杉並区

2024年4月26日 (金)

“代田”巡り

小田急線の世田谷代田駅から、京王井の頭線の新代田駅をとおり、京王線の代田橋駅まで、“代田”3駅を巡る1万歩の散歩です。




● 小田急線の世田谷代田駅は昭和2年(1927)4月1日、世田ヶ谷中原駅として開業した。 昭和20年(1945)7月1日には空襲により被災し営業休止し、翌年6月15日営業再開する。 昭和21年8月20日、世田谷代田駅に改称。 平成16年(2004)から地下化・複々線化工事に着手し、平成30年(2018)地下化・複々線化工事はほぼ完了した。、、、、現在は、地下2階に島式ホーム1面2線の緩行線が運行され、さらにその直下(地下3階)をホームのない急行線が通過している。 地上には小柄であるがモダンな駅舎があり、改札口はコンコースの両側に設置されている。 さすが、セレブの住む世田谷区をとおる小田急線らしいシャレた駅だ! 

2404260833250

2404260810141

2404260811550



・・・・・・・・・・ 小田急線は、新宿から来ると東北沢駅の手前で地下にもぐり、世田谷代田駅の先(梅が丘駅側)で地上に顔を出す。 世田谷区立代田小学校前の公園の下に複々線が見える。

2404260826170



・・・・・・・・・・ 地名“代田”(だいた)の由来、、、、“代田”の地には昔、大きな窪地があった。 その窪地は、想像上の巨人「ダイダラボッチ」の足跡と言われ、代田村の名のダイタは確かにこの足跡に基いたものらしい。 現在の世田谷区代田の町の中央に世田谷代田駅はある。




● 小田急線の世田谷代田駅と京王井の頭線の新代田駅間は、かつて線路で繋がっていた。 それを説明する案内板が世田谷代田駅前に設置されている。 そこには『代田連絡線 1945(昭和20)年5月の戦火で大半の電車が被災した帝都線(現在:京王井の頭線)に電車を送り込むため、代田二丁目(現:新代田)駅と当駅を結ぶ右の地図のような線路が急遽敷設されました。当初は、電車を人力で移動させたといわれています。当駅北側の通路は、その代田連絡線を模ったデザインとしています。』と記されていた。 隣の地図では、方位は約90度傾いているが、小田急線と井の頭線が大きな円弧で結ばれていた。 (参考に昭和23年の航空写真を添付)、、、、世田谷代田駅から新代田駅まで、この代田連絡線の遺構を探しながら歩いて見た。 歩いて見たが、残念ながら遺構らしきものは何も見つけられず。 円弧の中程(現:代田5丁目17)の付近では住宅が密集し、線路跡を想わせる物は一切見ることはなかった。

2404260818219

S23_20240426161401

2404260843090




● 京王井の頭線の新代田駅は、昭和8年(1933)8月1日に帝都電鉄の代田二丁目駅として開業した。 昭和41年(1966)に新代田駅に改称。、、、、相対式ホーム2面2線を有する地上駅で、環状七号線の道路に面する橋上駅舎を持つ。 ホームは掘割内にあり、駅の上に環状七号線が通っている。、、、、当駅の周辺にも代田連絡線の痕跡らしきものは残っていなかった。

2404260854390

2404260855350

2404260853070




● 新代田駅近く、住宅の駐車場の横(世田谷区羽根木1-5)に稲荷神社とその脇に庚申塔と地蔵尊があった。 稲荷神社はさておいて、立派な庚申塔と地蔵尊が並んでる。 右から一番目にあるのは板碑型の庚申塔で、高さは118㎝、造立年は元禄12年(1699)で、青面金剛の下に三猿が描かれており、下部には願主の名前が彫ってある。 隣の角柱型の庚申塔は、青面金剛と三猿が描かれ、高さは136㎝。 この庚申塔が最も古く、貞享4年(1687)の造立。 三番目は、少しだけ小さめの駒型の庚申塔。青面金剛に三猿である。造立は正徳元年(1711)。 さて左端の 舟型の地蔵立像は、念仏講中の立てた供養塔である。造立は元禄10年(1697)。 どれもこれも、彫りの深い立派な石仏だ!

2404260858570

2404260859350




● 京王線の代田橋駅に到着したが、チョイト“代田橋”の橋がどこにあったか、探すことにした。、、、、“代田橋”は玉川上水に架かっていた橋と聞いていたので、代田橋駅の北側に平行する甲州街道を越えて杉並区に入り「水道道路」の方へ行ってみた。

・・・・・・・・・・ 『沖縄タウン 和泉明店街』なる飲食店街がある。 沖縄タウンは平成17年(2005)甲州街道の歩道橋改装に合わせてオープンした、70数店舗で構成する、総延長380mの懐かしい雰囲気の商店街。 沖縄の物産を売る店やソーキそば等を食べさせる食堂がある。

2404260946590

2404260939370

 

・・・・・・・・・・ 和泉明店街の周辺には“代田橋”があったと思われる場所はなく、商店街で掃除してるおばさんに訊ねると、どうやら玉川上水の上を越えていた甲州街道に架かっていた橋らしい。 その部分の玉川上水は暗渠化され橋の跡は無いそうだ。 暗渠の入り口が甲州街道の下にあるから行ってみるように案内されたので、チョイト見て来た。、、、、『代田橋は、この辺りに架かっていたのか』自分を納得させる。

2404260936530

2404260951270

 

● 代田橋駅に戻る。、、、、京王線の代田橋駅は、大正2年(1913)4月15日に京王電気軌道の駅として開業。 現在の駅構造は、相対式ホーム2面2線を持つ地上駅であるが、平成26年(2014)から連続立体交差事業に着手し、数年後には島式ホーム1面2線の高架駅となる予定。

2404260956040

2404260929500

2404261000210

2024年4月 8日 (月)

阿佐ヶ谷から都立家政

浅草橋から中央・総武緩行線に乗車し、御茶ノ水で座席に座る。『さて、どこで降りようか?』 新宿過ぎるとチョイト車内は空いてきた。 東中野で多くの学生が下車し、中野を過ぎたらガラガラ。 このまま乗ってると終点の三鷹まで行くことになる、どこかで降りなくては! 阿佐ヶ谷に着くと、入学式に向かう真新しい制服の女子中学生の親子が降りる、仲の良さそうな親子を見ていた私もつられて降りた。 阿佐ヶ谷駅前で暫し思案、とりあえず駅の北側にある神明宮に行ってみよう。 その後は、なりゆきまかせ・・・・・

 

阿佐ヶ谷駅は、大正11年(1922)7月15日、国鉄の駅として中央線に追加開業した。 昭和39年(1964)には複線のみ高架化、2年後の昭和41年に高架複々線化工事完了。、、、、住宅街の駅であり、駅周囲には商店街も多い。 南口の大きな商店街、北口のアーケード街などもある。、、、、朝の時間は都心に向かう通勤客が駅に向かって来る。 駅から出ていく人は学生ぐらいかな。

2404080804230

2404080810240




● 駅前の小学校は入学式、親子で新調した服を着て、新入生とお母さんが校門を入る。(お父さんは数年前のよれよれスーツ!)




● 小学校の前に阿佐ヶ谷神明宮がある。 阿佐ヶ谷神明宮は、建久元年(1190)頃の創祀と言われてる。 建久年間(1190~1198)には土豪横井兵部が伊勢神宮に参拝し、神の霊示を受け、宮川 (三重県)の霊石を持ち帰り神明宮に安置したと伝えられ、この霊石は今も御神体として祀られているとのこと。 天照大神を主祭神に、月読命・須佐之男命を配祀する。、、、、、桜が咲く境内は広く、風格を感じさせる立派な社殿が並んでる。 見通しの良い拝殿からは、白砂の庭の奥に三棟の美しい御殿が見える。 中央に天照大御神、右に月読命、左に須佐之男命が祀られているとのこと。

2404080822530

2404080816100

2404080817210

2404080819190




● 参拝も終え、『さてさて どっちに向かおうか?』 向かう先のあてもないので、気ままに裏道をあることにした。 阿佐谷北5丁目の住宅地をブラブラ。、、、、アトリエ風の建物、小さな庭のある木造住宅、綺麗に清掃された裏道、まさしく東京の中流住宅地だ!

2404080833590

2404080836540


● 裏道を歩いていたら「Aさんの庭」公園があった。、、、、チョイトかわった名前:「Aさんの庭」の公園は、阿佐谷北5丁目の裏通りにある小さな可愛い公園(約830㎡)で、平成22年(2010)に開園した。 「Aさん」とは特定した人物ではなく“皆さん”と言うことらしい。、、、、ここにはかつて、昭和初期の杉並の文化・生活を今に伝える貴重な住宅があった。 庭にはバラが咲くかわいらしい住宅だったそうだ。 地元では、「ばらの家」と呼ばれ親しまれていた。 「トトロが喜んで住みそうな家」として、宮崎駿監督著「トトロの住む家」でも紹介されたそうだ。 平成21年(2009)2月、火災により住宅は焼失し、その跡地に、宮崎駿監督の公園デザインによる区立公園が整備された。

2404080844080




早稲田通りを横断し、杉並区阿佐谷北から中野区大和町に入る。 再び裏道を歩く。

2404080847130

2404080848530

2404080856400

2404080857240


● 流れる水量の少ない妙正寺川を越えると、中野区若宮の町に入る。

2404080905140

2404080902270




● 西武新宿線の都立家政駅に伸びる、“かせいチャンの町”と称する「都立家政商店街」に出た。 この道を歩けば駅に着く、迷わず歩くだけだ!

2404080917550

2404080919030

2404080920440




● 西武鉄道新宿線の都立家政駅は、昭和12年(1937)12月25日、旧制東京府立高等家政女学校(現:東京都立鷺宮高等学校)の近くに「府立家政駅」として開業した。 昭和18年(1943)、東京府から東京都に変わり、駅名も都立家政駅に改称。、、、、各駅停車しか停まらない小さな駅だが味がある。

2404080924590

2404080925350

2404080931460


● 阿佐ヶ谷駅から都立家政駅まで9千歩の散歩でした

2023年3月15日 (水)

お釜のお寺!

地下鉄丸ノ内線方南町駅から裏道を歩き、京王新線の幡ヶ谷駅まで、1万歩の散歩です。




● 朝8時過ぎ、通勤通学のピーク時間、丸ノ内線分岐線の終着駅「方南町駅」に電車が到着すると、折り返しの池袋行きはスグに満席となる。 座れない乗客は、次の折り返し電車の到着を待ちホームに並ぶ。 こんな光景を見てると、自分のサラリーマン時代が懐かしく思いだす!

2303150810510

2303150812200



・・・・・・・・・・ 方南町駅の改札・出入口は、ホームの両端に1ヶ所づつある。 東側の出入口は方南通りの商店街の並びにあり、幅も狭く、『こんなとこにあるの!』と言いたくなる。

2303150815560



・・・・・・・・・・ 駅出入口の脇に、「方南銀座商店街」がある。 方南町駅から南に延びる、地域密着型の商店街。 通勤・通学の人が足早に駅に向かう。

2303150816480




● 商店街を抜けた所に、「身代地蔵尊」と標した堂がある。 この堂は、安寿と厨子王の守り本尊の身代り地蔵尊を祀る東運寺の門前の地蔵堂。 守り本尊は東運寺の秘仏であり、4月8日の花まつりに御開帳するそうだ。 この地蔵堂はいわば御前立ともいえる普段お参りできる身代地蔵尊。 子育て地蔵尊も一緒に並んでる。

2303150826340



・・・・・・・・・・ 地蔵堂の隣りの空き地に
、2基の石柱があり、「釜寺近道」、もう1基に「享和元年」と刻まれてる。 ここで、“釜寺”とはナンダ? この付近に“釜寺”と云う寺があったっけ? しばし考えるが判らない!、、、、数分後に判明した! “釜寺”とは地蔵堂の正面に山門がある東運寺の通称であった。 目の前にあって“近道”はないね!

2303150827550




● 地蔵堂の正面(杉並区方南2)に「東運寺」の山門がある。 この山門は元禄の頃、元田村家の脇門であった。 明治末期、三井総本家がこれを今井町に移し元織田有楽齋如庵の茶室(国宝)の表門としたが、使用する機会は少なく『開けずの門』と言われてた。 昭和28年(1953)三井高公が東運寺に寄進したものである。

2303150835030



・・・・・・・・・・ 浄土宗寺院の東運寺は、念仏山と号す。 東運寺は、天正元年(1573)備前の僧が、奉じていた安寿と厨子王の守り本尊「身代わり地蔵尊」を安置して当地に念仏堂としてはじまりました。 大正11年(1922)、下谷入谷町にあった東運寺と合併し、念仏山東運寺と改称した。 当寺には、釜ゆでにされそうになった厨子王をお坊さんになって助けたという身代わり地蔵尊が秘仏として祀られている。 また、本堂の屋根上には“釜”が逆さに置かれてる。 これが通称“釜寺”と呼ばれる謂れ。

2303150831310

2303150831250




● 東運寺の南側を流れる「神田川」を越え、杉並区方南から中野区南台、渋谷区笹塚の町に入る。 この辺りでは、何か面白いものはないかと、裏道を歩いたが、何もない! 面白くないね!

2303150843080

2303150854330

2303150900020




● 大通りに出た! 笹塚三丁目では「水道道路(都道431号)」、続いて「甲州街道(国道20号)」、どちらも横断すると、京王新線の「笹塚駅」だ! 

2303150906460

2303150913360

2303150915420



・・・・・・・・・・ 笹塚駅から南に「笹塚観音通り商店街」を歩く。 その名が示すとおり、商店街の中に観音さまが祀られている。、、、、この観音さまは、江戸時代からあり大きなお堂だったそうだが、昭和20年(1945)の米軍の空爆により焼失した。 ところがこれが観音の力の凄いところで、堂は焼け落ちたものの、焼け跡から観音さまが焼けずに発見された。 そこで、当時貧乏な住民には堂の復元はならず、やっとこさ小さな堂を建立して再建した。 その地が、今の観音会館となっているそうだ。、、、、観音さまは、普段、ガラス扉の中に祀られており、毎月18日に御開帳になるそうだ。

2303150919300

2303150921290

2303150921090




● 商店街を抜け、京王新線の幡ヶ谷駅近くに来ると、玉川上水を暗渠化した「幡ヶ谷緑道」、「西原緑道」がある。、、、、初台付近から代田橋付近まで、途切れ途切れに続く緑道の一部。、、、、これから暖かくなり、樹々が色づけば散歩に良いかも!

2303150939230

2303150946510




● 「幡ヶ谷駅」は、大正2年(1913)11月11日、京王電気軌道の駅として開業。 昭和53年(1978)京王新線開通に伴い、現在地に移設し、同時に地下駅となる。 駅本体は首都高速4号新宿線と国道20号(甲州街道)の地下にあり、ホームは相対式2面2線構造で地下2階にある。、、、、京王新線は、ここから都営地下鉄新宿線に乗り入れ、馬喰横山まで直行。 馬喰横山駅(東日本橋駅)から浅草線に乗り換え、次の駅が我が家のある浅草橋。 便利で、楽だ! 

2303150949400

2303150950390

2303150952280

2023年3月12日 (日)

長い疲れる公園だ!

連日の好天、今日は妻を従え荻窪駅から歩きはじめる。 駅から南へ善福寺川緑地に入り川沿いに歩き、大宮八幡宮に参拝して、地下鉄丸ノ内線の方南町駅まで、1万4千歩の散歩です。




● 朝食時、『荻窪から散歩するけど、一緒に行く?』と妻に問いかけると、チョイト考え『行く行く、しかりついて行く!』(その心は、ランチは外で!)、、、、10時に「荻窪駅」で下車。 さて、駅からどこへ向かうか、下町育ちの妻には来る機会の少ない京王井の頭線方面に向かって歩くことにした。

2303121000360

2303121007230


・・・・・・・・・・ 荻窪駅南口から「南口仲通り」を道なりに歩くと、善福寺川に架かる「忍川上橋(おしかわかみばし)」を渡ったところで、裏道を歩くことにした。 私が住む浅草橋よりは上品な感じの荻窪2丁目の住宅地

2303121007490

2303121018470

2303121018540

2303121025390




● 荻窪2丁目の道筋に、日蓮宗寺院の「大光山 千葉院 中道寺」があった、、、、中道寺は、大光院日道が当地に天正10年(1582)草庵として建立、その後元和2年(1616)に大光山中道寺と寺号を称し、寛永13年(1636)当地に土着していた千葉氏の家臣宇田川氏より寺地の寄進を受けて堂宇を整えたと言われてる。 杉並区内では古い寺の一つである。、、、、2階建ての立派な鐘楼門は、安永2年(1773)の建築、階上に梵鐘が吊ってあり鐘楼を兼ねる。 現在の本堂は、昭和42年(1967)に完成した総欅作りの大堂で、八間四面の宝形(方形)造り、高さ約15m、頂上には火炎宝珠を頂いている。、、、、住宅地の中、静かに佇む寺!

2303121033150

2303121036090




● 杉並区成田西3では「成田西ふれあい農業公園」で“
一休み”、、、、平成28年(2016)にオープンした公園は、区民が農に親しむ場として、気軽に土とふれあい、農を「見る」「ふれる」「楽しむ」ことができる公園ということだ。 農業公園では杉並らしい農のある風景を演出するとともに、農や食への理解や知識の向上を図り、また都市における農の魅力や農地の多目的機能の大切さを伝えていくとのこと。、、、、これから種蒔きをするのか、土が掘り返されていた。、、、、都会にある綺麗な“区民(市民)農園”、これはいいね!

2303121107580




● 五日市街道沿い(杉並区成田西2)、関東バスの営業所近く、一段高い場所に柵に囲われ唐破風笠付角柱型の庚申塔がある。、、、、あまり風化しておらず、彫りもはっきりしている庚申塔。 大切に保存して! 

2303121113460




● 五日市街道を挟み庚申塔の前から、「善福寺川緑地」に入る、、、、杉並区を流れる善福寺川の中流部の河川沿いを都立公園として整備したのが、善福寺川緑地。 都立善福寺川緑地として和田掘公園と合わせ、全長4.2km、総面積は18haを整備し、武蔵野の面影を残す木立と子供の広場が交互に配され、遊歩道で連続しています。 昭和39年(1964)に開園。、、、、蛇行する川に沿って公園があり、今日は上流側の「なかよし広場」から入園し、下流側の和田堀公園で園外に出た! 約1時間園内を散策、細長い公園はチョイト距離が長すぎ疲れる! 妻は『ハクモクレンが咲いてる! ヒガンザクラが咲いてる! 〇〇〇が咲いてる!』 知ったかぶりが多すぎる!

2303121119440

2303121124400

2303121140530

2303121146470

2303121156310

2303121202480

2303121200380




● 和田堀公園の南側にある「大宮八幡宮」にチョイトお立ち寄り!、、、、神社は杉並区大宮にある。 町名“大宮”は大宮八幡宮に由来する。 その大宮八幡宮は、源頼義が奥州征伐の折、善福寺川へきて大空の白雲が八つ幡にの棚引くようであるのを見て戦に臨み勝利した。 康平6年(1063)その祈願成就のお礼のため源氏の氏神である石清水の八幡神を勧請した。 これが大宮八幡宮の始まり。 この神社は社域が広大であるところから“大宮”と呼ばれた。 だから“大宮”は大宮八幡宮だ! 

2303121225410

2303121220590



・・・・・・・・・・ 今日は天気も上々。 成人を祝う御両親と娘さんが宮参り。 妻も私も、娘さんの容姿にしばし見とれる。 私が写真を撮らせてもらうと、妻は後ろ姿もリクエスト! 素敵な家族に『Beautiful !Wonderful!、Heartful!2303121219020


地下鉄丸ノ内線「方南町駅から帰る、、、、チョイト遅まきのランチは、ステーキだった!

2303121339210

2303121340460

2023年3月 9日 (木)

妙正寺川を歩く

西武新宿線鷺ノ宮駅から、妙正寺川の水源:妙正寺池に向かい、そこより南下しJR中央線の荻窪駅まで、1万1千歩の散歩です。




● 朝8時、「鷺ノ宮駅(さぎのみやえき)」は出勤・登校時間で乗客も多い。 ホームは地上で、上りの1番線が片面ホーム、下りの2・3番線が島式ホームの変則2面3線構造である。 上りホームの乗客は下りホームの乗客に背を向けて電車を待つている。

2303090757190

2303090758260



・・・・・・・・・・ 鷺ノ宮駅の出口は北口と南口の2か所。 南口の正面には妙正寺川が流れ、人道橋が架けられている。、、、、人道橋の上から妙正寺川を見ると、川底は深い、水は綺麗だがゴミが散見される、水量は少ない。 なんとなく『ヨシ! 今日は妙正寺川の上流を歩こう!』と決めた!

2303090807030

2303090807370

2303090806210




● 鷺ノ宮駅から妙正寺川に沿って歩きはじめた。

・・・・・・・・・・ 駅の西400m程に、妙正寺川を挟んで左右両岸に集合住宅が建ち並ぶ都住宅供給公社の「鷺宮西住宅」がある。 昭和36年(1961)築の5階建て建物、19棟(約690戸)が並んでる。 2DKの間取りで、家賃は5万~7万円ほどらしい。 建物は古くなったが、住みやすそうな広々とした住環境だ!

2303090817230

2303090818050

2303090819200

2303090820490

2303090822230



・・・・・・・・・・ 鷺宮西住宅を過ぎると、妙正寺川は中野区から杉並区に入る。 「井草橋」(昭和41年架橋)付近を通過。 散歩道の所々には、『チョイト一休み』用のベンチが置かれてる、優しい心遣い。

2303090828000

2303090830330

2303090831230



・・・・・・・・・・ 「日向橋」(下井草3)の近くに「地蔵堂」がある。 この地蔵堂は、正徳3年(1713)に観泉寺(今川2-16-1)持として、旧下井草村字向井草の現在地に創立された。 天保5年(1834)には、すでに、観泉寺が下井草村の年寄田中惣兵衛にこの堂の管理をまかせていた。 その後、天保12年(1841)に間口5間・奥行3間の堂を焼失。 翌天保13年(1842)、田中惣兵衛が村民の代表者となって、鳥見役にその再建を願い出たという記録が残っている。 明冶初年には、観泉寺廃室となり、慈照という尼僧が住むようになった。 その当時は、境内は90坪の年貢地でしたが、明治10年代初めには、境内は130坪となり、信徒も31人を数えるにいたった。 その後、観泉寺から独立し、現在の境内は3坪、堂宇は2間四方となる。 地元有志約30人で結ばれた地蔵講中が今もあり、毎年11月24日に夜、堂前左右に行燈を立て、燈明を献じ、般若心経を唱和した後、酒食を共にするならわしが続いているそうだ。、、、、堂の中には本尊の地蔵菩薩が祀られているらしい。(像の姿は見えず!)

2303090843530

2303090842060



・・・・・・・・・・ 「寺前橋」(本天沼3)の近くには浄土真宗本願寺派寺院の「応供山 等正寺」がある。 等正寺は、江戸湯島に元和8年(1622)創建、元禄17年湯島内を移転したといいます。 関東大震災で罹災、区画整理に伴い、昭和4年井荻へ移転、昭和16年には当地(本天沼3)へ移転した。、、、、本堂は昭和46年(1971)に建立したモダンな建物

2303090901010

2303090854500



・・・・・・・・・・ 「妙正寺橋」(清水3)を過ぎると、上流側にレンガ調のデザインの「落合橋」があり、その先には「妙正寺公園」があり。 公園内に妙正寺川の水源になる「妙正寺池」がある。 妙正寺池は古来より武蔵野台地の湧水池のひとつとしてあり、文和元年(1352)に池のほとりに日蓮宗の寺院である妙正寺が建てられた。 池の名前・川の名前はそれに因んでいる。

2303090903350

2303090905080

2303090906200

2303090909100




● 「法光山 妙正寺」(清水3)は、日蓮宗の寺で十界諸尊を本尊とし、ほかに大黒天・鬼子母神・三十番神・弁財天などの諸像が祀られている。 約六百年前の文和元年(1352)、中山法華経寺(千葉県)の上人が、妙正池のほとりに堂を建て、法華経守護の天照大神・八幡大神・春日大神など三十番神を勧請したのが草創であり、正保三年(1646)には社殿を再建して、広く信仰されるようになった。 慶安二年(1649)、御朱印寺となる。、、、、静かな住宅街の中にあり、緑豊かな寺。 規模も街中にある寺にしては大きな方だ。

2303090928060

2303090926340



・・・・・・・・・・ 墓所には「
本因坊六世知伯の墓」がある、、、、本因坊とは本因坊算砂日海を初代とする囲碁の家元である。徳川家康がことに碁を好み、京都にいた初代の算砂を江戸へ呼び寄せた。 三世の道悦までは没後京都の寂光寺に葬ったが、四世の道策から二十一世の秀哉までの歴代本因坊は豊島区巣鴨の「本妙寺」に葬られているはずだが。 『アレ? 六世知伯の墓はどっちだ! 分骨したのか?』

2303090924520




● 妙正寺から「荻窪駅」まで歩き、中央・総武線で帰宅。

2303090949450

2303091000320

2022年6月24日 (金)

妙法寺参詣道

東京メトロ丸ノ内線新高円寺駅から南へ歩き堀の内の「お祖師さま」(妙法寺)に立ち寄り、門前から東にのびる妙法寺参詣道(堀之内道)を歩き鍋屋横丁まで、9千歩の散歩です。 帰りは丸ノ内線新中野駅から地下鉄で帰宅。



丸ノ内線「新高円寺駅から散歩はスタート。 駅の周辺には寺院が多く点在する、北には地名のごとく高円寺を中心に十数寺、南には西方寺華徳院など十寺前後、南東には「妙法寺」を中心にこちらも十寺前後の寺院がある。 いずれの寺院も、大正12年の関東大震災後、昭和20年の東京大空襲などで被災し移転したようだ。、、、、さて、私の散歩はどちらに向かうかチョイト悩んだが『妙法寺によって方南町の方に歩いてみよう!』と決めた。

2206240753030

2206240753200

2206240756310



● 新高円寺駅から南東に向かうと、堀ノ内斎場がある、その先の大きな寺が日蓮宗の「妙法寺、、、、落語の「堀の内」は粗忽者がココ堀之内の“おそっさま”参りを題材にしたものである。、、、、【蛇足】日蓮宗では宗祖日蓮を「祖師」として「御祖師様」と呼ぶ。 私を含め江戸っ子は「おそしさま」と発音できず、「おそっさま」となる。 発音を意識すると、頭の中で発音反復し、考えすぎて『アレ?どうだったけ?』 結局は悩み、声が詰まり、間違った発音となるのがオチだ!

2206240843230

2206240836530


・・・・・・・・・・・・今日は妙法寺本堂裏の北門(墓道門)の先に広がる墓地を見てきた、、、、見るべきものは二つ。 一つは北門から墓地に入るとスグにハナショウブとアジサイの花畑があり、今日はアジサイが迎えてくれた。

2206240832340

2206240831160

2206240832040

、、、、、、、、二つ目は誰ぞの墓石の手前にある「庚申塔」 “庚申”の文字と三猿が刻まれてる。 時代を示す文字は見当たらず、造立年は不明。

2206240828190

2206240828340



● 妙法寺山門前から東へ向かい環七通り妙法寺東交差点」に出ると、通りの向かいに「和田帝釈天通り」と書かれたアーチが見えた。、、、、新高円寺駅前で予定した方南町へ行くには環七通りを南下するのだが、「和田帝釈天」も見てみたい。 地図を取り出し調べてみるが、帝釈天がどこにあるのか不明! チョイト悩んで、和田帝釈天通りを行けるとこまで行ってみることにした。

2206240853200

2206240854180



・・・・・・・・・・・・「和田商店会」の街路灯は続くが、和田帝釈天は見えない。 『どこだ!』、キョロキョロしながら歩く。 環七通りから250m程入った処に、赤い旗がなびく「和田帝釈天」があった。、、、、日蓮宗寺院の和田帝釋天は、神刀山と号します。 和田帝釋天の創建年代は不詳ながら、境内掲示では「この通りが妙法寺参道として賑わった江戸時代末期より祀られており」と記載されていた。 柴又の帝釈天をイメージした私には大いに期待外れ、ガッカリ!

2206240856240

2206240900220

2206240901560



・・・・・・・・・・・・帝釈天前の通りは「妙法寺参道」と知ると、この参道の始点はどこだ? 終点はもちろん妙法寺。 『もう少し、この道を歩いてみよう』と思い、先へ進む。 帝釈天から100m程東に歩くと、「妙法寺参詣道(堀之内道)」の説明板があった。、、、、説明を読むと、この道は、江戸(東京)から日蓮宗妙法寺へ向かう代表的な参詣道で、堀之内道、妙法寺道と呼ばれていた。 青梅街道から鍋屋横丁(中野区)で分かれ、堀之内村の妙法寺へと続く道であった。 明治に入り甲武鉄道(中央線)が開通すると、中野駅から妙法寺へ向かう道が開かれ(堀之内新道)、東京から歩いて向かう参詣道であったこの道の利用者は減少した。 今の時代、この道を歩いて参詣する人はいないと思うね!

2206240904070


・・・・・・・・・・・・とりあえず、今日の私は、方南町へ向かうことは取りやめて、この妙法寺参詣道を鍋屋横丁まで歩くことにした。、、、、青梅街道の南側を平行に進むこの道は、特筆するような特徴もない。

2206240904310

2206240908100



・・・・・・・・・・・・妙法寺参詣道に面し、杉並区和田1に曹洞宗寺院の「常仙寺」がある。 山号は石雲山。 常仙寺は、中野竜昌寺四世祥岩存吉和尚(慶長19年寂)が開山となり慶長7年(1602)麹町に創建、明治41年(1908)当地へ移転した。 存吉和尚は出家前に山麓で狼に襲われた折、鳳来寺山麓に祀られていた薬師が虎(寅)に化身して救われたことから、存吉和尚は出家、この薬師を当寺の本尊に迎えたといい、このことから「災難除けの寅薬師」と呼ばれている。、、、、平成30年(2018)本堂瓦葺き替え工事に際し、屋根には鬼師(鬼瓦を作る職人)梶川亮治氏による寅の像が据えられた!

2206240910370

2206240925370

2206240923350



・・・・・・・・・・・・妙法寺参詣道が鍋屋横丁通りに出た。 ここが参詣道の始点だ!、、、、交差点角には妙法寺参詣道を示す「お題目石」が残っている。 この石碑は、妙法寺参詣道の道標として享保3年(1718)に建てられたもの。 石碑正面に「南無妙法蓮華経」、脇には「是より妙法寺十八丁 ほりの内道」と彫られてる。、、、、300年程前からこの地に建てられた道案内、長いことご苦労さん!

2206240946190

2206240946590



● 今日の散歩はココまで、「新中野駅」から丸ノ内線で帰る。

2206240958510

2206241003200

2022年6月22日 (水)

杉並区の菩提寺?

今朝7時、霧雨もあがり曇り空、散歩に出ることにした。 数日前に、新高円寺駅近くの西方寺に、庚申塔を兼ねた珍しい「石造観音六面幢」があると情報を仕入れ、『今日は西方寺に行ってみよう』と決めていた。 荻窪駅から青梅街道(地下に東京メトロ丸の内線が走ってる)の南側裏道を歩き西方寺、新高円寺駅まで、1万1千歩の散歩です。



JR荻窪駅は、緩行線/快速線用にそれぞれ島式ホーム1面2線を有する地上駅。 改札口は新宿側の地下と、三鷹側の橋上(西口)にある。 地下改札(東改札)は地下通路の先に地上への出入口が南北にあり、南口、北口と呼ばれてる。 今日は南口から歩きはじめる。、、、、【雑談】中央線の前身:甲武鉄道は明治22年(1889)4月1日に新宿~立川間が開通した。 開通時には新宿・中野・境(今の武蔵境駅)・立川の4駅が開業した。 中野駅~境駅間(現在は、この間11.0㎞に6駅ある)には、駅は無かった。 開業から2年後の明治24年(1891)12月、中野駅と境駅の中間にある下荻窪村に「荻窪駅」が開業した。 開業当時の荻窪駅周辺は武蔵野の林と畑ばかりだったそうだ。

2206220810450

2206220815510

2206220820140



● 駅を出て、青梅街道(この地下に丸ノ内線が走ってる)の南側の裏道を歩く。、、、、朝は急ぎ足、夜は千鳥足で歩く路

2206220821030

2206220821160


・・・・・・・・・・・・昭和の歴史を残す旅館 西郊(国登録有形文化財)前を東に向かう。

2206220836380


・・・・・・・・・・・・昭和初期あたりから、山手では伝統的な日本の家と欧米から取り入れた住まいが同居するような、新しいスタイルの家が建てられた。 その一つに、玄関脇に小さな洋館が造られ、主に応接間として使われたようだ。、、、、懐かしさを感じる建物が荻窪3に残っていた。

2206220842321



● 青梅街道の裏道を歩いていていたが、チョイト尿意を感じ厠(公園)を探すが見つからず、地図を見ると青梅街道に面した杉並区役所が近い。 『お借りしよう!』 “前”を押さえる気持ちで区役所に飛び込む。 案内板に青で描いた男性のマークを指さすと、案内嬢が親切にもトイレの前まで誘導してくれた。 お礼はのちほど、まずはスッキリさせる。 一件落着。 案内嬢にニッコリ笑顔で頭を下げる。 先方からも笑顔を返され、心は通じたようだ! (年寄りは近いのだ!)、、、、現在の庁舎は平成4年(1992)3月竣工、設計は石本建築事務所、地下3階/地上10階建ての建物

2206220903590

2206220910070

2206220911170



● 杉並区役所を出ると、身も心も落ち着き、再び裏道を行く。、、、、南阿佐ヶ谷駅(杉並区役所の前)の南東250m程の処に曹洞宗の寺院:「月光山天桂寺」(杉並区成田東4)がある。 天桂寺は、岡部小右衛門吉正(初代吉正)が、慶長年間(1596〜1614)に小庵を創建、寛永10年500石の加増を受けた際、中野成願寺六世鉄叟雄鷟和尚を開山に迎えて堂宇を整えたといいます。 現本堂は大正12年(1923)建立、、、、杉並の地名は、この岡部氏が青梅街道沿いに植えた杉並木に由来するといわれ、墓地には岡部家歴代の墓がある。 “杉並区”(の名付け親)の菩提寺か?

2206220918470

2206220920200



● 天桂寺から東へ歩き、東京メトロ新高円寺駅の南300m程に西方寺(杉並区梅里1)がある。、、、、浄土宗寺院の「西方寺」は、松苔山峯巌院と号す。 西方寺は、元蓮社享誉上人利阿貞儀和尚(万冶元年1658年寂)が開山となり、元和3年(1617)四谷追分(現新宿区新宿3)に創建した。 中央線の拡幅と道路の拡張のため大正9年(1920)当地へ移転。、、、、山門を入ると、右に鐘楼、明治38年建立の鳥塚、マリア観音と呼ばれる石仏、キリシタン灯籠、太平洋戦争の外南洋機動舟艇部隊殉難烈士供養塔などがあり、正面に鉄筋コンクリート造りの本堂が堂々と建っている。、、、、広い墓地は、近くの妙法寺と同じくらいある。 

2206220958090

2206221000270

 

・・・・・・・・・・・・この寺に、今日のお目当て「石造観音六面幢」があるのだ。 しかし、場所が庫裏か?寺務所か?檀信徒会館か?、なにしろ黙って立ち入りできない建物の庭先にあるらしい。 突然、ぶらりとやってきた、無縁の男が、寺に黙って入れは家宅侵入罪で捕まるかも! 気も弱い私は『あきらめた!』、、、、境内を囲む道路から、塀越しに石幢の撮影に成功、ヤッター!、、、、【注釈】石幢(せきとう)とは、石塔の一つで、六角または八角の石柱と、仏龕 (ぶつがん) ・笠・宝珠などからなる。 一般に石灯篭に似た形のものが多い。、、、、ここの石幢は六角形の石柱各面に観音像が彫られ、観音の下に庚申と刻まれているそうだ。(近くに寄って確認することができず残念)

2206220954500



● 青梅街道の地下にある、東京メトロ丸ノ内線の「新高円寺駅」は、昭和36年(1961)11月1日、帝都高速度交通営団荻窪線の駅として開業した。 ホームは相対式2面2線構造で地下1階にある。 各ホームは地下2階の連絡通路で結ばれている。 ホーム幅が狭く、少々せせこましい感じがするね。

2206221015470

2206221017530

2206221017040

2022年6月16日 (木)

がんかけ地蔵尊

西武新宿線の沼袋駅から、今日の散歩はスタート。 駅の西にある清谷寺に行ってみたが、境内に幼稚園があり通園時間にぶつかり、チョイト御遠慮した。 そのまま西に向かって歩きJR中央線荻窪駅まで、1万3千歩、7㎞の散歩となった。



● 「沼袋駅」は仮設ホームに下りたつ、ホーム下の地下18mでは地下駅を建設中。 地下の工事現場を覗いてみたいが無理!

2206160753531

2206160754470



● 出がけに調べてみたら、駅近くの清谷寺には室町時代の銘の板碑があるそうだ。 『沼袋に行ったら 見てみよう!』と、期待しやってきた。

・・・・・・・・・・・・沼袋駅前、線路沿いにの細い道を歩く。 電柱には、『・・・・軽自動車以外と通り抜けできません』と表示されてる。

2206160758560

2206160807420

 

・・・・・・・・・・・・駅からクネクネ折れて徒歩15分、真言宗豊山派寺院の「清谷寺」(中野区沼袋3)がある。 清谷寺の創建年代は不詳。 ただ応永6年(1399)の銘が入った板碑があることから、室町時代前期には既に存在していたものと推測されている。、、、、半分閉じられた門の前に立つと、本堂前から中年女性がこちらを見ている。 本堂脇には幼稚園があり、本堂前には遊具がある。 『ありゃ・こりゃ、幼稚園併設の寺だ!』 ちょうど数人の園児が母親と通園してきた。 『ヤバイ! 不審人物と思われているかも? ダメだ、今日は諦めよう』 境内に入ることもなく、逃げるように立ち去った(気が弱い男なの) 

2206160814200



● 清谷寺から南西へ200m程、街角に佇む小さな地蔵尊がある。 バス通りの角地に「がんかけ地蔵尊」(中野区野方3)と染め抜いた赤い旗が立っている。 祠の中に地蔵尊庚申塔が、脇には二十三夜碑がたち、三点セットだ。 地蔵尊は延享元年(1744)銘、庚申塔は享保21年(1736)銘があり、二十三夜碑は昭和2年(1927)に建てられた。 庚申塔の台石には「右中村道 左さぎのみや道」と記され、道しるべの役もはたしている。、、、、がんかけ地蔵と言われると、私も願掛けしたくなり、賽銭10円、手を合わせて『宝くじ一等当選 よろしく!』

2206160819150

2206160820370


● 環七通りと妙正寺川が交差する角地で「環状七号線地下広域調節池(石神井川区間)工事」が行われてる。 工事は、地下32m~40m程の位置に、妙正寺川を起点として石神井川まで、杉並区・中野区・練馬区を横断するように、
環七通り・目白通りの地下に内径12.5m、総延長5.4㎞のトンネルを構築している。 既にできている妙正寺川・善福寺川・神田川を結ぶトンネルと、現在構築中の石神井川と白子川を結ぶトンネルとそれぞれ接続し、神田川・善福寺川・妙正寺川・石神井川・白子川の5河川を地下トンネルで結び、巨大なトンネル状の調節池を造るものだ。、、、、東京都では、台風や集中豪雨による水害から都民の生命と財産を守るため、河川の護岸や調節池などの整備による治水対策を進めている。 施工はスパーゼネコンを主体とした、大成・鹿島・大林・京急建設JV、、、、地上から地下の工事現場は覗けず、ここでも残念!

2206160832360

2206160837220-2



● 西武新宿線野方駅から南へ約300m、妙正寺川の左岸(北岸)に、100世帯にも満たない小規模な公団住宅がある。 スターハウス2棟と中層フラット3棟から成る、静かな佇まいのUR都市機構の「野方
団地」、、、、ここに、都内最後となると思われるスターハウスがある。 スターハウスは上から見るとY字型で、突き出た各部分を一戸が占めており、全ての住戸が角部屋という贅沢なつくりになっています。このタイプにスターハウスと名付けたのは実に優れたネーミングで、高度成長期における先進的な住環境「団地」を象徴する存在でした。しかし、形状の特殊性や1棟当たりの戸数が少ないため(5階建てでも15戸)、コスト重視の観点から次第に建てられなくなり、スターハウスが現存する団地は少数となった。(赤羽台団地のスターハウスは国の登録有形文化財に指定されてる)、、、、階段室は三角形の螺旋階段で、チョイト目が回るかも?

2206160842290

2206160843040

2206160844500



● 野方団地から西へ歩くと、中野区若宮2に民家の塀に挟まれて庚申塔がある。 「享保十乙巳年十月吉日」(1725)の銘がある
月日青面金剛二鶏邪鬼三猿の「庚申大神」、、、、扉は閉まっていますが、鍵がかかっていないので、賽銭盗まれないように注意注意。

2206160857430

2206160858000



● 裏道をクネクネ、中野区若宮2と中野区白鷺1の境を流れる妙正寺川に架かる「下鷺橋」を渡る。 橋に特徴があるわけではない、どこにでもある小さな橋だ。、、、、この橋から妙正寺川を眺めたら、川の右岸(南岸)に「妙正寺川鷺宮調節池」の文字が見える。、、、、妙正寺川は沿線では過去に浸水を繰り返しており、浸水防止のため都が整備した調整地。 川の水位が上がると、窓のような処から調整池に水が流れ込む仕掛けとなっている。 調整池の上は運動場と公園になっている。

2206160914440

2206160915270

2206160915400



● 妙正寺川鷺宮調節地から150m程西に行くと、テラスハウスの「鷺の宮住宅がある。、、、、テラスハウス(terraced house)とは、日本流にいえば、いわゆる長屋だが、各戸が土地に接しテラスを有してる。 モダンな低層集合住宅の一つ。、、、、建築史では貴重な住宅、大切にして、ぜひ保存を! 

2206160923310

2206160925370



● 西武新宿線鷺ノ宮駅とJR中央線阿佐ヶ谷駅を結ぶバス通り「中杉通り」に出た。 この通りを南へ歩き「早稲田通り」を越えると、「日大二高通り」がある。 日大二高通りを西へ歩くと荻窪駅の北側、細い路地のような「教会通り」を歩けば荻窪駅だ!、、、、シャレたお店が点在する、杉並区らしい通り。 

2206160935190

2206160937370

2206160947230

2206161012050



● チョイト歩き疲れたが、JR荻窪駅西口に到着。、、、、JR荻窪駅の西の端(立川寄り)では2本あるホームを跨線橋で結んでいる。 その跨線橋階段を上がった所に「西口」と呼ばれる改札口がある。 この跨線橋は「古レール」を活用した、チョイト古そうな構造である。 西口は荻窪駅の勝手口のようなものだ!、、、、荻窪駅から我が家のある浅草橋までは緩行列車で約40分、乗り換えなしの一本なので寝て帰る!

2206161016540

2206161017571

2206161022440

2021年11月13日 (土)

國威宣揚

今月は、私が診てもらっている3ヶ所の総合病院・4か所の近所のかかりつけ医に行く予定があり、超ハードスケジュールである。 この他に、高齢の母に付き添い通う医院が2か所。 結局ナンダカンダ言って、月の内十二日は医者通い。 チョイト多すぎるね!

こんなに多いと、予約を忘れることもある、 今日は、先月の予約を行き忘れた中野の病院で、眼科の診察を受けてきた。 予約を忘れたため診察時間は9時半過ぎ、会計を済ませ病院を出たのは11時。、、、、診察を待つ間、受付嬢を見ていると、みんな美人だ! 眼が良くなってる?

 

今日の診察は9時半過ぎなので、朝7時に家を出て、丸ノ内線東高円寺駅で下車し、JR中野駅の北西にある病院まで歩いてきた。 7千歩



● 東京メトロ丸ノ内線の「東高円寺駅」は、昭和36年(1961)の荻窪線(現丸ノ内線)新中野~南阿佐ヶ谷間延伸開業時には設置されておらず、約3年後の昭和39年(1964)9月18日に追加開業した。 ホームは相対式2面2線で、青梅街道の地下1階にある。 各ホームを結ぶ連絡通路(地下2階)は、改札外にしかないので注意が必要。 改札口および出口は各ホーム毎に1ヶ所ずつあるのみ。、、、、荻窪方面行出口は「蚕糸の森公園(旧蚕糸試験場跡)」の一角にあり、広く明るい出口だ。

2111130750460

2111130752450

2111130754370




● 東高円寺駅から北へ向かい裏道を歩く。

2111130757030



・・・・・・・・・・・・高円寺南1丁目の「高円寺天祖神社」の前に出た。 当神社は、寛治元年(1087)に信仰心の強い山下久七なる人物が、伊勢神宮へ参拝し、御分霊を賜り、この地に仮に社殿を建てて奉納したことが始まりと言われている。、、、、現在の拝殿は天保2年(1831)、幣殿と本殿は明治21年(1888)に建てられたもの。 関東大震災を機に氏子の居住者が増えたのに伴い、大正15年(1926)に社殿の修築などを行った。、、、、静かな住宅地の奥にある、こじんまりとした神社。 大正10年(1921)に奉納された、子犬と戯れる狛犬が迎えてくれる。

2111130759460

2111130802130

2111130801410




● 天祖神社から大久保通りを横断し、北に進むと「桃園川緑道」がある。 杉並区内では、JR中央線の高円寺駅南側の商店街と住宅地を、東西約1,600mにわたって連なる長い公園。 緑道の下は桃園川が流れていました。川の名称は近くにある高円寺の境内に昔桃の木があったことに由来します。この川は天沼三丁目にある弁天池を一つの源とする小川でしたが、底が浅いので大雨の度に洪水になっていました。そこで昭和40年(1965)に下水にして上に公園をつくった。、、、、桃園川緑道は中野区内にも連なり、東端はJR東中野駅の南で神田川にぶつかる。

2111130812580




● 桃園川緑道の北側、杉並区と中野区の区界の住宅地を歩き北に向かう。 チョイト懐かしさを感じる服装店があった。 オーダーメイドの店なのか(?) ウインドの服は一時代前のデザインのようだ!

2111130820100

2111130820150



・・・・・・・・・・・・坂の途中にはスペイン風の住宅、おしゃれな建物だ!

2111130820440



・・・・・・・・・・・・裏通りの裏道に入ると「國威宣揚」と彫られた1m程の石碑「大詔奉戴紀念碑」に遭遇。 石碑には「昭和十八年十二月八日大詔奉戴記念日」「桃園子寶會建之」とある。 彫られた日付の2年前は、昭和16年(1941)12月8日は、トラトラトラの真珠湾攻撃によって第二次世界大戦が幕を開けた日。 天皇による宣戦布告(宣戦の詔勅)が発せられたことを受けて、戦時中は12月8日だけではなく毎月8日が大詔奉戴(たいしょうほうたい、=天皇の言葉をありがたく戴く)日と定められていた。、、、、これは戦争遺産か? 資源ごみ回収の旗架けか?

2111130823190

2111130823360

2111130824050




● 中央線の線路脇(中野3)に出てきた、跨線橋を渡ると「明治大学」、「帝京平成大学」の中野キャンパスがある。 キャンパスの前は「中野四季の森公園」、さらに奥には私が通う「東京警察病院」、病院の隣りは野方警察署、警視庁野方庁舎など。 この広大な一帯は、かつての警察大学校の敷地跡

2111130832100

2111130842150

2111130846270

2111130845550

2111130844170

2111130847530




● 病院に到着、、、、『眼は良くなっています、もうしばらく点眼薬を使用してください。 2月に予約を入れておきます』と言われて、検査料込みで『ハイ、1500円』

2021年7月24日 (土)

エライヤッチャ!

オリンピック開会式のTV中継をジーッと見ていた寝不足の目を擦りながら、朝一番の眼科診察(8時半)に間に合うよう、中野の病院へ行ってきた。、、、、眼科検診では異常なし、また1カ月後にお会いしましょうと、約束して終了。

時刻は9時、このまま帰るのはもったいないので、チョイト、高円寺と、氷川神社に立ち寄ってきた。 病院から跨線橋を渡り、中央線の南側を歩き、高円寺・氷川神社に参るルートは、まったく同じルートを以前に歩いていた。→→→ 当時の記事はコチラ! 詳しい解説もコチラを読んで!

 

 

● 『世間では四連休なのに、病院はなぜ今日も営業しているの?』てな、疑問が頭をかすめ、つまらんことを考えながら駅を出る。 連休で中野駅前は通勤・通学の人は少ない。 オヤ、雨が降ってきた。、、、、病院までは歩いて10分、雨が降ってきたので、バスに乗る。

2107240750160



● 病院を出ると雨はやみ、跨線橋から線路を眺め、電車より線路が好きな私には“至福の時間”

2107240902200

2107240903310



高円寺南5丁目の住宅地の抜けると、環七通りに出る。 通りの向こうは高円寺のある4丁目。、、、、雨は完全にあがったが湿度は高く、ムシムシの蒸し風呂状態。 汗が吹き出し、下着はベットリ!

2107240918560

2107240922020

2107240924440



● まずは、『ご本尊の観音菩薩に手を合わそう』と本堂へ、扉は閉まり姿は拝めず。、、、、生身の観音様もいない、静かな境内。

2107240942000

2107240937010


・・・・・・・・・・・・本堂前の地蔵堂、「子育地蔵尊」の脇に、大きな“子作り珍宝”が祀られている。 最近、ご利益が無くなってきたので、珍宝の頭を撫で撫でする。

2107240939290



● 高円寺駅近くの氷川神社にも寄っていく。 こちらの境内社に「気象神社」が祀られている。 戦時中、旧馬橋4丁目にあった陸軍気象部内にあったもので、戦後、関係者の要請で当氷川神社の境内に遷された。、、、、最近の異常気象は困ったもんだ! 多少なりとも、まともな天気となるよう祈願する。、、、、下駄の絵馬にテルテル坊主、いいね!

2107240949340

2107240951020

2107240950000



● 去年は中止だったけど、“エライヤッチャエライヤッチャ ”「高円寺の阿波踊り」今年は開かれるのか?、、、、毎年8月の最終土曜日が開催日で、浅草のサンバカーニバルと同じ日だ! 今年も、屋外での開催は中止になったらしい!(屋内会場での開催を検討中とか?) 楽しみにしているファンの皆様、どうなるのかね? “エライヤッチャ”が“えらいこっちゃ”!

2107240954120

より以前の記事一覧