散歩は休み

2021年6月12日 (土)

ワクチン接種した!

今日は午後から浅草花川戸(浅草寺の東側)にて、遅まきながら夫婦で、第一回目のワクチン接種をしてもらった。




● 昼過ぎ、浅草の花川戸にある「台東区浅草保険相談センター」に行って、新型コロナのワクチン接種を受けてきた。、、、、テレビで見ていたのと同じで、受付・問診・接種・経過観察をうけ、異常なし、無罪釈放となった。 接種は痛くも痒くもなく、アナフィラキシーも発症せず、終わってみれば『あっけない事であった!』、、、、これで、多少の人混みでも安心して散歩できる身になった!

2106121510320



・・・・・・・・・・・・「花川戸」(はなかわど)は、台東区にある町名で、浅草寺の東側の町で、現在は花川戸一丁目と花川戸二丁目で構成される町。 花川戸一丁目は東武伊勢崎線の「浅草駅」と「松屋浅草店」が入る建物がある。 浅草を訪れた観光客の多くが乗る「水上バス」の乗船場もある。 花川戸二丁目は一丁目の北側で、町の東端は隅田公園(台東区側)、北には言問通りがある。 花川戸一帯は履物問屋が多く、草履・下駄・靴などを並べた店が目立つ。 最近は、観光客向けの着物のレンタル店も多い。 花川戸の地名は、“花”は“桜”を指し、「桜並木のある川端通り」ということに由来するそうだ。、、、、「花川戸の助六」とは、実在せず虚構上の人物。 江戸時代、花川戸に住む侠客で、吉原三浦屋の遊女揚巻となじみ、揚巻の客と喧嘩した人物と設定されている。、、、花川戸に住んでいた実在の人物としては、江戸時代末期の火消しであり侠客であった「新門辰五郎」は有名。




● ワクチン接種が済んだので、夫婦で浅草寺へ参拝。、、、、『何だこの人出は?』、コロナは忘れ、賑わいが戻りつつある浅草だ!!

2106121520570

2106121521060

2106121523030

2106121525180

2106121531300

2021年3月20日 (土)

彼岸の墓参り

今日は彼岸の中日。 緊急事態宣言はいよいよ明日解除されるが、“不要不急”の外出しても、墓参りぐらいは神も許したもう、仏は喜ぶだろうと、自問自答し、いざ行かん!、、、、昨日は、松戸の八柱霊園、今日は八王子の霊園と、連日の墓参りを済ませた。

Dsc01411

 


墓に来て思い出した

庶民的な俳人:小林一茶の句 ・・・・・ 『 墓からも 花桶からも 雲雀哉

青空の下、春の墓参りで、墓にたどり着くと、墓からもそして花桶からも、ひばりが飛び立つ、のどかな情景が目に浮かぶ。

 

墓参り済ませて

庶民的な凡人:雅万歩の句  ・・・・・ 『 墓からも 棺桶からも 招待状

仏に近い年齢になってきたが、恐怖の招待状は欲しくない! もう少し、この世で過ごさせて欲しいね!

2021年1月 7日 (木)

しばらく、自粛します

ついに発出しました『緊急事態宣言』、、、、ココは、全ての国民が自覚し、行動すべきと理解しました。 

高齢(気持ちは30代)の雅万歩は、重大な基礎疾患(心の病)もあり、まだ早死にしたくないので、しばらく自粛することとしました。、、、、コロナに感染し、家族と別れ、一人だけの「GO TO 天国」旅行は勘弁して欲しい!、、、、自粛警察に気付かれないように散歩出来たら、その節はナイショで投稿しますので、よろしくお願いします。

20200520

2020年9月21日 (月)

遠い霊園

春の彼岸から、早、6ヵ月。 “コロナ”、“コロナ”と、毎日“コロナ”、いつのまにか、秋の彼岸がやってきた。 97歳の我が母は、普段、口は達者で、杖いらずの足達者。 でも、彼岸になると、亭主の墓参りは、『遠いから行ってきて』。 今日も、息子夫婦が東京郊外の霊園に、一日掛かりで墓参り。 

   (親不孝息子は・・・)  遠い霊園 墓参も辛い ならば入れよ 亭主の墓に  

2009211057300

2009211156430

2009211126340

2020年9月11日 (金)

本多忠勝、嘆くかも?

早朝に家を出て外房線(以前は、房総東線と呼んでいた)大原駅から、菜の花と桜で有名な「いすみ鉄道」に乗り大多喜駅まで行ってきた。 野暮用で来たので、町をブラつくひまもなく、ただただ「いすみ鉄道」に乗るだけとなった。 用事済ませば 夕暮時刻 昼ぬき腹ペコ 眠れぬ車中



● 8時過ぎ、早朝の大原駅に到着。 戦後の昭和20年代、私は両国から蒸気機関車でここまで来た。 大原では汽車が停まると給水したものだ。 その間、駅弁・冷凍ミカン・アイスなどが売られてた。 今は、なにもない、乗降客も少ない。 駅前は寂しい町となった!

202009110839010000

202009110848280000

202009110842500000


● 9時、JR大原駅の脇にある、「いすみ鉄道」大原駅から乗車する。 ほぼ50年ぶりの乗車にワクワク!、、、、一輌のワンマンカーに乗客は三人、儲かるのか?

202009110842140000

202009110856290000

202009110901200000

202009110903210000

● 列車はのんびり、ゆっくり走る、車窓の景色はそれでも速い。 窓にくいつき、カメラでパチパチ。、、、、50年前の記憶が甦り、『アッ、思い出した、この橋だ!』、『アッ、よく親爺と降りたのは、この駅だ!』、『アッ、懐かしの車両、キハだ!』、『アッ、遊びに来たのは、こんな家だった!』

202009110917290000

202009110923290000

202009110926040000

202009110928330000

202009110935170000


● いすみ鉄道、30分の乗車はアッという間に過ぎ、目的地:大多喜駅に到着。、、、、アレレ、ここで三人降りたら、この先乗客なしのカラ列車、マジか(?) この鉄道経営には、本多忠勝(大多喜城主)も嘆いているかも?

202009110942190000

202009110942260000

202009110942470000

202009110954380000

2020年8月13日 (木)

連日の猛暑日

70を超えた年寄りには、連日の猛暑は堪える! コロナの恐怖に、熱中症の恐怖・・・・・家から15分間歩いただけで倒れた人もいたようだ。 残念だけど、猛暑日の散歩は止めた!

年寄りは、暑い、暑い夏  若い二人は、熱い、熱い夏


200813futari

2020年7月 3日 (金)

チョイト、ひと休み

雅万歩は昨年暮れごろから視力が下がり、今年の正月、ダンディな高級メガネを新調した。 その時、メガネ屋さんの検眼でも、右眼の視力低下が著しいので、『今度、医者に診てもらったらいいですよ』とメガネを買ってからアドバイスしてくれた。 今年の3月、私が通っている東京警察病院の眼科で診てもらうと、『あゝ、白内障です』の一言。 すぐその場で『手術しましょう、今コロナで騒ぎ始めたから、落ち着くと思われる7月1日に手術の予約入れときます』と、手術の話はトントン拍子に進んだ。 コロナの第2波が心配される7月1日から3日(本日)まで、2泊3日のお泊コースで、若い親切な看護師さんに囲まれて、両眼の手術を受けてきた。、、、、1日目、病院へは新調したメガネをかけて行ったら、早速右眼の手術。 2日目は左眼の手術、今日3日目は術後の検査して、『ご苦労様、後は会計して、お帰り下さい』 両眼の手術も終わり、帰りは視力が回復し、世の中も明るく見え、裸眼でも電車に乗れる、テレビも見える、しかし、新調したメガネは役立たたずとなり、ガッカリ!(高かったメガネはどうしよう!)、、、、視力は回復しても、乱視は治らず、『遠くまで明るく鮮やかに見えるが、二重の像は見ずらい』、、、、視力が落ち着くまでの一か月前後、メガネを新たにつくることはできないらしい。 当分、街中を歩きづらい日陰者となってしまった。

新型コロナは再び拡大し、外出自粛も再び叫ばれているので、雅万歩の散歩もコロナ対策に合わせ、チョイト、便乗休暇とします。 

20200514091813111

 

2020年4月16日 (木)

全国で外出自粛!

全国に拡大された「緊急事態宣言」、ますます不要不急の外出は避けねばならない。 そうは判っても、一週間外に出ないとヤッパリ気が滅入る。 夕刻、買い物ついでに浅草橋駅周辺をチョイト歩いてきた。、、、、ヤッパリ、表通りを歩く人は少ない! ガード下の呑み屋は灯りが消えた! 銭湯は営業中だが人影が見えない!、、、、どこもかしこも商売にならず、コリャダメだ!、、、、明日も、明後日も、引き続く、外出自粛! 

202004161844010000

202004161843500000

202004161850410000

202004161849470000

202004161847030000

202004161830200000

2020年3月31日 (火)

自宅軟禁!

『お年寄り コロナに感染 即コロリ! コロナうつせば 周囲(まわり)で コロリ!』 いずれにしても、世間・家族に迷惑かける。 行動に注意し、しばらくは自ら自宅軟禁!、、、、ストレス溜まるが、男は我慢、女は愛嬌

Photo_20200401082801

2020年3月22日 (日)

大丈夫。

我が家の仏は、生前に自分の墓をつくって大往生。 ある山好きの仏は、都心の西の郊外、山を切り開いたひな壇型の墓地の中程に墓を建てた。 都心から電車で1時間、バスに乗り換え30分(運行本数は、2時間に1本)、霊園の下にバスは停まる。 花・線香を寺務所で買って、霊園の中を登山する。 墓参りする自分は、墓の前に到着するころ、息はゼイゼイ、肺はパカパカ(大動脈を手術し肺活量が小さくなったため)、『チョイト、墓参りする身になってくれ!』  

別のしっかり者の仏は、都心から東隣の県に造成された都営霊園に墓を建てた。 都心から霊園前までは交通の便よし(片道約1時間)、ところがドッコイ、車を持たない私は広大な公営の霊園(1.5Km×1.0kmの矩形の霊園)の中を門から墓まで歩かねばならない。 これまた、墓の前に到着するころ、息はゼイゼイ、肺はパカパカ、『チョイト、墓参りする身になってくれ!』、、、、二つの霊園ともに、園内に循環バスやケーブルカーなどを整備してくれるとありがたいのだが、贅沢か?

・・・・・・・・・・・何だかんだ言いながら、この春も東の霊園に、西の霊園に、我が家の墓参りは今日で全て無事終了。

Dsc00273

Dsc00282


・・・・・・・・・・・・霊園近くのお寺、門前の案内板に『大丈夫。』の貼り紙!、、、、これは、“新型コロナ”の不安解消か、真意は不明(?)だが、なんとなく一息つける文字の力、最後の『。』がイイネ!
Dsc00279