、寿経寺をここに移転して堂宇を整備し、母の法名「伝通院殿」にちなんで院号を伝通院とした。 家康は、当初は菩提寺である芝の増上寺に母を埋葬するつもりであったが、「増上寺を開山した上人の師が庵を開いた故地に新たに寺を建立されるように」との増上寺十二世観智国師の言上を受けて、伝通院の建立を決めた。、、、、昭和20年(1945)、アメリカ軍による空襲で小石川一帯は焼け野原となり、伝通院も江戸時代から残っていた山門や当時の本堂などが墓を除いてすべて焼失した。 かつての将軍家の菩提所としての面影は完全に消え去った。昭和24年(1949)に本堂を再建したが、昭和63年(1988)に戦後2度目となる本堂の再建が行われた。 平成24年(2012)には山門も再建された。 

202003251522020000

202003251520170000

・・・・・・・・・・・・境内の墓地には多くの著名人の墓があるが、なんといっても家康の生母:於大(おだい)の方の墓から回る。、、、、於大の方(享禄元年~慶長7年(1528~1602)は、三河刈屋の城主水野忠政の娘、天文10年(1541)岡崎城主松平広忠と結婚し、翌年家康を生む。 後に離婚して阿古屋城主久松俊勝に再婚するも人質として織田方や今川方を転々とするわが子家康を慰め、音信を断たなかったという。、、、、於大の嫁入りから死までは、山岡荘八の小説『徳川家康』を読むと、詳しく書かれている。 小説は全26巻、読むのに体力が必要である。 ちなみに私は5回以上全巻を読破した、好きな小説である。、、、、於大の法名:「伝通院殿容誉光岳智香大禅定尼」にちなみ、門前の通り名を「伝通院」とした。 また、春日通りには、昭和46年(1971)頃まで「伝通院」という都電の停留所があった。 

202003251506000000

・・・・・・・・・・・・徳川の菩提寺だから、生母於大の方以外にも、家康の側室:於奈津の方、家康の孫:千姫、家光の正室:孝子の方、その他徳川家の関係者多数の墓が並んでいる。

202003251508150000

202003251513400000

202003251513070000



●痛々しい老椋! ・・・・・・・伝通院門前を東西に伸びる道を東に150m程歩くと、道の中央に大きなムクノキが見える。 文京区教育委員会の説明板では、『樹高約13m(主幹約5m)、目通り幹周約5mを測る推定樹齢約400年の古木である。第二次世界大戦中、昭和20年5月の空襲により樹木上部が焼けてしまったが、それ以前の大正時代の調査によると樹高は約23mもあった。ムクノキは、ニレ科ムクノキ属の落葉高木である。東アジアに広く分布し、日当たりのよい場所を好む。成長が早く、大木になるものがある。この場所は江戸時代、伝通院の境内であった。その後、本樹は伝通院の鎮守であった澤藏司稲荷の神木として現在に至っている。樹幹上部が戦災により欠損し、下部も幹に炭化した部分が見受けられるが、幹の南側約半分の良好な組織から展開した枝葉によって樹冠が構成されている。枝の伸び、葉の大きさ、葉色ともに良好であり、空襲の被害を受けた樹木とは思えないほどの生育を示している。本樹は、戦災をくぐりぬけ、地域住民と長い間生活を共にし、親しまれてきたものであり、貴重な樹木である。』と、記されている。、、、、この老木があるのは善光寺坂の坂上で、「善光寺坂のムクノキ」と呼ばれているそうだ。

202003251524180000

202003251525220000



●妖気漂う稲荷! ・・・・・・・・伝通院の学寮(栴檀林)に、僅か3年で浄土宗の奥義を極めた、沢蔵司(たくぞうす)という修行僧がいた。 元和6年(1620)五月の夜、学寮長の極山和尚の夢枕に沢蔵司が立った。 「そもそも余は千代田城の内の稲荷大明神である。かねて浄土宗の勉学をしたいと思っていたが、多年の希望をここに達した。今より元の神にかえるが永く当山(伝通院)を守護して恩に報いよう」と告げて、暁の雲に隠れたという。 そこで伝通院の住職廓山上人は、沢蔵司稲荷を境内に祭り、慈眼院を別当寺とした。 江戸時代から参拝する人が多く繁栄した。、、、、沢蔵司は、伝通院門前のそば屋「萬盛」によくそばを食べに行った。 沢蔵司が帰ると売上金に必ず木の葉が混じっていて、店の主人は稲荷大明神だと驚き、毎朝最初のそばを稲荷に供え、稲荷蕎麦と称えたという。 これは現在も続いている。 その稲荷蕎麦「萬盛」は、春日2丁目、伝通院前交差点角のコンビニの隣にある。 「沢蔵司 てんぷらそばがお気に入り」と川柳に読まれたほど著名な僧だったらしい。(私は知らなかったね!) 

202003251532480000

202003251526580000

・・・・・・・・・・・・本堂の東裏の崖下に窪地があり。 沢蔵司稲荷朱塗りの鳥居が数基見える。 ココが、狐のすむ洞穴である。 社には“霊窟”と記され、奥に洞穴があって稲荷が祀られている。、、、、チョイト、ジメジメして妖気を感じる、ひょっとしたら“新型コロナ”が近くに居るのか?

202003251529010000

202003251529580000




●赤門の寺! ・・・・・・・・慈眼院の隣りには、浄土宗の善光寺がある。 善光寺は、慶長7年(1602)に伝通院の塔頭縁受院として創建、明治17年(1884)善光寺と改称し、信州の善光寺の分院になった。、、、、現本堂は明治40年(1907)に建てられたものである。 赤い山門は2か所にある。 

202003251534080000

202003251538210000



●注意・注意・注意! ・・・・・・・・大きなムクノキがある坂上から、慈眼院・沢蔵司稲荷、善光寺前を下って行く坂が「善光寺坂」である。 この界隈には、寺院だけでなく、幸田露伴・徳田秋声や島木赤彦、古泉千樫ら文人、歌人が住んでいたそうだ。、、、、超急勾配ではないが、自転車ではかなりスピードが出るようだ、「車に轢かれて善光寺供養」とならぬように注意・注意・注意。

202003251540160000





●目薬より効くこんにゃく! ・・・・・・・善光寺坂を下り、小石川1丁目と2丁目と3丁目がぶつかる交差点に出る。 そこから南に約150m歩くと、小石川2丁目に浄土宗の源覚寺がある。 源覚寺は「こんにゃく閻魔」で知られる。、、、、現覚寺は、寛永元年(1624) に創建された。 本尊は阿弥陀三尊(阿弥陀如来、勢至菩薩、観音菩薩)。 特に徳川秀忠、徳川家光から信仰を得ていた。江戸時代には四度ほど大火に見舞われ、特に天保15年(1848)の大火では本堂などがほとんど焼失したといわれている。、、、、「こんにゃく閻魔」は、源覚寺に伝わる閻魔像で、閻魔堂に安置されている。 右眼が黄色く濁っているが、閻魔王が信心深い 老婆に己の右眼を与え、老婆は感謝のしるしとして ”こんにゃく”を供えつづけたという言い伝えが ある。 このことから眼病治癒の「こんにゃく閻魔」として庶民の信仰を集めた。 像は、高さ1m程、ヒノキ材の寄木造りで、彩色を施し、玉眼が嵌入してある。 優れたできば えを示し、運慶派の流れをくむ鎌倉時代の作らしい。
202003251551550000

202003251550590000

・・・・・・・・・・・・この山と積まれたお供えの“こんにゃく”、いらぬ心配だが、お下がりはどう処分するのだろうか?

202003251551160000

・・・・・・・・・・・・境内正面の閻魔堂の左手奥に「塩地蔵」がある。 長年、塩で埋まっていたようで、姿が見えない。 寺が開かれた寛永元年(1624)以前よりこの地にあったという。 地蔵の体に塩を盛ってお参りすることからその名があり、古来より塩は清めとして用いられ、参詣者が身体健康を祈願した。、、、、つまり源覚寺では、眼科はコンニャク持参で閻魔さまに診てもらい、その他の病気は塩を持参し総合内科の地蔵さまに診てもらう。 死んだら、御本尊の阿弥陀さまに弔ってもらう。 メニューはしっかり揃っています!、、、、“新型コロナ”感染防止はこちらに頼むか!

202003251553510000



●濃厚接触を避け! ・・・・・・・大江戸線春日駅から、満員電車を避け、空いている大江戸線で帰宅する。

202003251603000000

2019年12月11日 (水)

日暮里から千駄木へ

日暮里駅で下車し、荒川区西日暮里3丁目の道灌山側を歩き、台東区谷中を横切り、文京区千駄木に入る。 千駄木の裏道をさまよい、行き止まりに出くわすこと度々、迷路を歩き廻り気付けば通ってきた道。 千駄木三丁目バス停でギブアップ。 1万2千歩の散歩。




●崖っぷちの駅 ・・・・・・JR日暮里駅は、明治38年(1905)4月1日に日本鉄道の駅として開業した、歴史ある駅。 駅は崖地(傾斜地)にあるため出入口は、西側は崖上に出ることにになり、東側は線路面と同じ高さにある。、、、、JRの改札は北口と南口の2カ所で、いずれも橋上にある。 北口改札のある北口駅舎は跨線橋の下御隠殿橋に接続してる。 今日の散歩は、北口から西に向かって歩くことにした。

201912110744030000

201912110746080000

201912110750250000

201912110756140000



●戦国時代の物見櫓! ・・・・・・日暮里駅を出ると御隠殿坂があり、坂に面して日蓮宗の本行寺(荒川区西日暮里3)がある。 本行寺は、大永6年(1526)、江戸城内平河口に建立され、そのご神田・谷中を経て、宝永6年(1709)、現在地に移転した。 景勝の地であったことから通称「月見寺」ともよばれ、多くの俳人たちが本行寺に訪れた、その中には小林一茶もいたそうだ。 「青い田の 露をさかなや ひとり酒」などの句を詠んでいる。 また、儒学者市河寛斎・書家米庵父子や、幕末・維新期に活躍した永井尚志などの墓がある。、、、、戦国時代に太田道灌がここに斥候台を築いたと伝える道灌物見塚があったそうだが、現在は寛延3年(1750)に建てられた碑文も読みにくくなった道灌丘碑が残されている。 本堂裏の墓地からは、日暮里駅前のタワーマンションも一望できる。

201912110759280000

201912110802260000

201912110806040000



●・・・・・・・・・本行寺の西側に私の好きな細い裏道がある。 今日もこの裏道を通り抜けて、崖上を西日暮里駅の方向に伸びる諏訪台通りに出た。

201912110814540000

201912110816300000

201912110817180000

201912110818300000

・・・・・・・・・・・・・・・裏道の奥に、LIGHT&PLACE 湿板写真館」なる店があった。 “湿版写真”とは、有名な坂本龍馬の写真など、古い写真がガラス板に像を写し取っている、あの写真である。 スマホ、ミラーレスの時代の今、明治時代に盛んであった撮影技術で写真を撮ってくれる処である。、、、、今風の繊細で鮮やかなカラー写真とは違って、モノクロの古びた味のある写真で、自分を撮ってもらうのも良い記念になると思うね。

201912110816180000



●諏訪台通りの1社2寺 ・・・・・・一車線一方通行の諏訪台通りに並ぶ、養福寺、浄光寺、諏方神社にお立ち寄り。

201912110833010000

・・・・・・・・・・・・・・朱塗りの仁王門がある養福寺(西日暮里3)は真言宗豊山派の寺院。 補陀落山観音院と号す。 開創の確かな年代は判らないが、初代住職が寛永3年(1626)に没したと伝えられているので、この頃か?、、、、寺の本堂や観音堂などの建造物は戦災で失われたが、宝永年問(1704~1711)建立といわれている、江戸時代のこの仁王門は焼失を免れた。 門の表側には一対の仁王像ある。 チョイト仁王門自体の造りが華奢で弱々しいね!

201912110826210000

201912110827370000

201912110829520000

・・・・・・・・・・・・・・諏訪台通りを西日暮里駅の方に歩くと真言宗豊山派の浄光寺がある。 法輪山法幢院と号す。 もとは隣の諏方神社(すわじんじゃ)の別当寺で、境内からの雪見が有名となって雪見寺と呼ばれたそうだ。、、、、山門の左手に、東都六地蔵の三番目として知られるこの大きな地蔵菩薩が立っています。  東都六地蔵とは、銅造泥塑の仏像造りに秀でた下谷心行寺二世空無上人の権化によって元禄4年(1691)に開眼したもので、一番は駒込の瑞泰寺、二番は千駄木の専念寺、三番は浄光寺、四番は下谷の心行寺、五番は上野大仏堂のうち、六番は浅草寺の正智院に安置された。 しかし、現存するのは専念寺と浄光寺だけである。

201912110841180000

201912110844050000

・・・・・・・・・・・・・・浄光寺の隣りに諏方神社がある。 元久2年(1206)の創立。 文安年間(1444~1499)に太田道灌が神領を寄進し、徳川時代に神領を賜わり、寛永12年(1635)社殿を現在の地に遷座した。 社名は「諏訪」とせず、「諏方」を使っているのは古来の表記である。 神社は明治時代になり、日暮里・谷中の総鎮守として地元の人々に敬われている。、、、、神社境内から西日暮里駅へ下る階段坂の「地蔵坂」がある。 坂の名は別当寺であった浄光寺の地蔵尊に因んでいる。

201912110845110000

201912110854300000

201912110849500000

201912110853100000



●富士の見えない坂! ・・・・・・・・浄光寺の前から西へ下る富士見坂。 富士山が見えた坂も、数年前から見えなくなり名だけが残った!、、、、今は、街路灯にデザインされた富士山のシルエットだけ。

201912110856100000



●夜、営業する商店街! ・・・・・・・荒川区西日暮里から、台東区谷中の町を少々横断し、文京区千駄木に入った。 千駄木3丁目の「すずらん通り」を抜け、「不忍通り」を横断する。 すずらん通りは、狭い短い通りの左右に小さな飲み屋さんが15軒程ある。、、、、しかし只今午前9時過ぎ、この時間から開けている店はない。 ぜひ夜来て、覗いてみたい通りだ!

201912110907480000

201912110908280000

201912110909260000



●千駄木の文化財! ・・・・・・・・文京区千駄木の貴重なお屋敷

・・・・・・・・・・・・・・まずは、国登録有形文化財の島薗邸。  木造2階建て、瓦葺の住宅は昭和7年(1932)の建築。 設計は銀行建築などで知られる矢部又吉。、、、、よそ様の家には入れないので、外から覗くだけ!

201912110929400000

201912111025040000

201912110933490000

・・・・・・・・・・・・・・千駄木5丁目の旧安田邸。  この建物の上棟は大正7年(1918)で、建築主は藤田好三郎、施工は清水組であった。 建築主の藤田好三郎は、練馬区にある豊島園を作った人物で、園芸好きであった。 この家が手狭であったのか、大正12年(1923)の夏には、中野桃園町に邸宅を建て引っ越した。 その直後、安田善次郎(安田財閥の祖)の娘婿善四郎(三十六銀行の頭取)が、関東大震災により日本橋小網町で罹災し、この家を借り受け、翌月には土地建物を購入した。 平成7年(1995)まで、善四郎の長男楠雄が住み続けたが、その後は法人に寄贈された。

201912110924200000

2019年10月 2日 (水)

赤い地下鉄の茗荷谷

今日は飯田橋の循環器内科クリニックの帰り、地下鉄丸ノ内線茗荷谷駅まで歩いてきた。 9千歩




●揺れる歩道橋は嫌いだ! ・・・・・・私が通う循環器内科は飯田橋交差点近くのビルの中。 今日は2ヶ月に1回の定期検診日である。 血液検査の結果は異状なし。(そりゃそうだ、医者に診てもらっているのだからね)、、、、駅前の飯田橋交差点から散歩をスタート。 飯田橋交差点は外堀通りと目白通りが交差し、大久保通りの起点でもある、主要道による五叉路である。 地下には神田川が流れ、その下には地下鉄の東西線、南北線、有楽町線、大江戸線が走り、神田川の頭上には首都高5号池袋線がとおる、さらに、飯田橋交差点の外堀通りはオリンピックのマラソンコースでもある、まさに交通の要所である。、、、、交差点には車の振動で揺れる(私が好きになれない)大きな歩道橋が掛かっている。


1910021418550

1910021416170

1910021417290

1910021418040

1910021419030



●長兵衛の死体が流された橋! ・・・・・・隆慶橋(りゅうけいばし)は、神田川に架かる橋で飯田橋交差点から目黒通りを上流側250m程行ったところ(文京区後楽2~新宿区新小川町)、頭上には首都高が走り、桁下の薄暗いところにある。 昭和10年(1935)前後に架けられた現存する鋼製ポニートラス橋である。、、、、ここには、江戸時代に木橋が架けられていたそうだ。 浅草花川戸の町奴:幡随院長兵衛が旗本:水野十郎左衛門と対立し、湯殿でだまし討ちにあい、その死体が流された場所は、この隆慶橋だったらしい。 橋の名は、江戸初期に祐筆大橋隆慶の屋敷地があったこで命名されたらしい。 、、、現在は上流側に新隆慶橋が架けられ、ほぼ歩行者専用橋となっている。、、、、20年程前、私の勤めるオフィスがこの橋の近くにあり、昼食時には、橋の文京区側に並ぶ、蕎麦屋、寿司屋、定食屋を日替わりで食べ歩いていた、思いである懐かしい処である。

1910021426570

1910021425160

1910021425510



●丸ノ内線の上だ! ・・・・・・・文京区後楽の裏道を歩き、安藤坂交差点に出た。 これより、丸ノ内線西側の小日向台地(文京区小日向)の裾を抜けていた神田上水の跡でもある「水道通り」(=巻石通り)を歩く。

1910021440310

1910021446040

・・・・・・・・・・・・・・文京区春日2、金富小学校のグランド脇を上って行くと、コンクリート塀にぶつかる。 長い塀に沿って歩くと、塀の向こう側からゴウーという音が聞こえ、姿は見えねど電車の通過音と気づく。 塀の向こうは丸ノ内線だ! 塀沿いに斜路を上って行く。

1910021446170

1910021447440

1910021448030

1910021448560

・・・・・・・・・・・・・・丸ノ内線の跨線橋に出た。 ここは、車が通れないため、安心して電車を眺められる。、、、、今年2月から営業運転を開始した真赤な塗装の2000系車両、一世代前の02系車両が切通しを疾走する。

1910021453110

1910021452430

1910021453490

・・・・・・・・・・・・・・跨線橋の先には、これまた、私好みの細い狭い階段坂となる。 階段を上り、裏道を歩き、再び数段の階段を上ると、春日通りに出る。 正面には、名門の学芸大附属竹早小・中学校がある。(ちょうど下校時間だったようだ) 隣には、も一つ名門の都立竹早高等学校が並ぶ。 

1910021455350

1910021459510

1910021502240

1910021503240



●丸ノ内線の下だ! ・・・・・・春日通りを250m程歩き茗台中の角を入ると、車は行き止まり。 人と犬・猫は階段坂を下ることができる。

1910021505410

1910021510310

1910021510530

・・・・・・・・・・・・・・この階段坂は庚申坂と呼ばれている。 長さ約45mの急な階段坂を下ると地下鉄丸ノ内線のガードにぶつかる。 ガードの上は丸ノ内線の車両基地。 坂からは、車両基地に留まる丸ノ内線を眺めることもできる、印象的なロケーション。、、、、下りは楽だが、上りはきつそうだ!
1910021511370

1910021512380

1910021514030

・・・・・・・・・・・・・・チョイト長いガードを通り抜ける。、、、、70過ぎた爺さんは痴漢に襲われる心配無用! 襲う方かも? 

1910021514440

1910021516410

・・・・・・・・・・・・・・ガードを過ぎると、今度は上り坂。 坂上の切支丹屋敷跡へ向かう。、、、、文京区ではこの坂を切支丹坂としている。 しかし、庚申坂を含め、ここでいう切支丹坂まで、一気通貫で切支丹坂という説もある。 

1910021518120

・・・・・・・・・・・・・・坂上には切支丹屋敷跡がある。 切支丹屋敷とは、江戸時代、小石川小日向(こひなた)(現:文京区小日向)に設けられ、山屋敷とも呼ばれたキリシタンらを収容した所。 宗門改役を兼ねた大目付井上筑後守政重の下屋敷に、寛永20年(1643)日本へ潜入したイタリア人伴天連キアラらを収容、改宗を促した。 正保3年(1646)には籠舎(ろうしゃ)・倉庫なども整備した。 宝永5年(1708)に潜入した伴天連シドッチは翌年ここに収容され、新井白石などの尋問を受けたが、牢死した。、、、、イタリア語と日本語、しかも、内容は宗教の教義、当時まともに通訳できたのであろうか、はなはだ疑問なり?

1910021519430



●茗荷谷の二寺 ・・・・・・・・・茗荷谷駅に至近(小日向4)の2寺。
・・・・・・・・・・・・・・まずは、浄土宗の深光寺。 急坂の参道を登ると右に鐘楼、正面に鉄筋コンクリート造りの本堂がある。 左側には古い歴史の在りそうな墓が並ぶ。 その正面中央に滝沢馬琴の墓がある。、、、、深光寺は、寛永16年(1639)の創建。 昭和2年には茗荷谷町良念寺を合併した。、、、、滝沢馬琴(1767~1818)は、江戸時代後期の著名な戯作者。 「南総里見八犬伝」など、多数の作品を残した。

1910021538330

1910021534540

・・・・・・・・・・・・・・・次は、曹洞宗寺院の林泉寺。 林泉寺は青龍山と号し、通山宗徹和尚(元和7年寂)が開山、伊藤半兵衛(1660年頃)が開基となり創建したと云われている。 本堂は昨年新築したモダンな鉄筋コンクリート造でピッカピカ。、、、、人々が願いをかけるとき地蔵尊を縄でしばり、願いが叶うと縄をほどく「しばられ地蔵」が境内に祀られている。 「縄でグルグルに、身動きできず、地蔵はギブアップ」てなことがないのかな?

1910021547380

1910021546450



●学生がゾロゾロ! ・・・・・・さすが文京区の茗荷谷駅。 茗荷谷駅を最寄り駅とする、拓殖大学、御茶ノ水女子大学と付属の女子高・中・小・幼、筑波大学の学校教育部と付属高・中、跡見学園の短大・高・中、都立竹早高、貞静学園、第一中、茗台中、窪町小、学芸大付属高など、頭脳明晰な学生と、チョイト色気づいた女子大生、かわいい小学生などなど、学生がひしめいている駅。、、、、駅は昭和29年(1954)1月20日、丸ノ内線池袋~御茶ノ水間開業と同時に設けられた。 ホームは相対式2面2線構造で、半地下式の地下1階にある。

1910021555110

1910021555350

1910021557250

1910021558270

1910021559451

2019年7月13日 (土)

チョイト早かった蓮

梅雨のチョイ間の雨上り、我が家(浅草橋)からブラリ、上野の不忍池に蓮の咲き具合を見に行き、根津・千駄木の裏道を歩いて、地下鉄千代田線の千駄木駅までの散歩です。 1万3千歩



●雅万歩の歴史? ・・・・・下町の歴史的建造物を見ながら不忍池へ向かう、、、、自分の歴史を振り返るようだ!

・・・・・・・・・・・・・・まずは、我が家から徒歩1分半、私の母校「旧東京市柳北尋常小学校(区立柳北小学校)」(台東区浅草橋5)、、、、次は、さらに3分歩いて「三井記念病院」(千代田区和泉町)、、、、病院前の「凸版印刷」本社前(台東区台東)に、「市村座跡」がある。 市村座は歌舞伎の芝居小屋で、寛永11年(1634)日本橋葺屋町に市村座創始し、中村・森田(のち守田)座とともに、江戸三座と呼ばれた。 天保13年(1842)浅草猿若町に移り、ついで当地に再転。 当地での市村座は、明治25年(1992)から昭和7年(1932)まであった。、、、、(この3か所はコチラに!)

1907130719520

1907130727540

1907130730230

・・・・・・・・・・・・・・市村座跡跡から西へ80m程歩くと、大正11年(1922)に建てられた煉瓦造風の下水道局和泉町ポンプ所がある。 私が幼き頃は、妖怪の住む怖い建物に思えた処。

1907130734180

・・・・・・・・・・・・・・秋葉原~御徒町間のJR「御徒町高架橋」(台東区上野5)は大正13年(1924)に完成した。 現在は、山手線・京浜東北線・上野東京ラインが走る。(地下には東北新幹線が走る)、、、、終戦直後の蔵前橋通りに架かる薄暗いガードの周辺には、秋葉原の市場周辺に食べ物を求め、ガード下に寝床を求め、周辺の焼け跡には金目の金属を求め、ばたや・浮浪者・孤児が集まっていた。 幼い私にはここも怖い処に思えた。 いつの間にか“ばたや”、“浮浪者”の姿も見えなくなり、言葉も死語となったのか?

1907130743020

1907130746170

・・・・・・・・・・・・・・上野松坂屋の方に向かい歩くと、朝湯で有名な燕湯がある。 建物は昭和25年(1950)の建築だが、国の登録有形文化財に指定されている。 私の幼き頃、地下鉄末広町駅の近くに住んでいた祖父母に連れられ度々利用した銭湯。 昔は白く濁った薬湯(くすりゆ)などもあって、湿疹などができると「白湯へ入ってきな!」と言われた記憶も残っている。、、、、燕湯から中央通りに出ると、最近建て替えられた新広小路ビルがある。 1階のコンビニの脇に「日本最初の喫茶店 可否茶館跡地」という碑が建っている。 ここは明治21年(1888)に、この地(当時・上野西黒門町)に日本初の喫茶店「可否茶館」が開店した場所だ!、、、、(ここの詳細はコチラに!)

1907130756530

1907130759440

・・・・・・・・・・・・・・可否茶館跡から中央通りを40m程北に向かうと、松坂屋の斜め前あたりに、東京3大どら焼きで有名な「うさぎや」がある。 大正2年(1913)創業の和菓子の老舗で、昔からどら焼きを売っている。 味わってみたい人は、並ぶの覚悟、1時間待ち覚悟、売り切れ覚悟でお店へ行くべし。、、、、ちなみに我が家では平日の午前中に、ママチャリに乗って私が買いに行く担当。

1907130800510

・・・・・・・・・・・・・・池之端「仲町通り」の「黒沢ビル」前を通り不忍池に向かう。 黒沢ビルは毎日、早朝から玄関前を綺麗に掃除し水がまかれ、歩いても気持ちがいい。 オーナーが綺麗好きなのかも?

1907130812500



奇遇ですね! ・・・・・不忍池の蓮、咲き始めたばかりだ。 まだチョイト早かった、来週の梅雨明けが過ぎた頃、一番の見頃かも?、、、、去年の今日、不忍池を散歩していた。 
1907130817390

1907130818530

1907130819400

1907130822290

1907130824030



●まだ残っているぞ“下町” ・・・・・不忍池から千駄木駅まで、根津・千駄木の“下町”を求めて裏道を歩く。 裏道にもマンションなどが建ち、“下町”も少しづつ消えて行くようだ。

1907130853370

1907130858480

1907130903510

1907130913330

1907130915090

1907130923320

1907130939270 

2018年11月21日 (水)

上り下り、キツイ小日向

午後から水道橋の循環器クリニックで、定期診断を受け。 帰りに、江戸川橋駅と茗荷谷駅の間にある文京区小日向(こびなた)の町をチョイト歩いてきた。
 
 
 
●幕府直轄の橋・・・・・・・・江戸川橋駅の東側約200mのところに、神田川に架かる古川橋がある。 現在の橋は平成21年(2009)に架けられた、長さ20m程の1径間PC桁橋。、、、、、この橋の初代は江戸時代と思われる。(私の推測、根拠なし) たしかなのは、江戸時代、将軍が鷹狩りの際に通行するルートであったため幕府直轄の橋とされていたそうだ。 この橋の北側に服部坂がある。、、、、、頭上には、首都高5号池袋線が走る。
 
1811211421300
 
1811211422070
 
 
 
●忍者ハットリくんの住まい跡?・・・・・・・・・・古川橋を渡り直進すると小日向1丁目と2丁目の境に服部坂がある。、、、江戸時代、坂の上に服部権太夫の屋敷があり、それで服部坂と呼ばれたそうだ。 その服部権太夫とは、徳川家康幕下の旗本、三河の出で、千葉県夷隅郡岩熊村の領主(300石)である。、、、、、現在は服部氏屋敷跡には、明治2年(1869)に小日向神社が移された。
 
1811211425170
 
・・・・・・・・・・・・・小日向神社は、当社付近にあった氷川神社と八幡神社とが合祀して明治2年(1869)に小日向神社となった。、、、、氷川神社の創立は天慶3年(940)、八幡神社は貞観3年(860)の創立で、共に古社であった。
 
1811211426580
 
1811211429020
 
 
 
●上って下りて・・・・・・・・・神田川から服部坂を上り、小日向台地を西に向かうと、神田川へ下る坂がある大日坂である。 小日向2丁目の南端中央に位置する。、、、、坂の途中に、大日堂と称する寺があることに由来する。
 
1811211434570
 
・・・・・・・・・・・・・大日堂とは、天台宗寺院の覚王山妙足院のことである。 妙足院は、寛文年間(1661~1673)に創建したといわれ、本尊の大日如来は、慈覚大師が唐で賜った像で霊験あらたかだと言われている。、、、、、まさに、“お堂”と呼ばれるイメージに近い寺である。、、、、、数年前、こちらの住職に美味しい落雁を頂戴したことを思い出した。 その節は、有難う御座いました。
 
1811211439430
 
 
 
●戦後生まれ(?)の閻魔さま・・・・・・・・・・・・台地から大日坂を下り西にチョイト歩くと、浄土宗の安養山還國寺(げんこくじ)がある。 今から380年程前(寛永8年、1631)神田神保町にその名を残す旗本神保氏が、増上寺の僧を招き現在の新宿筑土町に庵を作ったのが創建である。 その後明歴の大火により現在地に移転した。、、、、還国寺は周囲を住宅に囲まれた崖下の小さな寺で、境内は墓石や石仏で手狭に見える。
 
1811211450400_2
 
・・・・・・・・・・・・・境内の一角に閻魔堂があり中で、色つやのよい閻魔大王が睨みをきかせている。、、、、還國寺の古い像は戦災などで無くなり、閻魔大王もその後作られたものである。
 
1811211451180_2
 
1811211442070
 
 
 
●再び、小日向台地を上る・・・・・・・・・・還國寺の裏手(北側)の鷺坂(さぎさか)を上る。 坂上の高台には、徳川幕府の老中職をつとめた旧関宿藩主・久世大和守の下屋敷があった。 しかし、この坂は江戸時代にはなく、大正以降、住宅地となり造られた坂である。、、、、、坂上に住む堀口大学や、近くに住んでいた詩人の三好達治、佐藤春夫らによって山城国の久世の鷺坂と結びつけ「鷺坂」という名が、自然な響きをもって世人に受け入れられてきたそうだ。、、、、、“Z”型の坂の形状と、キツイ坂の勾配は、小説の舞台となりそうだ。、、、、、この坂、道幅が狭いのに一方通行ではないのだ! 上りと下りが対面すると、運転手の怒鳴り声が聞こえるらしい。 近所の人が嘆いてた。
 
1811211453230
 
1811211456250
 
1811211500340
 
 
 
●また下る!・・・・・・・・・・台地の上を東に向かい、再び服部坂の上に戻ってしまった、シマッタ・シマッタ! 服部坂の東側(小日向1)、福勝寺門前に横町坂がある。 今度は下りだ!、、、、、鉄砲屋敷(?)の横町なのでその名があるそうだ。、、、、、“鉄砲屋敷”とは何だ!(調べてみたが???)
 
1811211514040
 
 
 
●名はあるが、由来は?・・・・・・・・・・・横町坂を下り、北へ向かうと、またまた上り坂。 その名は薬罐坂(やかんざか)。 名の由来は?、、、、、坂の東側に小日向公園、西側に浄土宗の生西寺がある。、、、、裏道の人通りも少ないこの坂では、坂の案内標識もない。 名のある坂には、標識を付けて欲しいね、ぜひ、区役所にお願いしたい。
 
1811211519060
 
 
 
●バテレンの牢・・・・・・・・・・小日向1丁目の住宅地の一角に「切支丹屋敷跡の碑」がある。 碑のある付近一帯は、もと宗門奉行井上筑後守政重の下屋敷だった。 正保3年(1646)岡本三右衛門を始め卜意・南甫ら禁制の切支丹宗徒を監禁するため、下屋敷を切支丹牢屋敷(別に山屋敷の俗称)にした。 岡本三右衛門はイタリア人で、本名はギュセッペ・キアラと云う。 寛永20年切支丹禁制下布教のため潜入したが捕らえられた。 取調べを受け、締められると直ぐに棄教、日本人妻を娶り、名を岡本三右衛門と名乗って恭順の姿勢を示し山屋敷に住み、貞享2年(1685)に没した。 牢に入れられた切支丹は相次いで死亡し、正徳4年(1714)頃、牢は焼失した。 僅かに役所・倉庫などが残されたが、寛政4年(1792)それらも廃され、跡地は分割されて旗本宅地とされた。 切支丹屋敷の面影はことごとく消えてしまった。、、、、、平成26年(2014)、切支丹屋敷跡の発掘調査が行われ、3体の人骨が出てきた。 その内の1体はイタリア人神父である可能性が高いそうだ。 アーメン。
 
1811211531100
 
1811211528590_2
 
 
 
●蛙坂を下り、帰る・・・・・・・・・・・・・切支丹屋敷から茗荷谷駅に向かう途中、貞静学園短大横に「蛙坂(復坂)(かえるざか)」がある。 坂の標識によると、『坂の東の方はひどい湿地帯で蛙が池に集まり、また向かいの馬場六之助様御抱屋敷内に古池があってここも蛙がいた。 むかしこの坂で左右の蛙の合戦があったので里俗に蛙坂とよぶようになったと伝えている。 なお、七間屋敷とは切支丹屋敷を守る武士たちの組屋敷のことであり、この坂道は切支丹坂へ通じている』
 
1811211535150
 
1811211538190
 
 
 
●蛙坂を下り、私も帰る!・・・・・・・・・・・坂が多く、上り下りはチョイト、キツイ。 近くのミーハー女子大生を観賞しながら、駅に向かうことにした。
 
1811211548210

2018年11月 5日 (月)

正門と間違える赤門

“病気自慢”なら負ける気がしない程、多くの病を経験してきた。 その為、治療後の経過観察、定期検査などで、縁の切れない医療機関も増えている。(診察券を集めるのが趣味の一つとなりそうだ!) 今月は、秋の定期検査などで、総合病院3か所、診療所3か所から既に声がかかり、医者通いに忙しい月である。(忙しくて身体を壊さなければいいのだが!)
 
今日は、今月初の医者通いで、本郷の東大赤門前の医院に行ってきた。 昨秋、胆石があるのが見つかったが、治療せずに経過観察することにしていた。 本日は一年後の超音波検査で大きさを調べられた。 『大きさは17mmあります、このまま、手術せずに薬で様子を見ましょうね』と、女医先生のお言葉。 素直に『ハイ、判りました』
 
折角、朝から赤門に来たので。 チョイト周辺をブラブラ・・・・・・
 
 
 
●正門ではありません・・・・・・・・東大の本郷キャンパス(農学部のある弥生キャンパス、工学部の一部がある浅野キャンパスは含まず)には、正門から、反時計周りに赤門、懐徳門、春日門、龍岡門、鉄門、池之端門、弥生門、西片門と、全部で9門ある。 その中でも、最も有名であり、東大の正門と間違えられるのが赤門。、、、、加賀藩13代藩主前田斉泰は、文政10年(1827)に11代将軍徳川家斉の娘溶姫(やすひめ)を正室に迎えた。 この赤門は、その際に建立された御守殿門。 “御守殿門”とは、当時、三位以上の大名が将軍家から妻を迎えた場合、その人・居所を御守殿と称し、表通りからその場所へ出入りする朱塗りの門を御守殿門と呼んだ。 建築様式としては薬医門であり、切妻造となっている。左右に唐破風造の番所を置いている。 国指定重要文化財。、、、、、全部朱塗りで、黒色の金物が締めている。 “赤と黒”とは、いいね! ところで内緒の話、左右の番所の裏側は彩色されてない、知ってた? ひょっとすると、塗装するのケチったか、加賀藩の懐具合が悪かったのか?
 
1811050908380
 
1811050939540
 
1811050937510
 
 
 
●昭和初期の大学・・・・・・・・・・・赤門から入って右奥に建つ2棟、医学部1号館(写真:左)と理学部2号館(右)を見てきた。
 
1811050932090
 
・・・・・・・・・・・・・理学部2号館、、、、、理学部の校舎は安田講堂の東側に集中しているが、2号館は赤門の近くにある。 医学部1号館と対をなす建物で、内田祥三の設計により、昭和9年(1934)に完成した。 現在は生物学科が利用しているが、以前は地質学、鉱物学、地理学の各教室も入っていた。
 
1811050927340
 
1811050931200
 
1811050920280_3
 
1811050921140
 
1811050916140_2
 
1811050922100_3
 
1811050922160
 
・・・・・・・・・・・・・医学部1号館、、、、、、こちらも、設計は内田祥三で昭和6年(1931)に完成。 現在は、北隣に建設された地上14階建ての医学部教育研究棟と一体利用されている。
 
1811050925531_stitch
 
1811050924250
 
1811050923430
 
1811050928590
 
1811050927490
 
1811050927580
 
・・・・・・・・・・・・・・医学部本館(2号館)も、チョイト撮影。 こちらも、ゴシック様式の建物で、内田祥三の設計により昭和11年(1936)に完成。
 
1811050934240
 
・・・・・・・・・・・・・・東大のイチョウ、黄葉にはまだ早いようだ! 見頃は来月初旬。
 
1811050934520
 
 
 
●忘れちゃったのよ!・・・・・・・・本郷三丁目交差点角の交番の横を入ると薬師堂が見える。 この堂のある一帯に、昭和26年(1951)まで、天台宗の古刹:富元山瑞泉院眞光寺があった。 眞光寺の創建は嘉祥2年(848)と言われている。 その後、永く廃寺同様になっていたが、寛永14年(1636)に清賢法印が、藤堂高虎の助力により再興し、正保4年(1647)諸堂宇及び天神社(桜木神社)が落慶された。 そして昭和20年(1945)の空襲で堂塔伽藍の総てを焼失、昭和26年(1951)には薬師堂と十一面観世音坐像と墓地を残したまま世田谷区給田に移転した。、、、、、仏を忘れて引っ越したのか? 、、、、、忘れ物の、薬師堂、十一面観世音坐像に手を合わせてきた。
 
・・・・・・・・・・・・・本郷薬師堂は、眞光寺の境内に寛文10年(1670)建立したと言われてる。 残念ながら御堂は、戦災で焼失し、昭和22年(1947)に再建され、昭和53年(1978)に新築された。
 
1811050953020
 
1811050953220
 
・・・・・・・・・・・・・・薬師堂から100m程奥に進むと、露仏の十一面観世音坐像が墓地の横で墓泥棒の見張りをしている。、、、、この像は眞光寺の境内に置かれていた。 蓮華座には、享保5年(1720)の銘がある。、、、、、重たそうな像なので、引っ越しの時に捨て置かれたのか? 可哀そうに!
 
1811050954400
 
1811050955270_2
 
 
 
●神社もあった真光寺・・・・・・・・・・・・薬師堂裏の奥に、桜木神社がある。 祭神は菅原道真公で天神様。 神社は、太田道灌が江戸城を築城の際、城内に北野天神を勧請、創建した。 二代将軍徳川秀忠の代に旧櫻の馬場の地へ遷座、元禄3年(1690)その地に昌平坂学問所が設立されることになったため、さらに現在地(本郷の眞光寺境内)へ遷座した。 明治の神仏分離により眞光寺から独立した。、、、、、当社も戦災で社殿は焼失し、現社殿は昭和34年(1959)に新築した。
 
1811050959540
 
1811051000510_2

2018年5月30日 (水)

法真寺

本日は3軒の医者通い。 9時から上野の病院で泌尿器科に受診し、帰宅するや浅草橋の整形外科へ腰痛のリハビリに、昼食済ますと本郷の医院で胆石のエコー検査。 通う病気はどれもこれも高齢者の証となるような病気である。、、、、、医者も薬局のように、ポイントカードを発行して、10000ポイント貯まると夫婦で熱海旅行ご招待、20000ポイントで霊柩車の割引サービス、50000ポイントで葬式一切無料サービスなど、特典をつけて欲しいね。 バッチリ、貯められそうだ!
、、、、、ところで、午後に行った医者は東大赤門前の内科だが、法真寺の参道に面しているので、チョイト帰りにお寺に寄ってきたので、ご紹介。
 
 
 
●東大赤門・・・・・・・・・・東大の正門と言えば「赤門」。 ブ~~ゥ、間違い、東大の正門は「正門 」? 「赤門」とは別に「正門」がチャントある。 でも、正門と間違えるくらい有名な赤門。 ご存じ、旧加賀藩主前田家上屋敷の御守殿門で、1827年に第12代藩主前田斉泰が第11代将軍徳川家斉の第21女:溶姫を迎える際に造られたものである。 切妻造の薬医門で、左右に唐破風造の番所を置いている。 国の重要文化財。
 
180530160333022
 
 
●参道・・・・・・・・・赤門の真正面に、法真寺の参道がある。 右手には石柱がたち、すぐ判る。 正面には本堂の屋根も見える。
 
180530160353023
 
 
●法真寺・・・・・・・・・・・・寺は、和順山歓喜院法真寺といい、慶長元年(1596)に京都知恩院より、寺号を附与された浄土宗の寺院。 家康公御台所の天野図書が、同家下屋敷を寄進し、寺の開基となり創建した。、、、、、明治の文人「樋口一葉」ゆかりの寺。 樋口家は明治9年(1876)にこの法真寺の隣に居を移し、一葉は9歳までの5年間住んだそうだ。 この時代が樋口家では最も安定した時であった。 一葉の作品「ゆく雲」に登場する「腰ごろもの観音さま」も法真寺に現存している。、、、、寺では、200年来の本堂の改修工事を行い、最近完了した。 樋口一葉を意識してか、境内は全体的にモダンな雰囲気で造られている。
 
・・・・・・・・・・・・・本堂正面
 
180530155615005
 
・・・・・・・・・・・・・本尊は荘厳に輝く阿弥陀如来坐像。 
 
180530155509003
 
180530155455001
 
・・・・・・・・・・・・・・窓には大正ロマンの雰囲気(?)を醸し出すステンドグラス。
 
180530155552004
 
・・・・・・・・・・・・・・本堂横に山門か?
 
180530155632006
 
・・・・・・・・・・・・・・一葉が「ゆく雲」の中で書いている「腰衣観世音菩薩」。
 
180530155735011_2
 
・・・・・・・・・・・・・一葉塚もある。
 
180530155723010_2
 
・・・・・・・・・・・・赤レンガで外装されたモダンな霊園管理事務所「桜木の宿」。、、、、、、後に一葉が少女時代を日記で回想する時、当時の家を「桜木の宿」と呼んだ。
 
180530160125015
 
 
 
●・・・・・・・・・・・・・・雨が降ってきた! コリャ大変! 急ぎ帰ることに・・・・・・

2018年4月20日 (金)

目赤不動 (南谷寺)

目青、目白に続き、今日は本駒込の目赤不動に行った。 最寄り駅ではないがチョイト遠くの田端駅から歩きはじめ、動坂をとおり南谷寺へ、目赤不動と対面したら団子坂を下り千駄木駅まで、1万歩の散歩です。
 
 
 
①田端駅・・・・・・・・・明治29年(1896)4月1日、日本鉄道の駅として開業。 現在は、山手線、京浜東北線の電車しか停車しないが、かつては常盤線の列車が発着した時期もあった。、、、、、近くには尾久車両センターなどもあり、鉄道好きに愛されている駅である。
 
180420075520003
 
180420080230014
 
 
②東台橋・童橋・・・・・・・・・・田端駅の前を通る都道458号線は、駅の南側で道灌山を切り通し(名称:田端切り通し)で抜けて行く。 その切り通しに架かる橋が東台橋(とうだいばし)。 切り通しができたのは昭和8年(1933)であり、東台橋もおそらく同時期に竣工したと思われる。、、、、、東台橋から切り通しを眺めると、両側の石積みの高さ:約20mにあらためてビックリ。
 
180420080523017
 
180420080612022
 
180420081644035
 
・・・・・・・・・・・・・東台橋から100m程南に、近くの滝野川第一小学校へ通う児童の通学路として利用されている、童橋(わらべばし)が架かっている。 昭和8年(1933)完成。、、、、歩行者専用橋である。、、、、、切り通しはまだ続く。 私が目指す目赤不動は、この道の先2km程の処にある。
 
180420081908037
 
180420082021041_2
 
 
③田端八幡神社・・・・・・・・・・・切り通しが終わる田端2丁目の交差点角に田端八幡神社がある。 文治5年(1189)に源頼朝が、この地の豪族豊島氏と共に奥州藤原一族を平定し、その帰路に鎌倉八幡宮を勧請した。 田端村の鎮守さま。 社殿は平成4年(1992)に再建され、いまだ木の香りが残っている。
 
180420082431043_2
 
180420082559044
 
・・・・・・・・・・・・・・神社の参道脇、正しくは神社の隣り東覚寺の門前に不動堂がある。 その不動堂を守る一対の仁王像(赤紙仁王尊)がある。 仁王には赤紙がペタペタ貼られ、像の顔も形も判らない。 赤紙を自分の患部と同じ位置に貼ると病気身代わりとなるそうだ。、、、、根性の悪い私は、どこに紙を貼るのだ!、、、、この仁王像は、元は八幡神社の鳥居前にあったそうだ。 明治の神仏分離令で、神社の別当であった東覚寺に移った。
 
180420083528051
 
 
④動坂・・・・・・・・・・・都道458号は動坂下交差点から文京区に入る。 都道の西側は本駒込4丁目、東側は千駄木4丁目。 坂上は動坂上交差点で、坂の全長200m程、この間の高低差12mで傾斜は緩やかである。、、、、名の由来は、、、、かつて、この坂上に不動像が祀られていたが、三代将軍家光の目にとまり、本駒込の南谷寺に移され目赤不動となった。 不動像の跡には、日隈地蔵が祀られた。 そこで、坂は“不動坂”と呼ぶべきところだが、略して「動坂(どうさか)」と呼ばれている。
 
180420084129053
 
180420084857065
 
・・・・・・・・・・・・坂上の都立駒込病院の一角に動坂貝塚記念碑がある。 昭和49年(1974)に駒込病院の外溝工事中に貝塚が確認され、2次にわたる発掘調査が行われた結果、縄文時代の遺跡と確認された。 また、江戸時代には、八代将軍徳川吉宗が復活した鷹匠の屋敷跡でもある。、、、、、碑のプレートは黒ずみ、案内板がなければ、なんだかサッパリ判らん!
 
180420085559077
 
 
⑤徳源院・・・・・・・・・・・本駒込3丁目に入ると、臨済宗妙心寺派寺院の慈雲山徳源院がある。 徳源院は、寛永7年(1630)湯島に創建、天和2年(1682)に現在地へ移転した。、、、、、現在は、さほど広くない境内だが、緑豊かに整備されている。
 
180420091152084_2
 
・・・・・・・・・・・・・・境内の一角に、日限地蔵尊(ひぎりじぞうそん)が祀られている。 この地蔵は、動坂の上にあった目赤不動を南谷寺に移した跡に建立されていた。 願いごとを日を限って祈願すれば、不思議と満願の日に先立ち霊験あらたかなることより「日限地蔵」といわれている。、、、、、ジャンボ宝くじを買って、抽選前の一週間祈願したら、7億円が当たるかな? 誰か試してみたら!、、、、、昭和60年(1985)に動坂より徳源院に移された。
 
180420091412088_3
 
 
⑥南谷寺・・・・・・・・・・田端駅から歩いてきた都道が本郷通りにぶつかる駒本小学校前交差点の北:本駒込1丁目に天台宗の南谷寺(なんこくじ)がある。 南谷寺は、比叡山南谷の万行律師が、元和年間(1615~1624)に駒込動坂に庵を設け不動明王像を安置した。 これが南谷寺の創建である。 寛永年間(1624~1644)三代将軍家光が鷹狩りの途中、動坂のこの庵に立ち寄り、この不動を、目黒・目白不動と同じように”目赤不動”と呼ぶように伝え、寺領を現在地に寄進した。、、、、、家光はゲーム感覚で、五色全部揃えたかったのかな?
 
180420092438097
 
1804200928090101
 
・・・・・・・・・・・・・不動堂には、黒目の目赤不動が祀られている。
 
1804200928300102
 
1804200930200105
 
 

●・・・・・・・・・・・・・これにて、本日の目的を達成。 あとは、我が家へ帰るだけ!

 
 
⑦光源寺・・・・・・・・・・・・団子坂に向かう途中、文京区向丘2丁目の光源寺に寄ってみた。、、、、浄土宗の寺院で天正17年(1589)に、神田四軒町に創建された。その後、江戸城拡張に伴い、慶安元年(1648)駒込の現在地に移転した。

1804200956260126

・・・・・・・・・・・・・かつて、境内には、元禄10年(1697)造立の十一面観世音立像が安置されていた。 木彫で高さは二丈六尺(約8m)あり、奈良の大仏みたいに堂の窓から顔が拝観できたそうだ。 多くの参詣者に慕われた観音さまも、昭和20年(1945)5月25日夜半の東京大空襲によって、全焼の災いにあい、焼失した。、、、、平成5年(1993)、関係者の思いが実り、高さ6mの観音像が再興された。 長谷寺の十一面観音と同じく、錫杖を右手に持ち、金箔、金粉の極彩色に彩られた平成の観音像である。、、、、、全て純金で作られていたら、簡単に見せないだろうね!

 
1804200954190122_2
 
1804200953460120_2
 
 
⑧団子坂・・・・・・・・・千駄木2丁目と3丁目の境の坂。 由来は、その名のごとく、坂の近くに団子屋があったと言われている。 悪路のため転ぶと団子のようになるからと云う説もある。 長さ180mの坂。、、、、坂の上には、森鴎外、夏目漱石、高村光太郎が居住していた。、、、、、この三人は、元祖『だんご三兄弟』かも?
 
1804201004450130
 
1804201008560136
 
 
⑨千駄木駅・・・・・・・・・・団子坂下にある、地下鉄千代田線の駅。 昭和44年(1969)12月20日開業。
 
1804201011580138
 
・・・・・・・・・・・・・地下鉄に乗るつもりで駅に向かったら、駅前のバス停に私が住む台東区の循環バスが来た! オー、ラッキー、急遽バスに切り替えて帰宅する。
 
1804201015320141

より以前の記事一覧